カリテミオトップページ > 銀行 > 銀行からお金を借りる方法とおすすめバンク

銀行からお金を借りる方法とおすすめバンク

更新日:

公開日:2019.3.12

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

銀行はブランドイメージが高く、お金を借りるのであれば消費者金融よりも銀行から借りたいと思うでしょう。しかし、銀行からお金を借りるのはハードルが高いと感じる人もいると思います。

とはいえ、銀行からお金を借りる方法や借りやすい人の特徴がわかればそんなに高いハードルではないことがわかります。

そこで、銀行からお金を借りるためにはどうしたら良いのか、銀行のメリット・デメリットなど詳しく解説し、本サイトおすすめの銀行カードローンについてもご紹介していきますので、ぜひご覧ください。


この記事はこんな人にオススメ!

  • 銀行からお金を借りるメリット、デメリットを知りたい
  • どんな人が銀行からお金を借りやすいのか
  • 銀行からお金を借りる方法について知りたい

銀行からお金を借りる前に知ってほしいこと

銀行からお金を借りる前に、まずは銀行でお金を借りるメリットやデメリットについて知っておきましょう。

メリット・デメリットを理解せず借りてしまえば、損をするケースや時間が無駄になってしまうことにもなります。

銀行でお金を借りるメリット

銀行でお金を借りるメリットは以下の通りです。

  • 安心感がある
  • 金利が低い
  • 総量規制の対象外
  • カードローンは専業主婦でも申し込みが可能

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

安心感がある

消費者金融からお金を借りるのは怖いし少し抵抗があるけど、銀行からであればお金を借りる抵抗感が薄れるという人も多いのではないでしょうか。

事実、全国銀行協会による「銀行カードローンに関する消費者意識調査に関する報告」によると、銀行カードローンを選んだ理由の1位は「銀行なら安心だから」というものでした。

この調査からも銀行は一般消費者の信頼度が高く、ブランドイメージがいい傾向にあることがわかります。

消費者金融に抵抗がある人でも銀行のカードローンなら安心して利用できるようです。

金利が低めに設定されている

銀行のカードローンは消費者金融のカードローンに比べて金利が低めに設定されている場合が多いです。
以下の表は、メガバンクと大手消費者金融のカードローンの金利を比較したものです。

【銀行カードローン】

カードローン 金利
三井住友銀行カードローン 年4.0%~14.5%
三菱UFJ銀行カードローン
「バンクイック」
年1.8%~14.6%
みずほ銀行カードローン 年2.0%~14.0%

【消費者金融カードローン】

カードローン 金利
プロミス 年4.5%~17.8%
アイフル 年3.0%~18.0%
アコム 年3.0%~18.0%
SMBCモビット 年3.0%~18.0%

カードローンの利用で下限の金利が適用されるケースはほとんどありません。よって金利の比較で注目すべきは上限金利です。

上限金利を見てみると銀行カードローンでは14%台であるのに対して、消費者金融では18%であることがわかります。

銀行カードローンでは消費者金融に比べて低い金利でお金を借りることができるので、返済時の支払い総額も少なくなります。

総量規制の対象外

総量規制とは借入総額を年収の3分の1までに制限する制度で、賃金業法で定められています。消費者金融はこの賃金業法の適用を受けるので年収の3分の1までしか借入れる事ができませんが、銀行は銀行法のもとで営業が行われており総量規制の適用外となります。

よって、銀行カードローンであれば年収の3分の1以上の借入れが可能ということになります。

ただし、借入れのおまとめ等以外で初回に高額な契約は銀行カードローンでもできないと考えたほうがいいでしょう。

専業主婦でも申し込み可能

消費者金融では専業主婦の申し込みに関して消極的なケースが多いですが、銀行カードローンでは専業主婦でも申し込むことができるものが多くあります。

以下の表は専業主婦の申し込みが可能かどうかを表したものです。

銀行 専業主婦の申し込み
三井住友銀行カードローン ×
三菱UFJ銀行カードローン
「バンクイック」
×
みずほ銀行カードローン ×
イオン銀行カードローン
ソニー銀行カードローン
じぶん銀行じぶんローン
消費者金融 専業主婦の申し込み
プロミス ×
アイフル ×
アコム ×
SMBCモビット ×

メガバンクでは専業主婦の申し込みに消極的ですが、ネット銀行では専業主婦の申し込みに積極的に対応しています。
また、地方銀行でも専業主婦の申し込みが可能なカードローンは多くあります。

それに対して大手消費者金融では、専業主婦の申し込みに対応しているところはありません。
中小の消費者金融を見ても、専業主婦の申し込みができるところはほとんどありません。

収入のない専業主婦でも、銀行のカードローンを利用すればお金を借りることができる可能性が高まります。

銀行カードローンのデメリット

銀行カードローンのデメリットは以下の通りです。

  • 即日融資に対応していない
  • 消費者金融に比べて審査が厳しい傾向
  • 銀行口座が必要な場合もある

それぞれ詳しくみていきましょう。

即日融資に対応していない

消費者金融では即日融資に対応しているのが当たり前になっていますが、銀行カードローンでは即日融資に対応していません

これは「警察庁データベースへの照会」といって顧客情報を照会し、申込者と暴力団や犯罪組織に関係性がないかを確認する作業が銀行カードローンでは義務化されているためです。

この作業には2営業日を要すると言われていますので、借入れは最短でも申し込みの翌営業日となってしまいます。

消費者金融と比べて審査が厳しい傾向

銀行カードローンは消費者金融と比べて金利が低いということはわかったと思いますが、金利が低い分銀行カードローンの審査は厳しい傾向にあります。

審査基準は明らかにされていませんが、銀行カードローンの審査は通らなかったけど消費者金融の審査には通ったという話はよくあります。

銀行口座が必要な場合もある

銀行カードローンを利用するにはその銀行の口座を持っていることが条件とされるケースも多くあります。

口座が無い場合はカードローンの申し込みと同時に口座開設を申し込む必要があり、開設までに1~2週間必要になります。

消費者金融に比べて審査でも時間がかかることは先ほど解説しましたが、口座を保有していなければさらに時間がかかってしまいます。

その銀行の口座がなくても申し込むことができるカードローンには「三井住友銀行カードローン」や「三菱UFJ銀行カードローン バンクイック」「イオン銀行カードローン」などがあります。

銀行からお金を借りるにはこんな人がおすすめ

安心感や金利の低さから銀行カードローンを利用したい人は多くいます。
しかし、銀行カードローンは審査が厳しく誰でも利用できるわけではありません

銀行からお金を借りるには以下のような人がおすすめです。

  • 勤続年数が1年以上あり、安定した収入がある
  • 信用情報に傷がない

最低でもこの条件はクリアしたほうがいいでしょう。

勤続年数が1年以上あり、安定した収入がある

銀行側は貸したお金を返済してもらう必要があります。よって、安定した収入があるかどうかを重視します。

毎月の収入が大きく変動する人よりも、少なくても安定した収入がある人の方が好まれる傾向にあります。

また、勤務年数に関しても1年以上は在籍している方が望ましいです。というのも、勤続年数が短ければ、また転職し収入が不安定になると思われてしまうからです。

勤続年数が長く、安定した収入がある人には銀行カードローンがおすすめです。

信用情報に傷がない

信用情報とは過去のお金の借入れや返済履歴、クレジットカードの利用履歴などのことです。

過去に滞納などのトラブルがあり、信用情報に傷がついていれば銀行カードローンの審査には通らないと考えた方がいいでしょう。

もし滞納をした過去がある場合は2年は信用情報として残ってしまいます。銀行カードローンに申し込む場合には、2年が経過し信用情報が綺麗になってから申し込むようにしましょう。

なお、信用情報についての詳細や開示方法はこちらの記事から確認できますので、ぜひ併せて読んでみてくださいね。

信用情報を扱うCICとは?審査が不安なら自分の情報を開示してみよう!

要確認!JICC(日本信用情報機構)でのおすすめ開示法&開示書の見方

全国銀行個人信用情報センター(JBA・KSC)とは?どんな役割をしているの?

銀行からお金を借りる場合は目的に合わせた借入れをする事が大切

銀行ではカードローン以外にもさまざまなローンがあります。
カードローンでは資金使途は原則自由ですが、その他のローンでは使途が限定されるケースがほとんどです。
目的に合わせて最適なローンを選択しましょう。

銀行のローンには以下のようなものがあります。

  • 住宅ローン
  • マイカーローン
  • 教育ローン
  • カードローン

そのほかにも「ブライダルローン」や「事業ローン」などありますが、主要なものは上記のようなものでしょう。

もしお金を借りる目的がはっきりしており、その目的にあったローンがあるのであればそのローンに申し込んだ方が審査に通りやすくなるでしょう。

例えば、車を買いたいというときに、マイカーローンで300万円借りたいというのとカードローンで300万円借りたいというのでは、マイカーローンを利用する方が資金使途がはっきりしており審査に通過しやすくなります。

銀行でお金を借りる場合は目的に合わせた借入れを行うようにしましょう。そして、目的に合ったローンがない場合には資金使途が自由なカードローンに申し込むようにしましょう。

銀行カードローンおすすめ4社

銀行カードローンを選ぶ際に見るべきポイントは以下の4つです。

  • 金利
  • 限度額
  • 口座の開設の有無
  • その銀行独自の政策

金利や限度額はどの銀行カードローンも大きく変わるわけではないですが、少しでも低い金利、高い限度額であるに越したことはないでしょう。

口座開設の有無はカードローンを選ぶ際に大きなポイントになります。

なぜなら口座開設が必要かどうかで融資までの期間に1週間以上の差が出る可能性があるからです。
また、金利優遇などその銀行独自のものがあればポイントは高くなります。

以下の表は主な銀行カードローンの金利や限度額を比較したものです。

カードローン 金利(年率) 借入限度額 銀行口座
みずほ銀行カードローン 2.0~14.0% 10~800万円 必要
三菱UFJ銀行カードローン
「バンクイック」
1.8~14.6% 10~500万円 不要
三井住友銀行カードローン 4.0~14.5% 10~800万円 不要
りそな銀行カードローン
「プレミアムカードローン」
3.0~12.475% 30~800万円 必要
楽天銀行カードローン
「スーパーローン」
1.9~14.5% 10~800万円 不要
住信SBIネット銀行
MR.カードローン
0.99~14.79% 10~1,200万円 必要
オリックス銀行カードローン 1.7~17.8% 最高800万円 不要
じぶん銀行カードローン
「じぶんローン」
1.7~17.5% 10~800万円 不要
ジャパンネット銀行カードローン
「ネットキャッシング」
2.5~18.0% 10~1,000万円 必要
ソニー銀行カードローン 2.5~13.8% 10~800万円 必要
イオン銀行カードローン 3.8~13.8% 10~800万円 不要
セブン銀行カードローン 14.0~5.0% 10~100万円 必要

以上を参考に、それぞれの銀行の独自ポイントも加味しながらおすすめの銀行カードローンを紹介します。

おすすめ1.みずほ銀行

おすすめする銀行カードローン1社目はみずほ銀行のカードローンです。

金利 年2.0%~14.0%
※カードローン契約時にみずほ銀行で住宅ローンを利用していれば、適用金利から0.5%引き下げ。
限度額 10万円~800万円
Web完結申込
カードレス ×
※ローンカードを発行せずに、お手持ちのキャッシュカードにローン機能を付帯してそのまま使用することも可能。
審査時間 翌営業日以降
土日審査 ×

みずほ銀行のおすすめポイントは以下の通りです。

  • 安心のメガバンク
  • Web完結申込なら24時間申し込み可能
  • 銀行カードローンの中でも屈指の低金利
  • みずほ銀行のキャッシュカードですぐに利用可能

みずほ銀行の魅力は何と言ってもメガバンクならではの安心感です。
また、そのメガバンクの中でも低金利の2.0%~14.0%で借りることができるのも嬉しいポイントでしょう。

みずほ銀行の口座を持っている場合は、キャッシュカードにローン機能を付帯することができるので、そのままお手持ちのキャッシュカードで借入れや返済ができます。
キャッシュカード付帯サービスは銀行の中でも一部に限られるサービスです。

もちろん口座の開設の必要があるので急ぎの人には向きませんが、みずほ銀行の口座をすでにお持ちの人や時間に余裕のある人におすすめのカードローンです。

関連記事をチェック!

みずほ銀行カードローンの審査から融資までの流れを徹底解説!

みずほ銀行の前身は「第一国立銀行」といって、日本で最も歴史ある古い銀行という事はご存知でしょうか。 今では日本の三大メ...

おすすめ2.楽天銀行カードローン

おすすめする銀行カードローン2社目は楽天銀行のカードローンです。

金利 年1.9%~14.5%
限度額 10万円~800万円
Web完結申込
カードレス ×
審査時間 最短翌日
土日審査 ×

楽天銀行カードローンのおすすめポイントは以下の通りです。

  • 楽天銀行以外の口座で利用可能
  • 楽天会員ランクに応じて審査優遇
  • 入会で楽天スーパーポイント1,000ポイント進呈

楽天銀行カードローンは楽天会員のランクに応じて審査が優遇される、楽天会員必見のカードローンです。

まだ楽天会員でないという方も、専用ページから会員になることで1,000ポイントが進呈されます。また、上限金利も14.5%と低金利で借りることができるので、これから楽天会員になるという人にもお得なカードローンです。

楽天をよく利用する人はもちろん、これまではあまり利用していなかったという人にもおすすめできるカードローンです。

関連記事をチェック!

楽天銀行スーパーローンの審査から融資までの流れを徹底解説

(株)楽天は1997年に三木谷 浩史氏が創業したネットサービス企業です。21世紀に入るタイミングで事業を拡充し、さまざま...

おすすめ3.住信SBIネット銀行 MR.カードローン

おすすめする銀行カードローン3社目は住信SBIネット銀行のカードローン「MR.カードローン」です。

金利 年0.99%~14.79%
※最低金利の0.99%は所定の要件を満たした場合(年0.6%の引き下げ適用後)の金利。

※以下の①②のいずれかの条件を満たす場合、基準金利よりも年0.5%、③の条件を満たす場合、基準金利よりも年0.1%の引き下げ

①SBI証券口座保有登録済であること
②住信SBIネット銀行の住宅ローン残高があること
③住信SBIネット銀行所定のミライノカード(JCB)を所有し、かつ住信SBIネット銀行の口座を引き落とし口座に設定いていること
限度額 プレミアムコース
10万円~1,200万円
スタンダードコース
10万円~300万円
Web完結申込
カードレス ×
審査時間 最短翌日
土日審査 ×

住信SBIネット銀行カードローン「MR.カードローン」のおすすめポイントは以下の通りです。

  • SBI証券の口座を保有していれば基準金利から0.5%引き下げ
  • 最大で1,200万円とゆとりの限度額
  • 借入、返済時のATM利用手数料無料

住信SBIネット銀行のカードローン「MR.カードローン」は、SBI証券口座保有の方であれば上限金利も14.19%と銀行カードローンの中でもかなり低い金利で借りることができます。

また、イオン銀行、セブン銀行、ローソン銀行、イーネットの提携ATMであればいつでもどこでも借入・返済時のATM利用手数料が無料なのも嬉しいポイントです。

住信SBIネット銀行のカードローンは借りやすく、返しやすいカードローンです。

おすすめ4.イオン銀行カードローン

おすすめする銀行カードローン4社目はイオン銀行のカードローンです。

金利 年3.8%~13.8%
限度額 10万円~800万円
Web完結申込
カードレス ×
※返済方法をイオン銀行普通預金口座からの引き落としの場合は、イオン銀行のキャッシュカードにローン機能を付帯して利用可能。
審査時間 最短翌日
土日審査

イオン銀行カードローンのおすすめポイントは以下の通りです。

  • トップクラスの低金利13.8%
  • 土日もOKな年中無休の審査体制
  • 専業主婦も50万円まで借入可能

イオン銀行カードローンの最大の魅力は上限金利が13.8%というトップクラスの低金利でお金を借りることができることです。

必ずしもイオン銀行の口座を必要としないのでお手持ちの口座を利用することができます。

また、イオン銀行カードローンは今回紹介したカードローンの中で唯一、専業主婦の申し込みOKをうたっているカードローンです。
低金利ということも相まって、専業主婦の強い味方といえるカードローンです。

関連記事をチェック!

イオン銀行カードローンの特徴まとめ

イオン銀行カードローンの特徴をまとめました! 「今月友人の結婚式があるのに、お金がピンチ!」 そんな時に利用でき...

銀行カードローンでお金を借りるための3ステップ

さて、自分はどのような銀行カードローンを利用すれば良いのか見えてきたのではないでしょうか。

では実際に、銀行カードローンでお金を借りるにはどうすればいいのか、借りるための3ステップを解説していきます。

step1:申し込み

申し込みに際して、まずはカードローンの申し込み条件を確認しておきましょう。多くの銀行カードローンの申し込み条件は以下のようなものになります。

  • 申し込み時の年齢が満20歳以上、満65歳以下の人
  • 原則、安定して収入のある人
  • 日本国内に居住している方、外国籍の方については永住許可を受けている方

銀行によって多少の違いはありますが、少なくとも以上のような条件が求められます。申し込み条件に合う人は申し込みに進みましょう。

申し込みは「インターネット」で完結できます。

ネット銀行ではインターネットのみの場合が多いですが、メガバンクや地方銀行では「電話」や「窓口」での申し込みもできます。
また、一部の銀行ではローン契約機での申し込みもできます。

申し込みの際に本人確認書類の提出を求められます。本人確認書類として認められるものは主に以下の通りです。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 印鑑証明書
  • 住民票
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

顔写真付きではない本人確認書類の場合は2点の提出を求められる場合もあります。申し込むカードローンによって違いがあるので、申し込みの際に確認しましょう。

また、本人確認書類と併せて収入証明書の提出を求められる場合もあります。収入証明書として認められるものには主に以下のものがあります。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 住民税決定通知書
  • 納税証明書
  • 確定申告書

これらの本人確認書類と収入証明書を申し込みの前に用意しておくと、スムーズに進めることができます。

また、銀行口座が必要な場合には申し込みの際に同時に申し込むことになります。

step2:審査

審査に入れば申込者には何もすることはできず、審査結果が来るのを待つしかありません。
各銀行とも審査基準は明らかにしていませんが、カードローンの審査は「信用情報」と「属性」で審査されます。

「信用情報」とは簡単に前述しましたが、過去のローンやクレジットカードの利用履歴のことです。

もし滞納や債務整理が信用情報に残っていれば銀行カードローンの審査に通らないと考えた方がいいので、信用情報がキレイになってから申し込むようにしましょう。

また滞納がなくても、短期間にカードローンを繰り返し申し込むと「申し込みブラック」という状態になり、これも審査に悪影響なのでやめましょう。

「属性」とは、申込者の性別や年齢、勤務先、勤続年数、年収、持ち家か賃貸かなどのことを指します。

こういった項目を点数化して審査が行われます。
例えば、勤続年数は長い方が点数が高い、持ち家の方が点数が高いといった具合です。

属性も簡単に変えられるわけではないので、そのままで勝負するしかありません。余裕があるのであれば、勤続年数を少しでも延ばしたりすることはできるかもしれません。

そして、審査の最終段階に進めば「在籍確認」が行われます。在籍確認は、申込者が申込書に記載した勤務先に本当に勤務しているのか確認するためのものです。
カード会社から勤務先に電話がかかってきますが、在籍確認は銀行カードローンにおいては避けることはできません。

契約

無事審査に通過すればいよいよ契約・借入れです。

カードローンの場合はカードローン専用のカードが発行されます。カードは郵送や窓口、自動契約機で受け取ることができます。

郵送の場合は、初回の借入れのみ振込みで借入れることができる場合もあります。

借入れの方法は主に以下のようなものがあります。

  • 契約した銀行のATM
  • 提携の金融機関のATM
  • コンビニATM
  • インターネットバンキング
  • スマホアプリ

契約した銀行によって借入方法に違いはありますが、その中で自分にあった借入方法を選択するといいでしょう。

銀行から借りるお金の額が少ない場合、消費者金融がお得になるケースも

低金利が魅力の銀行カードローンですが、借りる額が少なく返済期間が短ければ銀行よりも消費者金融のカードローンの方がお得になるケースもあります。

というのも、大手消費者金融は無利息期間を設けている場合があるからです。銀行カードローンは元々が低金利のため無利息期間を設けているケースは非常に稀なので、使い方によっては消費者金融がお得になります。

無利息期間の有無は以下の通りです。

消費者金融 無利息期間
アコム 契約日の翌日から30日間
アイフル 契約日の翌日から30日間
プロミス 初回借入日の翌日から30日間
SMBCモビット ×

このように、大手消費者金融の中ではSMBCモビット以外では無利息期間を設けています。
では無利息期間が有る消費者金融のカードローンと無利息期間がない銀行のカードローンとではどのような違いがあるのか見ていきましょう。

下の表は一般的な消費者金融のカードローンで30日間の無利息期間がある年利18.0%のものと、一般的な銀行カードローンで年利14.5%のものを比較したものです。

10万円を借りた時に返済期間別で利息支払い総額にどのような違いがあるのでしょうか。

3ヶ月 6ヶ月 12ヶ月 24ヶ月
消費者金融
カードローン
1,449円 3,647円 8,125円 17,406円
銀行カード
ローン
2,425円 4,269円 8,020円 15,789円

この表からわかるように、返済期間が6ヶ月までであれば無利息期間がある消費者金融の方が支払う利息額が少ないことがわかります。
12ヶ月でも大きくは変わらないという結果となっています。

では、30万円借りた時はどうなるのかも見てみましょう。

3ヶ月 6ヶ月 12ヶ月 24ヶ月
消費者金融
カードローン
4,348円 10,940円 24,374円 52,213円
銀行カード
ローン
7,278円 12,812円 24,076円 47,386円

こちらも同じように6ヶ月までは無利息期間がある消費者金融のカードローンの方が利息の支払い総額が少ないことがわかります。

ただし、30万円を6ヶ月で返済するというのは現実的な返済計画ではありません。しかし、10万円を6ヶ月で返済というのは現実的に可能な返済計画です。

このように借りる金額が少なく、返済の見通しが立っている場合には消費者金融のカードローンの方がお得であることがわかります。

まとめ

いかがだったでしょうか?
今回は、銀行からお金を借りる方法とおすすめの銀行カードローンについて解説してきました。

以下が、銀行からお金を借りるに当たって重要ポイントとなります。

  1. 銀行カードローンのメリット・デメリットを理解して申し込むこと
  2. 銀行カードローンに申し込む場合は収入の大小よりも安定した収入が大切
  3. 信用情報に傷がある場合には審査に通らない可能性が高いので、綺麗になってから申し込む
  4. 銀行からお金を借りる場合は目的に合わせた借入れを行う
  5. 銀行カードローンを選ぶ際に見るポイントは「金利」「限度額」「口座開設の有無」「銀行独自の政策」
  6. 銀行カードローンは銀行によって独自の金利政策をしている銀行もある
  7. 銀行からお金を借りるには申し込み→審査→契約の3ステップ
  8. 借りる額が少なく、返済の見通しが立っている場合は無利息期間を設けている消費者金融の方が返済総額が低くなるケースもある

借入の際は、返済シミュレーションなどを利用して計画的に、上手に活用しましょう。

※記載されている内容は2019年4月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.