カリテミオトップページ > いろいろな金融機関・借り方 > ヤミ金 > クレジットカードショッピング枠の現金化はやめておけ!危険な理由は?

クレジットカードショッピング枠の現金化はやめておけ!危険な理由は?

更新日:

公開日:2017.6.21

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

クレジットカードショッピング枠の現金化がダメなのは何故?

「今月どうしてもあと30万円必要!」

そんな時に解決策を探してネット検索などをしていると「クレジットカードのショッピング枠の現金化」という広告やサイトを見かけることがあります。

通常クレジットカードのショッピング枠はお買い物でしか利用できないのですが、このショッピング枠を現金と交換してくれるというサービスです。
しかし、このようなクレジットカードの現金化サービスを行っている業者の利用は非常に危険です。

今回は、クレジットカードのショッピング枠の現金化の危険性と、急にお金が必要になった場合の対策法を紹介します。

クレジットカードの現金化は規約違反!

クレジット業界の自主規制機関として存在するクレジットカード業界の団体「日本クレジット協会」では、「クレジットカード現金化のお誘い」に注意を促しています。

クレジットカードに存在するショッピング枠とキャッシング枠

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠があります。

キャッシング枠が付いているクレジットカードの場合には、与えられた限度枠内であればキャッシングを利用して現金での融資を受けることが可能です。
一方、クレジットカードのショッピング枠とは、商品やサービスを利用するために設定されている枠です。

クレジットカードのショッピング枠 クレジットカードのキャッシング枠
・実店舗での買い物
・ネットショッピング
・公共料金などの各種支払いなど
・現金で融資を受ける

ショッピング枠の現金化は違反行為!

クレジットカードを発行するクレジットカード会社は、このようにショッピング枠を現金との換金目的で利用することは認めていません。
クレジットカードのショッピング枠を現金化目的で利用することは「クレジットカード会員規約」に違反する行為であり、最悪の場合カードの利用停止処分となることもあります。

余計に支払いがキツくなるだけ!

クレジットカードのショッピング枠を現金化するデメリットは利用停止処分の恐れ以外にも、最終的な支払いのリスクがあります。
まずは、クレジットカードの現金化を行っている業者の手口を見て行きましょう。

クレジットカード現金化業者の実例

事例その1:ネットショップで「◯◯を50万円でクレジットカード決済にて購入してくれれば、8割の40万円をキャッシュバックします」

事例その2:実店舗で「自社の商品をクレジットカードにて50万円で購入すれば、手数料2割を差し引いた40万円をキャッシュバックします」

クレジットカードの現金化でよく利用されるのが、ほとんど価値のない商品を高額で購入させ利用者にクレジットカード決済にて支払いをさせることです。
その後、手数料などを差し引いた金額をキャッシュバックし、利用者は現金を受け取ることができます。

この仕組みを利用することで、利用者は一時的に現金を手に入れられますが、結局翌月にはクレジットカードの支払い請求があります。

クレジットカードの現金化は借金が雪だるま式に膨らむ仕組み

上記2つの事例の場合、50万円をクレジットカード決済で支払い後すぐに手元に40万円がキャッシュバックされますが、翌月にはクレジットカード会社から50万円の支払い請求があります。

たとえ一括返済にせずリボ払いにして月々小額ずつ返済したとしても、リボ払いを利用すると利率15~18%程度の利息がかかります。

結果として50万円以上の返済が必要になります。
余計なお金を払わなくてはならず、借金が雪だるま式に膨らんでいくのです。

消費者金融に挑戦して見る価値あり

どうしても現金が必要でクレジットカードのショッピング枠現金化したいと思っている方は、消費者金融に挑戦してみることがおすすめです。

「でも、カードローンは金利が高いんでしょ?」

そんな心配する方もいると思いますが、クレジットカードのリボ払いを利用するのであれば利率はそれほど変わりません。
さらに、カードローン会社には新規契約者を対象に無利息期間サービスを提供しているカードローン会社もあります。
よって、結果的にクレジットカードの利用と返済方法や返済金額にはあまり違いがありません。

金利(年) 無利息条件
一般的な
クレジットカード
15~18%
(リボ払い)
一括払い
プロミス 4.5~17.8% 30日間無利息サービス
アコム 3.0~18.0% 30日間金利0円サービス
アイフル 3.0~18.0% 30日間金利0円サービス
SMBCモビット 3.0~18.0% なし

消費者金融なら手数料天引きの心配なし!


クレジットカード現金化の場合、クレジットカード決済金額からキャッシュバックがあるのは実際の支払額の90~80%程度で、カード決済した全額が現金化されるわけではありません。

そのためカード利用で50万円を現金化した場合、手に入る現金は40~45万円程度です。

しかしカードローンの場合は、限度枠内であれば手数料を引かれることなく借入が可能です。
クレジットカードで現金化するよりもカードローンを利用した方が、支払い総額を大幅に節約することができます。

カードローンの審査が心配という方は

「カードローンの審査に通過できるかどうかが心配…」

そんな方もいると思いますが、カードローンの審査はそれほど難しいものではありません。

また、一度カードローンの審査に落ちてしまった人でも、審査通過率の高いカードローン会社を選ぶなど、ちょっとした工夫をすることでカードローンの審査に通過できる可能性があります。
特に大手消費者金融のアコムでは48%以上の高い審査通過率を誇っていますので、審査通過に自信のない人にもおすすめのカードローンです。

クレジットカードショッピング枠の現金化についてのまとめ

今回は、クレジットカードのショッピング枠現金化の危険性について説明してきました。

クレジットカードの現金化は一時的に現金が手に入りますが、翌月や翌々月には必ずきっちり返済金が発生します。
手数料も取られてしまう上に、違反行為ですので最悪カード利用停止処分を受ける危険性もあります。

どうしても現金が欲しいという場合には、クレジットカードの現金化の前に、一度カードローンの審査を受けてみることをおすすめします。

※記載されている内容は2019年6月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.