カリテミオトップページ > いろいろな金融機関・借り方 > ヤミ金 > これって整理屋?債務整理を依頼したら話が進まないし高額請求された

これって整理屋?債務整理を依頼したら話が進まないし高額請求された

公開日:

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

「債務整理のお金を払ったのに一向に話が進まない」

借金がかさみ債務整理を依頼したら話が一向に進展せず、不安な日々を抱いている人もいるのではないでしょうか。もしかしたら、整理屋にだまされているかもしれません。整理屋とは債務整理をすると言ってお金をだましとる詐欺のプロです。

ここではそんな整理屋の情報を詳しく解説していき、予防策、対応策をご紹介します。


この記事はこんな人にオススメ!

  • 債務整理の話を進めている人

  • 整理屋にだまされているかもしれないと感じている人

  • これから債務整理をしようと考えている人

整理屋って一体なに?

整理屋とは、多重債務者の債務の一本化や整理を名目に債務者から多額の手数料や、場合によっては返済金などをだまし取る詐欺の一種です。

整理屋は単独で動いている場合もあればヤミ金と手を組んでいる場合もあります。また、弁護士事務所を装っていたり、実際に弁護士や司法書士と手を組んだりしているケースもあり、とてもやっかいです。

こういった詐欺行為に加担する弁護士や司法書士も実際にいるので、弁護士や司法書士だから絶対に大丈夫と安易に信じれば相手の思うツボです。

整理屋が近づいてくる時のセリフ

整理屋は多重債務者が興味を持つよう言葉巧みに近づいてきます。以下のセリフはその一例です。

  • 安くていい債務整理ができます

  • 借金を一本化し返済を楽にします

  • 借金問題に悩まされている方は当方におまかせください

こういったセリフであなたの気を引こうとしますが、整理屋自身は弁護士でも司法書士でもありません。そして資格を持たない整理屋が債務整理など借金の相談を受けたことで金品を受け取ることは違法行為です。

また、資格がないので債務整理などももちろんできるはずがありません。よって、債務整理は一向に進まず、手数料などの名目でお金だけをだまし取られてしまいます。

整理屋の手口とは?

整理屋は甘い言葉で借金に苦しむ多重債務者を誘惑してきます。そして、コンタクトを取ってきた人の借金の相談に乗り、債務整理ができることを伝え着手金を請求します。その後代行することになっている返済金もだまし取ります。

被害者は債務整理ができると思い依頼しますが、債務整理はできない、そして着手金をだまし取られるだけでなく返済金も奪われ、さらに当然借金も減っていないということになります。

気が付いた時には整理屋は姿を消しており、借金も全く減らないまま残ります。

どのようにしてコンタクトを取ってくるのか

整理屋はあなたの前に現れて直接コンタクトを取ってくるようなことはしません。駅前や電柱などの広告、インターネット、ダイレクトメールなどを利用して「安く債務整理できます」などのような誘い文句であなたの興味を引こうとします。

「そんなやり方で今時興味を引くものだろうか」と思うかもしれませんが、ワラにもすがりたい思いの多重債務者は希望の光と思い手を伸ばしてしまっても不思議なことではありません。

最近の手口の傾向|嘘の社名に気をつけよう

整理屋の手口もどんどん巧妙になってきています。

以前は聞いたこともないような社名を名乗ることが多かったのですが、最近では弁護士名や司法書士名を名乗ったものや、実在する債務整理専門の事務所名を名乗るなど表面的にはわからないようになっています。

これは近年、債務整理や過払金などのCMが多くなり弁護士や司法書士など資格のある者しか扱うことができないということが周知されてきたためでしょう。

誰もが知っているような事務所名が前面に出た広告で安く債務整理ができると書かれていれば、疑うことなく依頼してしまう人もいるでしょう。

整理屋だけじゃない!詐欺の手口一覧

詐欺の手口は多様化しており、知っているのと知らないのとでは対応方法が大きく違います。ヤミ金業者による詐欺には整理屋の他にも以下のようなものがあります。

ヤミ金業者の手口 内容
キャンセル料金融 契約をキャンセルする際にキャンセル料を請求する詐欺
年金担保金融 高齢者を対象に通帳、キャッシュカード、銀行印などを担保に現金を融資する詐欺
融資詐欺 銀行や金融業者と偽り、融資には保証金が必要と迫りだまし取る詐欺
紹介屋 多重債務などで正規業者から借り入れできない人を対象に誘惑し、不必要な紹介手数料をだまし取る詐欺
システム金融 事業者を対象とし、FAXやDMで勧誘したのちに小切手や手形を担保に融資し、高額な金利を請求する詐欺
押し貸し 少額を口座に振り込み、高い利息とともに返済を求める詐欺

ヤミ金はあらゆる手段で近付いてきます。そして手口も巧妙化しているので詐欺だとなかなか気付くことができません。また、一度ヤミ金を利用してしまった人のもとには再びヤミ金が接触してくる可能性が高まります。十分に注意しましょう。

整理屋の詐欺の事例

実際にあった整理屋の詐欺の事例をみていきましょう。ここで紹介する整理屋による詐欺の流れは以下の通りです。

  1. 債権者に対して受任通知を送る

  2. 依頼者に対して返済金を求める

たったこれだけのことですが、この流れをスピーディに行い詐欺だと気づかれる前にお金だけを奪い依頼者のもとから去っていきます。

受任通知を送ってくる

整理屋は依頼を受けると債権者に受任通知を送ります。

この受任通知とは、依頼を受けた弁護士や司法書士が、債務者に代わって債務問題を受け持ったことを記載し、債権者に通知する文書です。債務の整理開始を通知することで、債権者は債務者へ直接取り立てすることができなくなります。

整理屋が受任通知を送れる理由

受任通知は資格を持った弁護士や司法書士でなければ送ることはできません。ではなぜ整理屋は受任通知を送ることができるのでしょうか。

それは、整理屋が高齢になり業務を行っていない弁護士や司法書士の名義を借り、あたかも本人かのごとく振る舞っているためです。また、弁護士として活動しているにも関わらず、ヤミ金と手を組んでいる弁護士や司法書士も残念ながら存在します。

このように現役であれ、半ば引退状態であれ、弁護士や司法書士が手を貸すことによってこのような整理屋の詐欺が成り立ちます

整理屋から返済金を求められる

受任通知が送られると、次に依頼者は整理屋から返済金を求められます。この返済金はこれまで毎月払っていた返済額よりは少なくなります。これまでと同じ額だと債務整理をしたはずなのにおかしいと疑われてしまうので、整理屋は疑われない金額を請求します。

この返済が毎月続きますが、いつの日か返済金の請求が止まります。そしてそれと同時に整理屋とは連絡が取れなくなります。こうなった時に初めて詐欺にあったことに気が付きます。

しかし、返済金を求められる時期があまりにも早い場合には、詐欺を疑いましょう。というのも、債務整理は全て地方裁判所への申し立てが必要であり簡単に行えるものではありません。それにも関わらず、依頼後すぐに返済金の請求があるというのはありえません

整理屋の詐欺には、この事例のように返済金を求めるもの以外にも、依頼を受けるにあたっての申込金や手数料、手付金と称してだまし取ることもあります。だまされることのないように注意しましょう。

整理屋とグルになってだます悪徳の弁護士とは

弁護士と聞くと疑うことなく信用してしまいがちですが、前述したように整理屋と手を組んでいるケースもあります。

整理屋と手を組み、名義を貸したり実際に受任通知を用意したりすることで整理屋から手数料を受け取ります。そして、整理屋と弁護士はグルなのでいくらお金を払っても借金問題が解決することはありません。

整理屋を見分ける方法

まず、弁護士や司法書士でもない第三者が「債務整理しませんか?」と近寄ってきた場合は間違いなく整理屋です。

債務整理は資格を持った弁護士や司法書士以外にはできません。どんなに法律の知識を持っていても一般業者には債務整理はできないので、弁護士や司法書士の資格を証明できなければ信用してはいけません

こういった場合には「代行して弁護士に依頼するので弁護士との面談はありません」などと言い、弁護士と会わせる機会を持たせません。しかし、弁護士は債務者から直接依頼を受けなければ動くことはできないので、面談がなければ依頼は成立しません。

つまり、弁護士と直接会わせようとしない業者は整理屋だと思って間違いないでしょう。

弁護士ではなく事務員に会わせてくる

弁護士と面談しない代わりに事務員という人を連れてくるケースもあります。事務員とは、弁護士に代わって手続きなどの説明をする人で、やりとりが非常に巧妙です。

この事務員の存在により、依頼者は「弁護士には会えないけど事務員がいるから大丈夫」と安心してしまいます。しかしいくら知識が豊富でも、もちろんこの事務員も整理屋とグルなので、弁護士に会えないのであれば信用してはいけません。

整理屋の被害にあいやすい人の特徴

整理屋の被害にあいやすい人には以下のような特徴があります。

  • 頑固なタイプ

  • 自分の意思を持たないタイプ

  • 承認欲求が満たされていないタイプ

なぜこのような人は整理屋の被害にあいやすいのでしょうか。

頑固なタイプ

頑固なタイプの人は「自分だけはだまされない」「自分の間違いを認められない」という特徴があります。

こういった人は自分はだまされないと思っていますが、実際にはだまされるリスクに対して無頓着なことが多いのでプロの詐欺師にはだまされてしまいます。そしてだまされたことを認められないので、自分の行動を合理化して誰かに相談することができません

自分の意思を持たないタイプ

自分の意思を持たないタイプの人は他人任せにしている場合が多く、自分では返すことのできない借金を簡単に債務整理ができると言われれば飛びついてしまいます。

そして、これは怪しいかもと思ってもはっきりと断ることができず、専門家の言うことを真に受ける傾向にあるので整理屋の格好の餌食となります。

承認欲求が満たされていないタイプ

承認欲求が満たされていないタイプの人は虚栄心(みえを張りたがる心)が強く、誰にでもいい顔をしたがります。こういったタイプの人は出会う人全員から存在価値を認められたいと考えるため、相手が詐欺師だとしても強引には断れません。

嫌われたくないという思いが強くなればなるほど整理屋の言いなりになってしまい、どんどん深みにはまってしまいます。

整理屋の被害にあったときの対処法

まずは整理屋の被害にあわないことが重要になります。この記事中にも記載したように、資格を持った弁護士や司法書士でない限り債務整理はできないので、資格を持たない人から債務整理を勧められた場合は断りましょう

とはいえ、すでにだまされてしまっている人もいるかもしれません。そういった場合には「すぐに支払いをやめる」そして「弁護士に相談する」ことが大切になります。

整理屋だとわかったら支払いをすぐにやめる

もし整理屋にだまされたと気づいた場合にはすぐに支払いをやめてください。整理屋から脅しのような言葉を言われるかもしれませんが、聞き流し、1日でも早く支払いをやめましょう。

弁護士に相談をする

支払いをやめたら次に資格を持った弁護士に正式に依頼し、整理屋からの被害を打ち明けましょう。弁護士は依頼を受ければ、整理屋との関係を断つための手助けをしてくれます。そして、正式な弁護士からの受任通知が届けば整理屋は何も言わず離れていきます。

また、弁護士にだまされたことを包み隠さず打ち明けることで、だまされたお金を取り戻すことができるかもしれません。

債務整理や整理屋などの詐欺に関することは、そういったジャンルに強い弁護士や司法書士に相談するのが一番です。有名な弁護士事務所のホームページを探して、債務整理に関することがしっかり書かれているところを選んで相談しましょう。

まとめ

今回は整理屋について解説してきました。

整理屋は弁護士や司法書士の資格がないにも関わらず、「安く債務整理ができる」など多重債務者にとって甘い言葉を投げかけて近づき、実際には債務整理が行われることなくお金をだまし取っていきます

しかし、債務整理は弁護士、もしくは司法書士の資格を持っていなければできません。また、直接依頼をされなければ債務整理をすることはできないので、実際に弁護士や司法書士に会えない場合には詐欺を疑いましょう。

また、整理屋は弁護士や司法書士と手を組んでいるケースもあります。そして債権者に対して受任通知を送るので本当に債務整理が行われているように感じますが、直接弁護士に会えていなければそれは詐欺だということを忘れないようにしましょう。

そして、もしも整理屋の詐欺にあってしまった場合には今すぐに整理屋への支払いをやめ、債務整理に強い弁護士に相談しましょう。被害にあったお金を取り戻せる可能性もあります。

整理屋の被害から自分を守るためには自分自身の意思をしっかり持つことも重要になります。

※記載されている内容は2019年7月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.