カリテミオトップページ > アコム > 各社の在籍確認はあり?なし?(アコム・プロミス・SMBCモビット・アイフル)

各社の在籍確認はあり?なし?(アコム・プロミス・SMBCモビット・アイフル)

更新日:

公開日:2017.8.4

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

アコム・プロミス・SMBCモビット・アイフルの在籍確認ってどうなってるの?

「会社の人にカードローンの申し込みがバレるんじゃないの?」

カードローンの審査段階で必ず実施される在籍確認と聞くと、こう思う方も多いでしょう。

今回は大手4社ではこの在籍確認について比較、在籍確認がないところもあるという噂の究明もしたいと思います。

基本的な在籍確認の流れ

在籍確認は今回触れる大手を含む消費者金融系でも銀行系でも、

  • 自社の基準…申告された収入や職業属性、年齢や住居の状況などを基準とする。

  • 信用情報…過去に延滞や踏み倒し、債務整理の記載がないかを確認。

  • 総量規制…年収の3分の1を今回の申込金額を含めた総借入金額が、オーバーしていないか。

などといった点で、大まかな審査を実施して概ね貸付OKとなった場合に最終確認として行われます。

つまり、在籍確認がくるということは審査に通過する可能性が高いということです。
しかし基本的にそれは職場への電話という形で行われるため、体裁を気にする人も多いでしょう。

ただ消費者金融系では全く社名を名乗らず、個人名で連絡することが義務付けられているので、中に不審に思う同僚や上司もいるかもしれませんが、直接的にその申し込みがばれる心配はありません。

また、在籍確認時に申込者が不在でも、

「今日は休みです。」
「今営業に出ております。」

などの言葉があれば在籍確認離されるので、必ず席にいなければいけないということはありません。

在籍確認なしにはできる?各社比較

在籍確認は必須事項です

結論から言えば、在籍確認を「なし」にできるカードローンは今のところ1つとして存在しません。
しかし、最近では個人情報の保護の観点から、個人名で聞き覚えのない業務外の電話について取り合ってくれない企業も増えてきました。
さらに、正社員やアルバイトは問題ないのですが、職業属性が派遣社員の場合は普段努めている派遣先ではなく、給与を支給される派遣元に在籍確認の電話が行きます。

このとき、派遣元との接触が少ない場合、

「○○さんいますか?」

という在籍確認の言葉が、その場所にいるのかという風に受け止められて、

「いません」

と答えられてしまうなど、スムーズな在籍の確認が取れないケースもあります。
在籍の確認ができない、もしくはローン会社に強い不信感を持たれてしまって審査に落ちてしまうリスクもありますが、こういった場合はどうしたら在籍確認ができるのでしょうか。

在籍確認で困ったときの解決策とは?

前項で述べたように、したくてもできないケースや、どうしても電話での在籍確認に抵抗のある方。
そんな場合は、今回紹介している大手4社の中に在籍確認を書類の添付でしてくれるところもあるのでそれを利用しましょう。

必要となってくる書類は、

  • 社員証
  • 会社名が確認できる社会保険証
  • 給与明細や源泉徴収票

などとなりますが、条件や対応については各社で異なるので下表にまとめてみました。

消費者金融名 書類在籍確認 条件等
アコム × 電話での在籍確認限定
プロミス 基本的に電話での確認・少額の申し込みでは書類での在籍確認に応じたとの口コミあり
SMBCモビット WEB完結申し込みなら電話連絡なしの在籍確認対応を公式に明記
アイフル 申込時に電話でオペレーターに相談することで比較的柔軟に対応(100万円以内の融資に限る)

アコムは実際に電話してみましたが、書類での在籍確認には応じられないようです。
担当者が違えば判断も分かれるようですし、今後対応を柔軟にする可能性もあります。
しかし、現時点では対応なしの×以外ではケースバイケースで対応もしてくれるとの回答でした。

確認の仕方は上記で述べた必要書類をスマホや携帯などで撮影、それをメールに添付して送ればOK。
そんな中でもネット環境が整っているなら、SMBCモビットの「WEBで完結申込」が今のところ一番柔軟で確実な書類での在籍確認を受けられるようです。

また、書類での在籍確認ではもう1つ。
会社が休みの日でも審査が進行できるというメリットも生まれます。
急な出費でカードローンを利用したいとき助かるので、必要書類や各社の書類在籍確認対応を覚えておくと、いざというときに役立ってきます。

なぜ在籍確認は必要?

電話にしろ書類にしろ、各ローン会社はなぜそんなに在籍確認にこだわるのでしょうか。

それは審査基準で最もローン会社が重視するのが「安定した収入による返済能力」であり、それを最終確認する手段として在籍確認があるからです。
電話をする在籍確認をする方法を重視しているところが多いのは、電話をすることで会社の規模や雰囲気など、会社の安定度などがわかり、それも審査の一部になっているからです。

また、怖いことですが在籍確認を偽装するために架空の企業やペーパーカンパニーを用意して在籍確認の電話に対応、利用者からかなり高額な手数料を取る悪質で違法な業者も存在します。
今回紹介した4社の大手消費者金融系はもちろんですが、各社そういったダミー企業について精密なリストを作成しているので、一昔前はともかく今は必ずばれます。

当然審査は落ちます。
さらに信用情報に記載され以降一切の金融商品が利用できなくなる可能性もあるので、それに手を出すことは絶対にやめておきましょう。

※記載されている内容は2018年5月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.