カリテミオトップページ > アイフル > アイフルの返済方法まとめ(コンビニ・ATM手数料や返済額)

アイフルの返済方法まとめ(コンビニ・ATM手数料や返済額)

更新日:

公開日:2017.6.21

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

アイフルの返済方法について教えて!

アイフル

「アイフルは借りやすいイメージがあるけど、返済方法はどうなの?」

アイフルで借入を行うと必ず行うのが返済です。
アイフルにはどのような返済方法があるのでしょうか?

今回はアイフルでお金を借りた時の返済金額や返済方法、返済時にかかる手数料などについて徹底解説していきます。

どんな風に返済すればいいの?

アイフルで利用できる返済方法は以下の通りです。

  • 振込
  • アイフルATM
  • 提携先ATM
  • コンビニのマルチメディア端末
  • 口座振替

それでは、1つずつ返済方法を確認していきましょう。

アイフルの返済方法5つ

  1. 振込

    契約をしたアイフル店舗の指定口座へ振込を行う方法です。

  2. アイフルATM

    アイフルに設置されているATMから返済する方法です。

  3. 提携先ATM

    提携先の銀行やコンビニATMを利用して返済する方法です。
    アイフルの返済に利用できる提携先ATMは下記の通りです。

    • セブン銀行
    • イオン銀行
    • 三菱UFJ銀行
    • 西日本シティ銀行
    • ローソンATM
    • コンビニATMイーネット
    • 親和銀行
  4. コンビニのマルチメディア端末

    ローソンの「Loppi」やファミリーマートの「Famiポート」を利用して返済を行う方法です。
    原則7時~23時半までコンビニのレジで返済が可能です。

  5. 口座振替

    利用者の指定した金融機関から指定日に自動引き落としが行われる方法です。

いつ返済すればいいの?

アイフルの返済期日の設定は以下のどちらかを選ぶことができます。

  • 約定日制
  • サイクル制

約定日制

利用者の都合の良い毎月一定の返済日を指定して支払う方法です。
返済期日までの10日間が返済可能な期日となります。

また、口座振替の場合には、指定日に引き落としが行われます。
(返済日が土日祝日など金融機関の休業日の場合にはその翌営業日に)

サイクル制

返済日の翌日から35日後が返済日となる返済方法です。
一度返済を行うと次の返済日は35日後ということになります。

ただし、追加で融資を受けた場合でも返済日のサイクルが変わることはありません。
返済日が土日祝日の場合には、平日である翌営業日が返済日となります。

最低返済額は?

アイフルの月々の最低返済額は下記の通りです。

約定日制の場合

借入残高 返済額(月)
10万円以下 4000円
10万円超20万円以下 8000円
20万円超40万円以下 11000円
40万円超50万円以下 13000円
50万円超60万円以下 16000円
60万円超70万円以下 18000円
70万円超80万円以下 21000円
80万円超90万円以下 23000円
90万円超100万円以下 26000円
100万円超300万円以下 10万円毎に1000円追加
300万円超310万円以下 47000円
310万円超490万円以下 10万円毎に1000円追加
490万円超500万円以下 66000円

サイクル制の場合

借入残高 返済額(月)
10万円以下 5000円
10万円超20万円以下 9000円
20万円超40万円以下 13000円
40万円超50万円以下 15000円
50万円超60万円以下 18000円
60万円超70万円以下 21000円
70万円超80万円以下 24000円
80万円超90万円以下 27000円
90万円超100万円以下 30000円
100万円超300万円以下 10万円毎に1000円追加
300万円超310万円以下 51000円
310万円超490万円以下 10万円毎に1000円追加
490万円超500万円以下 70000円

アイフルでは定期返済の他にも随時返済や一括返済の利用が可能

アイフルでは約定日返済やサイクル制返済の他にも「随時返済」「一括返済」を利用して返済することも可能です。

随時返済とは?

約定日返済やサイクル制に加えて利用できる返済方法です。

アイフルの指定口座への振り込みや専用のローンカードを利用していつでも好きな時に好きな金額を返済することが可能です。
事前連絡なしで返済が可能ですので、余裕のある月やボーナス時期などに多めに返済することもできます。

ただし、あくまでも約定返済やサイクル制が基本の返済方法になるため、随時返済を下からといって返済日に返済しなくてもよいというわけではありません。

一括返済

まとまったお金がある場合には、一括返済を利用して返済するのもおすすめです。

一括返済は約定返済やサイクル制や随時返済などとは違い、事前にアイフルのコールセンターに一括返済の旨を連絡する必要があります。
返済日によっては利息が変化する可能性があるため、一括返済に必要な返済金額を教えてもらう必要があるためです。

一括返済の方法はとても簡単で、まずはアイフルに一括返済希望の旨と返済予定日を電話で伝え、返済金額を計算してもらいます。
あとは、返済金額を予定日に各種方法で返済すれば一括返済の完了です。

アイフルに連絡しておいた予定日に支払いができない場合には、再度アイフルに連絡して新たな返済予定日を伝えて計算してもらう必要があります。

コンビニやATMの返済手数料のまとめ

それでは最後にアイフルの返済時に必要な手数料をまとめておきます。

アイフルの提携先ATMでは、返済時の他にキャッシングの時にも利用手数料がかかりますので注意が必要です。
返済・借入をする時の参考にしてみてくださいね。

提携先ATM・メディア端末の利用手数料

取り引き金額 入金 出金
1万円以下 108円 108円
1万円超 216円 216円

※記載されている内容は2019年2月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.