カリテミオトップページ > プロミス > プロミスの返済方法まとめ(コンビニ・ATM手数料や返済額)

プロミスの返済方法まとめ(コンビニ・ATM手数料や返済額)

更新日:

公開日:2017.6.21

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

プロミス利用での返済の仕組みについて

青とオレンジの看板が目印の消費者金融のプロミスは、SMBCコンシューマーファイナンスに属しています。
利用者も多い消費者金融系カードローン大手です。

今回はこのプロミスの返済方法についてご説明します。
毎月いくらずつ返済するのかなど、新規利用を考える際に参考になりそうなことをまとめました。

返済方式は?

カードを作成しキャッシングで現金を借りたら、返済義務が発生するのは当たり前。
プロミスの場合どんな返済方式を取っているのでしょうか。

プロミスを利用した場合、「残高スライド元利定額返済方式」での返済をしていくことになります。

これは、多くのカードローンに採用されている方式です。
返済が進み借入残高が減るとそれに合わせて返済額が調整(スライド)されていきます。
基本的には残高が減ると返済額も小さくなり、月の負担が少なくなります。

しかし、プロミスを含む多くの消費者金融系カードローンの場合、この残高スライド方式に、「元利定額リボルビング方式」が組み合わされています。

この場合初回借入の額によって返済額は一定スライドしていくのは、元本と利息充当分です。
下表のように毎月の返済額は変わりません。

【例】プロミスで初回借入50万円、フリーキャッシング利用時の年利17.8%のケース

返済回数 返済金額 元本への充当分 利息充当分 残高
初回 12,642 5,226 7,416 494,774
5回目 12,642 5,543 7,099 473,084
10回目 12,642 5,966 6,676 444,112
30回目 12,642 8,009 4,633 304,334
40回目 12,642 9,280 3,362 217,402
50回目 12,642 10,752 1,890 116,689
60回目 12,636 12,452 184 0

※1、単位は円・プロミス公式HPの返済シミュレーションによるもの
※2、実際の返済額は1,000円以下が繰り上げされる

この方式のメリットは、毎月の返済額に変動がないため借入しやすいことです。
ただ、「今月はちょっとピンチ!」という時でも返済額はそのままなので、その場合は返済が大変です。

つまり、最初から大きなお金を借り入れるのではなく必要最低限の利用に抑え、不足するときに借り入れを追加するスタイルを取ったほうが毎月の返済額の計画を立てやすく、トラブルや延滞などのリスクを減らすことができるのです。

最低返済額は?

初回借入額が小さければ、毎月の返済額が少なく抑えられます。
プロミスの場合は以下の表を参照してください。

借入金額 最低返済金額
5万円 2,000円
10万円 4,000円
20万円 8,000円
30万円 11,000円
50万円 13,000円
70万円 18,000円
100万円 24,000円

このように、初回借入が小さくとも、途中で追加借り入れをすれば月の返済額が「スライド」して上がっていきます。

また、上記で紹介した50万円借入のシミュレーションでは13,000円の返済が最低返済額となりますがこれはあくまで最低額です。
余裕がある場合はそれ以上の返済をすることも可能です。

上乗せ返済のすすめ

「わざわざ多く返すこともない!」とお思いの方は、下表をご覧ください。

返済額 支払利息総額 返済期間
13,000円 258,514円 60回
14,000円 220,881円 52回
15,000円 194,862円 46回

実は、毎月1,000円多く返済することにより37,633円。
2,000円では63,652円もトータルで利息を払わずに済み、それぞれ返済期間も短くなります。

毎回は厳しくとも、余裕がある月には少し上乗せ返済するだけで少しずつですが余計な利息を支払わずにすみます。

また、ボーナス月などにまとまった額をドンと返済すれば、トータルの返済額を節約できます。

小規模消費者金融系カードローンでは、予定していた利息での利益を得ることができなくなるため認めていないこともありますが、大手のプロミスでは可能となっています。
それもあわせておすすめです。

どんな風に返済すればいいの?

様々な手段が選択できる!

プロミスは返済方法が多彩です。
下表で示している返済方法はいずれも手数料が一切かかりません。

返済方法 返済できる時間 備考
インターネット 24時間 三井住友・三菱UFJ・みずほ・ジャパンネット・楽天
いずれかの銀行のネットバンキング口座が必要
口座振替 月1回の自動引き落とし日  
プロミス店頭窓口 10:00~18:00※店舗により営業時間、休日が異なります。  
プロミスATM 1秒診断 10~18時
(一部店舗土日祝は不可)
コンビニ
マルチメディア
24時間
(毎週月曜日の0~7時を除く)
ローソン・ミニストップ「Loppi」
ファミリーマート「Famiポート」

コンビニや提携金融機関ATMでの返済手数料のまとめ

一方、手数料がかかってしまう方法は以下の二つ。
親会社である三井住友銀行以外の提携コンビニ・銀行ATMでの返済と、プロミスが指定する同社の三井住友銀行の口座への振り込みでの返済です。

提携ATM返済での場合一律、以下のように手数料がかかります。

返済額1万円以内…100円
返済額1万円以上…200円

プロミスと提携して返済が可能なATMを挙げると、コンビニならばセブンイレブンとローソンが独自ATMで、その他のコンビニもE-netATM設置店であれば返済が可能です。

銀行系ならば、以下の銀行で返済が可能です。

  • 東京スター銀行
  • 福岡銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • イオン銀行
  • 第三銀行
  • 西日本シティー銀行
  • 熊本銀行

これらに加えて信販会社のクレディーセゾンなどでも返済できます。

コンビニ設置ATMなら基本的に24時間返済可。
銀行系はそれぞれの稼働時間に限られ、いずれの場合も毎週月曜日の0~7時までの間は返済することができません。

なお、銀行などからの振込手数料、並びに返済可能時間はそれぞれ利用する金融機関で異なるため各自でチェックしてみてください。

まとめ

大手らしく細やかな返済方式と、豊富な提携先での返済ができるプロミスは、利用しやすいカードローンの1つとして挙げられます。

返済計画をしっかりと立てることが健全なカードローン利用に繋がります。

それぞれのカードローンでその返済の仕組みは違うので、借入の際は返済方式やその額、さらに返済方法までしっかりとチェックして、自分に合ったカードローンの選択と借入金額設定をするよう心がけましょう。

※記載されている内容は2018年5月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.