カリテミオトップページ > お金を借りるための基礎知識 > カードローンの審査について > 審査なしでお金を借りる方法はあるの?金融機関の審査について

審査なしでお金を借りる方法はあるの?金融機関の審査について

公開日:

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

「金融機関で行われる審査に通るか不安。審査を受けないで済む方法ってあるのかな?」

銀行や消費者金融など金融機関からお金を借りる前の段階で、必ず行われる「審査」という制度に対して不安を感じている人も多いのではないでしょうか。
できれば審査を受けずにお金を借りたいと思うのは当然のことですが、実は審査なしでお金を借りることはできません

ですが、心配は無用です。ここでは審査に落とされる原因と、それを踏まえた審査に通過しやすくなるコツをご紹介します。

この記事はこんな人にオススメ!

  • 初めて金融機関からお金を借りる人
  • お金が必要で審査に通るか不安な人

審査なしでもお金を借りることはできるのか

お金が借りられる金融機関といえば、銀行あるいは消費者金融といった貸金業者のどちらかいずれかに分けられます。
ただし、提供されるサービスや経営内容などさまざまな違いがある両者ですが、借り入れを求める申込者に対してはどちらも必ず「審査」を実施しています。

では、この審査を受けずに業者からお金を借りることはできるのでしょうか?
その答えは、結論から言うと不可能なのです。

審査の目的とは

金融機関が申込者に対しお金を貸し出す事前段階で審査を行う主な目的は、その申込者にどの程度の返済能力があるかを見極めるためです。

返済能力とはその名の通り、借り入れた資金を正しく貸し手側に全て返済できるかどうかで、これは収入状況や職業と勤続年数、所有する資産状況などから判断されます。
そして、それを確認する方法として「審査」という作業が行われているのです。

金融機関が懸念する「貸し倒れ」のリスク

厳しい審査を行う背景には、金融機関が最も恐れる「貸し倒れ」というリスクの存在があります。

貸し倒れとは、貸したお金が貸し手側に戻らない状態を指し、これはお金を貸す側にとって著しいリスクとして警戒されています。
お金を貸すことによって、そこから利子を得て収益を上げる金融機関にとって、利子だけでなく貸した元本が返ってこないことは収益が全くないことを意味します。

「お金を貸す=貸し倒れが常につきまとう」といっても言い過ぎではなく、こうしたリスクを軽減する目的から、金融機関では基準を設けた上で審査しています。

お金を借りるには審査が必須

上述した「貸し倒れ」というリスクを軽減すべく、各金融機関では借り入れの申請を行った申込者に対し、会社毎の規定に基づいた審査を実施しています。

つまり、審査なしで金融機関からお金を借り入れることは不可能であり、お金を借りたいのであれば必ず審査を受けなくてはいけません。

お金を借りたいけど審査に通るか不安!審査で見られるポイントを確認しよう

金融機関で行われている審査では、各機関で独自に設定した基準に基づき申込者の返済能力などをチェックしており、この基準は非公開です。
ただし、明確な基準は公表されていませんが、一般的に次のような基準が審査時に重視されていると言われています。

  • 安定収入があるか
  • 安定した職業を持っているか
  • 現在の職業の勤続年数
  • 他者(金融機関など)からの借入状況
  • 過去に金融事故を起こしてはいないか

安定収入があるか

審査の合格は、借り入れに対し適切に返済できるかどうかにかかっています。そして、これを確実に満たす基準が、安定収入があるかです。
ここでいう安定収入とは、月収や年収の金額の高さではありません。あくまでも、毎月決まった収入を定期的に受けているかを指します。

従って、なにも正社員である必要はありません。フリーターや非正規雇用の方でも、毎月決まった日に収入があればそれが安定収入とみなされます。

勤続年数

審査では、現在どういった職業に就いているかが確認されるとともに、その職業に在職してからの勤続年数も確認されています。

一般的に、同じ職場に長く勤めているほど安定した職業を持つとみなされ、信用度が高まります

逆に、勤続年数が1年未満など極端に短いと「すぐに転職をするのでは?」と判断されやすく、収入が多くても審査では不利になります。

他社からの借入状況

審査を行う金融機関ではお金の借り入れ申込者に対し、現在までに他社から同様の借り入れを行っていないかをあわせて確認しています。

例えば、複数の業者から一度にお金を借りていると、これは毎月多額の返済に迫られている多重債務者と判断されやすくなります。多重債務者は、通常と比べて審査で落ちやすい点に注意しましょう。

このように他社からの借入状況は、審査で最も重視される基準の一つです。
特に、何件の会社から一度に借り入れしているかを各社は重視しており、これを他社借入件数といいます。

他社借入件数とそれが審査に与える影響については「「他社借入件数」として数えるべきもの|審査に与える影響と通過方法」で解説しているのでご覧ください。

金融事故を起こしてはいないか

お金を貸し出す金融機関にとって最も避けたい顧客の一つに、過去に「金融事故を起こした人」というのがあります。

金融事故とは、返済を滞らせたり故意に滞納したり、あるいは自己破産といった手続を経て免責を受けることを指します。これらの個人情報は、全て信用情報機関に登録・保管され金融機関は審査時にこの情報を閲覧することができます。

審査でこの事実は必ず把握され、これにより「お金を返してくれない要注意人物」として警戒されます。

審査を通過するためのポイント|お金を借りるために信頼度を上げる

明確な基準が分からないゆえ、確実に合格できる保証はありません。
ただし、いくつかのポイントを踏まえた対策を行っておくことで、合格できる確率は上げられます。

申し込み時の個人情報は正確に

申し込み時に提出する書面には、氏名や住所、連絡先や勤務先、年収などを全て記載します。このときに記入する情報に誤りがあると、単なる記入ミスであっても審査を打ち切られる可能性が出てきます。
理由を問わず審査が打ち切りとなると、今後その金融機関からの借り入れは難しくなるので注意が必要です。
この審査に落ちた事実も信用情報に登録され、他社にもその情報が共有されます。

また、審査に通るために年収を高めに申告したり勤務先にうその情報を書いたりする人がいますが、これもバレた段階で信用を著しく傷つけるので、正確な情報で申告してください。

転職直後は要注意

お金の借り入れを申請する際のタイミングとして、勤続年数が短くなる転職直後はまさに最悪な時期の一つです。特に、銀行から借り入れる場合ほどこの点に注意しておきましょう。

おおよその目安として、消費者金融から借りるのであれば半年以上、銀行から借りるのであれば2~3年程度の勤続年数を確保してから申し込んでください。

他社からの借金はできるだけ返しておこう

複数の金融機関から借り入れていると、借り入れの総額と件数によっては審査で断られる可能性が高くなります。

例えば300万円を借りる場合でも、3社から100万円ずつ借りるより1社から300万円を借りた方が信頼度が高いと判断され、他社借入があっても審査に通りやすくなります。
つまり、借入金額が少ない方から先に返済して件数自体を減らせば、他社借入中でも審査に通る確率を底上げできるというわけです。

なお、消費者金融から借りる場合のみ「総量規制」という制度によって借入総額が年収の3分の1に制限される点にご注意ください。

金融事故を起こしている場合

借金の返済を滞納し続けるといった金融事故は、全て信用情報に5~10年間にわたって登録されています。
審査では当然この情報もチェックされており、審査落ちはほぼ確実にこの点が原因です。登録期間を縮める方法はなく、登録が削除されるまで耐えるしかありません。

情報が残っていても貸してもらえる可能性はわずかながらにあります。それでも、通常と比べて著しく可能性は低いので、どうしてもお金が必要なら他の方法で工面した方が良いでしょう。

一度に何社も申し込みすると審査に通らない可能性がある

金融機関に借り入れの申し込みを行った事実もまた、信用情報に全て登録されています。
短期間(一般的には1~3ヶ月以内)に3社以上の業者に申し込みをしていると、情報を確認した業者側に「よほどお金に困っているのでは?」とみなされてしまい、結果的に審査で落とされるなど不利になる可能性があります。

これを「申し込みブラック」といいます。

申し込みブラックについて、どうしたらそのような扱いになるのか、そしてそうなった場合でもお金を借りられる方法などを「申し込みブラックでも消費者金融で借りられる!その方法は?」でまとめました。こちらもあわせて活用ください。

まとめ|審査なしでお金を借りるのは不可能。申し込み前に対策を打とう

今回は、借り入れの際に必ず行われる審査について、審査なしでお金を借りられるかどうかを詳しく解説してきました。

その結論として、審査なしで金融機関からお金を借りる方法はありません。お金を借りるのなら必ず審査を受ける必要があります
審査に合格する自信がある方なら、全く問題はありません。

一方、過去に金融事故を起こしたことがあったり、審査に通るだけの基準を満たせずにいたりする人も多くいらっしゃいます。
そんな人は、まずは審査に通りやすくする方法から始めてみましょう。焦らず慎重に対策を重ねることで、遠からず必ずお金を借りられるようになります。

ただし、ヤミ金には絶対に手を出してはいけません。つい甘い言葉に誘われがちですが、契約してしまったが最後、大変なリスクを伴うことになります。
ヤミ金を絶対に利用してはいけない理由やリスク、利用した場合の対処法について「ヤミ金からお金をかりるのは絶対にダメ!リスクと借りた場合の対処法」の記事でもご紹介していますので、こちらもぜひチェックしてみてください。

※記載されている内容は2019年10月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.