カリテミオトップページ > お金を借りるための基礎知識 > カードローンの審査について > 個人事業主・自営業(経営者)でも審査に強いカードローンは?

個人事業主・自営業(経営者)でも審査に強いカードローンは?

更新日:

公開日:2017.1.10

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

審査に通りやすくするには?

消費者金融でも銀行カードローンでもカードローンを利用するには職に就いていること、安定した収入があることが基本的な条件になっています。

個人事業主や自営業の場合、職業に就いているという点では条件をクリアしていますが安定した収入というところでどうしても企業務めの方や公務員などよりも審査に通りづらくなってしまいます。

そこで今回は個人事業主や自営業の方でも審査に通りやすいカードローンや、審査に通りやすくするには?をご説明したいと思います。

なぜ個人事業主などの自営業には審査が厳しい?

企業務めの会社員より審査が厳しいと言われる個人事業主ですが、その理由は給料の安定と継続性に波があるというのが一因です。

自営業で経営がうまくいっていて収入が多いという場合でも、会社員や公務員などのように給与や手当が保証されている訳では無いので、安定性という面で不利になってしまうのです。

ただこれはあえて同じ条件で会社員などと自営業を比べた場合どちらが有利かというだけで、実際にクレジットカード利用などの経験があり過去に返済の遅れや未払いがない方であれば審査はそれほど問題はありません。

100万円を超える高額な借入になる場合には少し厳しい審査結果が出ることもあります。

収入証明書が不要なカードローン会社は?

自営業の場合は会社発行の源泉徴収票などは自身で発行できてしまうため収入証明書としての信頼性がないため、決算書や確定申告書などの公的な機関が発行する書類を求められます。

SMBCモビットは公式サイトで個人事業主の方には「営業状況確認のお願い」というSMBCモビット指定の書類の記入をお願いする可能性があることを記載しています。

個人事業主の収入証明書として認められるもの
確定申告書 所得証明書
青色申告決算書 年金証書
収支内訳書 年金通知書
支払調書 商業登記簿謄本
(法人企業の場合)

経営が赤字のため申告書類の上では年収を低く設定している個人事業主の方は、収入証明書の提出があると低い年収で審査されるため不利になるかもと心配されるかもしれません。

しかし借入限度額が50万円未満もしくは他社との借入額の合計が100万未満なら個人事業主であっても「収入証明書不要」で借り入れできるケースがほとんどなので、このような場合は心配ありません。

消費者金融、銀行カードローン借りやすいのはどっち?

カードローンでは消費者金融は審査が緩く、銀行は審査が厳しいなどとよく言われていますが借りやすさに明確に大きな差がある訳ではありません。

しかし事業資金として借入をしたいのであれば消費者金融を選ぶことになります。
消費者金融は使途自由ですので事業に使う目的で借りてもなんら問題はありませんが、 銀行のカードローンは原則事業性のある資金の貸付を行っていません。

ただ消費者金融では主に100万円以下の小口融資が主流ですし、金利も銀行カードローンより高めのため高額な事業資金を借入するにはあまり向かないかもしれません。

運転資金などの高額な事業資金を借りたい場合はどうしたらいいの?

銀行カードローンでは事業資金は借り入れできず消費者金融では小口融資がメイン、となるとどこで事業資金を借りいたら良いのでしょうか。

公的な融資制度(日本政策金融公庫等)や銀行からの企業融資がありますが、提出書類が多く、審査も数週間から長い場合には数ヶ月といった期間での審査となるため急ぎで事業資金を借りたい場合には向きません。

そこで、運転資金などの事業資金を出来るだけ早く借りたいのであれば消費者金融のビジネス専用のローンが良いでしょう。

消費者金融でもビジネスローンであれば総量規制の対象外のため年収の1/3以上の額が借り入れできます。

ビジネスローンがある消費者金融 商品名
アコム ビジネスサポートカードローン
(個人事業主のみ、法人企業の事業主は×)
プロミス 自営者カードローン
(個人事業主のみ、法人企業の事業主は×)
アイフル 事業サポートプラン
(法人も個人もOK)

SMBCモビットはビジネス専用のローンが無く、あくまで通常のカードローンとしての展開のため総量規制の対象となり借入額は年収の1/3以内に制限されます。

アイフルのみ法人化した会社の代表者でも申し込むことが可能です。

法人向けと個人事業主向けのカードローンでは連帯保証人の有無や必要書類が違ってきますから申し込みの際は公式サイトで必ず確認しましょう。

具体的なビジネスローンの融資までの流れや必要書類

ビジネスローンであっても申込から融資までの流れは通常のカードローンと変わりなく、

  1. 申込
  2. 本人確認
  3. 審査
  4. 結果通知
  5. 契約手続き
  6. 来店か郵送でカード発行

という流れになります。

その中で状況によって本人確認の際に事業の実態を電話で聞かれたり、契約の際の必要書類に違いがあると言った形です。

また通常のカードローンではネットからの申し込みを主流としていますが、ビジネスローンの場合はアコムとプロミスではネットからの申し込みを受け付けていません。

アコムは電話のみの受付、プロミスでは自動契約機・電話・郵送・店頭窓口からの申し込みとなります。
アイフルはネットか電話での申し込みとなっています。

アイフルのみ法人企業の個人事業主向けのローンも用意していますし、ビジネスローンの中ではアイフルが利用しやすいかもしれません。

※記載されている内容は2019年4月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.