カリテミオトップページ > お金を借りるための基礎知識 > カードレスでキャッシング比較(アコム・プロミス・SMBCモビット・アイフル)

カードレスでキャッシング比較(アコム・プロミス・SMBCモビット・アイフル)

更新日:

公開日:2017.8.8

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

カードレスのカードローンを比較しよう!

カードローンは基本的に各社ローン審査が終了すると、ATMで利用できるカードを発行して契約者に渡します。

消費者金融系の場合郵送だったり、無人契約機で受け取ったりするのが通常です。
しかし、大手の中にはカード発行なし、つまりカードレスで利用できるローンもあります。

そこで今回は、そのカードレス対応がどのようになっているか、大手4社についてまとめてみました。
また、カードレスでの利用によるメリットやデメリットには、どんなものがあるのか詳しく見ていきたいと思います。

カードあり・なし?各社まとめ

まずは大手4社カードレスキャッシングの有無と、ある場合ではどのような条件で利用できるのかについて、表にまとめてみましょう。

消費者金融名 なし 利用条件
アコム なし 契約完了後、口座振り込みによるカードレス融資は可能。
プロミス あり WEBで契約締結時、返済方法を口座振替に設定、カード発行なしを選択する。(※1)
SMBCモビット あり WEBで完結契約を利用可能な環境にある方。(※2)
さらに、三井住友or三菱UFJ銀行に口座を持ち、社会保険証もしくは組合保険証を有する方(※3)
アイフル なし 契約完了後、口座振り込みによるカードレス融資は可能。

※1…本人確認の済んでいる金融機関普通口座が必要
※2…スマホ・パソコンなどのネット環境および、本人確認書類・収入証明等の写真データをメール添付できる環境。
※3…船員保険証、並びに国民健康保険証は不可。

表を見ればわかる通り、アコムとアイフルでは完全にカード無しでの利用はできません。

一方、条件はいくつかはありますがプロミスとSMBCモビットでは「WEB」の利用によってカードを全く発行しない状態で融資を即開始できます。

なお返済方法ですが「カードあり契約」の場合は、そのカードを使っての返済も可能です。
カードレスの場合は、契約時に登録した契約者名義の口座から返済日に自動引き落としをされることになります。

カードあり・なし(レス)のメリット・デメリット

上記の説明で、カードなしでの契約をしたいと思った場合は「プロミスorSMBCモビット」を選択しなければいけないことがわかっていただけたはず。

しかし、何事にも良い点があれば悪い点があります。
アコムやアイフルが完全なカードレスに対応していないのにも、それなりの理由が存在するはずです。

そこでここからは、それぞれの場合で考えられるメリットとデメリットを挙げていきましょう。

カードありのメリットとデメリット

まずは、基本のカードあり契約の場合です。

カードの利用やコンビニATMでの返済を使えば「24時間365日可能」であることが最大のメリットでしょう。

特に返済に関しては、カードレスの対応が無いアコムとアイフルは自由度が高く、

  • 返済日…35日のサイクル制or任意指定日
  • 返済手段…提携ATM、ネットバンキング、銀行振り込み等

などを組み合わせて、自分の都合がいい返済方法を取ることができます。

しかし、カードの郵送では家族などにその存在がバレる危険もあります。
無人契約機で受け取るにしても、なかなか目立つ看板を掲げている消費者金融系の無人機に入る姿を誰が見ているかわかりません。

また、カードの紛失という物理的なデメリットもあります。
この場合は不正使用を防ぐため、大至急金融期間に連絡し一時的に利用を止めて再発行手続きをしなければいけません。

カードなし(レス)のメリットとデメリット

一方、カードレス契約の場合では郵送はもちろん無人機へ行く必要もないため、周囲にばれてしまうリスクが格段に下がります。

また、融資された分の利用も一般の銀行ATMに行っていつものキャッシュカードで引き下ろすことになるため「財布から覗くカードで気づかれてしまった!」なんてことも皆無です。

さらにSMBCモビットの場合、WEB完結申込みで必然的に在籍を確認できる社会保険証・組合保険証を、必須書類として提出することになります。
そのため希望すれば職場への電話による在籍確認もなくなることも、嬉しいメリットの1つです。

もう一方のプロミスでの、カードレスローン最大の魅力は、「瞬フリ」が利用できることでしょう。
これは、土・日・祝祭日を含め365日24時間、スマホなどで融資を申し込めば「最短10秒」で口座振り込みされるという、機動力抜群のサービスです。
「明日合コンなのを忘れてたけどもう夜中!」なんて時に便利です。

利用するには、

  • 三井住友銀行
  • ジャパンネット銀行

いずれかの普通口座を持っていることが条件です。

もしプロミスでのカードレス契約を検討するときは、前もってこの2行の口座を開設しておくと、よりその利便性がアップするのでおすすめです。

しかし、プロミスの場合はメガバンクから地方銀行まで約200近くの銀行で口座振り込みによる融資を受けられるのに対して、SMBCモビットは2行のみと選択肢に乏しいです。
また、返済方法は口座振替オンリーなので、うっかり指定口座にお金を残し忘れたときには遅延扱いとなってしまうデメリットもあります。

カードレスでキャッシング比較まとめ

一人暮らしの場合だと、カードの郵送を気にすることもありません。
ネット環境が無かったりするといくらそのメリットを得たくても、カードレス契約ができないケースもあります。

今回紹介してきたように、カードレスにしてもカード発行スタイルにしてもそれぞれ一長一短、いい面も不便なことも色々とあります。

なので、このカード有・なしについてもライフスタイルによって正しい選択をし、賢くその利用ができるように、いろいろな角度から申込み先を検討しましょう。

※記載されている内容は2019年4月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.