カリテミオトップページ > お金を借りるための基礎知識 > カードローンの審査について > お金を借りているのをバレなくするには?バレる傾向とその対策

お金を借りているのをバレなくするには?バレる傾向とその対策

更新日:

公開日:2019.1.21

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter

この記事を読まれている方の中には「すでにカードローンを利用している」または「今からカードローンを申し込もうとしている」など、さまざまな方がいらっしゃるかと思います。

しかし、どんな場合でもカードローンの利用時に最も気になるのは、「カードローンの利用が家族や職場の同僚にバレないかどうか?」ということではないでしょうか。

カードローンを利用するということはお金がないから借金をするわけで、家族や職場の同僚にお金の工面をお願いしたり相談できるような環境があれば、なにもカードローンを利用する必要はありません。

また、家族に秘密でカードローンを利用している場合、家族には言えない秘密の使い道があったり、ギャンブルなどで家計費を使い込んでしまったり…と言うことはよくある話です。

そこで今回は、家族や会社にカードローンの利用がバレるケースをご紹介し、バレないための対策や、周囲にバレにくいカードローンについても詳しくアドバイスしていきたいと思います。

【この記事はこんな人におすすめ】

  • 家族や職場に、カードローンの利用がバレないかどうかどうか心配な人
  • 周囲にバレる可能性の少ないカードローンはどこなのか知りたい人
  • 実際にカードローンの利用を秘密にしている人の実体験を見てみたい人

会社や周囲にバレるケース

まず最初に、カードローンを利用した場合どのようなタイミングで家族や職場にばれてしまうのか、いくつかのケースを見てみたいと思います。

在籍確認の電話

一つ目は、申し込み時の在籍確認の電話でバレるケースです。

消費者金融や銀行カードローンでは、ほとんどの場合勤務先や自分の携帯電話に、ローン申し込みに関する確認の電話が入ることになっています。

その中でも、勤務先に電話が入る「在籍確認」の電話が、周囲に借金がバレる原因となります。

消費者金融や銀行は、当然ながら本人のプライバシーに配慮してくれますので、銀行や消費者金融名を名乗ることなく個人名で電話をしてきてくれます。

しかし、普段法人との取引しかないような会社に、いきなり個人名の電話がかかってくると逆に怪しまれることがあります。

また、申し込みをした本人が会社に居ない場合は、意外にもバレる可能性は低いのですが、本人が会社に在席しており電話に代わった場合は、電話の受け答えの内容を同僚に聞かれる可能性もあります。

在籍確認の電話では細かな質問はされないため、基本的な受け答えだけになるのですが、逆に「ハイ」「そうです」という簡単な受け答えが同僚に怪しまれる原因にもなります。

ローンカードを見られる

二つ目のパターンは、キャッシング用のローンカードを家族や同僚に見られてしまうというパターンです。

追ってカードレス契約についてもご紹介しますが、ほとんどのカードローンではキャッシング用のカードが発行されます。

中には、無人契約機などで契約することで自宅への郵送を避けることも可能ですが、もし自宅にカードが郵送されてしまうと、普段見慣れない封書が届くことから家族に怪しまれる危険性があります。

なお、自宅にローン用のカードが郵送されてくる場合、銀行などであれば銀行名しか書いていませんし、消費者金融であれば一見するだけでは消費者金融からの郵送物と分からないように配慮されています。

例えばアコムの場合は「ACサービスセンター」という名前で発送されますし、SMBCモビットの場合は「MCセンター」という名前で郵送物が送られます。

ただしこのような名前であったとしても、この名前をネットで検索するとアコムやSMBCモビットの名前が出てきてしまいます。

したがって何らかの郵送物が届いてしまうと、いずれにしてもバレる可能性は高いと言えます。

うっかり口にしてしまう

三つ目のパターンは、自分でついうっかりカードローンの利用について喋ってしまうというケースです。

このようなケースはほとんどないかもしれませんが、同僚などの何気ない会話の中で消費者金融の話題が出たときに、やたら手続きに詳しかったり話にリアル感があると「この人はカードローンを利用しているのでは?」と怪しまれることもあります。

契約機や窓口に入る・出るところをみつかる

四つ目のパターンは、消費者金融や銀行カードローンの無人契約機や店舗に入るところを見つかるというケースです。

特に消費者金融の無人契約機や店舗は繁華街にあることが多いため、たまたま通りかかった家族や同僚に店に入るところを見つかってしまうことも十分あり得ます。

また、銀行カードローンの無人契約機は銀行ATMの隣にあるケースが多いのですが、無人契約機の入り口付近は殺風景なケースが多いため、無人契約機への出入りは結構目立ってしまいます。

収入に見合わない所持物や豪遊

最後は、収入に見合わない物を持っていたり、今まで旅行にも行けなかった人が急に海外旅行に行ったり…という身分不相応な行動によりバレるケースです。

筆者にも経験がありますが、今までどれだけ誘っても旅行に行かなかった友人が急に海外旅行に一緒に行くようになったり、また普段買い物をしないような友人が突然高価な時計をしてみたり…というケースはよくある話です。

また、ギャンブルが原因で借金をするケースもよくあります。

借金をしている人の特徴としては、一緒にパチンコやスロットに行ったとしても、どれだけ負けても遊び続けられるというケースが多いため、このような言動でバレてしまうこともあり得ます。

バレないようにするには?

上記で借金がバレるパターンをいくつか紹介してきましたが、ではどのような方法なら周囲にバレずにカードローンを利用することが可能なのでしょうか?

WEB完結

一つ目は、申し込み方法を工夫するという点です。

カードローンの申し込みは主に以下の方法で行えます。

  • 無人契約機や店舗での申し込み
  • インターネットでの申し込み
  • 郵送や電話での申し込み

なお、その中でも最もバレにくい有効な手段は、スマホやパソコンで契約手続きを完了させることができる「WEB完結」です。

WEB完結なら、もちろん店舗に行く必要がありませんので、お店に入るところを誰かに見られるという心配もありません。

また、契約するカードローン会社によっては郵送物も一切なしにすることが可能ですので、限りなく周囲にバレる可能性は低くなります。

利用明細の電子化

二つ目は、自宅に郵送されてくる郵便物について工夫をする方法です。

自宅に郵送されてくる郵便物としては、以下のものが考えられます。

  • キャッシング用のカード
  • 契約書の控え
  • 利用明細書

特に毎月の利用明細書は、取引が頻繁になればなるほど自宅に郵送されて来る回数も多くなります。

ただ、利用明細はほとんどのカードローン会社で「郵送での確認」か「WEB確認」のどちらかを選択することができます。

なお、この選択タイミングですが「WEB手続きの中で選択するパターン」、または「オペレーターから聞かれるパターン」の2通りがあります。

いずれにしても家族にバレたくないなら、取引明細は郵送ではなく必ずWEB確認を選択するようにしてください。

カードレスでの利用

三つ目の方法は、ローン用のカードを発行しないという方法です。

カードローン中には「必ずカードを発行します」というところも多いのですが、銀行カードローンの中でも最初からカードの発行がないところもあります。

また消費者金融のカードローンの場合は、ほとんどのケースでカードレス契約が可能です。

もちろんカードレス契約にした場合は、手元にカードがないわけですから借入や返済をする際には、振込キャッシングか振込返済を利用するということになります。
ですので、中には少なからず不便では?と思う人も居るでしょう。

ただ、後ほどご紹介するプロミスのアプリローンのように、カードがなくても今やアプリ一つで取引ができるケースも多いため、実際にはカードがなくてもそれほど不自由はありません。

実際にバレないように工夫している人の実体験

では、ここからは実際にカードローンを利用している人が周囲にバレないためにどのような工夫をしているのか、実体験に基づく内容をご紹介したいと思います。

「カードローン申し込み時に申告する登録電話番号は必ず携帯電話にしています」

カードローンに申し込む際は、必ず自分の連絡先を申告する流れになっています。

ただ、このときに登録する電話番号にも注意が必要です。

カードローンを申し込む際には自宅の固定電話の番号欄と、携帯電話の番号欄の二つがあるケースがほとんどです。
しかし、自宅の電話番号の情報として残してしまうと、万一滞納して携帯に電話がつながらなかったりすると自宅に連絡が入る可能性があります。

中には自宅の固定電話を入力する正直な人もいるかもしれませんが、特に自宅の固定電話がなかったとしても審査通過には影響はありません。

そのため申込時には、できれば携帯電話の番号を入力し、自宅の固定電話は避けた方がバレる可能性は低くなるでしょう。

「職場への在籍確認の際にはマイカーローンの在籍確認があるという言い訳を使いました」

次に、在籍確認の際の工夫についてです。

先ほど、在籍確認のタイミングでは「個人名からの電話で怪しまれる」ということをお伝えしました。

ただ、在籍確認が入るのは何もカードローンの申し込み時だけではありません。

住宅ローンやマイカーローンを申し込んだり、さらにはクレジットカードの申し込みをした場合も、会社に在籍確認の電話が入る場合もあります。

そのためカードローンを申し込んだあと、近くの席にいる同僚には「昨日マイカーローンを申し込んだので会社に個人名で電話が入るかもしれないから、その場合をよろしくお願いしますね」と協力を仰いでおくといいでしょう。

「振込キャッシングや振込返済をする場合通帳記載でバレないようにネット銀行を使っています」

つぎにカードレス契約をした場合でも家族にバレる可能性は残ります。

それは「通帳の履歴でバレる」というパターンです。

カードの発行がない場合、WEB上で振込キャッシングや振込返済をすることになるわけですが、当然ながらそれらの取引履歴は銀行の取引明細に残ることになります。

そのため振込先口座を家計口座にしたりすると、後々通帳記入したときに、“振込名”や“振込み金額”で家族に怪しまれることがあります。

したがって、そのようなことを防ぐためにも振り込みキャッシングを利用する場合には、通帳発行がないインターネット専業銀行の利用をお勧めします。

「返済遅れで自宅に督促が届かないように必ず返済は遅れないようにしています」

また、カードローン申し込み時だけではなく利用中にも注意が必要です。
それは、返済遅延による督促状が自宅に届くようなパターンです。

一般的にカードローンの支払いを延滞した場合、延滞後1ヶ月程度は電話やメールで督促が行われます。
しかし3ヶ月以上滞納した場合は、自宅に督促状が発送されてきます。

さすがに自宅に督促状が届くと家族には完全にバレることになりますので、なんとしてでも返済には遅れないように、返済日の管理や返済金額の管理をきちんとしておくようにしてください。

バレにくいおすすめ金融業者

最後に、家族や同僚にバレにくい「おすすめのカードローン」をいくつかご紹介します。

プロミス

一つ目はプロミスのカードローンです。

プロミスのカードローンが周囲にバレにくい理由としては、以下の通り「カードレス契約ができる」という点と「無人契約機の申し込みで、郵送物が一切ない」という点が挙げられます。

プロミスならカードレス契約でバレにくい

プロミスのカードローンに申し込みをする際には、カードを発行「する」「しない」を選択することができます。

もちろん、カードを発行しない場合には自宅にはカードは郵送されてきませんので、家族にバレる可能性は低くなります。

また先ほどもお伝えした通り、プロミスはカードがなくてもアプリ一つでコンビニATMでキャッシングすることも可能ですので、利便性はそれほど悪くはありません。

プロミスなら無人契約機で申し込むとバレにくい

どうしてもカード発行を希望する場合は、無人契約機で申し込みましょう。
その場でカードと契約書類を発行してくれますので、自宅への郵送はなくなります。

なお、無人契約機で申し込んだ場合、その場で発行されたローンカードで隣にあるATMからキャッシングすることが可能ですので、いくつかある申し込み方法の中でも最速で現金を手に入れることができます。

SMBCモビットのカードローン

つぎに、SMBCモビットのカードローンについて詳しくお伝えしていきます。

SMBCモビットのWEB完結は基本的に電話・郵送物なし

SMBCモビットのカードローンで、家族や同僚にばれにくくするためには「WEB完結」という申し込み方法をお勧めします。

SMBCモビットのWEB完結の場合、審査上問題がない限りは基本的に本人と職場への電話連絡はありません。

そのため、職場への在籍確認の電話で同僚に怪しまれることもありません。
また、SMBCモビットにも無人契約機がありますのでカードの受け取りを無人契約機での受け取りに設定しておくと、自宅へのカード郵送もありません。

ただし、SMBCモビットでWEB完結で申し込む為には、以下の書類や口座が必要になります。

  • 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っていること
  • 源泉徴収票や納税証明書などの収入証明書を提出できること
  • 会社から発行されている健康保険証のコピーを用意できること
  • 直近1ヶ月の給与明細書のコピーを提出できること

なお、SMBCモビットの場合、以上のように会社名が記載された複数の書類を提出させることで電話連絡を省略していますので、WEB完結での申し込み時には以上の書類が「必須」となります。

三井住友銀行のカードローン

最後に、三井住友銀行のカードローンについてご紹介していきます。

三井住友銀行は口座を作ってから申し込むとバレにくい

三井住友銀行のカードローンの場合、基本的にはキャッシング用のローンカードが発行されますので、特別な工夫をしない限りは自宅にカードが郵送されてしまいます。

ただし、すでに三井住友銀行で口座とキャッシュカードを持っている場合は、そのキャッシュカードがそのままローン用のカードになりますので、新たなカード発行はありません。

したがって三井住友銀行のカードローンを検討している場合で、三井住友銀行に口座がない場合は、先に口座開設とキャッシュカードの発行を済ませてからカードローンを申し込まれることをお勧めします。

三井住友銀行は無人契約機で申し込むとバレにくい

三井住友銀行にも無人契約機がありますので、郵送物で家族にバレたくない人は無人契約機を利用されることをお勧めします。

なお、三井住友銀行カードローンのカード発行を依頼した場合、受け取り方法は「郵送」と「無人契約機」の2パターンから選択できます。

そのためカードローンの利用を家族に内緒にしたい場合は、無人契約機でのカード受け取りを選択することをお勧めします。

また、無人契約機ではカードだけではなく契約書の受け取りも可能となっていますので、無人契約機を利用することで基本的には自宅への郵送物は「一切ない」ということになります。

※督促状などは自宅へ発送されます。

バレずにお金を借りる方法、まとめ

今回は、家族や職場にカードローンの利用がバレないための方法や、バレる可能性の少ないカードローン、実体験について紹介して参りましたが参考になりましたでしょうか。

たしかにカードローンを利用する場合、「家族にバレないか?」という点はとても不安になります。

お金がないことを家族に心配させたくないという方は多いと思いますが、それゆえに借金をしている事実が家族にバレることは、さらに余計な心配をかけてしまうことになるのです。

ですのでカードローンを利用する場合には、できれば今回の記事でご紹介したような方法で工夫し、できるだけ周囲にバレないようにローンを利用して早めに返済していきましょう。

※記載されている内容は2019年4月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.