カリテミオトップページ > 費用が払えない・滞納 > 今すぐ10万円必要なら自動契約機に行こう!1時間で解決する方法

今すぐ10万円必要なら自動契約機に行こう!1時間で解決する方法

公開日:

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

「今すぐ10万円が必要!」

急用でお金が必要なときは誰にでも訪れます。いざ10万円を用意するとになると大変だと思うかもしれませんが、決してそんなことはありません。

クレジットカードのキャッシング枠の他に、消費者金融を利用できればすぐに用意することができます。

ここでは10万円の現金をすぐに用意するために気をつけたいこと、方法などを紹介していきます。

この記事はこんな人にオススメ!

  • 今すぐ10万円用意しなければいけない人

10万円必要なときにお金を捻出する5つの方法

貯金や口座には十分な残高がなく引き下ろせない、けれどすぐに10万円必要になった場合、あなたならどんな方法で用立てますか?

10万円は決して高額ではありませんが、それでもすぐに捻出するとなると、意外と多くの方がその方法に悩まれるのではないでしょうか。

10万円必要なときにすぐに捻出できる代表的な方法としては

  • 手軽な副業や金策をしてお金をつくる
  • 積み立て式の定期契約を解約する
  • 家族や知人などから借りる
  • クレジットカードを使って借りる
  • 銀行や消費者金融から借りる

などが考えられますが、個人差や状況によっては利用できないものも当然あります。

例えば、家族や知人からすでに借金していたり、お金の貸し借り自体がNGであったりなどのケースも考えられますから、誰もが利用できるという方法ではありません。

一方で、銀行や消費者金融といった金融業者からであれば、10万円程度の金額なら比較的簡単に借りられます。

では比較的に利用しやすい方法を中心に、10万円を借りる具体的な方法についてチェックしていきましょう。

手軽にできる金策をして10万円をつくる

誰にも迷惑をかけず自分のペースで淡々と実行できるお勧めの方法がこちらです。例えば、生活環境ですでに不要になったアイテムを買い取ってもらうことでお金を用立てる方法もあります。

特に貴金属やブランド品をお持ちの方なら、10万円は比較的簡単に達成できる金額といえるでしょう。

この他にも、今からすぐにできる手軽な金策を中心にお勧めの方法をいくつかまとめましたので、「今からできる手軽な金策を紹介!節約・稼ぎ方と禁物事項のまとめ」という記事もあわせてご参照ください。

積み立て式の定期契約を解約する

「転ばぬ先の杖」といわれるように、今ではなく将来に備えて日頃からお金を積み立てているという方も多くいらっしゃいます。

そんな定期契約を一時的に解約するのも、10万円をすぐに確保できる方法として検討しましょう。積み立て式の預貯金や保険・投資商品などを契約しているのならば、それを解約することで貯まった分をすぐに払い出してもらえます。

ただし、定期契約の契約内容や銀行など受付窓口によっても左右されてしまうので、今すぐに引き出せるわけではない可能性がある点にだけご注意ください。

少し時間にゆとりを持って解約するのがポイントです。

家族や知人から10万円借りる

よほどのことでもない限り、利子や条件を気にすることなく気軽に10万円を用立てられる手段として押さえておきたいのが、家族や知人から借りるというものです。

断られてしまっては元も子もありませんが、折り合いがつけられれば比較的すぐに10万円が用立てられる上、金利がかかるリスクもほとんどありません。

また、10万円という手頃な金額ですから、よほどのことがない限りは貸してもらえるでしょう。

実際に家族や知人から借りる場合に備え、親や兄弟、祖父母など相手別の借金の頼み方やいざこざにならない交渉術について「家族からお金を借りる方法!親、兄弟、祖父母など相手別にまとめてみた」でまとめました。あわせてご参考ください。

クレジットカードで10万円を借りる

契約内容によっても違いはありますが、基本的にクレジットカードには「キャッシング枠」と呼ばれる現金の借入枠が設定されています。

もし、お持ちのクレジットカードにキャッシング枠が設けられていなければ、あらかじめ申し込み&再審査を受けることで付与されるので、事前準備をしておいてください。

キャッシング枠が付与されているクレジットカードをお持ちの方であれば、銀行ATMなどを使って限度額までを上限にお金をすぐに借りられます。

一方、キャッシング枠が設定されていないカードを持っているという方は、付与までに審査などで数日間程度の時間を要するので、今すぐに借りられない可能性がある点に注意してください。

銀行や消費者金融から10万円を借りる

お金が借りられるサービスとして、銀行や消費者金融といった存在は欠かせません。現在、日本国内で利用可能な金融業者からの借り入れとしては、

  • 銀行のカードローン
  • 大手消費者金融のカードローン
  • 中小消費者金融

などがあり、過去一定期間内に金融事故を起こしていない限り、こういったサービスを通じて比較的簡単に借りることができます。

また、他人や周りに迷惑をかけず自分だけで借金が完結できるという点も魅力で、借金したことを他人に知られたくないという方に適しています。

ただし、金融業者からお金を借りる場合、事前に行われる審査をパスするなど一定の条件を満たさなくてはいけません。

審査の通りやすさを示す難易度は

中小消費者金融 >大手消費者金融 >銀行

の順となっており、中小消費者金融が最も審査が緩く、銀行が最も厳しくなります。

利便性の面では、全国各地にATMを備える銀行や大手消費者金融が抜きん出ています。特に大手消費者金融は一定期間内に限り無利息で借金できる「無利息期間」や、即日融資やスピード審査といった独自のサービスを実施している点も魅力です。

このことから、今すぐ10万円を金融業者から借りたい方は、スピード審査や利便性を考慮した上で大手消費者金融一択でしょう。

大手消費者金融の主なお勧めポイントについては以下をご覧ください。

①最短即日融資

大手消費者金融では独自の審査基準を設けることで、最短即日で融資してもらえるスピード審査と融資制度を導入しています。

「とにかく、今すぐにでも10万円を借りないといけない!」という方にとって、これらの点は無視できない魅力です。

②来店不要で原則24時間いつでも申し込める

店頭での申し込みのほかにも、Web申し込みも設定している点が特徴です。

スマホやパソコンなどから24時間いつでも申し込みでき、指定口座まで振り込んでもらえます。

お金を借りるためにわざわざ遠方の家族や知人の元まで頼みにいく手間を考えれば、こちらの方が利便性の上でもお勧めです。

③土日も夜間も対応可能

自動契約機が利用できるカードローンであれば、深夜や土・日・祝日など窓口が閉まっているタイミングでも借り入れの申し込みや審査が受けられます。

このため、銀行などが閉まっている夜間にどうしても10万円が必要になった場合でも気軽に借り入れができます。

その後の返済のことも考慮すれば、自宅や職場などから一番近い自動契約機がある業者を選びましょう。

④30日間無利息サービスがある

すでにおなじみとなった大手消費者金融ならでは魅力の一つである「30日間無利息サービス」は、短期借入で非常に心強い味方となってくれるでしょう。

現在では大手消費者金融の多くで採用されており、比較的簡単に利用できます。初月分に限り30日間無金利で10万円が借りられますので、ぜひ活用したいサービスです。

⑤コンビニで借入返済が可能

サービスのさらなる向上が図られた結果、現在は全国各地に無数に点在するコンビニATMでも大手消費者金融を通じた借り入れや返済が可能です。

すぐそばのコンビニで簡単に10万円を借り入れできるので、手軽さや気持ちの面でも楽々です。

10万円借りた場合のシミュレーション

大手消費者金融の中でもいち早く無人ATMやスピード審査、即日融資などを導入したプロミスを例に、10万円を借りた場合の元本+利息分(上限金利17.8%で算出)について詳しく表にまとめてみましたので、まずはご覧ください。

返済期間 返済総額
1ヶ月 10万1,463円
6ヶ月 10万5,254円
12ヶ月(1年) 10万9,894円
24ヶ月(2年) 11万9,578円

ご覧のように、返済期間が増えるほど返済総額が増加していることが分かります。

この増加分については借入元本にかかる利息分であり、例えば1年で返済すれば金利も1万円以内で抑えられ総額は11万円ですので、十分に返済しやすい内容です。

10万円必要なときに気をつけたい申込手順や審査事項

今すぐ10万円を借りる場合、消費者金融などのカードローンは有効な手段です。

もしも10万円をカードローンで用立てたいと思っているのなら、まずは借りるコツについておさらいしておきましょう。

  • Webで申し込みをしてから自動契約機でカードを発行する
  • 会社への在籍確認はしっかりと受けること
  • お試し診断や借入診断を事前に使って計画的な返済設計を
  • 申し込み内容にうそは書かない

では、これら4つのコツについて、それぞれ詳しくチェックしていきます。

Webで申し込みをしてから自動契約機でカードを発行する

カードローンを使う場合の主な流れについては

  1. 専用Webサイトより申し込み
  2. 自動契約機でカードを発行してもらう
  3. ATMでお金を下ろす

というのが一般的です。

まず、カードローンごとの専用Webサイトより「融資申込」を行います。こうすることで、よりスピーディな審査や借り入れが可能です。

申し込みが完了したら、その後最寄りの自動契約機まで出向き、そこで専用のカードを発行してもらいます。このとき、カードが発行された段階で審査を通過したことが明らかになります。

カードを発行してもらったら、そのカードを使った対応ATMから10万円を指定することで無事に借り入れは完了です。

ちなみに即日融資制度には、即日融資可能なタイミリミットがあらかじめ設定されています。当日のタイムリミットの1時間前までを目安に申し込みすることで、即日融資される可能性が大きくなります。

また、Web申し込みを行った後すぐに申し込みした会社へ電話連絡を入れることで、同じタイミングで申し込んだ人よりも優先的に審査が受けられます。とにかくすぐに10万円が必要なら、こうしたコツも活用してさらにスムーズな借り入れを実現しましょう。

会社への在籍確認をしっかりとする

カードローンへの申し込みが行われた後、金融業者は審査の一環として申込者の勤め先まで在籍確認を行う場合があります。

これは、本人もしくは会社関係者から在籍の確認が取れた段階で完了です。もしも在籍確認が遅れたりできなかったりすると、融資が一気に遅れたり不可となったりしてしまうので、しっかりと対応しましょう。

お試し診断や借入診断を利用する

大手消費者金融の公式サイトでは、実際に審査をパスすることができるかどうか事前に確認する方法として「お試し診断」や「借入診断」というサービスを提供しています。

事前にこれらのサービスで確認することで、審査に通過できそうかどうかが大まかに判断できるため非常に便利です。

これを活用して、診断で確実に借りられるカードローンを見極めて優先的に利用するといった方法がお勧めです。

申し込みにはうそを書かない

申し込みの際に記入する情報にうそを記載したことによって、利用が制限されるというケースが後を絶ちません。

特に、収入などの情報を実際よりも過大に記載する方が多いのですが、こういった情報は個人情報と照らし合わせて詳細な確認が行われるので、うそは必ずバレます。

ですから、うそを記載して逆に審査に通らなくなってしまわないよう、情報はできるだけ正確に記入しましょう。

10万円の少額融資だからこそ、大きく見せる必要はありません。

初めて借り入れする際の注意点

一度でもカードローンを利用した経験がある方にとっては当たり前のことでも、初めて利用する方にとっては全ての事項が初体験のものばかりです。

無知ゆえに失敗や後で後悔することのないよう、まずは借り入れする場合に注意しておきたいポイントについて確認しておきましょう。

借り入れ時に特に注意しておきたいのが

  • 原則として高金利なので長期返済には気を付ける
  • 取引情報は信用情報に記載される

という2点です。

これらを知らず安易に利用してしまうと、後々これらが要因となってリスクを被る恐れもあります。では、それぞれについて詳しく見ていきましょう。

高金利なので長期返済に気を付ける

カードローンの多くは、「利息制限法」という法律によって定められた上限金利で運用しています。短期借り入れであれば無利息サービスなどを活用することで負担を減らせますが、長期借り入れになるとこの高金利が一気に負担になりますので、あらかじめ注意しましょう。

10万円なら利息は最大18%です。できれば1年以内に返済することを想定した利用がお勧めです。

取引情報が信用情報に載る

カードローンの利用に関する取引情報は、必ず「信用情報」に記載されます。

信用情報とは、主にカードローンの審査の際に用いられる、利用履歴や個人情報などが掲載されている情報のことです。万が一返済に関するトラブルが遭った場合、信用情報には一定期間にわたってそれらの履歴が情報として記載されます。

その一定期間については以下の通りです。

返済トラブル 信用情報に残る期間
61日以上の返済遅れ 1~5年
3ヶ月以上連続して延滞 5年
任意整理・個人再生 5年
強制解約 1~5年
代位弁済 5年
自己破産 7~10年

最短で1年、最長で10年にわたって信用情報に金融事故に関する情報が履歴として残り続けることが、この表から読み取れます。

従って、滞ることなく返済できば特に問題はありませんが、万が一延滞した場合はその履歴が信用情報に記載されます。

以後の住宅ローンや自動車ローンの契約、クレジットカードの発行などにも支障を来すため、その点にもあらかじめ注意した上で利用しましょう。

今すぐ10万円必要なときのまとめ

急なイベントなどによって、今すぐ10万円が必要になるケースは決して珍しくありません。

口座や手持ちに十分な現金があるうちは問題ありませんが、万が一10万円をすぐに用意できないときには、家族や知人からの借り入れ、副業や金策を通じてお金をつくったりクレジットカードで借金したりなど、さまざまな方法が考えられます。

ただし、いずれの方法も利用できないという方には、今回ご紹介した消費者金融をはじめとする金融業者からのカードローンの活用をぜひご検討ください。

上手に活用できれば、借り入れに対する金利をゼロにできたり他人に知られたりすることなく借金することができます。

また、大手消費者金融であればスピード審査や即日融資制度といった便利な機能もありますので、警戒せずに便利な方法としてぜひ利用してみてください。

場合によってはわずか1時間足らずで10万円が借りることができ、問題も一気に解決できるでしょう。

興味をお持ちの方を対象に、大手消費者金融を中心とした各社のカードローンについて「即日融資のカードローン」にてさらに詳しく解説していますので、あわせてご一読ください。

※記載されている内容は2019年9月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.