カリテミオトップページ > 費用が払えない・滞納 > 国民健康保険料が払えない!差し押さえ前にすべきこととは

国民健康保険料が払えない!差し押さえ前にすべきこととは

公開日:

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

「健康保険料が払えなかったら、どんなペナルティーを課せられてしまうんだろう⋯⋯」

病院でかかるけがや病気の治療費を補ってくれる国民健康保険は、万が一の際の強い味方です。ところが、国民健康保険の保険料が払えないという人が急増しています。

国民健康保険料が払えなかったら、どんなペナルティーを課せられるのでしょうか?
この記事では、最も厳しい「差し押さえ」という処分を受ける前にぜひ実行しておきたい対処法を解説します。

この記事はこんな人にオススメ!

  • 国民健康保険料を滞納している人
  • 国民健康保険について知りたい人

国民健康保険料を払えないと起こり得る問題と解決方法

加入の義務がある国民健康保険の保険料を支払わないと後々にトラブルになる可能性があります。

やむを得ない理由での未納であったとしてもペナルティーが課せられ、最終的には差し押さえといった厳しい処分が下されることもあります。

ここでは、国民健康保険料を払わないことで起こる問題と、その対処法を解説していきます。

国民健康保険料の分納中に預貯金が差し押さえられた場合

厚生労働省では、「1ヶ月ごとに10万円と、滞納者と生計を一にする配偶者や親族があるときは、1人につき4万5,000円を加算した額は差し押さえることはできない」と、差し押さえに関する制限を設けています。 万が一、保険料を分納中で差し押さえの処分を受ける直前の人は、必ずこの規定を確認して申告しましょう。

以下は東京都江戸川区の「保険料の滞納」に関する自治体の公式ページです。

国民健康保険料の未払いで保険証が取り上げられた場合

保険証がなければ、病院での医療費は全額自己負担です。統計によると、経済的な理由による手遅れ死亡事例のうち実に全体の47.7%が、無保険・資格証明書・短期保険証であるということが判明しています。

保険証を取り上げられてしまうケースに追い込まれてしまった場合、各市町村役場内の国保課へ現状保険料が払えない理由を申告してください。

健康保険を適用した3割負担すら払えない人

国民健康保険加入者が診療を受けた際の窓口負担を払えない場合、「一部負担金減免制度」を活用できます。この制度が適用されることで、自己負担分の免除、減額、猶予のいずれかの処置が受けられます。ただし、「災害や失業などによる所得減少など一定の基準を満たしている」必要があるのでご注意ください。

国民健康保険料が払えないときにしてはいけないこと

失業など経済的な理由から、国民健康保険料をどうしても払えないという人は少なくありません。
払えない場合の対処について知る前に、まずはやってはいけない行為を覚えておきましょう。

最もしてはいけないのが「放置すること」

未納中に絶対にしてはいけない行為が「放置すること」です。役所からの督促の連絡を無視し続けていると、たとえやむを得ない理由があったとしても、「悪質な滞納者」とみなされます。

悪質と判断された滞納者には、預貯金や資産、保険の差し押さえという厳しい処分が適用されます。

虚偽報告

保険料の減免や分割といった対応をしてもらいたい思いから虚偽報告し、それがバレてしまった場合、その後一切相談や救済が受けられなくなります。

その場しのぎのうそでごまかすのは、絶対にやめましょう。

国民健康保険料が払えない場合に役立つ制度

やむを得ない理由から保険料が払えないという人には、さまざまな救護制度が用意されています。

ここでは、支払う期間や支払額、支払い方法に対して実際に適用される可能性がある制度をご紹介します。

健康保険の支払いを遅らせてもらえる徴収猶予

「国民健康保険法」という法律では、特別な理由から支払いが困難と認められた人に対して保険料の支払いを一定期間待つ「徴収猶予」が設けられています。この中の「特別な理由」と申請方法などは、各自治体で異なります。

まずは、お住まいの自治体の基準を調べましょう。

国民健康保険料の支払額を変更できる免除制度

国民健康保険法では、支払いが困難と認められた人に対する減額および減免の制度を設けています。

減額制度

前年の世帯収入の合計が一定以下の場合、7割・5割・2割のいずれかの割合で保険料が減額されます。源泉徴収ではなく確定申告を済ませている世帯であれば、別途申請なしで自動的にこの制度が適用されます。

減免

減免とは、各自自体が条例でその内容や適用条件を定めている制度です。生活が困窮している世帯や災害による被害を受け収入が減少している世帯などに対し、それぞれの自治体が定めた基準によって保険料の一部減額もしくは免除されます。

国民健康保険料を分割で払うことも可能

減免などの対象に認められなかったとしても、あきらめてはいけません。

ほぼ全ての自治体では、保険料を支払う意思を示しているにもかかわらず払えない未納者に対し、「滞納分を今後どのようにして支払うのか」や「いくらであれば支払えるのか」といった申告を元に、分割払いを認める救済対応を行っています。

分納は注意が必要

未納分を分割して支払う分納は、未納者の負担を一時的に減らす方法です。ただし、分納を受けたからといって安心していいわけではありません。

分納は、あくまでも滞納した保険料の支払いを後回しにしているだけです。また分納の対象分には、延滞金が加算されます。一時的に支払いを避けられたとしても、将来的な負担額は増えるので注意しましょう。

もし分納が認められても、正式な金額を納められるよう収入を早急に確保するか、もしくは家族の扶養に入って負担を減らすべきです。

国民健康保険料が払えないときの対処法

国民健康保険料がどうしても払えないとき、実行しておきたい対処法をご紹介します。

扶養に入る

保険料を払うだけの収入がないのなら、家族の扶養に入るのも一1つの手段です。扶養にはいることで、扶養人が加入する健康保険に家族として含めてもらえます。
ただし、扶養を受けるためには、3親等以内の親族であること、年収が130万円未満であり家族の年収が2分の1未満であることが条件です。

保険料の負担はなくなりますが、その分扶養人の負担が増す点にご注意ください。

役所へ払えないことを相談する

国民健康保険料を払えないときは、支払う意思はあるがどうしても払えないことを伝え、その上で具体的な返済計画を申告しましょう。

金融機関から一時的に借り入れる

利用には計画性が求められますが、督促状がすでに届いている場合、問題解決の方法として金融機関からの借り入れが有効です。
主な借入先は、次の通りです。

  • 銀行・信用金庫などのフリーローン・カードローン
  • 信販会社のクレジットカードのキャッシング枠
  • 消費者金融のカードローン
銀行 クレジットカードのキャッシング枠 消費者金融カードローン 備考
金利 金利は銀行が最も低利なので、気にする人におすすめ
審査難易度 × △(※) 消費者金融の審査難易度は低いため、審査に不安がある人におすすめ
審査スピード ×(※) 最も審査スピードが早いのが消費者金融なので急ぐ人におすすめ
利用のしやすさ 利用のしやすさは全体的に「〇」。クレジットカードにキャッシング枠が付与されていれば最も利用しやすい
無利息期間 × × 大手消費者金融の多くが初回契約に限り無利息期間を設けている。短期的な利用を考えている人におすすめ

(※)キャッシング枠は再審査が必要となったケースを想定

全てのクレジットカードにキャッシング枠が設けられているわけではありません。キャッシング枠の申請には再審査が必要で、その分だけ時間もかかります。

その際は他の借入先を活用すべきですが、保険料を延滞している状況で銀行の審査に通るのは難しいです。そのため、消費者金融カードローンでも特に利用しやすい「アイフル」をおすすめします。

アイフルでは、公式サイトに「診断ページ」を設けており、このページを使うことで事前に審査に通るかどうかある程度の確認ができます。それ以外のさまざまな魅力については、「アイフルの審査から融資までの流れを徹底解説!」でご確認ください。

国民健康保険料は結局は払うしかない

保険料の支払いを免れることはほぼ不可能です。

払えない場合、まずはいくらなら払えるのか、いつまでに正規の金額を払えるようになるのかなど誠意があることを役所に伝え、その上で救済措置を取ってもらいましょう。

それでも「今の状況を早く解決したい!」という人には、消費者金融からの一時的な借り入れをおすすめします。

初めて利用する方は必見!便利で賢くお金を借りるためのカードローンガイド」で紹介しているコツを活用すれば、未納を解決できるかもしれません。こちらもぜひご覧ください。

※記載されている内容は2019年10月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.