カリテミオトップページ > お金を借りるための基礎知識 > カードローンの審査について > 20歳なら学生でも銀行や消費者金融でお金を借りる事ができる?20歳のローンについて解説

20歳なら学生でも銀行や消費者金融でお金を借りる事ができる?20歳のローンについて解説

更新日:

公開日:2018.10.12

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter

この記事を読まれている方の中には「20歳になったからローンを組めるようになるかも!?」と思っている方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

たしかに、20歳までは未成年ですので、20歳になるまではあらゆる契約に際して親権者同意などが必要になるなどの制約もありますし、基本的にローンの契約も出来ないところがほとんどです。

しかし、20歳になると社会的責任もとれると判断され、ほとんどの契約行為は出来るようになります。

ただ、いくら20歳になってローンが組めるようになるといっても、誰でもローンを組めるという事ではありません。

では、20歳の若者がカードローンやマイカーローンなどを利用するには、どんな条件や責任が伴うのか?詳しくご紹介していきたいと思います。

20歳なら学生でも銀行や消費者金融でお金を借りる事ができる!

まず、ローンの契約者が18歳や19歳といった未成年の場合と、20歳を超えた場合では、利用できるローンにはどんな違いがあるのか、基本的な部分を見ていきたいと思います。

未成年が利用できるカードローンは一部の学生ローンのみ

最初に、未成年が利用できるローンについてです。

先ほどもお伝えした通り、未成年者は契約の意思決定を一人ではできない可能性があるという事で、ほとんどの契約行為は一人ではできないか、又は出来たとしても親の同意書などが必要になるケースがほとんどです。

万一、一人で契約行為を行ったとしても、民法の取り決めでは「後から契約行為を白紙に戻す事が出来る」という事になっていますので、ほとんどの会社や金融機関も未成年者と契約する事はありません。

しかし、「お金を借りる」という意味では、一部の学生ローンを取り扱っているような中小の消費者金融に限り、未成年の学生でも利用する事は可能です。

ただし、この場合でもアルバイトで収入がある事が条件になるなど、申し込み条件もいくつか存在し、未成年が誰でも利用できるローンというものは存在しません。

たしかに、未成年でも「大人より稼いでいる」という人はたくさん居ますので、納得できない人もいらっしゃるかもしれませんが、法律で決められている事ですから、現在は未成年がローンを利用するのは、とにかく難しいようです。

銀行や消費者金融のカードローンは20歳以上なら学生でも利用できる!

では、これが20歳以上になると、どうなるのでしょうか?

先ほどもお伝えした通り、20歳以上になると今度は成人として認められる事になりますので、銀行や消費者金融のカードローンは、ほぼすべて利用できる事になります。

また、20歳以上であれば学生であっても、これらのローンを利用する事は可能です。

しかし、この後詳しく解説しますが、20歳の学生がローンを利用する場合は、収入があるなどの条件が伴う事になります。

いずれにせよ、”20歳以上になればローンを契約できるようになる”という事は、それだけ様々な特権も増える訳ですが、それと同時に「責任も増える」事を忘れてはいけません。

20歳からOK!銀行カードローンの申込み条件

では、20歳の若者がローンを利用する場合、どんな申し込み条件が求められるのか、まずは銀行カードローンの場合から見ていく事にしましょう。

三井住友銀行カードローンの申し込み条件

では、実際のカードローンを例にして、申し込み条件を詳しく見ていきましょう。

一つ目はCMなどでもお馴染みの、三井住友銀行カードローンの申し込み条件です。

申し込める人の年齢 申込時、満20歳以上満69歳以下である事(利用者本人の申し込みに限る
収入の条件 原則安定した収入がある事
保証人や保証会社 保証人は不要。
三井住友銀行指定の保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられる事が条件

三菱UFJ銀行 バンクイックの申し込み条件

次もCMでいつも見かける「三菱UFJ銀行のカードローン、バンクイック」の申し込み条件です。

申し込める人の年齢 申込時、満20歳以上満69歳以下である事(利用者本人の申し込みに限る
収入の条件 申込時、満20歳以上満65歳以下で、国内に居住する個人
保証人や保証会社 保証人は不要。
保証会社のアコムの保証を受けられる事が条件

以上、二つの銀行カードローンの条件を見る限り、20歳以上という年齢の条件はあるものの、特に「雇用形態」については言及されていません。

したがって、ほとんどの銀行カードローンは、20歳以上であれば学生でもサラリーマンでも、とにかく毎月安定した収入があれば、申し込みは出来るという事になります。

尚、この場合の「収入」に求められる条件としては、「収入が多い」という事よりも、「いかに安定しているか」という事がポイントになります。

銀行としては、たとえ少ない金額でも、毎月コツコツと返済してくれる顧客を優良顧客として囲い込みたいのが本音ですので、年収が多いが安定しない人よりも、毎月5万円~10万円程度の少ない収入でも、とにかく安定している人が申し込みの際には有利になります。

ちなみに、いくら収入があっても、以下のような人は審査には不利になります。

  • ギャンブルで収入があるが確実性のない人(パチプロなど)

  • 小説家などの執筆業、または講演業などで不定期の収入しかない人(収入証明を提出できる人は審査通過の可能性は高い)

  • 年金受給者(カードローンによっては年金受給者も利用可能のところもあり)

銀行カードローンは保証会社の審査が重要

また、銀行のカードローンを利用するうえで、もう一つ覚えておかないといけない点があります。

それは「保証会社」の存在です。

保証会社とは、その名の通りカードローンの契約者が返済不能に陥った時に、利用者に代わって銀行に代位弁済する役割を担っていますが、銀行カードローンを利用する場合は、銀行の基本的な審査に加え、契約に関する詳しい審査は、保証会社が行う仕組みになっています。

その為、例えば三菱UFJ銀行バンクイックの場合は、保証会社がアコムですので、過去にアコムで延滞をした事がある人や、アコムの借金を任意整理するなど、債務整理をした事がある場合は、信用情報機関の情報が消えていても、アコムに残っている情報をもとにバンクイックの審査に落ちてしまう…という事もあり得ます。

逆に言うと、アコムで堅実な利用をしている人の場合は、バンクイックの審査でも好印象を持ってもらえ、審査通過できる可能性は高くなります。

20歳からOK!消費者金融カードローンの申込み条件

次に、大手消費者金融の場合も、20歳から申し込みできるのか、実際の申し込み条件をチェックしてみる事にしましょう。

アコムなら20歳以上で申し込み可能!

一つ目は、消費者金融大手のアコムの申し込み条件です。

申し込める人の年齢 年齢20歳以上、69歳以下である事
収入の条件 利用者本人に安定した収入のある事
※主婦、学生の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合は申し込み可能
保証人や保証会社 不要(保証会社もなし)

プロミスも20歳以上で申し込み可能!学生もOK

次に、プロミスの場合はどうなのか見てみます。

申し込める人の年齢 年齢20歳以上、69歳以下である事
収入の条件 利用者本人に安定した収入のある事
※主婦、学生の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合は申し込み可能
保証人や保証会社 不要(保証会社もなし)

以上を見る限り、消費者金融についても、20歳以上であれば学生でも申し込みは可能です。

ただし、先ほどもお伝えした通り、アルバイトなどの定期的な収入がある事が必須条件となります。

どれくらいの収入があれば、カードローンが利用できるの?

ここまでで、カードローンを利用するには「20歳以上」「学生でもOK」「安定した収入がある事」という条件が必要である事はわかりました。

しかし、「安定した収入」と言われても、どれくらいの収入があれば申し込みが出来るのでしょうか?

この点については、この後の「カードローンの限度額」の部分でも詳しく触れますが、結論から申し上げると、結局は収入に対する限度額が決まってきますので、〇〇万円以上の収入がないと利用できないと言う決まりはありません。

その点、一部の銀行カードローンや、ろうきんのカードローンの場合は、「年収200万円以上」などという条件を設定しているところもありますが、消費者金融の場合はそのような設定はありません。

しかし、さすがに年収が10万円程度となると、総量規制の関係で融資できても3万円までという事になってしまいますから、少なくとも学生のアルバイトでも50万円~100万円程度の収入は欲しいところです。

20歳のローン、銀行と消費者金融どちらがオススメ?

では、20歳の人がカードローンを申し込む場合、上記でご紹介した「銀行カードローン」と「消費者金融のカードローン」では、どちらのカードローンのほうが利用しやすいのでしょうか?

主に「審査の通りやすさ」という面から、考えてみたいと思います。

銀行カードローンは消費者金融に比べて審査が若干厳しい

まず、銀行カードローンと消費者を比較すると、どちらが審査通過しやすいか…という点ですが、一概に言えない部分はありますが、やはり審査が厳しいのは「銀行カードローン」となります。

なぜなら、先ほどもお伝えした通り、銀行カードローンは銀行の基本的な審査に加え、保証会社の審査が入るからです。

また、最近では銀行カードローンの過剰融資が社会問題化しており、金融庁も問題視して銀行カードローンの規制を強化しています。

主な規制強化の内容は以下のようなものが挙げられますが、このような背景を受けて、近年の銀行カードローンの審査はより厳しくなってきています。

【銀行カードローンを取り巻く規制強化の一部】


  • 安易な利用を煽るような過剰な広告の禁止

  • 返済能力を十分にチェックせず、返済能力を大きく超えた融資の禁止

  • 反社会的勢力の資金源になる事を避ける為、申込者の情報を警察庁データベースに照会する事を義務付け。

  • 銀行カードローンの利用後も、定期的に利用者の収入状況を確認することを指導

参考までに、直近で行われた金融庁の銀行カードローンに関する調査結果を見ると、どのような点が厳しくチェックされているのかわかりますので、参考にして頂ければと思います。

信用情報が非常に重要!審査に落ちるとどうなるの?

では、万一銀行や消費者金融のカードローンの審査に落ちた場合、その後のローン審査にはどのような影響を与えてしまうのでしょうか?

結論から申し上げると、カードローンの審査落ちは、場合によっては後々のローン審査に影響を与える場合があります。

その理由として、「カードローンの申し込みに関わる履歴が信用情報機関に残る」という点にあります。

以下は、カードローンの申し込みをして審査落ちした場合の、信用情報機関に履歴が残るまでの流れを示した表です。

  1. カードローンの申し込みをする
  2. 申込みを受けた銀行、保証会社、消費者金融各社は、社内審査と信用情報機関への照会を行う
  3. 信用情報機関への照会履歴が6ヶ月間照会履歴として残る
  4. 審査の結果、審査落ちとなる
  5. 信用情報機関には、照会の履歴だけが残り、契約履歴が残らない事になる

この表を見ると、もうお気づきかとは思いますが、照会履歴が残っている6ヶ月間の間に、別のローン審査を申し込んだ場合、そのローン会社はそこまでの履歴を見て、

「あれ?以前カードローンが照会をしているのに、この人はカードローンの契約をしていない…。という事は審査上問題がある人では?」

という判断をする為、2社目の審査にも落ちてしまう可能性があるのです。

したがって、一度審査に落ちた場合、次のカードローンを申し込む場合は、少なくとも前の申し込みから6ヶ月間は空けたほうが無難という事になります。

ローンやクレジットカードの利用が全くない人も、逆に信用力がないと判断される

尚、上記のように信用情報機関に傷がある人がローンに通らない…というのは理解できますが、実はこれまでローンやクレジットカードを一切契約した事がない人も、実は信用度においてはあまりいい評価を得られません。

つまり、そのような人はカードローンを利用して返済した実績がない為、ローン会社や金融機関は「この人は過去にローンを利用していないから、きちんと返済できるかどうかわからない…」というネガティブな判断をしてしまうのです。

これら、まったく利用履歴のない人の事を「スーパーホワイト」と言いますが、スーパーホワイトの場合は、審査落ちする事はなかったとしても、限度額が普通の人よりも少ないなど、一定の制限をかけられる場合が多いようです。

結論!20歳がお金を借りるなら消費者金融のカードローンがオススメ!

以上の事から、結局のところは20歳の人がカードローンを申し込むなら、断然消費者金融のカードローンのほうがオススメ!という事になります。

消費者金融の場合は、銀行よりも審査通過の可能性が高い為、信用情報機関に傷をつける事もありませんし、借入や返済の利便性も銀行カードローンよりも高い場合がほとんどなので、「少額」を「短期間で」利用したい場合には、特におすすめのカードローンと言えます。

また、さきほどスーパーホワイトのお話をしましたが、このように審査の通りやすい消費者金融を利用しておく事で、「堅実に返済できる実績を作れる」というメリットもあります。

20歳の無職や収入なしでもお金を借りる事って可能?

この点については、先ほども触れましたが、収入のない無職の20歳の場合は、やはり銀行や消費者金融のカードローンには申し込む事は出来ないのでしょうか?

どちらも「安定した収入があること」が申込み条件にある為、無職の場合はどちらも申込みをする事ができない…という事は前述の通りです。

しかし、勤務先を友達の会社に頼んで嘘の勤務先を申告したり、給与明細をパソコンで偽造する等、適当な嘘で審査はパスできるのでは?と考える人がいるのも事実です。

では、そのような嘘をついた場合、どうなるのか見ていきたいと思います。

嘘をついても在籍確認でバレる

まず、勤務先を虚偽申告して、収入があるように見せかける場合についてですが、この場合は残念ながら審査時の在籍確認で、絶対にバレてしまいます。

銀行の保証会社や、消費者金融の審査担当者は、審査の「プロ」ですので、それくらいの嘘はすぐに見破ってしまいます。

例えば、次のようなやり方で、申込者の嘘を見破ります。

  • 申告した会社名が実際に存在するか、公式WEBページやWEBタウンページなどで調べる。

  • 虚偽の申告をした人に限って、電話をかける時間を指定してくるため、わざとその要望には応えずに、指定された時間以外の時間に電話をして確かめる。

  • 電話に出た職場の人(嘘を頼まれた友人など)に、「いつもは何時くらいに帰社されますか?」などといくつかの質問を繰り返し、反応を見る。

相手もこれくらいの嘘を見破る事が出来なければ、返済能力のない人に融資をしてしまい、企業としても
損失を被る事になりますので、いくつかの「嘘のパターン」はお見通しです。

収入証明書を偽装して、収入があると偽ったらどうなる?

また、収入証明書の提出を求められた際には、「これくらいの書類なら、パソコンで偽造すれば?」と思う方も多いと思いますが、実はこの場合も嘘は見破られてしまいます。

例えば、源泉徴収票などの場合は、税金などを事細かに書く必要がありますので、何もわかっていない素人が偽造すると、そもそも金額が間違っている場合があります。

また、万一怪しい書類が提出された場合は、役所で発行される課税証明や所得証明も提出するように求められますので、いずれの場合もその時点で、嘘はバレるという事になります。

20歳ならローンでいくらまでお金を借りる事ができる?

次に、20歳で銀行や消費者金融カードローンを契約した場合の「限度額」についても、詳しくお伝えしていきたいと思います。

ちなみに、アコムの最高限度額は最高800万円までとなっていますが、アコムでもその他のカードローンでも、最初の契約でいきなり最高限度額が設定される事は皆無です。

限度額設定の大前提は総量規制の範囲内である事

では、いくらまで借りられるのか?という事になりますが、カードローンの限度額設定で最も大切なポイントは「総量規制」です。

総量規制とは、消費者金融のカードローンにおいて、年収の三分の一以上の借入ができないルールの事を指していますが、20歳の場合でも、もちろんこのルールが適用されます。

例えば20歳の学生がアルバイトで年間60万円の収入がある場合は、どれだけ限度額が増えても20万円までという事になります。

また、銀行のカードローンについては、総量規制の対象外ではありますが、前述の通り最近では銀行カードローンも厳しい審査が行われますので、消費者金融の総量規制ルールとほぼ同じ考え方で限度額が設定されるケースが多いようです。

肝心なのは、総量規制よりも返済比率

また、総量規制の他にも「返済比率」という点が厳しく見られるため、20歳の場合の限度額はそれほど多くないという現実もあります。

この返済比率とは「年収のうち、借金返済の額が占める割合」の事を指していますが、理想的な返済比率は、年収の25%前後と言われています。

例えば、年収100万円の人が、毎月2万円のローン返済をしている場合は、毎月の借金返済額2万円×12ヶ月で、年間の借金返済額は24万円となりますから、返済比率は24万円÷100万円=24%という事になります。

ちなみに住宅ローンを組めるくらいの年齢になると、社会的にも安定してきますので、返済比率は35~40%程度まで認められる場合もあるのですが、若者の場合は社会的地位も低く、転職リスクも高い事から、25%を超えた高い返済比率を前提に高めの限度額が設定される事はありません。

カードローン契約がはじめての人は、年収の10~15%程度が限度額になる

色々と前置きが長くなりましたが、結局のところ「いくらまで借りられるのか?」という事をお伝えしたいと思います。

結論から申し上げると、20歳の人がカードローンを初めて利用する場合は、「年収の三分の一以下」且つ「年収の10~15%程度」というケースがほとんどのようです。

例えば、年収100万円の人なら10万円~15万円という事になります。

たしかに、総量規制の限度額20万円までには届かないという事になる訳ですが、若い人の場合はそれまでの返済実績などがない為、無理なく返済できるように、低い限度額が設定されます。

カードローンは何年利用すれば増額してもらえるの?

ただ、申込時が20歳で限度額が少なかったとしても、利用実績をコツコツと積み上げて、年収も上がっていけば、逆に消費者金融や銀行から「増額の案内」が来るケースもあります。

限度額の増額には最低でも6ヶ月以上の利用実績が必要と言われていますが、1年以上返済を滞らせる事なく確実にローンを利用している人なら、一度自分から増額申請を行ってみるのも、一つの手段かもしれません。

尚、ほとんどのカードローンでは、増額申請は公式WEBではなく、電話で行われますので、増額の希望があるなら、まずは電話相談をしてみる事からはじめてみる事をおすすめします。

20歳の学生でも車のローンを組む事は可能?

次に20歳の人が「マイカーローンを組めるのかどうか」という点についても、確認していきたいと思います。

最近、車離れの傾向が強まってきたとはいえ、20歳前後の人の中には「ローンを利用してでも車が欲しい」と思っている人もたくさん居ると思います。

マイカーローンを扱っている金融機関としては、主に「銀行」や「信販会社」が多いのですが、これらの金融機関では20歳以上で安定した収入がある人なら、審査に通ればマイカーローンを利用する事は可能です。

ただし、20歳未満の場合は、親権者同意や親に連帯保証人になってもらう事が必要になります。

参考までに、各銀行や信販会社のマイカーローンのスペックを一覧表にしていますので、参考にして頂ければと思いますが、この表を見てもわかる通り、銀行のマイカーローンのほうが、圧倒的に金利が低く返済も楽になるよう条件が設定されています。

しかし、銀行のマイカーローンは先ほどのカードローンと同じく、審査が若干厳しい…というのが難点です。

銀行や信販会社のマイカーローン一覧

マイカーローン名 限度額 金利
三井住友銀行マイカーローン 10万円以上300万円以内(1万円単位) 年4.475%
三菱UFJ銀行ネットdeマイカーローン 50万円以上1,000万円以内(1万円単位) 年2.5%
※2019年1月31日までに200万円~500万円の借り入れをした場合。(キャンペーン金利)
りそな銀行マイカーローン 最高500万円まで 年4.475%
イオン銀行マイカーローン 30万円~700万円 年3.8%~8.8%
オリコ ニューバジェットローン ※販売店の設定とオリコの審査による。 10%前後(※販売店の設定とオリコの審査による。)

より審査が通りやすいのは、ディーラー系のマイカーローン

上記のマイカーローンの他にも、トヨタ、日産、ホンダなどの自動車ディーラーが提携している信販会社が取り扱うマイカーローンもあります。

実は、ここまでご紹介したマイカーローンの中では、このディーラー系の信販会社が提供しているマイカーローンが最も審査が通りやすいと言われています。

その理由としては、ずばり「カーディーラーと同系列の信販会社だから」というのが最も大きな理由です。

例えば、トヨタファイナンスはトヨタの車が売れやすいように支援する為に作られた信販会社ですし、日産クレジットも同じ目的で会社が運営されています。

中には、少し審査が厳しい場合でも、決算期で車を売りたいディーラーの店長の一声で、審査通過する事も珍しくないようです。

こちらのマイカーローンについても、スペックの一覧表をまとめておきましたので、参考にして頂ければと思います。

カーディーラー系のマイカーローン一覧

ディーラー系のマイカーローン 限度額 金利
日産オートクレジット 10万円~400万円まで 6%前後(購入時期や店舗による)
トヨタ マイカーローン ※店舗や審査による。 5%~8%前後(購入時期や店舗による)
ホンダマイカークレジット 1万円以上 3.5%

尚、上記の表でもわかる通り、ディーラー系のマイカーローンの限度額や金利は、公開されていないケースが多く、それらは販売店とファイナンス会社の審査で決定されるケースが多いようです。

金利については、概ね6%前後が多いようですが、決算期などは金利を低めにして販売を強化したり、通常金利の時は車体価格を値引きしたりして、店舗が売りやすいように融通できるようにしているのかもしれませんね。

学生で利用用途が決まっていないなら、学生ローンという手段もあり

尚、以上のように車を買う…という目的が決まっている場合ならいいのですが、中には「遊びに行くお金が欲しい」というように、漠然とした利用目的でお金を借りたい20歳もたくさん居ると思います。

特に、20歳の学生の場合でも、サークルでの交友関係にお金が必要になったり、クレジットカードの引き落とし日に口座に現金がない、さらには先ほどの車関係の費用として「ちょっと高めのホイールが欲しくなった」など、お金に困る事も多々あると思います。

そんな利用目的自由のお金を借りたい場合は、消費者金融となる訳ですが、特に20歳で学生の場合は、アコムやプロミスなどの大手消費者金融よりも、中小の消費者金融が取り扱っている学生ローンを利用される事をおすすめします。

学生ローンなら、20歳で学生でも、アルバイトで安定した収入があれば利用できますし、実質年率も16%台と大手消費者金融の18%より低い金利で提供してくれているところもたくさんあります。

ただ、学生ローンも20歳未満となると、利用できる消費者金融は限られてきますので、詳しくは下記記事をご参考にして頂ければと思います。

関連記事をチェック!

学生でもお金を借りる事ができる「学生ローン」ってなに?

大学生や専門学校生でも、友達との飲み会や旅行、そして買い物など…、どうしてもお金が必要になるケースはたくさんあると思いま...

20歳無職でもOK!は闇金の可能性あり!絶対に利用しないこと!

最後に、20歳の人や未成年の学生がお金を借りるうえでの、注意点をお伝えしておきたいと思います。

よくインターネットで金融関係の記事を見たり、街で見かける金融広告を見ると、以下のようなキャッチコピーを見かける事があります。

  • 未成年でも3万円までなら即融資OK
  • ブラックでも貸します。
  • 他社断られた方!ご相談下さい、チカラになります。

中には、大手消費者金融のロゴに似せた会社概要を掲示していたり、大手保険代理店などを想像させるようなHPで宣伝している業者もあるようですが、これらの業者は、ほぼ「闇金」や「ソフト闇金」などの違法業者ですので、絶対に利用しないようにして下さい。

そもそも普通の金融機関は、他社で断られたような人や未成年には、返済不能に陥るリスクが高すぎで、お金は貸してくれません。

しかし、これらの違法業者はこのようなリスクの高い人にも、3万円くらいなら融資をしてくれます。

ただ、この融資には以下のような「裏事情」が隠れています。

返済できなくなった時には、暴力的な取り立てや、親兄弟にまで取り立てを行うので、債権回収能力に自信がある。
トイチ(10日で10%)や、トサン(10日で30%)というような、法外な利息を取っている為、そもそも全員から返済してもらおうとは思っていない。※3万円が3カ月後に10万円になっていた…というケースもあり。

一度闇金を利用すると、その個人情報は違法業者の間で売り買いされて、完済しても別の業者から勧誘がある。

以上の事から、いくらお金に困っているから…といっても、このような業者は絶対に利用しないようにしましょう。

20歳でもお金を借りる事は出来る!まとめ

今回は20歳の若者がローンを組む場合、どこでお金を借りる事ができるのか?またその際の注意点や、おすすめのローン会社の情報をいくつかご紹介しました。

たしかに、20歳となると遊びたい盛りではありますし、友達と遊びに行くお金や、趣味などに使うお金も必要になるケースが多いと思います。

中には「借りてでもすぐに遊びに行きたい!」という気持ちになり、ローンを組む人も居ると思います。

しかし、>やはり20歳の人にとっては「借金」は大きな重荷となり、後々返済が出来なくなるリスクや、返済のために余分に働かなくてはいけないなど、いくつかのデメリットも発生します。

ローンを組んで、一時的に現金を手に入れた時は嬉しいかもしれません。

しかし、その返済は「ずっと続く」という事をよく考えて、事前に返済シミュレーションなどを見てから利用額を決めるなど、計画的にローンを利用される事をおすすめします。

※記載されている内容は2019年4月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.