カリテミオトップページ > 目的別ローン > レディースローン > レディースローンの審査は甘い?専業主婦は借りられるの?

レディースローンの審査は甘い?専業主婦は借りられるの?

更新日:

公開日:2019.7.30

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

「レディースローンの審査は普通のローンよりも甘いと聞いたけど本当なの?」
「レディースローンは専業主婦でも利用できるのか気になる」

レディースローンは女性専用のローンであるため、普通のローンよりも審査に通りやすいと思っている方も多くいます。
しかし、女性だからといって審査に通りやすいということはなく、審査は通常のローンと同じように行われます。

また、主婦の方でも安定した収入があれば借り入れができますが、収入のない専業主婦は借り入れができません。

どうしても借り入れしたい専業主婦は銀行のカードローンを検討しましょう。


この記事はこんな人にオススメ!

  • レディースローンの審査について詳しく知りたい人
  • 審査の前に気をつけるべきポイントを知りたい人

レディースローンとは?どのような特徴があるの?

「消費者金融」と聞くと、どうしても厳しい取り立てや高い金利のイメージがぬぐえず、女性のカードローン利用者は男性より少ないのが実態です。

また、最近では怪しい闇金や個人間融資がニュースで取り上げられることも多く、やはり女性にとって消費者金融は「怖い」「怪しい」というイメージがついてまわるのかもしれません。

しかし、レディースローンはそんな消費者金融にマイナスなイメージを持つ女性でも安心して利用できるように用意されたサービスです。特に、カードローンの利用がはじめての女性にとっては安心につながるポイントが多いため、主な特徴をご紹介していきます。

女性スタッフが対応してくれるため相談がしやすい

一つ目の安心ポイントは「女性専用ダイヤルがある」という点です。後でご紹介するプロミスのレディースローンに代表されるように、レディースローンの受付ダイヤルは基本的に女性が対応します。

そのため「怖い男性が電話に出たら問い合わせしにくいな…」という女性でも、安心してカードローンの相談ができます。

カードローンの利用がはじめての場合「いくらまで借りられるの?」「無理なく返済できるだろうか?」といった不安はつきものです。

レディースローンの受付担当者は、そういった初歩的な質問にも丁寧に答えてくれますので、カードローンの利用がはじめての人にもとても好評です。

在籍確認でローンの利用がバレにくい

二つ目の安心ポイントは「在籍確認の電話の際、職場にバレにくい」という点です。一般的にカードローンに申し込むと、審査途中に勤務先へ「在籍確認」という目的で審査担当者が電話をかけてきます。

電話は個人名でかけてくれますし、在籍を確認するだけで用件も話さないルールです。しかし、カードローンでは男性担当者が電話をしてくるケースが多いため、申込者が女性の場合は職場の人に不審に思われてしまう可能性があります。

その点、レディースローンの在籍確認は女性スタッフが電話をするように配慮されていますので、カードローンの利用がバレにくいというメリットがあります。

会社によっては男性もレディースローンの利用が可能

三つ目のポイントは「レディースローンという商品名でありながら、実は男性でも利用できる」という点です。

レディースローンと言っても、貸付条件は一般のカードローンと同じですので、プロミスレディースキャッシングアイフルSuLaLiなどのレディースローンは、男性でも申し込みが可能です。

アイフルSuLaLiのカードは女性向けのおしゃれなデザインです。ひと味ちがうステキなデザインに興味を持った男性は、申し込んでみるのもいいでしょう。

ちなみに、プロミスレディースキャッシングは通常のプロミスのカードと同じデザインになっています。

レディースローンの申し込みから融資の流れ

ここからは実際に「プロミスレディースキャッシング」を例に、申し込みから審査の流れについて詳しく解説していきたいと思います。

プロミスレディースキャッシングの申し込みから融資までのおおまかな流れは、以下の通りです。

STEP1 申込 インターネット、電話、店頭窓口、郵送
STEP2 仮審査(1次審査) 申込内容の基本的な審査が行われ、30分程度で本人に連絡が入る
STEP3 本人確認書類の送付 運転免許証やパスポートなどの本人確認書類をアプリやパソコンで提出する
STEP4 本審査(2次審査) 勤務先への在籍確認
STEP5 カード発行 後日、郵送か無人契約機で受け取り
STEP6 借入 振込キャッシングかATMでの借入

なお、上記の流れのなかで申込者がプロミスの担当者と電話で話すのは、「STEP2」の一次審査のときだけです。その後は基本的にメールやWeb上の操作で手続きが進みますので、わずらわしい電話対応を求められることはありません。

レディースローンの審査は女性だから甘いというわけではない?専業主婦は借りられる?

レディースローンの手続きの流れは、どこのレディースローンでもおおむね上記のプロミスと同じです。ただし、この手続きの流れだけを見ると「レディースローンは女性向けなので審査も甘めで簡単に済むの?」と思ってしまう方もいるでしょう。

たしかに、女性向けサービスは男性よりも特典が多いケースがあり、そのように思うのも無理はありません。しかし、結論から申し上げると各社のレディースローンは女性向けに親切な対応はしてくれますが、女性だからといって審査が優遇されるということはありません

この後「審査に通るためのコツ」についてもいくつかお伝えしますが、通常のカードローンとレディースローンの貸付条件や審査基準は全く同じです。

また、消費者金融の場合「大手消費者金融」から「中小の消費者金融」まで数多くのローン会社がありますが、大手消費者金融では専業主婦は借りられないようになっていますので注意してください。

カードローンを利用したい専業主婦の方は専業主婦でも借りられるカードローン|借入審査の注意事項を参考にしてください。

金利も基本的には普通のローンと同じ

さきほどもお伝えしましたが、レディースローンと言っても金利や限度額の面で女性が優遇されるということはありません。ほとんどの消費者金融の上限金利は18.0%ですが、各社のレディースローンの上限金利もほぼ同じです。

また、限度額も申込者の収入や他社借入額により決定されますので、女性だから「多い」、または「少ない」ということもありません。

唯一の違いといえば、先ほどの通り「対応スタッフが女性」という点と「会社によってはカードデザインが女性向けになっている」という点でしょう。

レディースローンでも専業主婦は審査にとおらない

レディースローンと聞くとすべての女性が利用できるように思ってしまいますが、消費者金融のレディースローンを利用する場合、専業主婦は利用することができません

消費者金融は貸金業法という法律を守る必要がありますので、プロミスやアイフルなどの消費者金融には「本人に収入がなく返済能力がない人に融資してはいけない」というルールがあります。

したがって、収入のない専業主婦は借り入れすることができません。しかし、銀行のカードローンは貸金業法の規制対象外になりますので、中には専業主婦でも利用できるカードローンがあります。

どうしてもローンが組みたい専業主婦は、一部の銀行カードローンが利用できますので楽天銀行スーパーローンの審査から融資までの流れを徹底解説を参考にしていただければと思います。

また、楽天銀行スーパーローン以外にも、女性向けのローンがある銀行で借り入れがしたい専業主婦は、イオン銀行の目的別ローン「輝く女性サポートローン」や、みずほ銀行の「mywingわたし応援ローン」がおすすめです。

各社の公式URLを載せておきますので、参考にしてください。

ちなみに、各銀行のローンを利用する場合は、銀行の基本的な審査に通ることはもちろん、保証会社の審査にも通る必要があります。

各銀行の保証会社は下記の通りですので、こちらも参考にしてください。

銀行名 保証会社
楽天銀行 楽天カード株式会社・株式会社セディナ
イオン銀行 イオンクレジットサービス株式会社・オリックス・クレジット株式会社
みずほ銀行 株式会社オリエントコーポレーション

なお、上記で記載している保証会社は各銀行カードローンの保証業務だけではなく、他社カードローンの保証会社になっていたり、自社でも金融商品を取り扱ったりしています。

そのため、例えば過去にセディナのクレジットカードで延滞したことがあるような人は、楽天銀行カードローンの審査に通らない可能性があります。審査を受ける際は、保証会社との関連についても注意しておきましょう。

一方、上記のほかにも女性が申し込めるローンはたくさんありますので、各社レディースローンを比較しながら自分にあったローンを見つけてみるのもいいかもしれません。

街金なら専業主婦でも借り入れできる?

女性が利用できる消費者金融と言えば、先ほどご紹介したプロミスやアイフルの他にも通称「街金」と言われる中小の消費者金融があります。

街金と聞くとあまりいいイメージが湧かないと思いますが、「規模が小さな消費者金融」というだけで、実態はきちんとした貸金業の登録を受けて「国から認められた貸金業者」です。

そのため、貸付金利も法定金利内に設定され、女性でも安心して利用することができます。ただし、中小の消費者金融には以下のようなデメリットがあります。

  • 無人契約機がなく、中には店頭申し込みが必要なケースがある
  • キャッシング用のカードが発行されないケースがあり、ATMで借り入れできない
  • インターネット返済やATM返済が利用できないため、銀行振込や店頭返済が必要

また、最近では主流となりつつある「アプリローン」を取り扱っている街金もほとんどありませんので、申し込みから融資までは若干手間がかかってしまいます。

ただし、デメリットがある一方で、消費者金融の中では珍しく専業主婦でも借り入れができるローン会社もあります。

レディースローンを扱うレディースフタバでは、ホームページに明記はされてはいませんが配偶者貸付制度を使って専業主婦が借り入れできるケースがあります。

ただし、配偶者の同意書や収入証明書が必要になるケースがありますので、家族に内緒で借りたい主婦には不向きかもしれません。

レディースローンの審査の前に気をつけるべきポイント

さきほど、「レディースローンの審査基準は男性と同じ」とお伝えしましたが、女性でも男性でもいくつかのポイントをおさえるだけで、審査の通過率を高めることは可能です。

ここからは、そんな審査の前に注意すべきポイントや利用中に気を付けるべき点についても、いくつかお伝えしていきます。

1ヶ月以内に3社以上のカードローンに申し込まない

一つ目の注意点は「短期間での複数ローンの同時申し込み」です。

カードローンの審査通過が不安なあまり、なかには「どれか審査に通るだろうから、片っ端から申し込んでおこう」と、一度に何社ものローンに申し込む人がいます。ただ、このような行為は逆に審査通過率を下げるだけですので絶対にしてはいけません。

カードローンに申し込むとローン会社は信用情報機関に照会をかけますが、その照会履歴は6ヶ月間、情報として残ってしまいます

照会履歴は、その信用情報機関に登録しているほかの金融機関からも見ることが可能です。そのため、何社も申し込んでしまうと「この人は相当お金に困っている」と判断され、審査通過がさらに難しくなってしまいます

同時に何社ものローン申し込みをして、審査に落ちてしまう人のことを「申込ブラック」と言います。このような状態を避けるためにも、1ヶ月以内に申し込むのは多くても2社以内にしておくことをおすすめします。

必要以上の借り入れはしない

二つ目の注意点は、希望する限度額や実際借り入れする金額は「必要最小限にする」という点です。一般的に消費者金融の初回貸付限度額は、年収の10%~15%程度と言われています。

たとえば、年収200万円の主婦であれば最初は20万円程度しか借りられない…ということになります。そのため、初回の融資希望額として100万円などという高額融資を希望すると、申込者の金銭感覚が疑われますし、そのような人の審査は慎重にならざるを得ません。

したがって、申込時に申告する「希望融資額」は、10万円前後にしておくことをおすすめします。また、審査に通過したあとも必要以上に借り入れすることはやめたほうがいいでしょう。

たとえば、金利18%の消費者金融で主婦が50万円を借りると、1ヶ月の利息だけで約15,000円弱支払う必要が出てきます。

こうなると、元金の支払いどころか利息の支払いさえもままならなくなり、最悪のケースとしては「借りては返す」という自転車操業に陥る可能性もあります。消費者金融を利用する場合は、必要最小限のお金しか借りないことが賢い選択でしょう。

返済期間を長く設定しない

三つ目の注意点は、消費者金融を利用するうえで「毎月の返済は少しでも多く、できるだけ早く返済する」という点です。

カードローンの中には「毎月2,000円の返済でOK」と広告しているローン会社もあります。
たしかに、10万円程度の借り入れであれば毎月2,000円ほどの返済でも延滞にはならないローン会社もあります。

しかし、毎月の返済額が少ないということは、返済の負担は軽くてもそれだけ元金の減るスピードが遅くなりますので、いつまで経っても返済が終わりません

たとえば、プロミスの場合でシミュレーションしてみると、毎月の返済でどれほどの差がでるかは、一目瞭然です。

【10万円を17.8%で借りた場合】

  • 毎月3,000円返済した場合
     総返済回数=47回
     支払い利息の総額=38,943円
  • 毎月5,000円返済した場合
     総支払い回数=24回
     支払い利息の総額=19,490円

上記の例をみると毎月の返済を2,000円プラスするだけで、返済回数を約半分に抑えることができるのです。しかし、お金がないからキャッシングをするのであって、毎月の返済額を増やすのは容易ではありません。

消費者金融の金利は高いため、返済期間を短くすることは重要です。毎月返済を増額するのは困難でも、払えるときに随時返済などを利用して少しでも元金を減らしていくことが、賢く利用するコツと言えます。

嘘の情報を記入しない

四つ目の注意点は、申込時の申告内容に関することです。カードローンの申込時には、本人の年収や勤務先、他社カードローンの借入状況などを申告する必要があります。

なかには審査に通りたい一心で年収を多めに申告したり、他社の借り入れを過少申告したりするといったケースがあるようです。

しかし、他社の借入状況は信用情報機関に記録されているのでいずれバレてしまいますし、年収についても申込者の年齢や会社の規模から、審査担当者もおおよその年収予想をつけています。

このような嘘は結局すぐにバレてしまいますし、嘘がバレることによってその他の情報の信頼度も一気に下がってしまいます。最悪のケースでは少しの嘘が審査落ちを招くケースもありますので、くれぐれも申込内容は正確かつ正直に入力するようにしてください。

なお、虚偽の申告により審査落ちした場合、そのローン会社においては何度申し込んでも審査通過は難しくなりますので、その点も肝に銘じておきましょう。

レディースローンの審査の基準

ここまでの注意点を守ってローンに申し込んでも、審査落ちしてしまうケースはいくらでもあります。では、レディースローンの審査に通らない人には、どんな共通点があるのか一つ一つ見ていきたいと思います。

過去の信用情報に傷がある

まず、審査落ちする人に最も多い特徴として「信用情報機関にネガティブな情報が残っている」という点が挙げられます。審査落ちしてしまうネガティブな情報としては以下のような情報があります。

  • 他社ローンやクレジットカードの返済を3ヶ月以上滞納したことがある
  • 過去に任意整理や自己破産、個人再生などの債務整理を行ったことがある
  • 同時に何社もの金融機関が信用情報機関の照会をかけた履歴が残っている

なお、先ほども触れた信用情報機関の照会履歴は約6ヶ月で消えますが、債務整理の情報は5年~10年残ってしまいます。そのため、もし自分の信用情報が不安な方は「情報開示」で確認されることをおすすめします

他社の借入合計が年収の3分の1を超えている

つぎの共通点は「他社での借入金額の多さ」です。特に消費者金融で借り入れをする場合は、総量規制の対象となりますので「年収の三分の一以上の借り入れはできない」というルールがあります。

そのため、例えば年収300万円の女性が他社ローンなどで100万円借りている場合は、すでに三分の一の借り入れをしていますので、これ以上消費者金融で借りることはできません。

また、銀行カードローンは総量規制の対象外ですが、最近では金融庁の指導も厳しく過剰な融資は行われない傾向にありますので、いずれにしても他社借り入れが多い人は新たな審査通過は難しいと言えます。

なお、他社借り入れ額がそれほど多くなかったとしても、すでに4社以上から借り入れをしているようなケースは要注意です。

そもそも1件の借り入れで足りないから2社目、3社目…と件数を増やしているのであって、普通なら1社目のローン会社に限度額増枠を希望するのが通例です。

複数社から借り入れているということは、増枠審査にも通らなかったことを示しており、このような人も審査落ちしてしまう可能性が高いのです。

申込者のスコアリングによる審査

最後にお伝えすべきポイントは「ローン審査におけるスコアリング」に関することです。カードローンの審査には「スコアリング」といって、申込者の属性(職業や収入など)から点数がつけられ、その点数が低いと自動的に審査落ちする仕組みになっています。

スコアリングの対象となる要素としては以下のようなものがありますが、各々の要素でどのような判断をするかは、各金融機関により異なります。

スコアリングの要素 審査でチェックされるポイント
勤務先の情報 安定した会社か?(社歴や上場の有無、従業員規模など)
勤続年数 勤続年数が1年なら10点、3年以上なら30点というように勤続年数が多いほど点数は高い
既婚、未婚 既婚者のほうが安定度が高いと評価されるケースもあるが、金融機関によっては扶養義務があることがネガティブになるケースがある
連絡先 固定電話があるほうが若干高評価
住居形態 持ち家のほうが評価が高いが、ローン残高によってはネガティブな影響を与えることもある

ほかにもスコアリングでチェックされる要素は多数ありますが、上記の主要な要素をおさえておくだけでも審査通過率は高まる可能性があります

レディースローン審査について、まとめ

最後に、今回お伝えした内容を簡単にまとめました。

  • レディースローンは女性が対応してくれるので、カードローンをはじめて申し込む人でも安心して利用できる

  • レディースローンの審査基準は一般のローンと同じで、女性に特別甘いということはない

  • 専業主婦は大手消費者金融では借りられない。しかし一部の銀行や街金では申し込めるところもある

  • レディースローンの審査通過にはコツがあるので、他社借り入れや申込内容に注意して申し込むことが大切

なお、専業主婦でどうしてもお金が必要な場合は、レディースフタバやレディースキャッシングエレガンスなどの街金も一度検討してみてください。

また、特にレディースローンにこだわりがなければ専業主婦でも申し込める楽天銀行スーパーローンがおすすめです。各社ローンともに条件も異なりますし、自分自身がローン会社に求める条件も「利便性」や「貸付条件」などそれぞれ違います。

女性が利用できるローン会社は数多くありますので、自分が最も重視したい条件を整理して、申し込むべきローンを見極めるようにしましょう。

※記載されている内容は2019年8月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.