カリテミオトップページ > 費用が払えない・滞納 > 損害賠償金が払えないままにしておくと超危険!5つの対処法とは

損害賠償金が払えないままにしておくと超危険!5つの対処法とは

公開日:

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

「損害賠償を請求されたが払えるお金がなく、どうしたらいいのか分からない……」

交通事故・不倫などの不法行為や、借金の滞納など債務不履行が原因で損害賠償金を請求されるケースが多く見られます。

この記事では、万が一損害賠償金を請求され払えなかったときに被る危険性を解説し、このピンチを速やかに解消できる5つの対処法も提案していきますので、今お悩みの方はどうか安心してください。

この記事はこんな人にオススメ!

  • 交通事故を起こしたけど保険でまかなえず、損害賠償が払えない人

損害賠償とは|払えないときにこそ知っておきたい知識

こちら側に過失(落ち度)があるか加害者になった場合、被害を受けた側に対して損害を補償する名目で金銭を支払わなくてはいけません。これを「損害賠償金」と言います。

また、損害賠償とよく混同される慰謝料については、あくまでも慰謝料は損害賠償の一部であり、同一のものではありません。慰謝料や治療費、修理代などを全て合わせたものが損害賠償になります。

他人事に見える損害賠償も、実は誰にでも科せられる可能性があります。
例えば、車を運転する人は交通事故を起こした途端、多額の損害賠償金を請求されるケースも考えられます。

身近に潜むリスクとして、損害賠償金を払わなければいけなくなったときに備えて知識を持つことが大切です。

まずは、法的に取り扱われる2つの損害賠償の違いから見ていきましょう。

債務不履行について

裁判や法的な手続きの上で扱われる損害賠償の一つが、債務不履行に対する請求です。

債務とは借金や負債のことを指し、本来であれば契約に基づいて正しく返済すべき借金や負債を滞納し続けることを「債務不履行」といいます。
債務不履行は、債権者(貸主)側に元本や利息の不払いという金銭的な損害を与える行為であり、損害賠償の対象です。

債務不履行の身近な例

債務不履行による損害賠償の身近な例としては、以下のようなものが考えられます。

例)とある消費者金融を通じてカードローンでお金を借りた人が、返済期限までに正しく支払いを行いませんでした。
消費者金融側はこの行為を債務不履行と断定し、遅延損害金を請求しました。

この遅延損害金が、実は損害賠償に当たるのです。

不法行為について

法規違反による交通事故や何らかの法を犯すことで発生する「不法行為」に対して請求される損害賠償もあります。
この場合は故意もしくは過失が認められ、それが起因して起こった不法行為と認められる必要があります。

不法行為の身近な例

不法行為による損害賠償の例は以下のようなものが考えられます。

信号待ちで停車中の車に対し、スマートフォンを見ながら運転していた車が追突する交通事故を起こし、幸い相手にはけがはありませんでしたが、相手の車が半損するという結果になりました。
相手側は完全に停車中であったことから、過失の割合は「100:0」と判断されました。

この場合、相手の車の修理代やレンタカー費用などの経費を損害賠償として支払わなくてはいけません。

どちらも日常生活で起こり得る身近な要因であり、損害賠償が決して縁遠いものではないことが分かります。

ただ、慰謝料や損害賠償を請求されたからといって、必ずしも全ての人がすぐに支払えるわけではありません。
また、原因とは関係なく慰謝料を請求されていること自体が、個人評価の上でネガティブな要因です。手持ちのお金がなく請求された慰謝料をいつまでも解決できずにいると、その事実が会社にバレてしまい最悪クビになってしまう可能性もあり得ます。

こうした最悪な状況に陥らないためのコツや対処方法について「慰謝料が払えない!会社をクビにされる前にできることと対処法」で詳しく解説していますので、よろしければあわせてご覧ください。

「債務不履行による損害賠償金」が払えないときに確認したいこと

借金の滞納など債務不履行による損害賠償は、決して他人事ではありません。
万が一賠償金を払えない状態に陥った場合に備え、まずは損害賠償金について把握していきましょう。

遅延損害による損害賠償金とは

カードローンやクレジットカードといったサービスを使うことで、金融機関から簡単にお金が借りられます。当然、借り入れたお金は借主の自由に使ってしまっても構いません。

ただし、返済期限は必ず守りましょう。もしも、何らかの理由で返済期限までに返済できなかった場合、それは債務不履行と見なされ、遅延損害金の名目で損害賠償金が請求されます。

契約書の効力

金融機関からのお金の借り入れには、必ず契約書が設けられています。
契約者には、債務不履行になった際の扱われ方についても詳しく記載されているので、借り入れたら必ず確認しておきましょう。

滞納期間が長期間にわたると、遅延損害金を含め借入金と利息は分割払いが認められなくなり、全額一括返済しなくてはいけません。これを「期限の利益の喪失」と言います。
それでもなお返済が滞るようであれば、契約書に基づき裁判へと発展します。

損害賠償金支払いの裁判

では、損害賠償金支払いの裁判までの流れについて、滞納期間ごとの手続きの進展について見てみましょう。

①返済期限から2ヶ月経過 期限の利益の喪失
②返済期日から3ヶ月経過 金融機関から裁判所へ提訴
③債務不履行による損害賠償の支払い判決 借金を返済するか、判決に不服がある場合は控訴
④確定判決が出ても金融機関に払えない 金融機関の強制執行による差し押さえ

このように、滞納が2ヶ月続いた段階で多くの金融機関は具体的な対策へと乗り出します。
その後も滞納が続くようであれば、3ヶ月目以降に提訴が行われ、さらに返済されないと財産や給与の差し押さえといった法的手続きが行われるのです。

差し押さえ対象の財産

金融機関は、滞納している借主に対し損害賠償請求権を持っています。
損害賠償請求権には、債務総額を上限とする財産の差し押さえの権利も含まれており、裁判でそれが認められた段階で実行に移せます。

ただし、差し押さえは全ての財産を差し押さえられるわけではありません。「差押禁止物件」として定められている財産以外が差し押さえ対象であり、具体的には以下が該当します。

  • 不動産
  • 高価な美術品
  • 書画骨董
  • 宝飾品

「不法行為による損害賠償金」が払えないときに確認したいこと

不法行為による損害賠償の請求は、ほぼ離婚や交通事故のどちらかのケースが大半を占めます。これらはいずれも、双方の話し合いや保険会社を交えた交渉で解決することが多く、裁判まで発展することはほとんどありません。

ただし、それでも折り合いが付かない場合、解決する手段として裁判が行われます。
その流れについては以下の通りです。

①話し合いで解決できない・損害賠償金に対して不満がある 裁判へ
②確定判決による損害賠償の支払い命令 命令通りに支払いに応じる必要あり

支払い命令に対し支払いが行われない場合、改めて財産の差し押さえといった法的手続きへと移行する可能性がある点に注意しましょう。

交通事故による損害賠償

自動車保険など任意保険に加入せずに車を運転し事故を起こした場合、多額の損害賠償を全て自己負担で支払わなくてはいけません。
ただ、こういったリスクがあるにも関わらず、任意保険に加入しないまま車を運転している人がいまだ少なくないようです。

①死亡事故を起こし1億円を超える賠償を請求される 自賠責保険だけではまかなえず、任意保険による補完が必須
②任意保険でもカバーできない場合 強制執行による差し押さえで損害賠償金を徴収される可能性あり

任意保険は、高額な損害賠償を補う方法として欠かせません。ただし、保険の契約内容や事故の詳細によっては、全ての損害賠償をまかなえないケースもあることに注意してください。

損害賠償金が払えないときの対処法とは

万が一損害賠償を請求され、どうしてもお金が用意できず払えないという人は以下の対処法をぜひ検討してみてください。

まずは専門家に相談するのが安心

法律の専門家である弁護士は、法律に基づいて行われる損害賠償問題にも強い味方です。
相談することで、損害賠償の減額や支払いを回避できる道筋を示してくれる可能性もあるので、一人で悩まず専門家にまずは相談してみましょう。

相手と話し合う

損害賠償が払えないのなら、勇気を出して被害者と話し合ってみることをおすすめします。
誠意を持って接することで賠償を取り下げてもらえたり、減額してもらえたりする可能性があります。

法的な判断を求め異議申し立てをする

処分を受けた人には、その処分に対し意義を申し立てる権利が与えられています。
異議申し立てとは、処分を決定した行政よりもさらに上位に位置する行政に再審査を要請する行為のことで、請求内容が本当に正当かを判断してもらえます。
異議申し立ての方法は以下の通りです。

控訴状を作成→処分を決定した行政に提出

権利を有する行政

法的判断の権利を有する行政機関と異議申し立ての流れは、以下をご覧ください。

①地方裁判所より権利を有する 高等裁判所
②高等裁判所より権利を有する 最高裁判所
③損害賠償の金額など、納得ができない場合 異議申し立てが可能
④異議が認められた場合 損害賠償の減額などが行われる

異議申し立てできる期間は限られており、個々のケースごとで異なります。また、意義はほぼ認められないので、異議申し立てするのであれば必ず弁護士に相談して可能性を少しでも高めてください。

自己破産

自己破産とは、抱える債務を返済できない場合、法的にその返済を免責(免除)してもらえる制度のことです。ただし、申請は必ず認められるわけではないので、専門家である弁護士を通じた申請をおすすめします。

自己破産のデメリット

自己破産は債務が帳消しになるメリットがある一方、以下のデメリットもあります。

  • 財産の差し押さえ
  • 自己破産の履歴が信用情報に残る

このうち、信用情報へは最長10年間金融事故として掲載されます。この間はクレジットカードの発行やローンがほぼ確実に認められません。

自己破産しても損害賠償金が払えない

自己破産は、全ての損害賠償が免責されるわけではありません。特に、不法行為が原因で科せられた損害賠償は、自己破産後も支払い義務が残ります。

自己破産で損害賠償金が払えない例

自己破産後も免責されない損害賠償金には、以下のものがあります。

  • 非免責債権(税金・社会保険料・未払い給料など)
  • 他人の生命や身体を害する不法行為によるもの
  • 養育費・婚姻費用分担義務に基づいたもの
  • 罰金などの請求

金融機関からの借り入れ

損害賠償の金額にもよりますが、あまり高額でなければ金融機関からの借り入れで解決する方法もあります。

金額が多ければ低利で借りられる銀行のカードローンがおすすめですが、審査が厳しい点に注意が必要です。すぐに支払う必要がある人や審査に通るか不安な人は、より借りやすい消費者金融のカードローンが最適です。

損害賠償金が払えない時にそのままにしておくと危険!

もし損害賠償を請求されたら、金額によってはどうしても払えず、多くの人が途方に暮れてしまうでしょう。

しかし、損害賠償が払えなくてもすぐに心配する必要はありません。まずは法律の専門家である弁護士に相談しベストな道筋を示してもらうなど、今回ご紹介した5つの解決法を実行してください。

それでも損害賠償が残ってしまい、支払う必要に迫られているのなら、速やかに解決する方法として金融機関からの借り入れの活用をおすすめします。
上手に活用できれば、損害賠償を払えず放置するよりはるかに低リスクで問題解決が図れます。

はじめて利用する方は必見!便利で賢くお金を借りるためのカードローンガイド」で分かりやすく解説しているので、この記事とあわせてご活用ください。

ここでご紹介した方法を通じて、損害賠償の問題が皆さんの負担にならないことを応援しています。

※記載されている内容は2019年9月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.