カリテミオトップページ > 銀行 > セブン銀行カードローンの特徴まとめ、申込から審査まで徹底解説

セブン銀行カードローンの特徴まとめ、申込から審査まで徹底解説

更新日:

公開日:2017.6.28

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

2001年にアイバンク銀行が設立され2005年に株式会社セブン銀行に社名変更されたのがセブン銀行です。セブン銀行は、セブン&アイ・ホールディングスが運営する、コンビニATMを主体としたネット銀行です。

銀行と聞くと窓口があって、預金が中心のメガバンクのイメージが強い中、セブン銀行では原則24時間365日止まらないATMを中心としたサービスを行う銀行です。

セブン銀行のATMを利用する場合にはセブンイレブンやイトーヨーカドーをはじめ、商業施設や駅、空港など全国24000台もあります。利用したい時にATMをすぐに見つけられるので忙しい人には利用しやすい銀行と言えます。

今回は、そんなセブン銀行カードローンを利用したい方のために特徴や申込みの手順などについて詳しくまとめてみました。

金利、限度額は?セブン銀行カードローンのスペック表

まずはセブン銀行カードローンの基本スペックを表でみてみましょう。

セブン銀行カードローン
金利 15%
限度額 50万円
即日融資対応 不可
返済方法 約定返済
申込方法 インターネットのみ

適用金利は15%

通常のカードローンの場合、「◯%~◯%」と記載されていることが多く、最小金利と最大金利に幅があるカードローンが多いです。

一方、セブン銀行カードローンの場合は適用金利が15%のみとなっており、分かりやすいのが特徴です。

また、銀行カードローンの場合最大金利が14%~17%台が多くなっているので、銀行系カードローンの最大金利の平均値くらいの金利になります。
さらに、大手消費者金融の最大金利が17.8~18%台となっていることからも、消費者金融と比較すると良心的な金利設定になっています。

利用限度額は50万円

セブン銀行カードローンの新規契約者の利用限度額は50万円までです。

他社のカードローンが500万円~1000万円程度の利用限度額を設定しているのに比べるとかなり低い限度額設定のように見えます。

しかし、どのカードローンでも新規契約者に利用限度額ギリギリまで枠を与えることはなく、大手消費者金融では総量規制の対象となっているため年収の3分の1までしか借入れることができません。
そのためセブン銀行は利用限度額自体は低いのですが、実際の与信枠は他社とそれほど変わらず、少額融資を希望している方にはおすすめのカードローンです。

審査や在籍確認は?

セブン銀行カードローンを利用するためにはセブン銀行の預金口座が必要になります。

新規契約で口座を持っていない場合には、カードローンの申込みと口座開設が同時にできるようになっています。
口座を持っていない方の場合、運転免許証などの本人確認書類が必要になりますが既にセブン銀行の口座を持っている方であれば本人確認書類などの書類不要でカーロドーンを利用することができます。

また、申込方法はセブン銀行カードローンの公式ページにある申込み画面から必要事項を入力するだけですので、複雑な手続きは必要ありません。

セブン銀行カードローンの審査とは?

セブン銀行カードローンの申込み基準は以下の通りです。

  • 満20歳以上70歳未満の方
  • セブン銀行に口座のある方
  • 保証会社の保証が受けられる方

この中でセブン銀行は「保証会社の保証が受けられる方」という項目を申込条件に入れており、実際に審査を行う保証会社は大手消費者金融でもあるアコム株式会社です。
審査基準はセブン銀行が定めていますが、審査方法の特徴などはアコムと似ている部分がある可能性が高いです。

アコムは46%超の消費者金融業界でもNO1の新規貸付率があることからも、比較的審査通かしやすいカードローンといわれています。
そのため、審査の特徴としては、比較的優しめの審査方法がとられているのでは?と予測されます。

セブン銀行カードローンの在籍確認の方法は?

多くのカードローン会社が採用しているのが、勤務先への電話連絡による在籍確認です。

しかし、セブン銀行カードローンにはこの電話連絡による在籍確認がありません。

これはセブン銀行の銀行口座開設時の身分証明書類の提出などにより在籍確認が完了しているためと考えられます。
よってセブン銀行から電話連絡が入ること自体が基本的にないと考えてよいでしょう。

ただし、申込内容や信用情報に問題がある場合には申込者の申告した連絡先や勤務先に電話連絡がはいる可能性もあります。

返済方法と手数料まとめ

セブン銀行カードローンは毎月27日に返済を行う、約定返済に加えて好きな時に好きな金額だけ返済をする随時返済も利用可能です。

基本的な返済はセブン銀行の口座振替にて行われますが、随時返済の場合はセブン銀行のATMやダイレクトバンキングなどを利用して返済することも可能です。

借入返済時の手数料は?

セブン銀行カードローンで利用可能なATMはセブン銀行ATMのみとなっており、手数料無料で利用可能です。

セブン銀行カードローンを利用するメリット・デメリット

ポイントも貯まる!セブン銀行を利用するメリット

セブン銀行で口座を開設するとデビットカードがついてきます。このカードを使うと、どこで使っても支払金額の0.5%のnanacoポイントがもらえるので大変お得でセブンイレブンやイトーヨーカドーでは1.5%還元になります。

nanacoポイントは百貨店、コンビニ、スーパー、ファミレスやレストランなど全国で使えます。セブン銀行のカードを持っているだけで会計時にnanacoポイントが貯まり、貯まったポイントを再び使うことが出来て大変便利でメリットと言えます。

こんな場合も?!セブン銀行のデメリット

ATMの設置台数が多いのでATMを探しやすい。セブン銀行のカードを使用するとnanacoポイントが貯まりポイントを使用できる場所が全国的に沢山ある。そんなメリットばかりのセブン銀行ですが逆にデメリットもあります。

セブン銀行の現金の預入、残高照会は24時間無料で、現金引き出しのATM手数料は7時から19時のみ無料です。その他の時間は108円かかってしまうので、無料時間以外に現金の引き出しを行う場合はデメリットと言えます。

また振込手数料はセブン銀行宛54円、他銀行宛216円とセブン銀行間でも手数料がかかってしまうのでデメリットっと言えます。

口コミ・評判は?

それでは最後に、実際に利用した方の口コミをみていきましょう。

20代 男性 会社員

バイクの部品を購入したくて10万円融資希望で申込みをしてみました。

セブンイレブンは近所にあったし、セブン銀行の口座をもってもいいかなと思ってセブン銀行に決めました。

申込みをしてから1時間くらいで審査結果がでたので「早いな」と感心していましたが、口座を持っていなかったのでカードが届くまでに2週間以上かかったと思います。
急いではいなかったので別にいいんですけど、スピード融資を希望している人でセブン銀行の口座を持っていない人には不向きかな~と思いますよ。

しかし、その他は簡潔に手続きがとれて満足しています。

口コミまとめ:手続きが簡単で初心者でも利用しやすい!

セブン銀行カードローンは限度額が他社よりも低めに設定されている分、審査に時間がかからないお手軽なカードローンであるという口コミが多くなっています。
申込みから10分で審査結果がでたという方もいるほど、審査スピードには定評のあるカードローンです。

しかし、セブン銀行の口座がない方の場合には、融資を受けるまでにおよそ2週間ほどの時間がかかってしまいます。
元々口座を持っていない方は融資までにある程度の時間がかかることは考えておいた方がよいでしょう。

セブン銀行の口座がある方であれば、審査可決後にスピード融資が可能ですので借り入れがスムーズに行えますよ。

※記載されている内容は2019年4月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.