カリテミオトップページ > お金を借りるための基礎知識 > カードローンの審査について > 「他社借入件数」として数えるべきもの|審査に与える影響と通過方法

「他社借入件数」として数えるべきもの|審査に与える影響と通過方法

公開日:

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

カードローンやキャッシングなどで他社のサービスを利用し借り入れ・返済中の人が、新たにカードローンを申し込んでも果たして審査に通ることができるのでしょうか?

その疑問への回答とともに、審査をできるだけ通りやすくするための解決策について、解説していきます。

この記事はこんな人にオススメ!

  • 他社から借り入れ中で、新たに審査に通るか不安な人
  • どの程度他社から借り入れても大丈夫なのか知りたい人

他社借入件数に含まれるもの・含まれないもの

複数のローンやキャッシングの利用を検討するのであれば、「他社借入件数」にも注意が必要です。ただし、全ての借り入れが必ずしも他社借入件数としてカウントされるわけではありません。

では、どういった種類の借り入れが他社借入件数にカウントされるのでしょうか。

対象は以下のようなものがあります。

  • カードローン
  • クレジットカードのキャッシング
  • フリーローン(多目的ローン)
  • 目的型ローン

これらに該当する項目で借り入れを利用した場合、他社借入件数としてカウントする必要があります。また、契約金額ではなく借入金額が申告対象なので注意してください。

例えば、限度額が100万円のカードローンで20万円だけ借り入れていたとします。この場合、「100万円が1件」ではなく「20万円を1件」として申告しましょう。

逆に、他社借入件数として申告する必要がないローンについては、次の項目をご覧ください。

他社借入件数の申告が必要ないもの

他社借入件数として申告する必要がないローンは、次のようなものが挙げられます。

  • 有担保ローン
  • 奨学金
  • 個人間での融資
  • クレジットカードのショッピング枠
  • ショッピングクレジット
  • 割賦

このうち「有担保ローン」とは

  • 住宅ローン
  • 自動車ローン

などが該当します。これらのローンはいずれも、契約段階ですでに担保として不動産や自動車といった物が設定されています。万が一返済不能となった場合、それらの担保を没収した上で弁済に充てられるため、他社借入として含む必要がありません。

ただし、銀行などが扱う無担保型の住宅ローンや自動車ローンは「目的型ローン」に分類され、他社借入件数の対象です。

また、申告する必要があるものとないものそれぞれに「クレジットカード」に関連した借り入れが含まれています。これについては、ショッピング枠 キャッシング枠で取り扱いが異なっている点にご注意ください。

他社借入件数がカードローン審査に与える影響

他社借入件数の対象契約の数によっては、以後のカードローン審査に影響を与えることがあります。

具体的な件数によって考えられる影響の度合いは、以下の表をご覧ください。

他社借入件数 カードローン審査時の影響
0件 影響なし
1~2件 借入金額によるが基本的に影響なし
3~4件 借入金額に関係なく悪影響を及ぼす
5件以上 審査通過はほぼ不可能

0件が全く問題ないのはもちろんのこと、1件から2件でも借入金額の総額によっては影響がないことが分かります。

3件以上になると、借入金額に関係なく悪影響を及ぼします。

消費者金融の審査時の「他社借入件数」について

消費者金融のカードローンを利用する際の審査では、他社借入件数に関してどのような指示や表記が行われているのでしょうか。

実は、会社ごとで具体的な指示や表記には違いがあります。その内容は以下のようになります。

消費者金融名 他社借入に関する指示・表記
プロミス 「※クレジットカードでのショッピング、銀行カードローン、住宅ローン、自動車ローンなどはお借り入れに含まれません。」
アコム 「※クレジットカードでのショッピング、銀行カードローン、住宅ローン、自動車ローンなどはお借り入れに含まれません。」
アイフル 「クレジットカードでのショッピング、住宅ローン、自動車ローンを除くキャッシングローンのお借入状況を入力してください。」
レイクALSA 「(!)住宅ローン以外の、銀行・信販・消費者金融のキャッシングお借入件数の合計をご入力ください。」

会社ごとで言葉遣いや言い回しに少し違いが見られますが、いずれの消費者金融も共通しているのが

  • 消費者金融のカードローン
  • 信販会社のカードローン
  • クレジットカードのキャッシング枠

の3つを借入の対象として含んでいるという点です。またアイフルとレイクALSAの2社では、銀行カードローンも他社借入に含んでいますのでご注意ください。

消費者金融でこういった扱いを行っているのは、年収に応じた限度額を定めた「総量規制」に由来しています。

消費者金融のカードローンを利用する際には必要な情報であるため、正しく申告しましょう。

銀行ローンの審査時の「他社借入件数」について

同様のサービスながら消費者金融と比べ、審査が厳しいことでも知られる銀行のカードローンでは、他社借入件数についてどのような扱いをしているのでしょうか。

こちらも銀行ごとで若干の違いはありますが、次のようになっています。

銀行ローン名 他社借入に関する指示・表記
楽天銀行スーパーローン ご利用中のローンについて「※住宅ローン・オートローンは除く」ありか、なしか選択する
三菱UFJ銀行カードローン
「バンクイック」
金融機関からの借入状況
銀行から(うち住宅ローン)→借入件数と金額を入力
カード会社・信販会社から→借入件数と金額を入力
消費者金融系ローン会社から→借入件数と金額を入力
イオン銀行カードローン 無担保のローンの借入状況(借入件数・借入残高・毎月の返済金額)、および住宅ローンの契約有無と借入残高を申告
新生銀行 「住宅ローン以外の銀行・信販・消費者金融のキャッシングお借入件数の合計をご入力ください」

他社借入件数の有無についてのみ尋ねる消費者金融と違い、銀行はさらに会社名や件数と金額の詳細を確認しており、より細かく聞くケースが多いことがうかがえます。

そのため、正確な情報を報告せず申し込むと虚偽の申告とみなされ、申請自体が却下される恐れがあります。

審査に通りたいがために年収など嘘をついてしまうケースもありますが、逆に審査に通りにくくなることもあるので注意しましょう。

他社借入があっても審査に通るためには?

もし他社借入があったとして、新たにカードローンを利用する必要に迫られた場合、審査に対してどのような点に注意すればよいのでしょうか。

それぞれの点について詳しく見ていきましょう。

他社の返済で実績を作っておく

他社からの借入状況は、全て信用情報に記載されています。このため、審査時に故意に報告しなかったとしても、信用情報から全ての情報が把握されてしまいます。

返済状況についても細かく記載されており、審査ではこの情報もあわせてチェックされています。

つまり、毎月期限通りに返済を続けているという実績を日頃から積み重ねておけば、それ自体が信用として評価されるのです。

借入額にもよりますが、この評価によって、本来であれば断られる状況でも審査を通過できるケースも珍しくありません。

ただし、借入に対して返済を1回でも滞らせてしまうと、その事実もまた信用情報から明らかとなります。他社借入件数だけでなく滞納の事実も個人の信用を大きく損なう要因であるため、毎月の返済は着実に行いましょう。

総量規制を守って少額融資を狙う

たとえ他社借入件数が認められたとしても、総量規制に引っかからない程度の融資内容であれば、審査に落ちる心配はありません。

総量規制の対象である消費者金融にとって、総量規制を超える貸付は原則行えません。このため、他社借入件数とその金額について事細かく確認しているのです。

つまり、総量規制の「年収の3分の1」以内に収まる融資額であれば、そのまま貸し付けできることを意味しています。この点を狙ってあえて少額融資で申し込めば、審査に通りやすくなります。

利用していないクレジットカードのキャッシングは解約しましょう

クレジットカードには、ショッピング枠とともにキャッシング枠があらかじめ設定されています。このうちキャッシング枠は、他社借入件数の対象です。

そして、所有しているクレジットカードのキャッシング枠の有無は信用情報から確認できます。たとえ一切キャッシングを使っていない人でも、キャッシング枠があること自体が、審査する側から見ると「申し込み後にキャッシングを利用するのでは」と警戒されることになります。

クレジットカードのキャッシング枠はカードの契約時に設定されます。ただし、必要に応じてキャッシング枠は増枠・減枠申請が随時行えるので、必要なければ減枠や解約しておきましょう。

また、審査に通過するためにぜひ覚えておきたいのが、各社の審査通過率です。

中小規模の会社からは公表されていませんが、アコムやプロミスなど大手消費者金融からは、毎月ペースで審査通過率が公表されています。

2019年3月期の審査通過率は次の通りです。

  • アコム :44.0%
  • アイフル:42.5%
  • プロミス:42.9%

これらの統計は各社で毎月発表されており、月ごとに数値は異なります。上記3社は年間を通じて40%台を推移していて、こういった情報を元に通りやすい会社を選ぶ方法も有効です。

他社借入件数が多い場合には「おまとめローン」を検討する

すでに他社から借り入れているという人はもちろんのこと、これからカードローンを利用する人も必ず知っておきたい他社借入件数について詳しく解説しました。

まずは、今回のおさらいから見ていきましょう。

  • 他社借入件数には審査に影響する対象としない対象のものがある
  • 他社借入件数は「契約額」ではなく「借入額」で判断される
  • 1~2件であれば他社借入件数はほぼ影響しない
  • 消費者金融よりも銀行の方が審査時に他社借入件数を詳しくチェックされる

他社借入件数は、あくまでも実際の借入額によって判断されています。

また、総量規制との兼ね合いでも判断されていることから、借入額と年収によっては件数があったとしても審査に通る確率が一定数保てるので、必ずしも警戒しすぎる必要はありません。

それでも、他社借入件数を気にせず新たにカードローンを利用したいのであれば、あらかじめ「おまとめローン」を使った返済をおすすめします。

事前におまとめローンを使って借入件数自体を減らしておけば、審査にも通りやすくなるでしょう。

おまとめローンのことをもっと知りたい!という方へ「おまとめローンで他社借入を一括返済!いくらまで借りられる?」の記事で、その方法や注意点などを詳しくまとめていますので、こちらもぜひご活用ください。

※記載されている内容は2019年9月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.