カリテミオトップページ > お金を借りるための基礎知識 > 即日融資OK!(アコム・プロミス・SMBCモビット・アイフル)の審査スピード・時間を比較

即日融資OK!(アコム・プロミス・SMBCモビット・アイフル)の審査スピード・時間を比較

更新日:

公開日:2017.8.10

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

即日融資OKのカードローンの審査スピード・時間を徹底比較!

カードローンの良さは、いつでも必要な時に現金を準備できることです。

特に消費者金融系については、思い立ったその日に融資を受けられる「スピード感」が大きな魅力の1つともいえます。

そこで今回は、最大手で全国対応もしている4社に共通する「即日融資条件」を紹介したのち、どこが最も早い対応をしてくれるのか、徹底比較をしてみたいと思います。

申し込み当日に借入するためには?(共通)

基本的なことになりますが無人契約機の利用しての申し込みでは、審査さえ通過すれば4社すべて即カード発行がされます。

つまり、各ATMの営業時間内とはなりますが、

  • 併設されているATM
  • 提携ATM

などを利用すれば、即日融資を受けることができます。

ただ、申し込み当日の場合は無人契約機や有人店舗の営業時間内でないとカードが受け取れないので、併せて即日での融資を受けることは不可能です。
(無人契約機は、概ね土日祝日含め9:00~21:00、有人店舗は店舗によって異なるため要確認。)

しかし、2回目以降の利用であれば、4社とも提携先にコンビニATMがあるので24時間365日いつでもどこでも融資が受けられるので非常に便利です。

また、インターネットやスマホなどで申し込んだ場合でも審査通過後に、有人店舗か(SMBCモビットを除く)無人契約機に行けばカードがすぐに受け取れて、同じように即時融資を開始してもらえます。

必要なものは50万円以下の契約の場合は、

  • 運転免許証(お持ちでない方は健康保険証など)
  • 住民票
  • パスポート

などの身分証明書のみ。
しかし、それを超える場合は、

  • 源泉徴収票
  • 給与明細(直近2ヶ月分)
  • 所得証明書
  • 確定申告書

などが必要となるため、50万円以上の申し込みをする方は事前にその準備は必要になります。

※収入証明類(源泉徴収票等)をご提示いただく場合がございます。

※個人事業主の方は「営業状態確認のお願い」の提出が必要になる場合がございます。

加えて、どこも指定口座への銀行振り込みによる即日融資にも対応しています。
こちらなら近くに無人契約機や有人店舗が無くても、申し込み日当日から融資を受けることができます。(アコム・アイフルは、後日カードや契約書が郵送されてくるので注意しましょう)

必要となる書類は上記と共通、スマホなどで写メを取ってメール添付することで、家にいたまま即日融資がこちらでは受けられます。
ただし、平日14:00以降の契約成立と融資依頼の場合は、翌日の振り込みと基本的になりますので注意しましょう(注1・2)。

(注1)プロミス…三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座を持っている場合は、24時間365日振込可能。
(注2)アコム…三菱UFJ銀行口座・ゆうちょ銀行・三井住友銀行 へは、初回のみ平日18:00まで振込可。

どこが早い?審査時間の比較をしてみた!

大手4社とも、金融機関等の営業時間等にさえ気を付ければ申し込んだ即日に融資を受けることは可能です。

しかし、審査終了までのスピード感はどうなのでしょうか。
公式HP上での審査時間を見るとどこも「最短30分」という共通の審査時間を挙げていますが、あくまで最短でのお話です。

そこでここからは、各社とも口コミなどから見えてくる、実際の審査のスピードを調査してみました。

アコムの場合

アコムの審査回答時間は、おおむね「1時間ほどで審査終了した」という口コミが目立ちました。
しかしアコムは、他の3社が場合によって書類での在籍確認に柔軟な姿勢を見せ始めているなか、それをかたくなに拒んでいます。

  • 職場に誰もいない休日
  • 従業員が不在

などといったケースの場合では出来ず、審査通過の確定がされない可能性があります。

プロミスの場合

プロミスの審査時間として挙がっていた口コミを総合すると、やはり最短の30分ですべての審査が終了することはまれで、1~1.5時間程度が平均値です。

こちらではネットでの申し込みにおいて、

  • 「カンタン入力」方式…必要最小限の入力次項で仮審査まで進め、結果をメールでお知らせ、残る詳細を電話連絡で聞き取りながら本審査を進める。
  • 「フル入力」方式…詳細をWEB入力してもらい、一気に本審査まで進める。

の2つを準備しています。
後者は場合によって、誰とも話さないまま契約が完了するため人気です。

実は大手消費者金融においては仮審査までコンピューターで自動的に実施し、その後担当が人の手で本審査を行う、2段階制を多くの場合取っています。
結局最後は人による審査になるため、前者で最小限の入力まで終わらせておき、そのあと電話で直接審査担当と話しながら審査を進めてもらったほうがスムーズに進む可能性があります。

SMBCモビットの場合

こちらも実際の審査時間については「1時間程度かかった」という書き込みが大多数です。

ただ、このSMBCモビットの「WEB完結」は、業界で唯一書類での在籍確認ができることを公式にアピールしている点で利用価値大ですね。

平均値を大きく超えて、審査時間がかかってしまう最大の要因は、在籍確認がスムーズに進まないことです。

勤務地と、在籍確認先が異なる派遣社員の場合は特にそれが顕著となるので、職業属性が派遣社員や契約社員の方はWEB完結を利用するとスムーズに審査が進行する可能性も高くなります。

その際、在籍を確認できる給与明細や社員証、健康保険証などを準備するのを忘れないようにしましょう。

アイフルの場合

「アイフルの審査は早い!」という意見と、「いつまで待ってもなかなか進まない!」という意見が真っ二つに分かれます。

すべてのカードローン審査に言えることですが、申込者は毎日大勢いて土日やお昼休み、給料日の前日辺りといった繁忙期での申し込みでは審査開始の順番を待っているだけで時間がかかります。

実は、ここまで比較しながら述べてきてなんですが、全く同じ申し込み時間での審査開始であれば各社それほど審査にかかる時間に変わりはありません。
ただアイフルでは、インターネットなどで申し込みをした後、急ぎの方用に優先をして審査を進めることを明記した、

専用のフリーダイヤル「0120-337-137」…受付時間9:00~21:00

が用意されています。

出来れば前述した繁忙期を外して申し込みをした方が早く審査が進みますが、どうしてもその時間帯・時期に申し込みをするときはこのダイヤルを利用するといいでしょう。

即日融資OK!の審査スピード・時間を比較まとめ

上記までで述べたとおり、消費者金融は各社審査時間と同様に審査基準も様々。
なので、どこに申し込めばちゃんと審査が通過するかわからずに一辺に数社同時申し込みをする方がいます。

しかしこの「複数申し込み」は金融機関にとって審査のマイナス材料になり、本来は通過していた審査がダメになってしまうこともあります。

今回紹介した4社には、

  • プロミス…入力はたったの3項目「お借入れシミュレーション」
  • アコム…3項目の入力で融資可能かがわかる「3秒診断」
  • SMBCモビット…借入が可能かどうか?を簡単に診断「お借入れ診断」
  • アイフル…事前にご融資可能か気になる方に「1秒診断」

など、申込前にその利用が可能かどうか「あくまで参考」ですが、判断してくれる機能が公式サイトに準備されています。
なので、どこに申し込みをしたらいいのか迷っている方は、そちらを利用すると少し申し込み先を絞り込むことができおすすめです。

※記載されている内容は2019年4月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.