カリテミオトップページ > いろいろな金融機関・借り方 > 農協 > JAバンク(農協)カードローンの特徴まとめ

JAバンク(農協)カードローンの特徴まとめ

更新日:

公開日:2017.7.13

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

JAバンク(農協)カードローンについて

各所にあるJAの野菜直売店などに行くと、農家の皆さんは職員を見つけたら、「農協さん」と声をかけています。

言わずと知れた「農業協同組合」の略称ですが、現在金融機能を持つ支店は「JA○○」という看板を掲げ、その金融店舗は総称してJAバンクと呼ばれています。
元々JAは、農家の生活基盤安定のために設立された非営利団体ですが、その組織などを詳しく説明するとややこしくなります。

JAの業務は銀行と大差ありません。
しっかりカードローンも展開していて誰でも気軽にその利用ができます。

そこで今回はJAバンクのカードローンの特徴について、いろいろとわかりやすくまとめてみました。

金利、限度額は?農協・JAバンクカードローンのスペック表

組合員とそうでない方で条件が異なる

JAバンクは、農家の生活と生産活動を経済面からサポートするために存在しています。
その農家を中心とした組合員とそうでない一般ユーザーで各サービスが変わってきます。
カードローンもその例にもれず、まず申し込み条件で見ると、

組合員の方 組合員以外
契約額 契約時年齢 前年度税込年収 契約額 契約時年齢 前年度税込年収
30万円 20歳以上65歳未満 200万円以上 30万円 18歳以上65歳未満 120万円以上
50万円 50万円 20歳以上65歳未満 150万円以上
福岡県信用基金協会が保証 三菱UFJニコス(株)が保証

※JAバンク福岡カードローン「ゆうゆう楽¥(らくえん)」を参照

と上表のようになっていて、使い道は自由、保証人や担保はどちらの場合でも不要。
ローンを組んだJA以外のATMはもちろん、おおよそすべての金融機関ATMで借り入れができるので非常の利便性が高いのが特徴です。

30・50万円以上の100万円・200万円・300万円の限度額のカードローンも用意され、基本的にそのスタイルは、どこのJAバンクでも変わりません。
ただし保証機関だけは変わり、これによって若干審査の厳しさと金利などが変わってきます。

しかしそれも、各JAで千差万別で全く同じ金利のところもあり、平均すると組合員用の金利が6.5~7.5%、そうでない方向けが8~9.5%辺りです。
それぞれ、年に3回その時の金融事情などによって金利が変動する「変動金利制」を採用しています。

両者の差はそのままズバリ保証会社の違い、前者は営利を目的としない組合員の利益のために存在する団体のため、保証料がかかってきません。

一方、後者は上表でもわかる通り「三菱UFJニコス(株)」などの信販会社であることが多いため、JAの定めた金利に1.5~2%の保証料が上乗せされるわけです。
また変動制のため、現時点でのはっきりとした金利をサイトなどで公開しているところはほとんどありません。
実際に申し込む際にはお住まいの地域のJAに、前もって問い合わせるようにしましょう。

なお、JAに口座のあるなしでの区別はありません。
JAで定めている毎月の定例返済日に使用できる口座を1つ準備できれば申込できます。
ただしその場合、最低一万円その口座に入れなくてはいけません。

どれぐらいで融資が受けられるの?

融資が受けられるまでのスピード感ですが、これはどのJAでも早いは言えません。
申込みは各JA店舗はもちろん、電話やネットでの対応をしているJAも多くあります。
しかしそれは、あくまで「仮申込」です。

    1. 電話・ネットによる仮申込(金利のチェック)
    2. 近くのJA窓口へ行く

  1. 希望する借入枠を選択し、本申込用紙へ記入
  2. 必要書類の提出(身分証明書や源泉徴収票など)
  3. 審査(早ければ1~2営業日程度、遅ければ数日。電話による在籍確認があります)
  4. カードの発行・融資開始

という手順を踏むため、結局は一度は店舗に行かなくてはいけません。
即日での融資も当然不可能なので、急ぎの出費への対応には使えません。

なお、近年消費者金融系の中では対応することも増えている「書類での在籍確認」にJAバンクが応じることはありません。

審査や在籍確認は?

金利が低いということは…

銀行系並みの金利の安さからその審査の厳しさが気になるところです。
JAは各種ローンなど安い金利が魅力ですが、審査の厳しさでいえば全金融機関でもトップクラスです。

目的別ローンで所有権留保などもできることから比較的審査が緩いマイカーローンでも、信販会社などなら一発で審査が通りそうな公務員でも「収入がまだ少なくて年齢も若い」ケースではバンバン審査が落ちるといいます。

「アルバイトでもパートでもOK」
そう言ってはいますが、 30万円のカードローンを申し込むには最低でも月に10万円の給料を得ていなくてはいけません。
また、それを前年1年分を源泉徴収書などで証明しなければいけないことから、勤続年数も最低1年は必要です。

ハードルは高めですが、金利の安さと使い勝手の良さは魅力なので条件を満たしているので、利用価値大のカードローンと言えます。

口コミ・評判は?

最後に、JAバンクのカードローンに申し込んだ方や実際に使った方の口コミや評判を紹介します。

いい口コミ・評判

「金利が安いうえ、申し込みに行った窓口の職員の方が話しやすく、店舗もきれいで好印象でした。」(30代主婦)

「JAを利用していないと審査にまず通らないと聞いたのですが、案外あっさり通りました。
組合員である必要はないみたいですよ。」(40代男性)

「アルバイトだけど勤続はもう3年。
年収がぎりぎりだったのでどうかと思いましたが、30万円限度額のカードが持ててうれしい。」(20代男性)

悪い口コミ・評判

「ネットで申し込みが全部できないなんて時代遅れ。
仕方ないから店舗に行ったけど何だかよそ者扱い。
時間がやたらかかった挙句結局審査もダメでした」(20代男性)

「どうしてもカードローンを組みたかったので片っ端から申し込み、その中にJAも入っていましたが真っ先に断りの電話が来ました」(30代男性)

「なんだか店が暗い、審査は通ったけど先々が不安なのであまり利用していません。」(30代女性)

口コミまとめ

JAバンクも一般に門戸を開いて長くはなりました。
しかし、やはり組合員である農家の利益を一番に考えている組織。
その空気感が閉鎖的と取られて、マイナスな意見につながる時もあるようですが、窓口スタッフは礼儀もしっかりしていて穏やかで話しやすく、金融機関にあるどこか冷たく堅苦しい感じが無いのも魅力の1つです。

また組合員に優遇があるのですが、実は農業をしていなくても1口1,000円の出資をしただけで準組合員になることができます。
ほぼ正組合員と同等の各種優遇を受けることができます。

目の前のカードローン審査がそれで有利になるとは考えにくいです。
しかし、カードローンの限度額をアップしたい時や、将来的に住宅ローンなどを組む際に有利になってきます。
出資なので脱退すれば戻ってきますし、額に応じて場合によっては配当金ももらえるので、カードローンの申込みとともに、準組合員になっておくのもいいかもしれません。

※記載されている内容は2019年4月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.