カリテミオトップページ > 費用が払えない・滞納 > ご祝儀が払えない時に役立つテクニックを紹介!ご祝儀の相場やマナーも解説

ご祝儀が払えない時に役立つテクニックを紹介!ご祝儀の相場やマナーも解説

更新日:

公開日:2019.3.5

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

結婚式の招待状を受け取って困ることといえば、新郎新婦に渡すご祝儀です。
結婚式が重なったり、ふところ事情が厳しいタイミングだったりすると、ご祝儀を重く感じる時があります。

また、結婚式に参加した経験が少ないと、どれぐらいの額を渡せばいいのかご祝儀の相場が分からないという問題もあります。

今回はそんなご祝儀の相場や払えないときに役立つ、4つのテクニックなどを分かりやすく解説していきます。

ご祝儀の相場

ご祝儀の相場

結婚式に参加するにあたって、覚えておかないといけないのがご祝儀の相場です。結婚式に参加した経験が少ないといろいろと混乱してしまいますが、自分と相手の関係によって相場が違ってくるというのがポイントです。

一般的なご祝儀の相場

一般的に、ご祝儀の相場は3万円となっています。これは20代~50代まで各年代共通しての相場となります。

1万円や2万円ではなく3万円が相場と言われる理由は、ご祝儀が単に相手の結婚を祝福しているだけのお金じゃないからです。

結婚式に参加すると、披露宴のお食事代や引き出物代が発生します。
ゲスト1人当たりの費用は2万円前後と言われています。

つまりご祝儀には、結婚式にかかった費用プラス結婚を祝福する気持ちが上乗せして「3万円」が望ましいとされているのです。

ただし、3万円という相場は新郎新婦と対等な友人や同僚の場合に限ります。
なぜなら、ご祝儀の相場は自分と相手の関係によって額が変化するからです。

自分と相手の関係によって額が変わる

あなたが20代で、結婚式を上げるのが20代の同僚だった場合は気を使うことなく相場通りのご祝儀を渡せます。

しかし相手が会社の部下だったり、甥っ子・姪っ子だと相場が違ってきます。また、相場とは関係なく自分が先に結婚して相手からご祝儀を貰った場合は、相手の結婚式のときに同額を渡すのが望ましいです。

ご祝儀を安く済ませようとすると、後々自分の社会的地位や相手からの信頼を損ねる危険性があります。

そこで、下記に自分の年齢と相手との関係によるご祝儀の相場を表にまとめてみました。ぜひ参考にして下さい。

関係によって変化するご祝儀の早見表

新郎新婦
との関係
友達 兄弟

姉妹
いとこ 甥・姪 会社の上司 会社の
同僚
会社の
部下
会社の
取引先
20代の
場合
3万円 3万円
5万円
3万円 3万円 3万円 3万円 3万円 3万円
30代の
場合
3万円
5万円
3万円
5万円
3万円
5万円
3万円
5万円
3万円
5万円
3万円 3万円 3万円
5万円
40代以上
の場合
3万円
5万円
5万円

10万円
5万円

10万円
5万円

10万円
5万円

10万円
3万円 3万円 3万円
5万円

ご祝儀の相場は3万円となっていますが、次いで多いのが5万円というケースです。

自分がそれなりの社会的な地位を築いていたり、それなりの年齢に達していれば、友達の結婚式に5万円というのは珍しくありません。

しかし、相手が自分の結婚式のときに相場通りの3万円だった場合には、自分が5万円をご祝儀として送るのは相手を困らせる可能性があります。

友人相手のときは、特別な理由がない限り3万円が無難といえます。

兄弟・姉妹、いとこ、甥・姪といった、身内・親戚への結婚祝いは相場よりも高い金額が望ましいです。というのも、結婚式の費用がご祝儀だけで相殺しきれるとは限りません。

新郎新婦の友人や同僚が相場以下のご祝儀を用意していれば、それだけ新郎新婦の負担が大きくなってしまいます。

身内なら、これから二人の門出を祝う意味を込めて5万円が望ましいです。
ただし、自分のふところ事情がどうしても苦しい場合は、無理をせずに相場の3万円でも問題ありません。

自分が新郎新婦の会社の部下や同僚の場合、特別多くする理由はありません。
むしろ相場よりも多めの額を渡してしまうと、他の人の結婚式でも同じ金額を渡さないと不公平になってしまいます。

ですが、自分が新郎新婦の上司の場合は違います。
上司として部下の結婚を祝い、門出を祝福する意味を込めて相場より高い金額を渡すのがマナーになります。
年代が上がるにつれて、出す金額も増えていきます。

取引先の結婚式に参加する場合は、相手がどれだけ自分にとって重要なのかで判断しましょう。
基本的には相場の3万円で問題ありませんが、好印象を与えて関係を良くしたいのなら相場よりも多めに渡しましょう。

ご祝儀が相場よりも少ない時の対処方法

自分のふところ事情で、ご祝儀がどうしても相場よりも少なくなってしまう時はあります。
偶数だと割り切れるため縁起が悪いとされていますが、どうしても相場の金額が用意できない時は仕方ありません。そんなときに役立つ対処方法をまとめました。

事前に了承を取る

ご祝儀が相場よりも安くなることを、新郎新婦に伝えておきましょう。

相場の3万円が用意できず、2万円になってしまったと事前に聞いておけば新郎新婦も偶数のご祝儀に驚かずに済みます

伝えるタイミングとして望ましいのは、結婚式の招待状が届いていからなるべく早い方が良いです。
結婚式に近いほど新郎新婦は忙しい場合があるので、迷惑にならないタイミングを見計らいましょう。

新札の枚数を奇数に

仮にご祝儀として2万円を贈るとします。その場合は1万円札を2枚贈るのではなく、1万円と5千円札2枚という組み合わせで贈ることで、なるべく偶数になるのを避けましょう。

ご祝儀とは別のプレゼントを用意する

相場に対して不足した分は、後日プレゼントという形で用意しましょう。
プレゼントの予算はあまり高すぎず、現金+プレゼントで3万円になる形が望ましいです。

招待されたら結婚式は必ず出席するべき?

<><>

そもそも、結婚式に参加したくない人も少なからずいます。
結婚式は土日祝日に開かれることが多いので、休みを潰してまで参加するのは気が乗らなかったり、仕事の予定が入っていて行けなかったりする場合もありますよね。

ではそんな時どうするべきなのか、これから解説していきたいと思います。

結婚式への参加は自由

結婚式への参加は強制ではありません

兄弟・姉妹ならともかく、いとこや甥・姪の結婚式でも何かしらの事情があれば欠席するのも問題ありません。
仕事の都合でどうしても行けないのなら、それも仕方がありません。

結婚式への招待を断る時のマナー

何らかの事情があって結婚式の招待を断る場合は、断わり方にもマナーがありますので、しっかりチェックしておきましょう。

きちんと会って理由を伝える

一番望ましい断わり方は、きちんと会って理由を伝えることです。

結婚式前に会うことで、直接結婚のお祝いの言葉を伝えられますし、理由に納得してもらえます。どうしても時間の都合が付かなければ、電話では無く手紙などで伝えましょう。

なお、断わる際の理由に「多忙により欠席いたします」ですと、新郎新婦の気分を悪くする場合がありますので「先に用事が入ってしまった」という明確な理由を用意しましょう。

早めに出欠席を伝える

新郎新婦側は招待状を送る段階で、結婚式や披露宴に参加する人数にある程度の目星を付けています。

そこから出欠席の知らせを受け取って、正確な人数を計算します。
そのため、新郎新婦は結婚式に参加する正確な人数を少しでも早く知りたいです。
欠席を決めたのなら、その旨を早く伝えましょう

ご祝儀無しの参加はマナー違反

結婚式が遠くで行われたりすると、ご祝儀以外にもお金がかかってしまいます。そのため、金銭的な理由で不参加表明するのも1つの手です。

しかし、結婚式にご祝儀無しで参加するのはマナー違反となります。
新郎新婦との関係を損ねるだけでなく、周りからもご祝儀無しでの参加を咎められる可能性があるので絶対にやめましょう。

ご祝儀が足りない時の4つのテクニック

結婚式には参加したいけど、どうしてもご祝儀が足りないときはあります。
だからといって、ご祝儀を用意せずに参加するのは避けなければなりませんし、新郎新婦に金銭的に苦しいと伝えるのも、中々ためらわれます。

そこで、ご祝儀が足りないときに役立つ4つのテクニックをご紹介します。

連名にして金額を合わせる

ご祝儀の相場は3万円ですが、複数人と連名にして贈るようにすれば相場以下の金額でも目立たなくなります

例えば夫婦で参加する場合、相場は1人3万円ですが連名だと5万円で済みます。
これは夫婦が揃って3万円ずつ支払うと、合計で6万円と偶数になってしまうのを避けるためです。

夫婦でなくても、仲の良い友達グループとして贈るという方法もあります。
人数にもよりますが、連名で贈れば1人当たりのご祝儀が相場の3万円からぐっと安くなる可能性があります。

このように、複数人の連名で贈ることで金額を低く抑えることができます。
ただし、自分の結婚式の際に相手から貰った場合は、同額を返すのがマナーです。

金融機関から借りる

10万円ならともかく、3万円・5万円ぐらいなら金融機関からお金を借りるのも1つの方法です。

ご祝儀の場合は、借りても生活が困窮するような金額ではありません。逆に安く済ませようとすると、後々の関係がギクシャクするリスクがあります。

カードローンは緊急時にピッタリ

金融機関からお金を借りるにしても、種類がいくつもあります。
その中でオススメなのがカードローンです。

カードローンは資金用途が自由なものが多く、少額なら即日融資も可能ですので、結婚式のご祝儀として必要という理由でも十分借りられます。

親族から借りる

金融機関を使うのに抵抗がある人は、親族に頭を下げましょう。
親族の結婚式だと、連名でご祝儀を渡したりする場合もあるので、事情を説明すれば相談に乗ってくれる可能性も高いです。

途中出席・途中退席で予算を抑える

結婚式は挙式と披露宴の2部構成になっています。
挙式の途中出席や途中退席は絶対に避けたいところですが、挙式のみ参加して披露宴は不参加、というのであれば特に問題はありません。

その場合は、披露宴分の参加費が発生しないためご祝儀は1万円でも十分です。

また、挙式・披露宴ともに参加せず、2次会からの参加の場合もご祝儀は1万円で問題ありません。

どうしてもご祝儀が用意できない際は、途中退席・途中出席して安く抑えましょう。ただし、事前に「挙式だけ・2次会だけ」どちらかだけ参加するということを伝えておきましょう。

結婚式を欠席してもご祝儀は渡すべき?

事情があり結婚式を欠席することを伝えたとしても、まだやることがあります。

結婚式に欠席しても、ご祝儀は渡すのがマナー

結婚式の招待状を頂いた場合、欠席すると決めてもご祝儀は渡すべきでしょう。
ご祝儀は披露宴の費用以外にも新郎新婦への祝福が込められていますので、挙式や披露宴に参加しなくても祝福する分として、相場の半分から3分の1を渡すのが望ましいです。

渡すタイミングとしてスマートなのは、結婚式を欠席することを伝えるときです。欠席することを相手に直接伝えて、その場で渡してしまうのが一番理想的です。

しかし時間が取れなかったり、都合が合わないと難しいですよね。
そんなときは欠席の連絡を手紙で送り、ご祝儀を現金書留で贈りましょう。

相手との関係性とタイミングによって金額が変化

招待された結婚式に欠席した場合に渡すご祝儀は、相場の半分から3分の1が望ましいです。
しかしこれは基本の例であり、ご祝儀の相場同様に相手との関係とタイミングで金額が変化します。

招待状を貰う前に欠席を伝えた場合

招待状が送られる前に欠席を伝えているのなら友人や知人、仕事関係の相手には5千円から1万円が望ましいです。
その場合は、現金では無くプレゼントだと相手も気兼ねなく受け取れます。

親戚や身内の場合は、ほかの親戚と相談をしてご祝儀に関する取り決めや前例がどうなっているのかを確認しましょう。

招待状を貰ってから欠席を伝えた場合

招待状を貰ってから欠席を伝えた場合も友人や知人、仕事関係の相手には1万円までご祝儀として贈るのが望ましいです。

基本的に、披露宴に参加しない場合は1万円で十分だと覚えておきましょう。

招待状を貰って出席すると伝えてから、欠席する場合

招待状を貰い出席すると伝えてから欠席する場合は、時期によって違ってきます。

欠席の連絡をしたのが結婚式まで1ヶ月以上ある場合は、披露宴の人数や引き出物の数を調整できるため、あまり混乱させずにすみます。
その場合は、相場の半分から3分の1をご祝儀として贈りましょう。

結婚式まで1ヶ月を過ぎている場合は、披露宴などのキャンセルができません。その場合は、相場通りの金額を渡すのがマナーになります。

自分の結婚式に参加してくれた人の結婚式を欠席する場合

自分の結婚式でご祝儀を頂いた相手の結婚式を欠席する場合は、頂いたご祝儀の同額を渡すのがマナーです。
自分が披露宴に参加していなくても、頂いた分をお返しするべきでしょう。

現金以外の結婚祝いを送る時のマナー

結婚式を欠席したり、ご祝儀の不足分をプレゼントで補う場合は、渡すときのタイミングやプレゼントの内容が重要になってきます。

ご祝儀としてプレゼントを贈る際は結婚式の1ヶ月前から、遅くとも1週間前までに送るのがベストです。

結婚式直前だと新郎新婦共に大変忙しく、プレゼントを受け取る余裕があるかどうか分かりません。
また、結婚式当日に渡すとプレゼントが荷物になってしまいますので、できるだけ手渡しは避けて自宅に送りましょう。

そしてプレゼントの内容にも気を付けましょう。
結婚式では縁起を担ぐことが重要視されているため、縁を切るという意味があるナイフや包丁などの「忌み言葉」が含まれるプレゼントは避けましょう

プレゼントはキッチン用品やグラスが好まれる

結婚式のプレゼントとして喜ばれるのは実用的で役立つ物です。

新婚夫婦は何かと物入りで、いくつあっても困らない物などが喜ばれやすいです。例としてはキッチン用品やグラスなどがオススメですね。

ご祝儀が払えなくても対処方法はあった!

いかがだったでしょうか。
今回はご祝儀が払えない時に役立つテクニック、ご祝儀の相場やマナーについてお伝えしてきました。

ご祝儀が用意できなくても、結婚式に参加する方法はいくつかあるということがわかりました。
しかし一番重要なのは、これから新しい出発をする二人を祝う気持ちです。

今回の記事を読んで、気持ちよく結婚式に参加できるようにしましょう。

※記載されている内容は2019年3月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.