カリテミオトップページ > 目的別ローン > 自動車ローン > 車検や車の修理・維持費に向いているのは?オートローンvsカードローン

車検や車の修理・維持費に向いているのは?オートローンvsカードローン

更新日:

公開日:2017.8.8

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

オートローンとカードローン、どっちが良いの?

車を購入する時に、オートローンを利用する方は多いと思います。

何年も車を利用していると、車検でまとまったお金が必要になったり、車の修理が必要になることってありますよね。

車検や修理でお金が必要になった時に利用できるローン商品には、大きく分けてオートローンとカードローンの修理の2種類があります。
車検や車の修理・維持費に向いているのは、オートローンとカードローンのどちらなのでしょうか。

今回は、車の維持費に利用した方がいいのは、オートローンかそれともカードローンかについて調べてみました。

オートローンが使えるのはどんな用途?

オートローンとは、基本的な目的が車のために利用するローンです。
そのため、車の購入の他にも以下のような用途で利用することができます。

  • 車の修理
  • 車検
  • 運転免許の取得

ただし、使い道がはっきりしていないと利用できない

基本的に車関係でかかる費用に利用できるオートローンですが、使い道が購入・修理・車検・免許の取得など、はっきりしていないことには利用ができません。

そのため、オートローンを利用する場合には、金額や利用目的を必ず明確にする必要があるのです。

車の維持費、試算するとこんなにかかる!?

実際に車を持ったことがない方の場合、車を維持するためにどれくらいお金がかかるのかイメージしにくいものですよね。
しかし車は、一度購入したら維持費が必ずかかってきます。

ここでは人気の小型車である、HONDAのFITを利用して維持費がどれくらいかかるのかをみていきましょう。

ガソリン代

FITは比較的燃費の良い車だといわれていますが、ガソリン代はどのくらいかかるものなのでしょうか。

たとえば、1ヶ月で1000キロの走行距離を走っていると考えた場合、単純計算で1年で12000キロを走ることになります。
ガソリンの値段は都度変化しますが、ここではリッター130円で計算してみましょう。
FITの満タン法での燃費はおよそ15.5キロ。
年間の走行距離12000キロを15.5キロで割るとおよそ774リッターのガソリンが年間で必要になることが分かります。
774リッター×130円=100620円となり、年間で必要なガソリン代はおよそ10万円ほどになります。

自動車税

FITは1300ccなので、年間の自動車税は34500円です。
毎年5月頃に一括でまとめて支払い通知書がくるので、慌ててしまう人もおおいのではないでしょうか。

車検代

2年に1度はやってくる車検代です。
基本的にお願いする車屋さんによっても費用に違いはありますが、基本的には8~9万円+修理代くらいのところが多いようです。

この金額の内訳には以下のようなものが含まれています。

1. 法定費用(自賠責保険料27840円/印紙代1100円/重量税16400円)計45340円
2. メンテナンス費用(24ヶ月点検基本料金・保安確認検査料・検査代行手数料・下廻りスチーム料)※依頼するお店や車の状態によっても変わりますが目安として40000円前後

ここでは平均である車検代の80000円としておきましょう。
車検は2年に1回ですので、1年計算にすると40000円ほどの費用がかかっていることになります。

保険代

保険でかかる費用は、車種だけで決定することはできません。
加入する人の年齢や走行距離なども大きく関係してきます。

そのため、一概にはっきりと年間にかかる保険代がいくらとはいえないところですが、ここでは車両保険なしでだいたい25000円程度としておきましょう。

駐車場代

こちらも保険代同様にひとそれぞれかかる費用が違いますよね。

田舎の方だと無料で車を駐車できるスペースがあるという人もいますし、都会では駐車場代に5~6万円ほどかかってしまうところもあります。

ここでは、駐車場代を月に5000円と考えると年間で60000円の費用がかかる事になります。

年間でかかる費用の総額は?

それでは、年間でかかる費用の総額を見ていきましょう。

・ガソリン代…100620円
・自動車税…32500円
・保険代…25000円
・車検代…40000円(1年計算)
・駐車場代…60000円

合計…258120円

利用頻度や住まいのある地域、年齢などによっても費用は大きく変わる可能性がありますが、ここではおよそ20万円以上を車の費用として年間で利用することになります。

これに自動車ローンがプラスされている場合は、実質もっとかかっていることになりますね。

カードローンの方が便利?オートローンと比較

このように車を所有していると年間にまとまったお金が必要になることが何度もあります。

車関係の費用を立て替えるために使えるものに銀行や信販会社のオートローンがありますが、オートローンの他にも消費者金融や銀行のカードローンを使って支払いを立て替えることも可能です。

ここでは、カードローンとオートローンの比較表を見ていきましょう。

カードローンとオートローンの比較表

  カードローン オートローン
金利 ~18.0% ~8.0%くらいまで
申し込み~利用可能まで 最短即日 最短即日
限度額 およそ50万円~1000万円 およそ100万円~500万円
利用目的 事業用以外なら基本自由 車関係

気軽に借りられるのはカードローン

オートローンよりもカードローンの方が金利が高額になってしまいますが、利用目的が車関係に限られていないのがカードローンのメリットです。

急な故障や車検をうっかり忘れていたときなどでも、申し込みをしてから最短30分で審査回答を得られます。

基本的に使い道が自由なので必要書類も少なくてすむのもよいですね。

事前にローンを利用する事が分かっていて、計画的にお金を借りられるのであればオートローン、事故などの急な出費ですぐにお金が必要な場合には、利用目的を選ばないカードローンがおすすめです。

※記載されている内容は2019年4月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.