カリテミオトップページ > いろいろな金融機関・借り方 > 審査なし!?生命保険で便利にお金を借りる方法や注意点を徹底解説

審査なし!?生命保険で便利にお金を借りる方法や注意点を徹底解説

更新日:

公開日:2018.10.9

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

お金を借りる場合、多くの人は銀行や消費者金融、あるいは友人や家族からお金を借りる事を考えると思いますが、それだけではありません。

質屋やクレジットカードのキャッシングなどのメジャーな方法だけでなく、警察や市区町村の役場、意外なところでは保険会社からお金を借りる、なんて方法もあります。

生命保険に加入している人であれば、「契約者貸付」という制度を活用して、保険会社からお金を借りることができるのです。

今回は、生命保険を使ってお金を借りる方法である契約者貸付制度について、その概要やメリットだけでなく、注意点も合わせて解説していきます。

生命保険を使ってお金を借りる方法は?

まずは、生命保険を使ってお金を借りる契約者貸付制度について、その概要を説明します。

生命保険の契約者貸付制度を利用してお金を借りよう

一時的にまとまったお金が必要なとき、銀行の定期預金を解約してお金を用立てることができるように、生命保険も解約すればお金を用立てることができますが、それではせっかく有利な条件で加入した保険がパーになってしまいます。

そこで、現在契約していて保険料を支払っている保険会社の「解約返戻金」を担保にすることによって、生命保険を解約することなくお金を借りることができるのが、契約者貸付制度です。

解約返戻金とは?

契約者貸付制度を利用する際にキーワードとなってくるのが、解約返戻金です。
解約返戻金とは、保険の契約者が自らの意思で契約を解除したとき、または保険会社から契約を解除された際に、保険の契約者がこれまで支払ってきた保険料の一部が払い戻される制度のことです。

保険の契約年数が長ければ長いほど、これまで支払ってきた保険料の金額も多くなるため、払い戻される割合も金額も多くなる傾向があります。

契約者貸付制度を利用しても解約にはならない

「保険会社の契約者貸付制度を利用すると、保険上何らかの不利益を被るのでは」と不安に思う方もいるでしょうが、そんな心配はいりません。

契約者貸付制度を利用しても、それだけで保険会社から一方的に契約を解除されることはもちろんのこと、毎月支払う保険料が値上がりしたり、保障内容の水準が落ちてしまったりということはありませんので、安心してください。

契約者貸付制度を利用しても、これまで通り保険料を支払い借りたお金の返済もすれば、これまでと同様の契約・保障を受けられます。

注意!全ての生命保険でお金を借りられる訳ではない!

生命保険には様々なタイプの商品があり、保険選びの際にもその違いを把握するのに時間がかかるものですが、全ての生命保険で契約者貸付制度を利用できるわけではありません。

解約返戻金が発生する保険を契約している場合のみ契約者貸付制度を利用できる

契約者貸付制度は、解約返戻金を担保にして融資を行なうため、解約返戻金が発生する保険でしか利用できません。

保険会社によって多少異なりますが、解約返戻金が発生する保険は以下の3種類です。

  • 終身保険(死亡・高度障害時の保障などが一生涯続く生命保険)

  • 養老保険(満期が設定されており満期時に生存していると死亡時と同額の満期返戻金がもらえる保険)

  • 学資保険(子供の教育資金を捻出するための保険)

  • 個人年金保険(保険会社と契約して一定時期より年金を受け取れる保険)

保険料が割安でコストパフォーマンスが高いことから、人気の掛け捨て型の保険には解約返戻金の設定がないため、掛け捨て型保険では契約者貸付制度を利用できません。

契約してからの期間が短いと契約者貸付制度を利用できない可能性が高い

終身保険・養老保険・学資保険・個人年金保険など解約返戻金の発生する保険を契約していても、全ての契約者が契約者貸付制度を利用できるわけではありません。

契約者貸付制度は、解約返戻金を担保にして融資を行ないますが、契約間もない時期は支払った保険料も多くないため、受け取れる解約返戻金も多くありません。
解約返戻金の担保価値が極めて乏しいため、契約間もない人は契約者貸付制度を利用できない可能性が高いです。

アカウント型保険は自由にお金を引き出せる

契約者貸付制度の対象ではありませんが、お金を自由に引き出せる保険商品に「アカウント型保険」がありますので、こちらも説明しましょう。

アカウント型保険は、支払った保険料を「アカウント」と呼ばれる積立部分に一度集めて、アカウントから特約の保険料を支払う仕組みとなっており、貯蓄性重視の人は積立部分を多く、保障重視の人は特約の保険料を多くすることができる、自由設計が売りです。

さらに、アカウントの積立部分からお金を引き出すことも可能で、契約者貸付制度とは異なり借金ではないため審査がありませんし、利息も返済の義務もありません。

銀行や消費者金融より生命保険でお金を借りる方が断然お得!

お金を借りるメジャーな方法として、銀行や消費者金融が挙げられますが、銀行や消費者金融からお金を借りるのと比較して、契約者貸付制度を利用してお金を借りた方が断然お得です。
それは、契約者貸付制度には以下のようなメリットがあるからです。

契約者貸付制度でお金を借りる際の金利は低金利

契約者貸付制度を利用する大きなメリット、それは金利が低いことです。
銀行と消費者金融のカードローン、そして契約者貸付制度を利用して保険会社からお金を借りた場合の金利を、表で比較してみましょう。

ジャンル 会社名 貸付利率(年率)
消費者金融 アコム 3%~18%
プロミス 4.5%~17.8%
アイフル 3%~18%
銀行 三菱UFJ銀行 1.8%~14.6%
三井住友銀行 4%~14.5%
楽天銀行 1.9%~14.5%
横浜銀行 1.9%~14.6%
保険会社 日本生命 3%~5.75%
第一生命 3%~5.75%
住友生命 1.55%~5.75%
かんぽ生命 2.5%~6%
ソニー生命 2.5%~8%
ジブラルタ生命 1.12%~5%

銀行や消費者金融のカードローンで適用金利にばらつきがあるのは、審査の結果与えられた限度額によって適用金利が異なるためですが、カードローンに新規申込をした人はほぼ上限金利が適用されます。

一方の保険会社の契約者貸付制度は、契約日によって適用金利が異なってきますが、ほぼ上限金利が適用されても年10%未満の金利です。
明らかに、保険会社の契約者貸付制度を利用した方が低金利でお金を借りることができます。

契約者貸付制度ならばいきなり高額融資も可能

契約者貸付制度を利用する次のメリット、それはいきなり高額融資も夢ではない点です。

カードローンには審査や法規制があるため高額融資は難しい

銀行や消費者金融のカードローンの限度額は、最高で500万円~800万円程度が相場ですが、いきなりそんな高額融資を受けられる可能性はほとんどありません。

よほど収入が多くない限りは、審査の結果、数十万円の限度が与えられるのが一般的で、利用実績を積み重ねて限度額の増枠を徐々にしていくという形です。
しかも、誰しも高額融資が可能なわけではありません。

消費者金融のカードローンには、総量規制(年収の3分の1以上のお金を借りられない規則)が適用されるため、年収300万円の人はどんなに頑張っても100万円以上借りられません。
銀行カードローンは総量規制の対象ではありませんが、50万円以上の借入を希望する際には収入証明書類の提出が必要なケースが多く、かなり面倒です。

契約者貸付制度の限度額相場は「解約返戻金の70%~90%」

一方、保険会社の契約者貸付制度には、明確な限度額が存在しません。

契約者によってこれまで支払ってきた保険料の金額が異なれば、解約返戻金の額も異なりますし、いつ保険契約をしたかによっても解約返戻率が異なるからです。
平均では、解約返戻金の70%~90%程度が、契約者貸付制度の限度額といわれています。

契約者貸付制度の正確な限度額が知りたい人は保険会社に確認すること

しかし、必要とする金額が決まっている人は、契約者貸付制度でいくら借りられるか、いつから契約者貸付制度を利用できるか、きちんと知りたいことでしょう。

そんなときは、保険会社に直接確認するのが最も手っ取り早い方法です。
多くの保険会社では、フリーダイヤルで平日と土曜日の9時~18時程度を目安として、契約者貸付制度の限度額の問い合わせに応じるほか、会員サイトにログインして限度額の確認をすることもできます。

生命保険なら審査なしでお金を借りられる場合が多い!

そして、金利や限度額と並んで、生命保険の契約者貸付制度でお金を借りるメリットは、審査がない可能性が極めて高いことです。

銀行や消費者金融のカードローンではほぼ確実に審査がある

銀行や消費者金融のカードローンでは、ほぼ確実に審査があります。

  1. 申込情報の審査
  2. 信用情報の審査
  3. 在籍確認の審査

の順番で行われることが多いカードローンの審査ですが、信用情報の審査が最難関です。

信用情報とは、個人のお金の借入を記録した情報で、カードローンのほか、クレジットカードや各種ローン、携帯電話の割賦契約に至るまで網羅されています。

借りたお金をきちんと返済していれば問題ありませんが、過去に延滞の経験があるとマイナスポイントとなり、事故情報(長期延滞、任意整理、自己破産、強制解約など)が記録されるいわゆる「ブラック」の状態になると、審査通過は絶望的です。

しかも、ブラックの情報は5年~10年間は残りますので、たとえ現在の経済状況が好転していても、過去のブラックによってカードローンの審査落ちをする可能性が極めて高くなります。

審査がほぼない生命保険の契約者貸付制度

一方の契約者貸付制度には、ほとんど審査がありません。
カードローンは無担保融資のため、申込者の返済能力を見極めるための審査が欠かせませんが、契約者貸付制度は解約返戻金を担保に融資を行ないます。

万が一返済が滞って返済不能になった場合は、担保となる解約返戻金を減額すればいいだけの話ですので、カードローンほど契約者の返済能力確認のための審査は重視されません。
仮に審査があったとしても、提出された書類に不備や食い違いがないかを見る程度で、特に心配する必要はありません。

審査がないので、ブラックリストに載っている人や年収の3分の1以上のお金を借りたい人でも、問題なく借りられますし、時間や気持ちの面でもゆとりが生まれます。

生命保険の契約者貸付の申込み方法

契約者貸付制度には、金利が低い、高額融資の可能性も高い、審査がないなど、どうしてもお金を借りたい人にとってはありがたいメリットが目白押しです。

すぐにでも契約者貸付制度に申込をしたいところですが、焦りは禁物です。
ここでは、契約者貸付制度でお金を借りる具体的な流れについて見ていきましょう。

契約者貸付制度の申込方法は5種類

契約者貸付制度の申込方法ですが、保険会社によって多少異なるものの、

  • インターネット
  • ATM
  • 電話
  • 店頭
  • 郵送

の5種類が用意されており、自分の都合に合った申込み方法が選べます。

契約者貸付制度の申込に必要な書類

契約者貸付制度の申込に必要な書類も保険会社によって異なるものの、

  • 保険証券(保険証書)
  • 印章
  • 契約者本人であることを証明する本人確認書類(運転免許証、個人番号カードなど)

があればほぼOKですが、顔写真のない本人確認書類(健康保険証など)しかない場合は、2種類の本人確認書類を提出しなければならないかもしれません。

代理人による契約者貸付制度の手続きには「委任状」が必要

基本的に、契約者貸付制度の申込が可能なのは、契約者本人のみです。
しかし、特殊な事情で契約者本人による手続きができない場合、保険会社によっては代理人による契約者貸付制度の申込が可能なケースもあります。

一例として、代理人によるかんぽ生命の契約者貸付制度の手続きには、保険証券(保険証書)、印章、契約者本人であることを証明する本人確認書類(運転免許証、個人番号カードなど)に加えて、以下の書類が必要です。

  • 委任状(郵便局かダウンロードで入手。全て委任者による自署)

  • 保険契約者の印鑑登録証明書または保険契約者本人のみが使用可能な本人確認書類の原本(運転免許証、個人番号カードなど)

  • 代理人の本人確認書類(運転免許証、個人番号カードなど)

  • 代理人本人の印章

保険契約者本人による申込時と同様に、代理人が顔写真のない本人確認書類(健康保険証など)しかない場合は、2種類の本人確認書類を提出しなければならないかもしれません。

契約者貸付制度の申込をするのが契約者本人であっても代理人であっても、必要書類が不足していたり記載事項に不備があったりした場合は、申込を行なえない可能性がありますので、必要書類や不明事項などは必ず事前に保険会社に確認するようにしてください。

契約者貸付制度の申込みの流れを徹底解説!

必要書類を揃えたら、いよいよ契約者貸付制度の申込です。
先ほど紹介した5種類の申込方法別に、申込~融資の流れを説明しましょう。

インターネットからの申込

  1. 保険会社の会員ページの利用登録をする
  2. 保険会社の会員ページにログイン
  3. 契約者貸付のメニューから、必要事項を入力して送信する
  4. 指定口座にお金が振り込まれる

ATMからの申込

  1. 保険会社から発行されたカードを持って、自社・提携ATMに行く
  2. カードを挿入する
  3. 「引き出し」→「契約者貸付」を選択する
  4. 現金とカードを受け取る

電話からの申込

  1. 保険会社のコールセンター、もしくは自動音声専用電話に電話をする
  2. 契約者貸付の申込をする
  3. 指定口座にお金が振り込まれる

来店しての申込

  1. 必要書類を持って保険会社の窓口に来店する
  2. その場で契約者貸付の申込をする
  3. その場でお金を受け取る(一部保険会社では振込)

書類での申込

  1. 保険会社のコールセンターに電話をし、契約者貸付の申込書類を郵送してもらう
  2. 届いた申込書に必要事項を記入の上で、必要書類を添付して返送する
  3. 指定口座にお金が振り込まれる

生命保険でお金を借りた場合の返済方法は?

契約者貸付制度を利用して保険会社から借りたお金は、元金と利息を合わせて返済する必要があります。

銀行や消費者金融のカードローンと比較して、契約者貸付制度で借りたお金の返済は、自由度が高いです。
保険会社によって多少異なりますが、多くの生命保険会社では、

  • 保険会社の指定口座への振込
  • 提携ATMから入金
  • 保険会社から郵送される振込用紙を使った返済
  • 保険会社や郵便局の窓口で返済

の4種類の返済方法を用意しており、その都度自由に選択することができます。

提携ATMから返済する場合は、借入の時と同様に、保険会社から発行されたカードを使って返済を行ないます。

振込返済は、ATMはもちろん、金融機関の窓口やコンビニのマルチメディア端末、インターネットバンキングから利用可能です。

契約者貸付制度は自分のペースで返済することが可能

銀行や消費者金融のカードローンで借りたお金を返済する場合、毎月の約定返済日や最低返済額があらかじめ決められています。

万が一約定返済日までに最低返済額を返済できなければ、延滞扱いとなり、通常の金利以外に遅延損害金として年15%~20%程度のお金を追加で支払わなければなりません。

契約者貸付制度は返済額・返済日も自由で遅延損害金もなし

一方、生命保険の契約者貸付制度で借りたお金の返済は、自分のペースで返済ができます。
一気に全額返済してもいいですし、一部だけ返済しても利息のみの返済でも、返済額は自分のお財布と相談しながら決められます。

また、いつ返済しても構わないので、「今月はお金がちょっとピンチだな」という時には、返済を先延ばしにしてもOKです。
銀行や消費者金融のカードローンと異なり、遅延損害金が発生することもありませんので、気持ちの上でも返済に余裕が生まれます。

生命保険でお金を借りる時の注意点

貸付条件もよく審査もなし、借入方法や返済方法も自由度が高い生命保険の契約者貸付制度ですが、注意点もあります。

銀行や消費者金融のカードローンと多少異なるところもあるので、カードローンを使い慣れている人は特に注意してください。

契約者貸付制度の利息は「複利」計算のため利息が膨らむ

最も注意しなければならないのは、利息の発生の仕方です。
一般的な銀行や消費者金融のカードローンでは「単利」を採用していますが、多くの契約者貸付制度では「複利」による計算を採用しており、単利と複利の違いは以下の通りです。

  • 単利…未払い利息は元金に組み込まれない
  • 複利…未払い利息が1年ごとに元金に組み込まれる

金利年5%で15万円を借りて全く返済しないと仮定して、単利と複利ではどのような差が生じるのか、比較してみましょう。

単利 複利
1年目 元金:15万円
利息:7500円
元金:15万円
利息:7500円
2年目 元金:15万円
利息:7500円
元金:15万7500円
利息:7875円
3年目 元金:15万円
利息:7500円
元金:16万5375円
利息:8269円

複利の場合、未払い分の利息が次々と元金に組み込まれていくので、年々利息額が大きくなってしまいます。

いくら低金利が魅力の契約者貸付制度とはいえ、利息が膨らむと返済が大変になりますので、可能な限り早く返済するようにしましょう。
どうしても返済が難しい場合は、せめて利息分だけでも返済すれば、利息が元金に組み込まれることはありません。

かんぽ生命の契約者貸付は1年間利息が支払われないと金利アップ

かんぽ生命の契約者貸付制度では、1年間利息が支払われないと、以下の表のように金利がアップしてしまいます。

保険の加入時期 金利(年率)
貸付期間中の場合 1年間利息未払いの場合
平成6年3月31日以前 6% 6.36%
平成6年4月1日から
平成8年3月31日まで
3.75% 3.890625%
平成8年4月1日から
平成10年8月31日まで
2.75% 2.825625%
平成10年9月1日から
平成11年3月31日まで
2.5%~2.75% 2.5625%~
2.85625%
平成11年4月1日から
平成19年9月30日まで
2.5% 2.5625%

利息は複利計算な上に、金利までアップしたら利息は加速度的に多くなってしまいます。
保険会社によってこのような特殊なケースもありますので、利用の際にはよく確認しましょう。

すぐにお金を借りられるとは限らない

契約者貸付制度の申込をしたら、すぐにお金が借りられるとは限りません。
申込方法や借入方法によっては、実際に融資を受けるまでに日数を要することがあります。

ATMか来店ならスピーディー

郵送による申込は、申込書を投函してから保険会社に到着するまで1日~3日程度はかかりますし、申込書を郵送で請求した場合は、請求した申込書が契約者の下に到着するまでに1日~3日程度かかります。

振込による借入は、保険会社の方でいろいろと手続きに時間がかかるため、申込をスピーディーに行なっても、3営業日程度はかかります。

平日15時以降や土日祝日など、金融機関の休業日時に申込をした場合、振込が反映されるまでにはさらに時間がかかるでしょう。

スピーディーに契約者貸付制度を利用したいのであれば、保険会社のカードを使ってATMから借入れるか、保険会社の窓口に行って申込~借入までワンストップで済ませる(一部保険会社のみ)のがおすすめです。

返済の遅れに気づきにくい

銀行や消費者金融のカードローンで借りたお金を1日でも延滞しようものなら、延滞初日から電話やメールなどでカードローン会社から返済の督促があります。
延滞期間が長くなると、はがきなどの方法を使うようになります。
とにかく借りているお金を延滞していることを意識せざるを得ない状況ですので、うんざりする反面、返済の遅れにはいやが上でも気づきます。

一方、契約者貸付制度でお金を借りた場合、返済の督促がありませんし、返済額や返済周期も自分のペースで行なえます。
気分的には楽な一方で、督促が来ないので返済のペースが遅いことになかなか気づけません。
気が付いたときには、利息がとんでもない金額に膨れ上がったなんて可能性もありますので、常に意識しておきましょう。

元金と利息の合計額が解約返戻金を超えたら保険契約は失効

返済が遅れて利息が膨れ上がり、やがて元金と利息の合計額がもらえる予定の解約返戻金の額を超えた場合、遅延損害金は発生しないものの、保険契約そのものが失効してしまいます。

生命保険の契約者貸付制度は、解約返戻金を担保に行なう融資であり、解約返戻金の額を超えてしまうと借金を吸収しきれません。

失効してしまった保険契約は効力を失ってしまいますので、万が一のことがあっても保障を受けることができませんし、これまで支払った保険料も無駄になってしまいます。

ただし猶予期間はある

しかし、契約者貸付の元金と利息の合計額が解約返戻金を超えたら、すぐに保険契約が失効してしまうわけではありません。

保険会社からはがきや封書、電話で「いつまでにいくら返済してください」という連絡が届きますので、それに従って返済すれば保険契約の失効は回避できます。
債務超過~保険契約失効の猶予期間は保険会社によって異なりますが、1か月~3か月程度が一般的です。

失効後の復活も可能

猶予期間を過ぎてしまい保険契約が失効してしまっても、「失効=強制解約」ではありません。
一定期間内(失効後1年~3年が一般的)に、以下のような復活に必要な手続きをとれば、失効した保険を有効に戻すことができます。

  • 復活請求書を提出
  • 契約者貸付の元金と利息、及び失効期間中の保険料の支払い
  • 医師の診査または健康告知書の提出

死亡時・満期時に受け取れるお金が減ってしまうことも

契約者貸付制度で借りたお金の返済が遅れていると、保険契約者が死亡時、または保険の満期時に受け取れる保険金の額が減らされてしまいます。

本来もらえる保険金の額から、元金と利息が差し引かれた状態で受け取ることになります。

カードローンと同様、契約者貸付制度のご利用も計画的に!

銀行や消費者金融のカードローンと比較して、生命保険の契約者貸付制度には「金利が低い」「高額融資も可能」「審査がない」「返済を自分のペースで行なえる」など、数多くのメリットがあります。

しかし、利息の計算方法が複利なため利息が膨らみやすく、銀行や消費者金融のカードローンと比較して融資までのスピードが若干遅いです。

そして、返済を自分のペースで行なえることは、メリットであると同時に返済の遅れに気づきにくいデメリットもはらんでいます。
元金と利息の合計額が解約返戻金の額を上回ると、保険契約自体が失効してしまうので、本末転倒です。

銀行や消費者金融のカードローンと同様に、生命保険の契約者貸付制度も計画的な利用を心がけてください。

※記載されている内容は2019年4月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.