カリテミオトップページ > いろいろな金融機関・借り方 > 人から借りる方法 > 友人からお金を借りるには?注意点や借りる方法

友人からお金を借りるには?注意点や借りる方法

更新日:

公開日:2018.9.12

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

給料日直前なのに、欲しかった新作ゲームが販売されたり、お目当ての異性からデートに誘われたりなど、魅力的な誘惑はお財布事情に関わらず、常にやって来るものです。

そんな時、何とか金策したいと親しい友人から、お金を借りようと考えることもありますが、借りる方法を間違えたり、やってはいけないことに注意しないと、親密だった友人関係が、一瞬にして崩壊することもあります。

そこで今回は、うまく関係を維持したまま、友人からお金を借りるには、どういった点を意識べきかについて、いろいろな角度から解説をしていきます。

友人からお金を借りる方法

金融機関ではなく、友人にお金を借りる際は、当然ながら審査なんて行われませんが、いくら相手が親友であっても、大切なお金を貸すわけですから、「なんでお金がいるの?」と聞かれるのが普通です。

このお金が必要な理由こそ、金融機関における審査にあたり、チョイスを誤ると借りることができないばかりか、順調だった友人関係がギクシャクすることもあります。

まずは誠意のあるお願いが絶対条件です!

親しい友人であっても他人ですから、お金を借りようと考えるのであれば、メールやLINEなどで済ませず、しっかりと顔を突き合わせてお願いするのが筋です。

そして、お金が必要となった理由に嘘はご法度で、返済期限・返済方法などを明確にと伝え、できることならお礼の意味を込めて、金利を自主的につけるのも効果的です。

加えて、相手は個人であり貸金業者ではないので、借りる額は必要最低限にとどめ、間違っても恩を仇で返すことがないよう、できる限り短期間での完済を心がけましょう。

また、少額なら口約束もアリですが、まとまった金額になるときは相手が求めなくても、自ら借用書を作成し手渡すことで、「信頼できる友人だから貸そう!」と評価されることもあります。

同情からお金を借りられることもある家族の事情

最も友人の気持ちに訴えかけ、お金を借りることができる可能性も高いのが、親の病気や親戚の冠婚葬祭などといった、家族の事情に伴う借金のお願いです。

「親が急に倒れて治療費がかさむから、何とか用立ててくれないか?」

「祖父が急に亡くなってしまったんだけど、香典代を用意できないから貸してくれない?」

などといった具合に頼まれてしまうと、なんとか手助けしたいと考えるのが友情ですが、それを逆手にとって嘘をついてしまうのは、絶対NGです。

万が一、ピンピンした親族や親と友人が街でバッタリ遭遇、なんてことになると友情だけではなく、借金に利用された親族や親との関係性も崩れかねません。

紛失・盗難などで困っている時はお互い様!

大きなお金を借りるのは難しいですが、財布を落としたりスリに遭うなどして、現金がなくなってしまったことを理由にするのも、友人からお金を借りやすい方法の1つです。

「仕方ないなあ、このドジ!」なんてセリフと共に、当座の生活費程度なら貸してくれることも多いですが、給料日などでお金が手に入ったら真っ先に返済し、併せて感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

案外貸してくれやすい?恋愛がらみのお願い

日頃から赤裸々に恋愛話などを交わす、気の置けない友人がいるのであれば、

「彼女の機嫌が悪いから、少しだけデート代貸して?」

「今度の合コンはチャンス!でも軍資金が足りないんだ…」

などといった、少々恥ずかしい恋愛がらみの理由で、お金の借りる方法もアリです。

ヘタな嘘を付くより、「頑張って来い!」と背中を押してくれることも多いため、意外にも成功率の高い方法と言えます。

これはダメ!友人にお金を借りる時してはいけないこと

前項までに解説した理由を伝えることが、確かに友人からお金を借りやすい方法であるものの、これらに当てはまらなくても嘘の理由をでっちあげるより、正直に理由を言ってしまった方が、友人関係の場合お金を借りやすくなります。

とはいえ、ギャンブルに使うという理由や、「勝ったら色を付けて返すから!」なんて根拠の全くない返済方法で借金を申し込むのは、絶対にやめておきましょう。

まず貸してくれることはないですし、そんな理由や返済方法を伝えた時点で、果たしてこのまま友人を続けてもいいものか、不安を覚えさせる結果になります。

注意点・借金のお願いをやめたほうがいい場合とやめるべき普段の行動

友人からお金を借りれるかどうかは、お願いする相手との関係性がカギを握っており、相手の性格や付き合いの長さ、さらには普段の何気ない行動や態度によって、成功率は大きく変わってきます。

お金にシビアだったり、付き合いの浅い友人は避ける!

最初に断っておくと、どれだけ親しい友人であっても、「お金を貸してほしい」と言われることを、快く思う方なんていません。

ましてや、普段お金にシビアな方や、付き合いの長くない友人に借金をお願いすると、理由を言う前に以後の付き合いを、バッサリと断られてしまうことだってあります。

すぐバレる嘘ばかりついていると…

友人にお金を貸してもいい、と考えるには普段から信頼関係が築かれている必要があり、信頼を寄せている友人からのお願いなら、万が一返ってこなくても仕方ないと覚悟して、お金を貸してくれることすらあります。

一方、すぐにバレるような下らない嘘ばかりいつもついていたり、軽口が多くて信頼できない友人から借金をお願いされても、大切なお金を融通する気にはなれません。

いざお金が必要になったとき、信頼して貸してくれるような友人が、周りに一人もいなかったなんてことになりかねないので、何にしても普段か嘘は極力つかないようにしましょう。

とにかく時間にルーズで約束を守らない

前項と関連しますが、遊びの約束にいつも遅れてきたり、突然ドタキャンするような友人は、お金を貸しても約束通り返済してくれると、信頼することができません。

また、信頼して貸したものの、約束した返済期限を守らないでいると、友人関係はたちまち崩れ、友情は一転して「憎悪」に近いものに、変わることすらあります。

友人間とはいえ、お金の貸し借りでのトラブルは、こじれると裁判沙汰にまで発展することもあるため、交わした返済期限などの約束は、必ず守るようにしましょう。

完済していないのにまた借金を申し込む

完済していないのに、またお金を貸してくれと言ってくる友人に対する評価は、回数を重ねるごとにドンドン低下し、ある日突然一括で返済するよう、借りていた友人から求められることもあります。

また、複数の友人から又借りをすることで、自転車操業的にお金をやりくりしている方も、多くはないもののいるようです。

お金にまつわる噂話は広がるのが早く、「アイツは口を開くと、お金貸してとしか言わない。」というレッテルが張られてしまうこともあり、そうなるとまともに会話してくれる友人が、誰1人いなくなってしまう恐れもあります。

友達からお金を借りる時の心理

お金を用立てる方法は、何も友人から借りることだけではなく、親や親族はもちろん金融機関のローンでキャッシングする、という手もあります。

ですが、いくつかの心理が働くことにより、友人にお金を借りようと考えるので、ここではそういった買い手の心理状態について解説します。

親や親族からは怒られるので嫌だ!

親や親族に頭を下げてお金を借りる方が、友人に頼むより手っ取り早く、気を使う度合いも少ないはずです。

ただし、親や親族にお願いすると、細かい理由の追及やしつこい小言が、もれなくスタートするため、少額なら気心の知れた友人から借りたほうがいいと考える方も多いのです。

信頼関係の深い友人がいるから大丈夫!って本当?

一方的に借りるばかりではなく、互いにお金の貸し借りを繰り返しているような、信頼関係の深い友人がいる方の場合は、持ちつ持たれつで友人関係を継続しているケースもあります。

とはいえ、「金の切れ目が縁の切れ目」とよく言うように、どんなに強固な親友関係を築いていても、ちょっとしたボタンの掛け違いで急速に関係が悪化するのが、「借金問題」の恐ろしさであることを、決して忘れてはいけません。

すぐにお金を貸してくれそうな超お金持ちの友人がいる

実家が病院でお金持ちだったり、一流企業でたっぷり給与をもらっている友人がいて、「アイツならすぐにでもお金を貸してくれそう。」と考えている場合は、正直言って甘いです。

なぜなら、いくら実家や家庭がお金を持っていても、個人で自由にできるお金は限られていますから、家族に反対されればお金を借りることなんてできません。

もはやカード会社からは借りれない

金融業者のカードローンの方が、高額を用立てることも可能ですし、相手はお金を貸すのが商売ですから、友人に借りた時のように関係が壊れる事なんて、一切心配する必要もありません。

しかし、すでに借入可能な額を超えるほど借金をしていて、どこに申込んでも審査に通らない方の場合、生活費や借金の返済に充てるため、友人にお金を借りようと考えるケースもあります。

まず借りる側に立って話をすると、こういったケースでは収入と返済能力のバランスが崩れ、経済的に破たんする一歩前まで来ていますので、本当に友人のことを考えるのであれば、友情を盾にしてお金を借りるのはやめておくべきです。

また貸す側からすると、カード会社の利用は他人にバレにくいため、お金を貸してほしいとお願いされた時、理由や返済方法に不信感を持った時や、普段のお金使いが荒い友人に対しては、心を鬼にしてお金を貸さないのも、友情の1つだと考えています。

※記載されている内容は2019年4月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.