カリテミオトップページ > 事業性融資ローン > ビジネスローン > ビジネスローンと消費者金融のカードローンとの違いは?

ビジネスローンと消費者金融のカードローンとの違いは?

更新日:

公開日:2017.6.21

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

ビジネスローンと消費者金融のカードローンってどう違うの?

昔は「サラ金」などの暗いイメージのあったカードローンですが、現在ではレジャーや娯楽などの費用として気軽に利用する人が増えてきました。

基本的にどんな目的でも利用可能なカードローンですが、ビジネスを利用目的として使う事だけは禁止しているカードローン会社がほとんどです。

そのため、ビジネス目的で融資を受けるためには、ビジネスローンに申し込みをする必要があります。
今回は一般的なカードローンとビジネスローンの違いは何なのかを詳しく調べてみました。

普通の消費者金融との違いは?

カードローンを利用する上で「個人としての利用=一般的なカードローン」、「事業などの運転資金=ビジネスローン」という考え方が基本です。

では、一般のカードローンとビジネスローンでは具体的にどんな違いがあるのかをみていきましょう。

一般的なカードローンとは?

一般的なカードローンとは、個人の利用目的で融資を受けるためのローンです。
おもに専用のローンカードを使ってキャッシングを行う事からカードローンといわれています。

カードローンの利用目的は基本的には自由とされており、融資されたお金は旅行代金や生活費、冠婚葬祭などさまざまな利用目的で使われています。

しかし、カードローンの利用目的として禁止されているのが、会社の運転資金などに使うための事業資金としての利用です。
カードローンはあくまでも個人的な利用に限るというルールがあります。

また、消費者金融などの借り入れでは総量規制の対象となりますので、年収の3分の1以上の融資が受けられないのも特徴です。

ビジネスローンとは?

一方のビジネスローンは、基本的に利用目的が自由なカードローンに比べて利用目的にある程度の制限が設けられています。
ビジネスローンの利用目的は、必ず会社や事業に使われるお金でなければいけません。

そのため、「自分の自宅の家電製品を買うため」という利用目的ではビジネスローンを使う事はできません。

しかし「会社の備品を購入するため」というような利用目的であれば、申込条件を満たしているので申し込みが可能になります。

また、カードローンでは総量規制の対象となってしまう消費者金融の貸し付けも、ビジネスローンであれば総量規制の対象外となりますので、年収の3分の1以上の高額融資も可能になります。

個人事業主でも借入が可能?

ビジネスローンは会社経営者などの法人以外にも個人事業主の方でも借入可能なローンは豊富にあります。

ビジネスローンを取り扱う会社によっては、法人用と個人事業主用でビジネスローン商品がそれぞれ違う取り扱いになっているところもあります。

ビジネスローンで個人事業主が審査される項目

一般的なカードローンの場合、申込者個人の属性(情報)や過去の企業とのお金の貸し借りが記録された個人信用情報などを確認される審査が行われます。

一方でビジネスローンの場合には、上記の個人情報や個人信用情報の他に事業の業績・事業継続期間などもチェックされます。
そのため、個人利用のカードローンよりも審査項目が多く審査基準は高くなります。

銀行とノンバンクのビジネスローンの違いは?

カードローンと同じように、現在ではさまざな業者がビジネスローン商品を取り扱っています。

そのなかでもビジネスローンは銀行の取り扱うタイプと、消費者金融などのノンバンク系の業者が取り扱うタイプでは以下のような違いがあります。

銀行とノンバンクのビジネスローンの違い一覧

それでは、実際に銀行系のビジネスローンである「三菱UFJ銀行 融活力」とノンバンクのビジネスローンである「プロミス 自営者カードローン」を比較してみましょう。

  三菱UFJ
融活力
プロミス
自営者カードローン
金利 2.35%~9.0% 6.3%~17.8%
最大限度額 5000万円 300万円
融資までのスピード 5日~1週間程度 最短即日
審査基準
返済期間 最長36ヶ月 最長6年9ヶ月

融資までのスピードの違い

銀行のビジネスローンの場合、申し込みから融資を受けるまでに1週間程度かかってしまいます。
銀行によっては融資までに2週間以上の時間がかかる銀行もあります。

一方ノンバンクのビジネスローンの場合は即日融資可能な業者もあります。
急いで融資を受けたい場合には、消費者金融のビジネスローンがおすすめです。

融資限度額

三菱UFJ銀行は限度額が3000万円、プロミスの限度額は300万円となっており、10倍ほどの違いがあります。

消費者金融系のビジネスローンの場合は限度額が低めに設定されている事が多く、その分審査スピードが速いという特徴もあります。

しかし、基本的には審査の結果次第で利用者それぞれに限度額が設けられるので実際の融資額は利用者のスペック次第で左右されるところが大きくなります。

金利

金利に関しては銀行ビジネスローンもノンバンクビジネスローンも、一般のビジネスローンよりも若干低めの金利設定になっています。

また、銀行の方が若干低めの金利設定になっていますので、利息を少しでも節約したいという方の場合には銀行のビジネスローンを検討してみるのがよいでしょう。

返済期間

返済期間は基本的にノンバンク系の方が長く設けられていることが多く、逆に銀行系のビジネスローンは短めに設定されています。

最長5年などのビジネスローンもありますが、基本的には短めに設定される傾向があるようです。

審査基準

銀行とノンバンクでは審査基準にも大きな違いがあります。

銀行に事業社資金としてお金を借りる場合には提出する資料も細かく指定されている事が多く、事業の状態を細かくチェックされる傾向があります。
しかし、ノンバンクのビジネスローンの場合には決済書などの提出のみで申し込みが行える場合が多く、申し込み時に揃える書類が少ないという特徴があります。

銀行・ノンバンクどちらを選ぶかは希望次第

銀行のビジネスローンとノンバンクのビジネスローンには、それぞれのメリット・デメリットが存在します。

高額融資を受けるのであれば安心感や信頼性が欲しいと思うのであれば銀行のビジネスローンがおすすめです。

また、スピード重視で気軽に借入がしたいという方であればノンバンクのビジネスローンがおすすめです。

どちらを選ぶかは利用者の希望次第でもありますので、自分の希望をしっかりと確認してビジネスローンを選ぶことをおすすめします。

※記載されている内容は2019年4月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.