カリテミオトップページ > 事業性融資ローン > ビジネスローン > 無担保で融資OK。運転資金を借入できる事業者ローン、銀行vsノンバンクを比較

無担保で融資OK。運転資金を借入できる事業者ローン、銀行vsノンバンクを比較

更新日:

公開日:2017.9.8

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

銀行とノンバンク、どっちで借りた方が良いの?

これからビジネスローンを借りようと考えている方の中で、

「銀行のビジネスローンを借りようか、それとも消費者金融などのノンバンクでビジネスローンを借りようか…」

そんな風に迷っている方はいませんか。
事業者ローンにはさまざまなものがあり、金利や限度額付随するサービスもそれぞれ違いがあります。

今回はどのビジネスローンを利用するかを迷っている方のために、事業者ローンの中で銀行とノンバンクの大きな違いをまとめてみました。

だいたいどのくらいの金利で限度額が借りれるの?

数あるビジネスローンの中から利用する1社を決める大きな理由の1つに、金利と限度額があるのではないでしょうか。

ここでは、銀行、ノンバンクそれぞれの金利と限度額をみていきましょう。

  ビジネスローン 金利 最高利用限度額
銀行の
ビジネスローン
三井住友銀行
「ビジネスローン」
2.125%~ 1億円以内
三菱UFJ銀行
「融活力」
2.75%~ 5000万円以内
横浜銀行
「スーパービジネスローン」
固定:2.7%~ 変動:2.95%~ 5000万円以内
ノンバンクの
ビジネスローン
ビジネクスト 8.0%~18.0% 1000万円
アコム
「ビジネスサポート」
12.0%~18.0% 300万円
プロミス
「自営者カードローン」
6.3%~17.8% 300万円

銀行ビジネスローンの方が金利が低く限度額が高い

このように表で金利と限度額を比較してみると、銀行ビジネスローンの方が圧倒的に金利が低く、限度額も高額であることが分かります。

一方の銀行以外のビジネスローンであるノンバンクのローンは最大金利が17.8%~18%、最高利用限度額が300万円~1000万円と、個人向けのカードローンと条件が似ていることがわかります。

これは、銀行のビジネスローンが比較的「法人向け」のローンになっていること、ノンバンク系のビジネスローンが「個人事業主向け」のローンになっていることが多いためです。
ただし、「銀行=法人用・ノンバンク=個人事業主用」とはっきりと分かれているわけではなく、銀行でも個人事業主に貸し付けするもの、ノンバンクでも法人に貸し付けをするものも存在します。

あくまで傾向としてはこのような傾向が強いため、それに合わせた金利や金額の設定になっているところが多いといえます。

一般的な銀行とノンバンク融資のメリット・デメリット比較

金利や限度額だけ見ると、圧倒的に銀行のビジネスローンの方が利用しやすいように見えますよね。

しかし、審査のスピードや難易度、借りやすさなどの観点を複合的に見ていくと銀行とノンバンク融資それぞれのメリットやデメリットが見えてきますよ。

ここでは、一般的な銀行とノンバンク融資のメリット・デメリットをまとめてみました。

銀行ビジネスローンのメリット・デメリット

まずは銀行ビジネスローンのメリット・デメリットを見ていきましょう。

(メリット)金利がノンバンクのものより低い

先ほどの一覧表からも分かる通り、銀行のビジネスローンは金利がノンバンクより圧倒的に低いという特徴があります。

申込者や企業の属性によって適用される金利が違うので一概にどのくらいの金利が適用されるとはいえません。
しかし2%台~という適用利率のところも多く、ノンバンクのビジネスローンに比べて利息を大幅に節約することが可能です。

(メリット)最高利用限度額が高め

こちらも先ほどの表の通り、銀行ビジネスローンは最高利用限度額がノンバンクよりも高額になっています。
最高1億円以内というところもあり、数百万円~ほどの最高利用限度額設定となっているノンバンクに比べるとかなり高額融資が期待できそうです。

そのため、銀行のビジネスローンは不動産業など大きなお金が動きやすい事業での利用にも向いているビジネスローンであるといえるでしょう。

(デメリット)審査基準が高くほとんどが法人向け

金利が低く限度額が高額な銀行ビジネスローンですが、その分審査基準が高く法人向けのサービスがほとんどになっています。

そのため、個人事業主の方が申し込みできるものは少なく、申し込めたとしても法人サービスよりも金利が高額になったり限度額に制限がかかったりするものもあります。
また審査に時間がかかったり、必要書類を持って銀行への来店が必要なものなど、手続きに手間がかかるものが多くなってます。

ノンバンクビジネスローンのメリット・デメリット

まずは銀行ビジネスローンのメリット・デメリットを見ていきましょう。

(メリット)個人事業主などスモールビジネスで利用しやすい

ノンバンクのビジネスローンは個人事業主向けのものが多くなっています。
融資額が少額な分、気軽に手続きができるものが多くなっているんです。

そのため「今月のテナント家賃分だけ借りたい」「経費分だけ借りたい」というカードローンのような利用の仕方も可能になっています。

(メリット)即日融資などスピード対応してくれるところも多数

銀行のビジネスローンだと申し込みから融資までに1週間~1ヶ月ほどかかってしまうところが多くなっています。

しかし、ノンバンクのビジネスローンの中には最短即日中に融資対応してくれるところも多数あります。
そのため、申し込みから融資まで急いでいる方にとっては、便利に利用できるビジネスローンといえるでしょう。

(デメリット)金利や限度額が個人用のカードローン並み

審査スピードや借りやすさなどに定評があるノンバンクのビジネスローンですが、金利や最高利用限度額は個人が利用するカードローン並みのスペックとなっています。

そのため利用できる金額が低いのに利息は高くつくというデメリットがあります。

利用によって使いやすいビジネスローンを選ぼう

ビジネスローンは、ビジネスの規模や希望する使い方によって利用するものを選ぶことが大切です。

まずは法人として利用するのか個人事業主として利用するのか、借り入れしたい金額などを改めて見直した上で、利用しやすいビジネスローンを選んでいくことが大切です。

※記載されている内容は2019年4月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.