カリテミオトップページ > 銀行 > 銀行系と銀行カードローンの違いは何?

銀行系と銀行カードローンの違いは何?

更新日:

公開日:2017.7.21

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

銀行系と銀行カードローンについて

「カードローンを利用したいけど、サラ金でお金をかりたくない…」

カードローン初心者の方は、消費者金融でお金を借りるのは何かと不安が多いものですよね。

しかし、銀行で取り扱っているカードローンなら安心してお金が借りられるという方もいるのではないでしょうか。
またインターネットなどで検索していると、銀行カードローンと銀行系カードローンというものが出てくることに気付く方もいるかもしれませんね。

この銀行カードローンと銀行系カードローンの違いは一体なんなのでしょうか。
今回は、銀行系と銀行カードローンの違いについて詳しく調べてみました。

銀行系と銀行カードローンの違い

銀行系と銀行カードローンの違いをざっくりと説明してしまうと、「カードローンを取り扱っているところが、銀行なのかそうではないのか」に分かれます。

銀行カードローンとは

そもそも銀行カードローンとは、その名の通り銀行が取り扱うカードローンです。
銀行法という法律に基づいて利用者にお金の貸付を行っています。

銀行カードローンには、以下のようなものがあります。

  • 三井住友銀行カードローン
  • 三菱UFJ銀行バンクイック
  • みずほ銀行カードローン

銀行系カードローンとは

銀行系カードローンとは一見銀行カードローンと同じように見えますが、銀行の取り扱うカードローンではありません。

少々紛らわしいのですが、銀行の傘下にある企業が取り扱うカードローンのことを銀行系カードローンといっています。

そのため、銀行系という言葉は使っていても銀行カードローンのように銀行法が適用されたカードローンではなく、ノンバンク系の貸金業法に基づいて貸金業務を行う銀行のグループ会社のことを指しています。

銀行カードローンには、以下のようなものがあります。

  • SMBCモビット
  • プロミス
  • アコム

同じグループの銀行系と銀行カードローン

銀行と銀行系カードローンが同じグループである企業は以下のようなものがあります。

親グループ 銀行 銀行系カードローン
三菱フィナンシャル・グループ 三菱UFJ銀行 アコム
SMBCグループ 三井住友銀行 SMBCモビット
プロミス

銀行系・銀行カードローン比較

銀行系と銀行カードローンの違いについての概要が分かりましたが、実際の利用者側からするとどのような違いがあるのでしょうか。
ここでは、銀行系と銀行カードローンの違いをまとめてみました。

三菱UFJ銀行カードローンバンクイックとアコムを徹底比較

それではここから実際に同グループである、三菱UFJ銀行カードローンバンクイックとアコムを比較していきましょう。

三菱UFJ銀行
カードローン
バンクイック
アコム
適用されている法律 KSC(全国銀行個人信用情報センター)
JICC(日本新用情報機構)
CIC
JICC(日本新用情報機構)
CIC
限度額 500万円 800万円
審査回答までにかかる時間 最短30分
融資までにかかる時間 最短即日

業務を行うための法律と観覧できる信用情報の違い

バンクイックとアコムは、貸付業務を行うために適用されている法律が違います。
そのため、貸金業法で定められている年収の3分の1までしか貸し付けることが出来ない総量規制などの決まりが、バンクイックには適用されません。

また、観覧できる信用情報機関にも違いがあり、三菱UFJ銀行の業務の中ではKSCしか信用情報を観覧することができません。
しかし、バンクイックの保証会社であるアコムを中継することで、銀行側が観覧できないJICCやCICの情報までも審査の段階でチェックすることができるようになっています。

金利はバンクイックが低めの設定だが限度額はアコムが高い

次に確認したいのが金利と限度額です。
基本的に新規契約者が適用される金利のほとんどが最大金利になりますので、最大金利を見ていきましょう。

バンクイックは14.6%、アコムは18.0%となっており、およそ3.0%以上もアコムの方が高金利になっています。
逆に限度額はアコムの方が300万円も高額になっています。

しかし、アコムには総量規制があることや、バンクイックに関しても現在限度枠の設定が厳しくなっていることからも最高限度額まで利用できる方はほとんどいません。

銀行系カードローンQ&A

銀行系の方が審査が甘いのはホント?

銀行系の方が審査基準が低い傾向があります。

カードローンの審査は、年収のみ・信用情報のみなど1点に絞って審査が行われるわけではなく、申込者の属性申告内容や信用情報・在籍確認などの総合点にて審査の可否が決定します。

そのため、審査の甘い・厳しいを一概に決定することはできませんが、銀行系の方が銀行カードローンよりも審査基準が高い傾向はあるようです。

どうやって使い分ければいいの?

希望融資額・適用金利・審査スピード・申込条件などを考慮して申し込みをすることが大切です。

銀行系カードローンを選ぶか銀行カードローンを選ぶかは、申込者の希望する借入条件や借入までのスピード、本人の属性などによって選びましょう。

例えば基本的に新規利用者の場合は基本的には最大金利が適用されますが、比較的銀行カードローンの方が金利が低めの設定になっています。

逆に、審査スピードが早いのは銀行カードローンよりも銀行系カードローンであると言われています。

自分の希望する借入スタイルの他に、パート・アルバイトでも申し込みができるのか、専業主婦でも申し込みができるのかなど、自分の属性で申し込みできるところを絞っていくと、必然的に銀行カードローンと銀行系カードローンの使い分けができるようになります。

※記載されている内容は2019年4月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.