カリテミオトップページ > 目的別ローン > 自動車ローン > 自動車ローンの金利を徹底比較!お得に車を購入するにはどこがいい?

自動車ローンの金利を徹底比較!お得に車を購入するにはどこがいい?

更新日:

公開日:2019.10.1

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

一口に自動車ローンといっても銀行やJA、ろうきん、そして車を購入するディーラーまで、さまざまな自動車ローンがあります。
しかし、どの自動車ローンが自分にとっていい選択肢なのか分からないという方も多いでしょう。

そこで今回は、それぞれの自動車ローンの金利を徹底比較し、あなたにとってお得に利用できる自動車ローンが見つかるよう解説していきます。

この記事はこんな人にオススメ!

  • どの自動車ローンにすればいいのか分からない人
  • お得な自動車ローンを探している人

自動車ローンの金利比較!銀行・JA・ろうきんで低金利はどこ?

車の購入を検討する際に多くの人が自動車ローンの利用を考えます。金融機関では銀行、JA、ろうきんといったところが自動車ローンを取り扱っていますが、金融機関によってその金利は大きく違います

それぞれの自動車ローンの金利がどうなっているのか比較していきましょう。

銀行の自動車ローンの金利

まずは銀行の自動車ローンについて見ていきます。メガバンクや地方銀行をいくつか抜粋しています。主な銀行の自動車ローンは以下のようになっています。

自動車ローン 金利
三菱UFJ銀行ネットDEマイカーローン 年1.70~2.45%【変動金利】
ちばぎんマイカーローン 年2.35~2.55%
三井住友銀行マイカーローン 年4.475%【変動金利】
じぶん銀行マイカーローン 年2.2~17.5%【変動金利】
りそなマイカーローン 年3.975~4.475%【変動金利】
住信SBIネット銀行MR.自動車ローン 年2.775~3.975%【変動金利】
しずぎんマイカーローン 年2.4%または年3.4%【変動金利】
北海道銀行マイカーローン 年2.425%【変動金利】
年3.000%【固定金利】
ゆうちょ銀行フリーローン「夢航路」
(受付終了)
年6.0%【固定金利】

銀行の自動車ローンは概ね年2~4%台です。その中でゆうちょ銀行の年6.0%という金利はかなり高いことが分かります。

銀行の自動車ローンで注意したいのが三菱UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行といったメガバンクは日本各地で利用することができますが、地方銀行の自動車ローンはその地域に住んでいる人しか利用できない場合が多くあります。

JAの自動車ローンの金利

次にJAの自動車ローン金利を見ていきましょう。主なJAの自動車ローンの金利は以下のようになっています。

自動車ローン 金利
JAわかやまJAネットローン マイカーローン 年2.150~2.650%【変動金利】
JAレーク大津JAネットローン マイカーローン 年2.350~4.350%【固定金利】
JAみのりJAネットローン マイカーローン 年2.550~4.050%【変動金利】
JA甲府市JAネットローン マイカーローン 年2.050~4.350%【固定金利】
JA東京中央JAネットローン マイカーローン 年1.850~2.250%【変動金利】
年2.800~3.200%【固定金利】
JAなごやJAネットローン マイカーローン 年2.000~3.100%【固定金利】
JAさいたまJAネットローン マイカーローン 年1.850~3.350%【固定金利】

JAも銀行の自動車ローンと同じように、2~4%台の金利設定が多いようです。銀行と比べても固定金利を採用している割合が高く、また固定金利は通常変動金利より高くなりがちですが、JAの自動車ローンは固定金利でも低い金利設定の場合もあるようです。

しかしいくら金利が低くても、その地域に居住している、もしくは勤務している方でなければそのJAの自動車ローンを利用することはできませんので注意しましょう。

JAのマイカーローンについて詳しく知りたい方は「JAマイカーローンがすごい!18歳以上80歳未満まで借入できる?」をご参照ください。

ろうきんの自動車ローンの金利

次にろうきんの自動車ローン金利を見ていきましょう。ろうきんも居住地域によって受けられる金利が変わります

北海道ろうきん
轟ローン
団体会員の構成員 変動金利:年2.60%
固定金利:年3.40%
生協会員の組合員 変動金利:年2.60%
固定金利:年3.40%
一般勤労者 変動金利:年2.60%
固定金利:年3.40%
東北ろうきん
マイカーローン
団体会員の構成員 変動金利:年2.125%
固定金利:1.950%(5年以内)
    :2.350%(5年超7年以内)
    :2.650%(7年超10年以内)
生協会員の組合員 変動金利:年2.625%
固定金利:2.450%(5年以内)
    :2.850%(5年超7年以内)
    :3.150%(7年超10年以内)
一般勤労者 変動金利:年2.625%
固定金利:2.45%(5年以内)
    :2.80%(5年超7年以内)
    :3.15%(7年超10年以内)
中央ろうきん
カーライフローン
団体会員の構成員 変動金利:年2.40%
固定金利:年2.90%
生協会員の組合員 変動金利:年2.00%
固定金利:年3.10%
一般勤労者 変動金利:年3.675%
固定金利:年3.900%
近畿ろうきん
自動車ローン
団体会員の構成員 固定金利:年2.70%または年3.20%
生協会員の組合員 固定金利:年2.98%または3.20%
一般勤労者 固定金利:年3.20%
四国ろうきん
カーライフローン
団体会員の構成員 変動金利:年2.20~2.60%
固定金利:年2.30~2.70%
生協会員の組合員 変動金利:年2.00~3.00%
固定金利:年2.70~3.10%
一般勤労者 変動金利:年2.70~3.10%
固定金利:年2.80~3.20%
九州ろうきん
カーライフローン
団体会員の構成員 変動金利:年2.10~2.60%
固定金利:年2.40~2.90%
生協会員の組合員 変動金利:年2.10~2.60%
固定金利:年2.40~2.90%
一般勤労者 変動金利:年2.10~2.60%
固定金利:年2.40~2.90%
沖縄ろうきん 団体会員の構成員 変動金利:年1.10~4.30%
生協会員の組合員 変動金利:年1.60~4.80%
一般勤労者 変動金利:年1.60~4.80%

このように、各ろうきんによって金利に違いがありますが、多くのろうきんで固定金利か変動金利かを選択できるという特徴があります。

また、適用される金利は、ろうきんに出資のある団体会員かどうかなどで変わってきます。団体会員の構成員であれば、ほとんどのろうきんで金利の優遇を受けることができます。

ろうきんの自動車ローンについて詳しく知りたい方は「ろうきんマイカーローンの優遇される条件|クルーザーも購入できる! 」をご参照ください。

ディーラーローンの金利比較

ディーラーで車を購入するときにローンを勧められることがあります。
こういったローンを「ディーラーローン」と言いますが、ディーラーでそのままローンを申し込むことができ便利な面もあります。そんなディーラーローンの金利はどうなっているのでしょうか。

ディーラー 金利
トヨタ 年7.80%(東京の場合)
日産 年4.90%(ノートの場合)
ホンダ 年3.50%
三菱 年3.90%
スバル 年3.90%
スズキ 年2.90%
ダイハツ 年4.90%
マツダ 年2.99%
フォルクスワーゲン 年2.69%
アウディ 年1.99%~2.99%

ディーラーローンでは下は年1.99%、上は7.80%とかなり幅がありますが、トヨタや日産、ダイハツの金利がかなり高い設定となっていることが分かります。
そのほかも平均的に高いように思えますが、金利が年2%台のディーラーローンであればお得感もあるかもしれません。

しかし、ディーラーローンの場合は手数料も合わせて借り入れ元金とし、ローンの総額を増やされることもあります。こういったディーラーローンには注意が必要です。

中古車のローンの金利

中古車のローン金利は新車に比べて高くなります。中古車販売店のディーラーローンの金利は以下となっています。

中古車販売店 金利
ガリバー 年9.8%
ビッグモーター 年9.9%
ネクステージ 年10.0%

このように、中古車の場合は10%前後の金利となっています。ディーラーローンでは担保として購入した車を取られてしまいますが、中古車の場合は売却しても値段がつきにくいために債権者にとってはリスクが高くなり、金利も高くなっています。

ディーラーローンとその他自動車ローンの比較

ここまで銀行やJA、ろうきんなどの金融機関とディーラーの自動車ローンの金利を見てきましたが、金融機関の自動車ローンとディーラーローンでは、金利面以外での違いはあるのでしょうか。比較した結果が以下のようになります。

ディーラーローン 金融機関の自動車ローン
金利 高い 低い
審査スピード 早い 遅め
審査 通りやすい 通りにくい
必要書類 少ない 多い
保証料 別途の場合あり 保証料なしの商品もある
所有権の取り扱い ディーラーもしくはローン会社 購入者

まずローンを利用する人にとって重要になるのが金利ですが、ディーラーローンの方が平均的に高くなっています。つまりローンを利用したときの支払い総額はディーラーローンの方が高くなるので、審査によほど自信がないなどではない限りは金融機関の自動車ローンを利用すべきでしょう。

また、特筆すべき点として、ディーラーローンを利用した場合に購入した車の所有権は購入者ではありません。これは担保として購入した車を取られているためであり、返済が終わるまで本当の意味で自分のものにはなりません。

しかし、ディーラーローンはディーラーでそのまま申し込むことができ、面倒な手続きもディーラーがやってくれるというメリットもあります。平日に金融機関に行かなければならないということもありません。

その他に審査の通りやすさなど、それぞれにメリットとデメリットはあります。しかし、やはり金利面を考慮すると金融機関の自動車ローンを選択すべきでしょう。繰り返しになりますが、金利面ではあまりおすすめできません。

自動車ローンの審査について

気になる自動車ローンの審査ですが、自動車ローンの審査は以下のような形で行われます。

  1. 仮審査
  2. 本審査

それぞれの審査基準について確認していきましょう。

仮審査

仮審査では自動車ローン利用者が申し込みの際に渡した情報をもとに社内判断で行われます。主に以下の情報が見られます。

  • 本人の情報
  • 収入が安定しているか
  • 返済能力

本人の情報とは、住所や氏名、年齢、電話番号等の記載に間違いがないか、住居は賃貸か持ち家かなど個人の情報について判断が行われます。

収入が安定しているかどうかは、職種や正社員・契約社員などの契約形態、勤続年数、年収などを総合的に見てこれからの収入の安定性も判断されます。

そして返済能力がローン審査においては最も重要な要素になりますが、自動車ローンでは返済期間が長くなり、継続的な返済能力が必要となります。毎月返済できる余力があるかを見られます。

本審査

仮審査を通過すれば本審査に移ります。仮審査と本審査の一番の違いは、信用情報の照会を行うかどうかです。信用情報の照会では主に以下のようなことを調べます。

  • 過去の契約情報
  • 現在の借入額・返済状況
  • 債務整理等の有無

信用情報の照会をすることで、ローンの申し込み者がちゃんとお金を返してくれるのかをチェックします。よって、過去にクレジットカードやローンの支払いに延滞の履歴が残っていれば、自動車ローンのような高額で低金利のローンの審査は通過できなくなります。

アルバイト・パート・学生

アルバイトやパート、学生でも自動車ローンに申し込むことはできるのか?と不安な方もいるかもしれませんが、これは各自動車ローンによって対応が分かれます。

アルバイトやパート、学生は申し込むことができないという自動車ローンもあれば、申し込むことができる自動車ローンもあります。
しかし、申し込むことができたとしても、収入の多い少ないや安定性をチェックされるため、利用限度額が制限される可能性があります。

申し込むことができる自動車ローンを見つけても全額ローンというのは難しいかもしれないので、ある程度頭金を用意してローン希望額を抑えるような工夫をしましょう。

おすすめの自動車ローンとは

ここまで各自動車ローンの金利や金融機関とディーラーの自動車ローンを比較してきましたが、それらを参考にしながら、ここまでに出てきていないものも含めておすすめの自動車ローンを紹介していきます。

三菱UFJ銀行 ネットDEマイカーローン

三菱UFJ銀行 ネットDEマイカーローンは変動金利で、年1.70~2.45%と銀行の自動車ローンの中でも非常に低金利という面でおすすめです。審査によって金利は決定しますが、上限の年2.45%であっても魅力的な金利です。

これだけの低金利、そして自動車ローンということもあり高額な借り入れとなるので、審査は厳しいと想定できますが、審査に通ればこれ以上の自動車ローンはないと言ってもいい自動車ローンです。

融資上限額は1,000万円となっているので、新車を購入するには十分な融資を得ることができます。

損保ジャパン日本興亜「ジャパンダ・ネットマイカーローン」

損保ジャパン日本興亜「ジャパンダ・ネットマイカーローン」は今回の解説には触れていませんが、大手保険会社が提供する自動車ローンであり、金利が年1.90~2.85%と三菱UFJ銀行の自動車ローンと同じくらいの低金利が魅力です。

融資上限額は1,000万円と余裕を持って借りることができ、また、借り入れ期間が6ヶ月~10年と自身の支払い能力に合わせて幅広く選択することができます。

横浜銀行「マイカーローン」

横浜銀行「マイカーローン」は変動金利1.25~2.30%と、こちらも非常に低金利な自動車ローンとなっています。
借り入れ額によっても金利が変わりますが、199万円までの借り入れでも年2.3%の金利で利用できます。

年2.3%でも低金利ですが、さらに横浜銀行で「住宅ローン+給与振込」の利用がある場合には、199万円までの借り入れであっても年1.6%の金利で借りることができます。

しかし、これだけ魅力的な横浜銀行の自動車ローンですが、地方銀行という点において横浜銀行のある神奈川県周辺(神奈川県、東京都一部地域、群馬県一部地域)に住んでいる、または勤務している人しか利用することができませんので、利用者は限られます

自動車ローンの申し込みの流れ

自動車ローンの申し込みは、インターネットで完結できる場合と窓口へ行かなければならない場合があります。
三菱UFJ銀行のネットDEマイカーローンであれば持っている口座を利用することでインターネットで完結できます。その一方で地方銀行では窓口に行かなければならないことも多いです。

申し込みの流れは以下のようになっています。

  1. 申し込み
  2. 必要書類を提出し、審査の開始
  3. 審査の結果通知
  4. 契約手続き
  5. 融資開始

まず各申し込み方法に従って申し込みを行い審査の申請をします。申請が完了したら必要書類を提出することで審査が開始されます。
そして、無事審査に通過すると商品内容の再確認が行われ、問題がなければ契約手続きをし、融資という流れになります。

必要書類

上記の流れの中で重要になるのが必要書類の提出です。自動車ローンの申し込みの際に必要となる書類は以下の通りです。

本人確認書類 運転免許証、パスポート、マイナンバーカード、住基カードなど顔写真付きの公的証明書類いずれか1点
資金使途確認書類 購入する車の見積書、契約書、注文書など資金の用途が確認できるもの
収入証明書 源泉徴収票、住民税決定通知書、所得証明書、確定申告書など所得を証明できる書類いずれか1点

必要書類は申し込む自動車ローンによって違いはありますが、上記の3点はほぼ必要になります。収入証明書類は利用限度額によっては不要な可能性もありますが、用意しておいて損はないでしょう。

他にも自動車ローンによって必要書類が追加で出てくる場合もあるので、あらかじめ準備しておきたいのであれば、申し込み予定先に問い合わせて必要書類を確認しておきましょう。

自動車ローンの金利を比較してお得に購入しよう

自動車ローンは申し込むローンによって金利に大きな違いがあります。JAやろうきんは居住している、もしくは働いている地域によっても違いがあるので、その地域で金利が低いのであれば利用してもいいでしょう。

しかし、基本的には銀行の自動車ローンが平均して金利が低い傾向にあります。今回紹介した三菱UFJ銀行ネットDEマイカーローンや横浜銀行「マイカーローン」は非常に低金利で魅力的ですが、その分審査が厳しいことも覚悟しておきましょう。

ディーラーローンは金利が高い場合が多いので、金利面ではあまりおすすめすることができません。しかし、手続きが楽なことや金利面以外のメリットもあるので、そちらを重視する場合には検討してみましょう。

今回は金利に重きを置いて比較していきましたが、低金利を重視するのであれば、この記事で紹介した3つの自動車ローンがおすすめです。ぜひ検討してみてください。

※記載されている内容は2019年10月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.