カリテミオトップページ > 消費者金融 > 中小消費者金融・街金 > 中小の消費者金融は審査が緩い?ブラック・自己破産でも借りれるって本当なの?

中小の消費者金融は審査が緩い?ブラック・自己破産でも借りれるって本当なの?

更新日:

公開日:2017.8.25

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

過去にカードローンなどを利用して長期滞納を起こした方や自己破産などを経験している方は、現在通称ブラックリスト入りと呼ばれる状態の可能性が高くなります。

一度ブラックリストに入ってしまうと審査に通過できないといわれているカードローン業界ですが、中小企業に申し込みをして審査通過できたという声もあがっています。

中小の消費者金融は大手消費者金融に比べて審査が緩いのでしょうか。
今回は、中小消費者金融でブラックの人は借り入れができるかどうかについて調べてみました。

ブラックリストに載っていてもお金は借りられる?

ブラックリストに載っていてもお金は借りられるのでしょうか?大手金融機関からの融資を受けるのは難しいですが、他の方法でお金を借りることは可能です。

ブラックリストとは?

「ブラックリストに載る」という表現はよく使いますよね。しかし実際は、ブラックリストというものはありません。

あなたが今までにローンやクレジットカード、キャッシングなどに申し込んだ履歴や、お金を借り入れ・返済・滞納した履歴は、「個人信用情報」というものに記載され、「株式会社CIC」などの信用情報機関によって管理されています。

「ブラックリストに載る」「ブラック状態」とは、クレジットカードの返済が滞ったり債務整理をしたりしたために、事故情報や延滞情報が、個人信用情報に登録されている状態を指しているのです。

ブラック状態だとお金が借りにくい理由

ブラック状態になってしまう主な原因は、以下の3つが挙げられます。

  • ローンやクレジットカードなどの長期返済遅延・滞納
  • 携帯電話料金の長期支払遅延・滞納
  • 債務整理の開始(任意整理や自己破産)

ローンなどの返済だけでなく、携帯電話代・スマホ代の支払遅延や未納も、ブラック状態の原因になりますので注意しましょう。なお、返済遅延や支払遅延は、一般的には60日以上から個人信用情報に記載されることが多いです。

1〜2週間程度の短期的な遅延は、ブラック扱いにはなりませんので安心してください。

個人信用情報を確認・修正する方法

ローンやキャッシングの返済を予定通りに行なっているはずなのに、なぜかクレジットカード発行ができなかったり、新規ローンの審査に落ちてしまったりする場合は、何らかの理由で誤った個人信用情報が登録されている可能性があります。

個人信用情報に登録されている内容は、開示することが可能です。例えばCICでは、インターネット、スマートフォン、郵送、窓口での情報開示を受け付けており、開示申込書と本人確認書類、開示料金の500〜1,000円程度を用意すれば開示申し込みができます。

もし記載内容に明らかな誤りがあった場合は、その情報を登録した会社に連絡し、訂正・削除を依頼します。開示受付日から2ヶ月以内であれば、CICから該当する情報を登録した会社へ調査を依頼する制度もありますので、その場合はCICへ連絡しましょう。

情報が誤りであるという証明が必要なので、必ず修正できるわけではありません。また、不正に情報を修正することも認められませんので、ご注意ください。

参考:情報開示とは(自分の信用情報を確認)(CIC)

参考:情報の訂正・削除(信用情報)(CIC・よくある質問)

「ブラックでも借りれる」の真相は?

一度ブラック入りしてしまうと、一定期間カードローンへのへの新規入会ができなくなりますが「中小に申し込みをしたら借り入れができた!」という口コミもあります。

銀行や大手だと断られてしまうブラックも、中小を利用すれば借り入れできるのは本当でしょうか。

中小申し込みの段階でブラックの履歴が削除されている

ブラックでも申し込みできたという方の中でよくあるのが、中小企業に申し込みをしたタイミングで、信用事故の記録が消されたというものです。

信用事故の記録というのは半永久的に残るものではなく、完済から5~10年が経過すると削除され信用情報記録が回復します。

信用情報に信用事故の記録がなければ、審査通過の可能性は格段にあがりますので、本人だけがブラックだと思い込んでいた可能性はあります。

企業の審査基準を総合的に満たしていたので審査通過できた

絶対にブラックリスト入りしているのに審査通過できたという人であれば、申し込みをした企業の審査基準をしっかりと満たせていたという可能性もあります。

大手消費者金融の場合には審査にスコアリングシステムという方法を採用しており、機械を使って採点方式で審査通過の可否を決定しています。
一方の中小消費者金融では、人の手で申込者情報を確認しているところが多くなっています。

そのため、たとえブラックでも事情があり、他の条件をしっかり満たしていれば審査通過させてくれるカードローンもあります。
大手消費者金融よりも融通が利きやすいのはこのためです。

ただし、ブラックの人が全員必ず審査に通過できるというわけではなく、やむ終えない理由でブラックになった場合や、他の情報が優良である方に限られます。

任意整理中・整理後にお金は借りられる?

任意整理中・整理後は、基本的にお金を借りるのは難しい状態です。任意整理とは、借金が多額に膨らみ定期的な返済が難しくなったときに行ないます。

借金をしている金融機関(債権者)に相談して、利息部分を返済しないで済むようにしてもらい、その代わりに借り入れの元本部分は毎月分割できちんと支払っていくという債務整理方法のひとつです。

任意整理中に借り入れが難しいのは、個人信用情報に傷がついているからです。フリーローンやカードローンなどの申し込みをすると、申し込みを受けた金融機関は、必ず申込者の個人信用情報を確認して、融資するかを判断します。

個人信用情報には、これまでにした申し込み・借り入れ・返済などの情報が記載されており、任意整理中であることも記されています。またこの記載は、任意整理後7年は消えません。

このような理由から、任意整理中や生理後にお金を借りることは簡単ではないのです。

任意整理中の借り入れは慎重に!

任意整理中は、債権者の好意により、本来支払うべきだった利息をカットしてもらっている状態です。そのような状況で他の消費者金融から借り入れすることは、債権者との契約違反に当たります。

もし借り入れたことが発覚した場合、任意整理手続きを解消され、残金の一括返済を請求されてしまいます。任意整理中の借り入れは危険だということを念頭に置き、どうしても借り入れなければならない場合は慎重に行ないましょう。

自己破産中・破産後でもお金は借りられる?

自己破産手続き中・破産後は、基本的にお金を借りるのは難しい状態です。自己破産手続きに入ると、その旨が個人信用情報に記載され、破産が完了するとそこから7年間は破産したことの記載が残ります。 自己破産は、個人信用情報の中でも特に重くみられるので、大手金融機関や大手消費者金融機関にローンの申し込みをしても、ほぼシャットアウトされてしまうでしょう。しかし、そんな状況でもお金を借りられる方法は存在します!

自己破産中・破産後でもお金を借りられる可能性がある?

自己破産手続き中・破産後でもお金を借りる方法は残されています。その代表的な方法は、中小消費者金融から借り入れることです。

日本には多くの消費者金融があり、中には自己破産中や破産後の方にも融資をする中小消費者金融もあります。申し込みをして審査さえ通れば、お金を借りることは可能です。

中小消費者金融を利用する際は、必ず法律を守っている金融機関を利用することが大切です。闇金業者は絶対に利用しないでください。

法律を守っているかどうかは、貸出金利を見れば判断できます。現在の法律で適用できる借り入れ時の最高金利は、年利20.0%が上限です。トイチ(10日で1割)やトゴ(10日で5割)などは闇金業者の可能性が高いので、取引をしないようにしましょう。

また、消費者金融の審査に落ちてしまった方が、クレジットカードのショッピング枠を買い取ってもらうクレジットカード現金化を利用するケースが見受けられますが、このビジネスは現在無法地帯状態になっており、闇金業者も混ざっていると思われます。

トラブルの元になりますので、こちらも利用しないようにしましょう。

自己破産中の申し込みはリスキー!極力避けること

自己破産手続き中は、法律事務所や司法書士事務所が破産申請に向けて書類を揃えたり、各借入先からの請求を押し留めていたりしています。

また、破産申請後は、破産内容によっては「破産管財人」という他の弁護士の目から破産申請内容をチェックされます。このすべての手続き中に資金の借入や勝手な返済を行なうことは、固く禁じられています。

もしお金を借り入れたことが各カード会社や手続きを依頼している法律事務所・司法省シ事務所、破産管財人に知れた場合、破産手続きをストップしたり、破産が中止になる可能性もあります。

破産が成立するまでは借り入れは極力避け、どうしてもお金が必要な場合はくれぐれも慎重に行ないましょう。

自己破産中・破産後にお金を借りるその他の方法

自己破産手続き中や破産後に借り入れをする方法は、実は他にも存在します。個人がお金を借りたりもらったりする方法は意外に多いのです。中でも利用しやすい方法を5つご紹介しますので、利用しやすいものを検討してみましょう。

①家族名義で借り入れをする

自分が自己破産をすることになったとしても、その影響は家族には及びません。最近では家族に隠れて自己破産を行なえるくらいです。よって、自分で借り入れできないときは、家族にお願いして家族名義で借り入れをすることができます。

ただし、無断で家族の名義を借りてしまうと、家族間の金銭トラブルに発展する可能性もあり、最悪の場合は家庭を崩壊させてしまうこともあります。必ず協力の同意を取り、家族自身に手続きをしてもらってください。

②家族カードを発行してもらう

クレジットカードには、家族カードを発行できるものが多く存在します。

家族カードの申込時には、本会員ほどの審査は必要ありません。そのカード会社で任意整理や延滞を行なっていなければ、家族カードを発行できる可能性は高いです。

家族カードの発行手続きをし、クレジットカードのキャッシング枠を使用してお金を借りると良いでしょう。

③デビットカード・バンドルカードを使う

デビットカードは、利用すると口座から即時引き落としのかかる、審査不要で申し込めるカードです。

デビットカードにはキャッシング機能はありませんが、下記2つのデビットカードには珍しい「立て替え機能」が付いており、口座残高が不足していても規定の金額まで一時的に立て替え払いしてもらうことができます。

デビットカードでは直接現金引き出しはできません。しかし、デビットカードを利用して金券やギフト券を購入し、それを換金すれば現金を手に入れることはできるでしょう。

イオンデビットカード(VISA)

イオンデビットカードは、利用した際に口座残高が不足していると、10万円まで一時的に立て替え払いをしてくれます。

このサービスを利用した分は、ご利用日から締日(毎月10日)の間、毎日1回預金口座から振替がかかります。

イオンデビットカード(VISA)公式サイト

ジャパンネット銀行(JNB)VISAデビット

ジャパンネット銀行VISAデビットは、カード利用時に残高が不足している場合に自動融資をしてくれます。

ただし、自動融資を利用するためには、事前に極度型ローン(ネットキャッシング、借り入れおまとめローン、クレジットライン、カードローン)に契約していること、自動融資サービスに登録していることが必要なため、任意整理前に契約している方のみ利用できる手段です。

ジャパンネット銀行(JNB)VISAデビット公式サイト

バンドルカード

バンドルカードとは、Visa加盟店で使用できるプリペイドカード・バーチャルカードです。年齢制限がなく、未成年でも保護者の同意があれば利用できます。

バンドルカードには「ぽちっと」機能があり、3,000円〜最大2万円まで後払いでチャージすることが可能です。

たった2万円ですが、少しでも借り入れたい場合に利用できるでしょう。

なお、借り入れた金額は翌月末までの好きなタイミングに返済できます。

公式サイトトップ 公式サイト「ぽちっと」詳細ページ

④公的機関から援助を受ける

公的機関には、金銭的に困っている方に低利で融資をする制度があります。区役所などで相談すると良いでしょう。

今回は、利用できる可能性がある2つの方法をご紹介します。

生活福祉資金貸付制度

低所得者や高齢者、障害者の生活を支えることを目的とした貸付制度で、全国の社会福祉協議会が運営しています。

窓口になるのは、各市町村の社会福祉協議会です。

貸付を受けられる対象者は、低所得世帯、障害者世帯、高齢者世帯の3種類で、このうち低所得世帯の定義は以下のとおりです。

資金の貸付けにあわせて必要な支援を受けることにより独立自活できると認められる世帯であって、必要な資金を他から借り受けることが困難な世帯(市町村民税非課税程度)

貸付資金は、総合支援資金、福祉資金、教育支援資金、不動産担保型生活資金の4種類があり、それぞれの家庭事情や資金の使用使途に適した資金を利用します。

例)生活資金に利用できる「総合支援資金」の借入条件は、以下のとおりです。

【総合支援資金】

融資額 単身者:月15万円、二人世帯:月20万円
貸付金利(年利) 連帯保証人あり:無利子、連帯保証人なし:1.50%
償還期限(借入期間) 最長10年

融資を受けるには細かな条件があります。どの融資を受けられるか、窓口で担当者に相談するのがおすすめです。

全国福祉協議会、生活福祉資金について 生活福祉資金一覧(PDF)

生活再生ローン

生活再生ローンは、一般社団法人生活再生サポート基金が運営している融資制度です。

日常生活の再建のために利用できる制度で、公式サイトに掲載されている「利用者の声」には、任意整理中に利用した、破産後に利用したという実績が掲載されています。

生活再生ローンを利用する注意点は、貸金業法の範囲内での利用になるため、年収の3分の1以上借り入れている場合は利用できないこと、現在無職の人は対象外であることです。

ただ、収入のある家族への貸付は検討してもらえるので、場合によっては家族の協力を得ながら利用すると良いでしょう。

【生活再生ローン】

融資額(審査による) 300万円程度(要望に合わせて貸付)
貸付金利(年利) 12.50%以内
遅延損害金(年利) 14.60%
担保・保証人 原則として連帯保証人1名必要、不動産、有価証券

公式サイト 利用者の声

関連記事をチェック!

市役所・区役所からお金を借りる方法は?低所得や緊急時でも借入可能!

お金に困った時、カードローンや質屋などからお金を借りるのもいいですが、貸付条件だけ見れば区役所や市役所からお金を借り...

⑤クラウドファンディングを利用する

クラウドファンディングとは、個人から少額の寄付を集める方法で、一般人でも専用サイトをとおして個人的に金銭を集められることで人気です。

クラウドファンディング成功のコツは、寄付を集められるだけの魅力的なプレゼンをサイト上に掲載することです。といっても、特別な技能は必要ありません。

「任意整理中なのに急遽出産することに!出産費用をカンパしてください!」

「任意整理中なのに子どもの学費がピンチ!助けてください!」

などでも寄付が集まる可能性があります。

クラウドファンディングには、寄付のお礼をする必要がありますので、お礼を何にするかによっても寄付金額が変わってきます。

まずはサイトを閲覧して、自分なりのプランを練ってみてはいかがでしょうか。

CAMPFIRE Makuake polca

※記載されている内容は2019年4月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.