カリテミオトップページ > お金を借りるための基礎知識 > アコム・プロミス・SMBCモビット・アイフルの解約手続きのまとめ

アコム・プロミス・SMBCモビット・アイフルの解約手続きのまとめ

更新日:

公開日:2017.8.1

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

カードローンを解約の手続きってどうなってるの?

ローンに限らず多くの商取引において、契約の開始の反対に位置するのが解約です。

カードローンの場合、返済の終了つまり完済をもって解約されたと思っている方が多いのですが、完済をしてもそれが直接解約とはなりません。

今回は、多くがユーザーが勘違いをしている解約について、説明していきたいと思います。

各社の解約までの流れ

カードローンは自動的に契約更新される

例えば多くの方が利用している自動車の任意保険などは、基本的に1年の契約が終了すると特別な特約等を付けていない限り保険期間の終了と同時に自動的に解約がされます。

しかし、カードローンは完済をして以降一切利用せずお金のやり取りが無くなっても

  • SMBCモビット…3年
  • アコム、プロミス、アイフル…5年

のサイクルで、手数料も手続きも一切なく自動更新していきます。
(※今回紹介している大手4社の場合です)

つまり、10年前にアコムを利用していて5年後に完済。
2017年の今まで全く利用してないという方でも、いまだにアコムとの契約は継続中ということになるんです。
当時の限度額までならば、審査なしで利用可能なのです。

各社の解約方法

「自分もまだ契約が残ってるはず。早く解約したい!」

そんな方は有人店舗のないSMBCモビット以外はその店舗に赴くか、

  • アコム「総合カードローンデスク」
  • プロミス「プロミスコール」
  • SMBCモビット「SMBCモビットコールセンター」
  • アイフル「会員専用コールセンター」

電話をし、その意思を伝えるだけですぐに解約することができます。
手数料などもかかりません。

また「解約証明書」というものが1000~1500円程度の手数料を払えば入手できます。
(※会社によって違うのでご注意ください)

解約すべき?ローンカード解約のQ&A

勝手に契約更新がされるため、多くの方が放置していることもあるこのカードローンの解約方式。

果たしてもう利用することが無いものならば、早く解約したほうがいいのでしょうか。

ここではそんな解約についての疑問点について代表的なものをピックアップして、しっかりとお答えしておこうと思います。

解約しないと信用情報に残ったままになるってホント?

本当です。

例えばアイフルで50万円のカードローンを利用し数年後完済、解約の手続きをしていないケースでは信用情報に「アイフルに50万円分の与信あり」という記載が残ります。

解約さえすれば信用情報からきれいにそれが消えるの?

これはNOです。

例え解約をしても、信用情報にカードローンを使用していた履歴は5年間残ります。

なお、この場合住宅ローンを組む際、解約の有無を証明するため上記で触れた「解約証明書」の提出を求められることがあります。

解約するための条件を教えてください

銀行系カードローンの場合、身分証明書や印鑑などが必要なケースもあります。

しかし、アコム・プロミス・SMBCモビット・アイフルは、解約時に全く何もいりません。

解約ができる条件は、「既に完済している」または「解約手続きの前に残債を一括返済する」の2点のみです。

解約しないままだと他のローン影響が出るってホントなの?

ケースバイケースです。

延滞などがなくスムーズな取引がされていたカードローンの与信が信用情報に残っていてもマイカーローン程度までのローンならば、それほど大きく審査には影響してこないでしょう。

ただ、件数があまりに多かったりするときや大きなローンになる住宅ローンの審査では、少々マイナス評価を受けてしまうことは考えられます。

与信がある、言い換えれば「取引相手に信用を供与する」ということは新たに借り入れをし、返済義務が出てくる可能性と住宅ローン返済への悪影響があるのではないか。

金融機関にそう思われるからです。

一方、5年間信用情報に履歴が残るとはいえ解約をしたということは、しっかりと最後まで返済をしたことの証明でもあります。

カードローンを他の会社で組もうとしたときに、解約まできちんと済んでいる実績がある顧客と判断され、審査の上でプラスに影響することすらあります。

いざという時のために1枚は残すべき?

完済をしてもう使う予定が無いのであれば、それほど大変な手続きもないので基本的には早く解約をした方が後々面倒ではなさそうです。

ただ、複数枚持ってた場合でそれを全て解約してしまうと、急な出費が発生した時にまた新たに審査を受けてカードローンを契約する必要があります。

急な入用が発生し、解約した会社に直後再度申し込んでも、審査に落ちてしまう可能性大。
その場合は他社を選択することになってきますが、同じ消費者金融大手でも会社が変われば審査基準も変わるので、同じようにカードローンの審査が通るとは限りません。

しかし、使いもしないのに複数枚残しておくのは、さすがに前述したように不都合が発生します。
よって、いざという時すぐに借入できるように一番使い勝手の良かったカードローンを1つ絞って残りは解約する、というのも賢い使い方になってきます。

※記載されている内容は2019年4月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.