カリテミオトップページ > 費用が払えない・滞納 > 給料日前の金欠にさよならしよう|月末にお金が残る考え方

給料日前の金欠にさよならしよう|月末にお金が残る考え方

公開日:

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

「給料日までどう過ごせばいいのか」
「どうしてもお金が必要で給料日まで待てない」

給料日前に金欠状態に陥ってしまう人も多くいます。それを毎月のように繰り返してしまう人は危険です。

ここでは給料日前にお金がなくなってしまうその原因を探り、根本的に解決していくための情報をお伝えしていきます。また、どうしてもお金が今すぐ必要という人はクレジットカードのキャッシング、カードローンの利用が現実的です。

この記事はこんな人にオススメ!

  • 給料日まで待てない人
  • 給料日前の金欠を治したい人

給料日前は毎回財布がピンチ!その理由は?

きちんと毎月給料を受け取っているにもかかわらず、給料日前になるとなぜか財布の中が空で、ピンチを迎えているという方が意外に多くいらっしゃるようです。

実際、給料日前は1ヶ月の中でも一番手持ちのお金が少なくなる時期であり、この頃を迎えると多くの方が懸命にやりくりをしている姿をよく目にします。

なぜ、決まった分の給料を毎月しっかり受け取っているにもかかわらず給料日前になるとピンチに陥ってしまうのか?その数ある理由の中には、驚くべき意外なものも含まれています。

まずは、その理由から詳しく確認していきましょう。

無駄遣いが習慣になっている

給料日前になるたびに常にピンチになる最大の理由となっているのが、無駄遣いが習慣になってしまっているというものです。

普段の買い物を通じて本当に必要な物だけを購入しているという方は、実はあまり多くありません。中には「それって本当に必要?」と疑問に感じるようなものさえ、ついつい無計画に購入しているという方もいらっしゃるようです。

結局、こうした安易な買い物がお財布のピンチを招く大きな要因の一つです。

また、この理由の特に困った点が、無駄遣いしている人自身に無駄遣いしている自覚がほとんどないというところです。

「よく分からないうちに、いつの間にか財布にも口座にもお金がなかった」

など、無駄遣いをした後にようやく気付くというケースも見られ、これが理由の金欠は、決して人ごとではありません。

自分へのご褒美が多い

日頃から仕事に勤しんでいる方の中には「毎日朝早くから仕事を頑張っているのだから、たまにはそんな自分にちょっとしたご褒美を」という思いから、給料日に好きな物を買っていつもより少しぜいたくをしよう、という方も多いでしょう。

実は、これもまた思わぬ浪費に繋がる原因の一つになりがちです。

いつの間にかその行為自体が当たり前のイベントになってしまい、それが続くことで知らないうちに給料を無計画に浪費してしまうというケースも珍しくありません。

「自分への出費だから」という理由もまた散在しやすい要因といえ、たとえ月に1回のイベントであったとしても、一気にお金を使ってしまい金欠に陥るという少し怖い理由ともいえます。

貯金のし過ぎ

未来の安定した生活を目標に、毎月の給料から定期的に貯金に回している堅実な方はたくさん存在しています。ところが、実はこの貯金という行為もまた、給料日前に金欠というピンチを招いてしまう大きな原因の一つです。

中でも、給料日に自動的に引き落とされる「積立貯金」といった商品を利用している方ほどピンチに陥る可能性が高くなります。

毎月、給料の振り込みとともに事前に取り分けられる設定額が大きすぎることで残額が少なくなってしまいます。

結果、その月の生活に著しく支障を来してしまうという人が多く、せっかくの貯金を切り崩さざるを得ないケースもあります。

給料日前に困らないためには、こんなことから始めよう

1ヶ月の仕事の成果である給料が支払われる直前の給料日に財布がピンチになっているということは、

  • そもそもお金を使い過ぎてしまっている
  • 緊急時でお金が必要になり、貯金を全て使ってしまった

という2つの可能性が考えられます。

それでも、あらかじめお金の使い方を上手にコントロールすることでこういった可能性が起こってもピンチは十分に避けられます。ようするに、普段から少しずつでもよいのでお金を貯める癖をつけることが一番大切なのです。

毎月の予算を立てよう

日頃からお金を少しずつ貯めておく「貯金」が金欠への最も有効な方法だと分かっていても、いざ実行しようとすると意外に難しいものです。

それでも、これを継続して上手に実践するコツとしてぜひ活用してもらいたいのが、毎月の収入と支出について詳しい予算を自分なりに立てるという方法です。

まず1ヶ月のうち、自分がどの程度出費をしているのかを明確にすることで、そこからどの部分が無駄な要素でどの部分が生活に欠かせない要素であるかが、自ずと見えてきます。

その上で今度は給料など毎月の収入を比較し、食費や光熱費など項目ごとに詳しく分け、予算の配分を事前に行い1ヶ月生活をしてみます。

こうすることで、1ヶ月の生活で本当に必要な出費と省くべき出費が簡単に把握できるようになります。

ポイントとして、予算は作って終了ではなく、そこからさらに「この部分はもう少しお金をかける必要がある」「この項目はもう少し削っても大丈夫」などご自身の生活に合わせて適宜変更しましょう。

さらに、収入については全てを最初から割り振ってゼロにするのではなく、事前にある程度の「自由に使えるお金」を余剰分として確保しておきましょう。

こうすることで、いざというときでも自由に使えるお金があるかないかで人間の気持ちの余裕は大きく違ってきます。

また、万が一項目の中で予算オーバーが発生した際にも、それを補填する緊急用の費用として充てられるので、これだけでも絶大な安心感を与えてくれます。

固定費を見直そう

給料から支払うさまざまな費用のうち、もっとも節約しやすいのが毎月発生している固定費です。

各種ある固定費の中でも家賃や住宅ローンなどの住居費をはじめ、生命保険や損害保険などにかかる保険料、インターネットやスマートフォンの利用料金など通信費は、一度見直せば以後は手をつけなくてもそのまま維持できます。

手軽さの上でも手っ取り早く節約できるので、ぜひお試しください。

ただし、家賃については支出に占める割合は大きいながらも節約には引っ越しなどの作業が欠かせませんから、まずは通信費などから手をつけるのがお勧めです。

支出の多い項目を見直そう

1ヶ月の支出を改めて統計した上で確認してみると、意外に大きな金額となっているものが数多く存在していることが把握できます。

例えば、「お酒がやめられず毎日お酒を購入している」方や「セールを見るたびについつい必要もないのに日用品を買いだめしている」という方ほど、そのお金の使い道が手に取るようにうかがえます。

生活する上でそれが欠かせない出費であれば無理に節約する必要はありませんが、無駄遣いという認識が少しでも感じられるようであれば、直ちに生活を見直してみてはいかがでしょうか。

空腹時に買い物は厳禁!

食べることにそれほど執着していないという方であっても、極端におなかがすいていると、ついついいつも以上に食べ物や飲み物を買いすぎてしまうというケースは少なくありません。

特に、コンビニやスーパーといった店舗が至る所に普及する現代は、どこにいてもすぐに欲しいものが買えるとても便利な世界です。

ところがこの便利さが仇(あだ)となり、空腹に耐えられず近くのお店で必要以上に余計なものを買ってしまった結果、後悔してしまうということにもなりかねません。

ですから、買い物するときには自宅で小腹をあらかじめ満たしておき、その上で何を購入するか計画してからお店に向かいましょう。

貯金は「スモールステップ」で

「貯金」は、現在だけでなく未来に急な出費が必要になった際などいざというときに役立てられる緊張な資金源です。

一方で、貯金がとても大切な存在であると分かってはいても、意外と貯金はうまくいかないものです。

貯金が失敗してしまいやすい要因の一つに「最初から大きすぎる計画を立ててしまうこと」というものがあります。

「貯金するぞ!」といざ意気込んでみても、最初から100万円や200万円など高額な目標を設定してしまうと、毎月少しずつ貯金をしてもなかなか達成できず、途中で断念してしまい貯まっていたお金を散在してしまう…という結果になり、これではせっかくの貯金も無駄になってしまいます。

これを解消するコツとしてぜひ活用してもらいたいのが「スモールステップ」という方法です。

スモールステップ法とは、すぐに達成できる“小さな目標”をあらかじめ設定し、それを達成するごとに、さらに小さな目標を積み重ねていき段階を経る方法のことを指します。

つまり、これを繰り返すことによって自ら達成感を高め、最終的により大きな目標を達成できるというわけです。

人間は、目標を1つ達成することで大きな充足感や満足感を得やすい存在です。たとえ小さな目標であったとしてもそれを達成することによって、「貯金がどうしても苦手⋯」という方でもモチベーションを保ちつつ目標を成功へと導けます。

給料日前でも大丈夫!お金のかからない楽しみ方

給料日前の急な上司や同僚、あるいは友人からのお誘い、参加したいけれど財布がピンチで泣く泣く断っているという方も多いのではないでしょうか?

あるいは、せっかくの休日にもかかわらずちょうど給料日前の金欠状態で、お金がないからどこにも遊びに行けず家で渋々過ごしてしまうと、一気に気分が落ち込んでしまいます。

そんな状況に陥ってしまったら、ここで少し考え方を改めてみることをお勧めします。

例えば「お金がないから遊べない」ではなく、「お金がなくても楽しめる遊びを見つける」ことで、たとえ財布や口座が金欠状態でも時間を有意義に過ごせます。そんな時間の過ごし方をいくつかご紹介します。

案外近所に穴場スポットがあるかも?無料の施設で過ごす

皆さんのお住まいの地域には、図書館や公園などの公共施設はありませんか?当然、こういった公共施設の多くは市民であれば無料で使うことができるので、お金もかからず、それぞれの施設や設備を通じた時間の潰し方も可能です。

また、福祉が充実している自治体の中には動物園や博物館といった大がかりな公共施設が無料で利用できるところもあるので、もしも身近にこういった施設があるのなら、給料日前の休日を楽しく過ごす方法としてぜひ活用してみてください。

家でゆっくり過ごして疲れを癒そう

お金を使わず、さらには体にたまった疲れを癒す方法としてお勧めしたいのが、家でゆっくりと過ごすという方法です。

「家で過ごすなんてつまらない!」と思ってしまうかもしれません。しかし仕事で普段は忙しくされているという方であれば、この機会を使って家の中を掃除したり、疲れがたまっている方ならお茶やコーヒーを片手にゆっくり本を読んだり好きな映画をVODサービスなどで楽しんでみたりするのもいいのではないでしょうか。

VODの中には、映画だけでなくドラマやアニメといった多岐にわたるジャンルを取りそろえているところもあるので、少ない出費で時間を有意義に活用できます。

軽い運動で心身共にリフレッシュ

金欠状態でもほとんどお金を使わず、さらには健康になる運動はいかがですか?お金がないとつい外出自体を控えがちですが、家にこもってばかりいると体はどんどんなまってしまいます。

軽く近所を散歩してみたり、より本格的な運動としてジョギングやウオーキング、さらにはサイクリングをしたりすることで、体を健康に保ちリフレッシュできます。

お住まいの地域によっては、自治体が運営するスポーツ施設を無料あるいは格安料金で利用できるところもあるので、こういった施設も活用してみましょう。

心行くまで趣味を楽しむ!

小さなものから大きなものまで、個人差がある趣味もまた、お金がないときに時間を有効活用できる方法の一つとしてお勧めです。

例えば、絵やイラストを描くことが趣味の方なら自宅でも簡単に楽しめます。また、小説などの創作活動やDIYで家具を作ったり、あるいは楽器を楽しんだりなど、余計な出費をせずとも手軽に楽しめる趣味で心ゆくまで休日を堪能しましょう。

100円でスキルアップする

たった100円で充実のスキルアップが図れる方法があったとしたら、チャレンジしてみたくなりませんか?

「これがこの値段で買えるの?」と驚きの連続が楽しめる100円均一のお店では、大人でも思わず夢中になれるさまざまな便利グッズを数多く取りそろえています。

中には、大人用の美文字レッスン教材や英会話教材、ビジネス書など思わず手に入れたくなるような物もあるので、わずか100円の出費でスキルアップを図れます。

せっかくの空いた時間だからこそ、この機会に興味があった分野を学んでみるのも良いかもしれません。

給料日前にどうしてもお金が必要なときは

切羽詰まった状況というのはどんな場合にも起こるものです。「給料日前にどうしてもお金が必要!」とお悩みの方も多いでしょう。

こういった場合には、クレジットカードのキャッシングのような金融サービスを使った一時的な借り入れが有効ですが、お持ちのクレジットカードによってはキャッシング枠が設けられていないケースも考えられます。

万が一キャッシング枠を新たに設けようとすると、申請からさらに再審査などで時間がかかってしまい元も子もありません。

そんなときには、ぜひ消費者金融カードローンの活用をご検討ください。消費者金融のカードローンなら最短で即日融資OKとなっており、必要に応じてすぐに資金を用立てられます。

また、消費者金融の中には初回限定など特定の条件を満たす必要がありますが、無利息期間を設けている会社も多いので、借り入れでも最小限の負担だけで必要に応じて資金を用意できます。

給料日前といえば、特に飲み代や遊興費といった5万円以下の少額の出費が集中しやすいタイミングです。

1万~5万円の少額を借りたい!」という方を対象に、お勧めの消費者金融カードローンについてさらに詳細な情報や借り方についてまとめましたので、ぜひ参考にご覧ください。

まとめ|お金の使い方を変えれば給料日前でも怖くない!

給料日前は働く全ての社会人の方にとって、最も手持ちの資金が不足しがちなタイミングといっても過言ではありません。

では、なぜ給料日前に限って財布や口座がピンチに陥ってしまうのでしょうか?

その理由と対策について、今回ご紹介した情報のおさらいから。

  • ちょっとした無駄遣いも積み重なると貯金が底をつく要因に
  • 即効性の高い節約をするなら、通信費や保険料など「固定費」の節約が最適
  • 余計な出費を防ぐためにも、支出と収入のバランスを考えた計画の立案を
  • お金がなければ、いっそのこと「お金がなくても楽しめる趣味」を持とう!
  • 給料日前にどうしてもお金が必要になったら、カードローンの短期利用がお勧め

給料日前にお金が不足するのにはそれ相応の理由が必ずあります。一例として、無駄遣いや無計画な出費、さらには貯金のしすぎといった意外な理由まで考えられますので、まずはご自分の毎月の支出と収入のバランスから見直してみましょう。

その上で、固定費を中心とした全体的な支出の節約を実践することができれば、無駄な出費を抑えることも十分に可能です。

いずれにしても、まずは収入と支出のバランスを再チェックした上で、どうしてもお金が必要な場合に限り、借り入れといった方法の活用を検討してみることを強くお勧めします。

計画的なお金の使い方や残し方を通じて、給料日前の金欠に一気にさよならしましょう!

※記載されている内容は2019年9月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.