カリテミオトップページ > お金を借りるための基礎知識 > カードローンの審査について > 審査が厳しい?パートやアルバイト(フリーター)のカードローン審査や在籍確認

審査が厳しい?パートやアルバイト(フリーター)のカードローン審査や在籍確認

更新日:

公開日:2017.1.10

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

パートやアルバイトは審査が厳しい?

年収・収入が低いけど審査に通るの?

収入が低いと審査に通らないのではと思われるかもしれません。

もちろん年収として金額を稼いでいることも大事ですが、それ以上に安定した収入があるかどうかということが重要になります。

パートやアルバイトでも勤続年数が長く、勤務先自体も信頼できる企業だった場合には十分審査に通ります。

また勤務先だけでなく本人の信用情報も重要になります。

収入が低くても過去にクレジットカードや携帯の割賦払いの延滞などを繰り返したりしていなければ信用情報は良く、問題なく返済してくれる利用者だと判断されます。

逆にパートやアルバイトで高い収入を得ていたとしても過去に未納や延滞を繰り返していた場合には信用力は低く、十分な収入があるのに審査に落ちてしまうこともあります。

パートやアルバイトでも安定した定期的な収入が審査のカギとなり、それさえクリアしていれば審査に通ることは難しくありません。
ただし限度額は10~30万程度の少額に設定される可能性が高いです。

また、いくら収入が安定していても10万円未満など極端に年収が低い場合には審査に通りづらくなることも考えられます。

気になる在籍確認の電話はアルバイト・パート先にかかってくる?

在籍確認とは申込者が本当にその職場で働いているのか、本当にその勤務先が実在するのかの確認ですから、正社員やアルバイトなど雇用形態に関わらず原則行われます。

申し込みをして信用情報機関に本人の情報をチェックして、最後に在籍確認をして審査の合否が出ます。
在籍確認はいわば本人の信用力の最終チェックとも言える大事な作業なのです。

在籍確認の電話では、カードローン会社側が社名を名乗ったりすることはありません。
担当者の個人名で電話がかかってきて、「◯◯さんはいますか?」とだけ聞きます。
ここで電話を受けた職場の人に対して、何故電話してきたかなど内容を話すことはありません。

銀行カードローンの場合には基本的には銀行名を名乗りますが、どうしても困る場合には申し込みの時点で銀行側に相談をしておきましょう。
ただ消費者金融とは違い、口座開設のためや住宅ローン・教育ローンのための電話だったと言うこともできますから、銀行カードローンの在籍確認は比較的安心できます。

在籍確認の電話は「◯◯は現在不在/外出中です」などその会社に籍があることが確認できればOKです。
本人が出た場合もOKです。

職場に電話がかかってきてほしくないからといって、実際には働いていない会社の電話番号を記入したり、あえて違う電話番号を記入したりするとほぼ間違いなく審査に落ちます。

ただ個人宛ての電話が来ることがほとんどない職場だと在籍確認の電話で◯◯さんいますか?と聞かれるだけで疑われてしまいます。

そういったどうしてもかけてほしくない事情がある場合には、申し込みの段階で職場の都合上在籍確認の電話を受け取りにくい旨を伝えると代替案(他の書類でOKなど)で対応してくれる可能性もあります。
必ず要望通りにしてくれる訳ではなく申込状況や本人の信用情報などにより対応は変わってきます。

職場への電話だけは何がなんでも絶対に無理!という場合はSMBCモビットの「WEB完結」という申込方法を選ぶことになります。

SMBCモビットに指定された書類や身分証明書を提出できれば電話連絡なしで契約できる申し込み方法です。

ただし、三井住友銀行か三菱UFJ銀行の口座を持っていることが必須になりますので注意が必要です。

限度額の上限は?いくらまで借りられる?

借り入れできる金額の上限は雇用形態に関わらず消費者金融か銀行カードローンを利用するかで違ってきます。

消費者金融であれば年収の1/3という金額が借り入れできる上限額になります。
総量規制という借り過ぎを防止する法律のため、消費者金融では年収の1/3以上の額は借り入れることは出来ません。

これは年収の1/3ずつ何社からも借りられる訳ではなく、他社からの借入額も合計されます。

例えばアルバイトの年収が150万円の場合。
50万円が最大で借り入れ出来る額になりますが、A社からすでに30万借りている場合にはB社からは20万円までしか借りることは出来ません。

これはあくまでも最大の額で、実際は審査によって年収の1/3より低く設定されることもあります。

一方、銀行カードローンは総量規制の対象外なので年収の1/3以上の額であっても借り入れることは可能です。

ただし、銀行は消費者金融よりも審査基準を厳しく設定していることが多く、年収の1/3以上の借り入れ希望を出しても結果はそれよりも低い額で設定されたり、あるいは審査に通らないこともあります。

限度額を上げたい!増額は可能なのか?

最初から高額な限度額を設定できることは中々ありません。
返済の延滞などをせず利用期間を重ねていくことで、信用が生まれ限度額の増額可能のお知らせが届くのです。

増額であっても総量規制は適用されますから、消費者金融は年収の1/3の範囲内での増額になります。(例:年収300万円なら増額できても100万円まで)

銀行カードローンであれば年収の1/3以上の額への増額申請が出来ますが、初回に申込んだときと同じように審査されますから決して簡単ではありません。

消費者金融と銀行カードローンはどちらが借りやすい?

少額の融資を希望であれば「消費者金融」の方が向いています。

多くの大手消費者金融では契約後もしくは初回借り入れ後に期間限定で無利息期間を設けています。

少額の借り入れであれば無利息期間中に多めに返済をすることで、返済した金額が全て元金(利息などを抜いた純粋な借金の額)に充てられるので、その後の返済が楽になります。

余裕があれば無利息期間中に全額完済してしまえば利息は一切無しで利用することも可能です。

高額融資を希望の場合は銀行カードローンを利用することになります。

多くの銀行カードローンは審査を保証会社に委託しており、その保証会社というのが大手消費者金融であることがしばしばあります。

保証会社が消費者金融だからといって借りやすくなるわけではありませんが、保証会社がどこなのかによってご自身の審査に影響しなそうな銀行を選ぶことは出来ます。

過去に延滞や遅延を繰り返していた消費者金融が保証会社となっている銀行に申し込んでも審査に通る確率はかなり低いですからそういった銀行は避け、逆に毎月追加で多めに返済していたり、短期間で完済をしたり利用実績の良い消費者金融が保証会社の銀行であれば審査に有利に働く可能性もあります。

※記載されている内容は2019年9月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.