カリテミオトップページ > 費用が払えない・滞納 > 一人暮らしを始めたいけどお金がピンチ!すぐに始める方法とは?

一人暮らしを始めたいけどお金がピンチ!すぐに始める方法とは?

公開日:

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

「そろそろ自立して一人暮らしを始めたいけれど、お金はできるだけ節約したい!」

親元から離れて一人暮らしを通じて自立を目指す場合にどうしても問題になるのが、お金がかかるという点です。一人暮らししたいけれどお金がどうしてもピンチで思うようにいかないとき、何か良い手段はないのでしょうか?

この記事では、できるだけ早く一人暮らしが始められる対策法を紹介し、すぐにでも自分だけで環境が手に入れられるように情報をお伝えしていきます。

一人暮らしに最適なローンを選ぶときに大切な4つの条件があり、それを満たすのはプロミスです。そのことも詳しく解説していきましょう。

この記事はこんな人にオススメ!

  • 一人暮らししたいけどお金が厳しい人
  • 一人暮らしにかかる費用を知りたい人

一人暮らしのためのローンを組む前に確認!かかる費用は「47~93万円」

家を借りるための費用をはじめ、さまざまな費用が必要な一人暮らしでは、実際にどの程度の額を見込んでおく必要があるのでしょうか。
一般的な相場として見た場合、次のようになります。

項目 費用
住居を借りる費用 29~50万円
新生活に必要な家具・家電の購入費用 13~33万円
引っ越し費用 5~10万円
合計 47~90万円

上記はあくまでも相場であり、実際の費用は引っ越し先の居住形態(マンション・アパートなど)、購入する家電の種類と質、引っ越し先までの距離などによって変わります。

一般的な一人暮らし時にかかる際の費用の合計は47~93万円程度です。すでに定収入がある人なら問題ありませんが、学生にとっては即金で確保するのがやや難しい額かもしれません。

住居を借りるときにかかる費用

一人暮らしの費用で最も高額なのが、住居(マンションなど)を借りるための費用です。部屋の間取りや広さなどさまざまなタイプの賃貸物件がありますが、ここでは家賃7万円の物件を借りる場合にかかる費用を紹介していきます。

まずはその内訳を表にまとめました。

項目 費用
仲介手数料 7~14万円
部屋を予約するための空家賃 7~14万円
前払い家賃 7万円
敷金(保証金)・礼金 7~14万円
火災保険料 5,000円
管理費(カギ交換など) 5,000円
合計 29~50万円

ご覧のように、住居にかかる費用が全体的に高い額を示していることがお分かりいただけると思います。実際に一人暮らしを始める際には、住居を確保した上で借りるための費用が最も高額になりがちです。またこのときに注意しておきたいのが、「仲介手数料」です。

仲介手数料とは、物件を紹介してくれた不動産屋に対して支払う謝礼的な意味合いの費用で、通常は家賃の1~2ヶ月分程度になります。

このほかにも、多くの単身者向け賃貸物件では火災保険の加入を義務付けており、その費用の負担が必要です。また、借りる物件が中古であれば、前回居住者が使用していた扉のカギを交換する費用も求められます。今後のセキュリティーを考えれば必要なものですから、やむを得ないでしょう。

家具・家電の購入費用

快適な生活を送る上で欠かせない家具や家電の購入費用についても、見ていきましょう。
ここでは、一般的な一人暮らしで必要な家具・家電を用意した場合の平均的な費用を紹介していきます。その内容を表にまとめましたので、ぜひご自身の一人暮らしの参考にしてみてください。

家具
家具の項目 平均費用
ベッド 1~3万円
ソファー 2~5万円(2人掛けタイプ)
テーブル 5,000~2万円
椅子 3,000~1万円
カーテン 5,000~1万円
合計 4万3,000~12万円
家電
家電の項目 平均費用
テレビ 2~5万円
洗濯機(5kg) 1~3万円
冷蔵庫(150L) 1~3万円
炊飯器(3合炊き) 5,000~1万円
電子レンジ 5,000~2万円
掃除機 5,000~2万円
エアコン 3~5万円(※)
合計 8万5,000~21万円

※部屋に据え付けの場合は不要

まず家具についてですが、比較的新しい物件であれば、収納やベッドなどの設備を標準で設置しているところもあります。従って、設置されている分の家具の費用は節約が見込めます。

家電も同様で、よほど古いタイプの物件でない限りエアコンや小型の冷蔵庫は据え付けられている所も多く、こうした物件ではその分の費用を節約できます。

生活費もかかる

冒頭で平均的な一人暮らしにかかる費用の総額を40~90万円程度とご紹介しました。
ここには、家賃や家具家電の費用だけでなく、生活にかかるさまざまな費用が全て含まれています。その具体的な費用の内訳は、以下の通りです。

  • 家賃
  • 水道代・電気代・ガス代(水道光熱費)
  • 食費・外食費
  • 交通費
  • 電話代
  • 消耗品費
  • 洋服・電化製品などの購入費
  • 遊興費
  • 保険料

たとえ一人で生活する場合でも、これだけの費用がかかります。
こうした費用を全て自分で負担するとなると、結果的に慢性的な金欠に陥り生活費が足りなくなってしまうことも考えられます。

なぜそういった状況に陥るのか、その原因と具体的な対策について「慢性的に生活費が足りない場合は特に注意!その理由の明確化と解決策」でまとめました。一人暮らしを検討している人は、参考にしてください。

一人暮らし前後の節約術|お金を浮かせてローンを組みやすくする

近い将来に一人暮らしを検討しているのであれば、その前の準備段階で節約を行いお金に余裕を持たせておけば、その後の生活にもゆとりを持たせられます。

逆に、一人暮らしをしてから節約を始めるとします。この場合、すでに一人暮らしをするのに必要なさまざまな費用の負担に迫られているためなかなかうまくいかず、結果的に金欠状態に陥りかねません。

一人暮らしを始めていてすでにこうした金欠の状態に陥っている人を対象に「今月ピンチ!金欠時の給料日までの乗り切り方!節約して即金を作る」のページで役立つ節約術や金欠でも生活できるコツをまとめたので、ご活用ください。

一人暮らしのお金がピンチのときに最もおすすめなローンとは

一人暮らしを始める上で準備資金が用意できないのなら、ローンを使う方法も一つの手段です。ただ、一人暮らしの資金を確保する目的でローンを使用するなら、次の4つの大切なことを踏まえて選びましょう。

  • さまざまなことにお金がかかるので「使途が自由であること」
  • 急遽お金が必要になるケースが多いため「スピード融資に対応していること」
  • ローン利用に当たって「維持費がかからないこと」
  • いつでもどこでも借入返済ができるように「利便性が高いこと」

一人暮らしに最適なローンの条件

では、実際に一人暮らしの資金を確保するためにローンを使用する上で最適なローンの条件とその理由について、詳しく見ていきましょう。

使途が自由であること

ローンの中には、融資されるお金の使途を限定しているものがあり、当然ですが指定されている用途以外に使うことが認められていません。

一人暮らしの資金として借りても、生活スタイルによっては遊興費など別の目的にお金を充てる可能性があります。こうした使途に充てることも想定して借りるのなら、使途が制限されていないローンを活用してください。

代表的なものとして、消費者金融のカードローンや銀行のフリーローンなどがあります。

スピード融資に対応していること

一人暮らしで慢性的な金欠に陥っている人の中には、電気代や水道代、家賃を払えず滞納している人もいるでしょう。こうした場合、すぐに支払わないと停止や退去を求められかねません。

できるだけ迅速に支払うためにも融資が早いローンを選びましょう。即日審査や即金が強みの消費者金融カードローンが、この場合は最適です。

維持費がかからないこと

ローンを通じてお金を借りた場合、額と借入期間に応じて利息が発生します。この維持費も意外と無視できない存在ですから、できるだけ維持費がかからないローンを選んでください。

大手消費者金融のローンの多くが「無利息期間」を設けています。短期借入を想定してこれらを使えばその分だけ維持費を節約できます。もちろん、年会費がかかるようなものはおすすめできません。

利便性が高いこと

どれだけ好条件なローンであっても、借りられる場所が限定されているものや返済に手間が必要なものほど、後々で面倒に感じがちです。ローンを利用するのなら、借りやすく返済しやすい利便性の良いものを選びましょう。

銀行カードローンやクレジットカードのキャッシング枠、あるいは消費者金融のカードローンであれば、それぞれインターネット申込やコンビニATM、口座振込に対応しています。また、返済も同様にインターネットやATMから実行できおすすめです。

全ての条件を満たすなら「プロミス」がおすすめ!

上述した4つの条件を全て満たすローンとして、ここでは「プロミス」を強くおすすめします。
大手消費者金融ならではのきめ細かいサービスや充実の利便性と安全性は計り知れなく、特に初めて借り入れを利用する人に最適です。

プロミスの借り入れについてもっと詳しく知りたいという人へ「プロミスの審査から融資までの流れを徹底解説!」というページを用意しました。こちらもぜひ参考にしてください。公式ページでは返済シミュレーションもできるので、やっておいて損はありません。

ローンなら一人暮らしをすぐに始められる!

今回は、一人暮らしにかかる費用の内訳と、お金がどうしても用意できない際の解決策について詳しく紹介しました。一人暮らしは、お金がかかって当然です。ただ、本当に必要な要素を見極めた上で事前に準備を行えば、費用をできるだけ節約できます。

ただ、どれだけ準備を万全にしてもお金が足りず金欠になる場合もあります。「お金がどうしても足りない!でも早く一人暮らししたい!」という思いを実現するのであれば、消費者金融のカードローンを使った借り入れという手段を、ぜひ検討してみてください。

借り入れというとちょっと怖いというイメージもありますが、一時的な借り入れとして計画性を持って利用すれば、無利息期間や即金融資といったメリットを余すところなく手に入れられます。

快適な一人生活を始め、続けるためにも、ぜひ今回紹介した方法をうまく活用してください。

※記載されている内容は2019年10月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.