カリテミオトップページ > 事業性融資ローン > ビジネスローン > アイフルビジネスローン「事業サポートプラン」をわかりやすく解説!

アイフルビジネスローン「事業サポートプラン」をわかりやすく解説!

公開日:

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

「事業資金が必要だけど、アイフルの事業サポートプランってどうなんだろう」

事業資金を用意する際に銀行の融資を利用すると、手間が多く時間もかかってしまいます。審査が厳しく、審査に通る自信がない人もいるでしょう。そんなときに候補になるのがノンバンク系の事業者ローンです。

そこで今回はアイフルのビジネスローン「事業サポートプラン」について解説していきます。事業サポートプランの基本情報や特徴、魅力はもちろん、不動産担保ローンについてもお伝えしましょう。

この記事はこんな人にオススメ!

  • アイフルの事業サポートプランを検討している人
  • ノンバンク系のビジネスローンを探している人

アイフルのビジネスローン「事業サポートプラン」とは

消費者金融のアイフルは、個人向け貸付以外にも法人・個人事業主向けの事業融資も行っています。それが「事業サポートプラン(無担保ローン)」です。このローンであれば、自営業者や個人事業主の方でも保証人・担保不要で借りられます。

事業サポートプランには、個人プランと法人プランがあり、無担保ローンの他に不動産担保ローンもあります。どちらのローンも、資金は事業用途にしか使うことができません。

事業サポートプラン(無担保ローン)の基本情報

【事業サポートプラン(無担保ローン)の商品概要】
個人向けプラン 法人向けプラン
対象 個人事業主 法人
限度額 1〜500万円
金利 3.0〜18.0%(実質年率)
遅延損害金 20.0%(実質年率)
返済期間 最長10年(120回)
資金使途 事業資金(運転・設備投資資金)
返済方式 ・借入後残高スライド元利定額リボルビング方式
・元利定額返済方式
・元金一括返済方式(カードローン可)
・借入後残高スライド元利定額リボルビング方式
・元利定額返済方式
・元金一括返済方式
担保・保証人 原則不要 代表者の連帯保証…原則必要
担保・第三者連帯保証人…原則不要

限度額や金利など基本的な部分では個人・法人ともに共通です。しかし、法人の場合は代表者が連帯保証人になる必要があるなど、細かい部分での違いがあります。

事業サポートプランの特長

事業サポートプランの特長は、以下のようなものがあります。

  • リボルビング、分割、一括から選べる3つの返済方式
  • 個人事業主ならカードローン方式の返済が便利
  • アイフルATMや提携ATMで出し入れ自由
  • カードローン方式であれば、限度額の範囲内で何度でも借入可能
  • 個人向けと法人向けでローンを区別する

法人・個人プランで必要書類が違う

個人向けと法人向けでは必要書類に違いがあるので注意が必要です。それぞれの必要書類は以下の通りです。
個人プラン 法人プラン
・確定申告書
・事業内容確認書
・本人確認書類
・決算書2期分
・商業登記簿謄本
・代表者の本人確認書類

不動産担保ローンは最大1億円融資

無担保ローンでは最大500万円までの融資です。しかし「不動産担保ローン:事業サポートプラン」では最大1億円の融資を受けることができます。無担保ローンに比べて金利も下がりますが、他社の不動産担保ローンと比較すると上限金利は高い傾向にあります。

【不動産担保ローン:事業サポートプラン】
限度額 100万〜1億円
カードローン(個人事業主のみ利用可)は100〜2,000万円
金利 3.0〜12.0%(実質年率)
遅延損害金 20.0%(実質年率)
返済方式 元金一括返済方式
返済期間 最長10年(120回)
担保・保証人 担保…土地・建物(不動産)
保証人…法人の場合は代表者の連帯保証原則必要

不動産担保ローンは、不動産という担保がある代わりに大きな金額の融資を受けることができます。
通常よりも低い金利で借りることができるため、不動産を所有していて、大きな金額の融資を必要としているのであれば不動産担保ローンはおすすめです。

アイフルビジネスローンの魅力

アイフルビジネスローンの魅力や、利用するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。無担保ローンと不動産ローンの魅力について解説していきます。

事業サポートプラン:無担保ローンの魅力

無担保ローンの魅力には、以下のようなものがあります。

  • 総量規制の対象外
  • 借りたいときに借りられる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

【1】総量規制の対象外

通常、個人が消費者金融からお金を借りる場合には総量規制を気にしなければなりません。総量規制によって原則、年収の3分の1を超える借り入れをすることは禁止されているのです。
しかし、事業サポートプランは総量規制の対象外で、申し込みが可能です。

例えば年収300万円の個人事業主が現在70万円をローン会社から借りているとします。しかし、新たに50万円の資金が必要になりました。その場合は以下のようになります。

120万円(70万円+50万円)>100万円(300万円×1/3)

本来であれば、総量規制で50万円の借り入れはできません。しかし、事業サポートプランであれば例外的に可能です。

【2】借りたいときに借りられる

これは個人プランに限られる魅力ですが、個人プランではカードローンを利用が可能です。
そのためアイフルのATMはもちろん、コンビニATMでも限度額の範囲内で自由に借りられます。カードローンを利用することで利便性も高くなります。

不動産担保ローンの魅力

不動産担保ローンの魅力は、何といっても大きな金額の融資を受けられることです。事業を進める上で大きな資金が必要になることもあるので、非常に重宝するでしょう。

しかし、不動産を担保に入れるということはリスクがあることも忘れてはいけません。
そのリスクとは、返済ができなくなった場合には所有する不動産を手放さなければならなくなることです。「不動産を担保にする=返済できなければ売ってもいい」ということなので、当然でしょう。
もし不動産を売っても返済ができなければ、再度ローンを組むなどして返済を続けなければなりません。

こういったリスクがあることを踏まえた上で、それでも資金が必要な場合には不動産担保ローンを利用しましょう。

アイフルビジネスローンの申込方法と審査

最後に、アイフルビジネスローンの申し込み方法と審査について解説していきます。
無担保ローンと不動産担保ローンの申し込みに大きな違いはないので、ここではWeb申し込みで解説していきます。

事業サポートプランの申し込みの流れ

ノンバンク系の事業者ローンはWeb申し込みに対応してないことも多いです。しかしアイフルはWeb申し込みができるので、家に居ながらローンを申し込むことができます。

申し込みの流れは以下の通りです。

  1. 申込画面から必要事項を入力して申請
  2. アイフルから電話が入り、必要事項の確認
  3. アイフルからの案内に従って必要書類を提出
  4. 審査結果後に、来店もしくは郵送で契約完了

注意点は、申し込みはWebでできますが、必要書類の提出や契約はWebではできないことです。

必要書類の提出はファクスで送信します。家にファクスがない場合はコンビニなどから送るようにしましょう。
契約は来店か郵送で行います。カードローンなどのように、最後までWeb上でできるわけではないので注意しましょう。

アイフルビジネスローンの審査について

アイフルビジネスローンの申し込みをする際の事業サポートプランでは、「スコアリング審査」が採用されています。

スコアリング審査とは申し込み内容をもとに属性を点数化していくもので、その点数が高いほど審査に通りやすいです。
加えてマニュアル審査もあり、事業内容確認書などから事業内容が確立されているか、今後の売り上げに伸び代があるかなどを見られます。
事業に継続性がない、または資金調達予定が不透明な場合には、審査に通るのが難しくなるでしょう。

スコアリング審査について詳しく知りたい場合は「スコアリングシステムと信用情報の比重。カードローン審査の突破方法」をご参照ください。

アイフルの審査スピードについて

大手消費者金融は審査スピードに力を入れています。カードローンでは即日融資が当たり前になっていますが、アイフルも例外ではありません。

事業サポートプランにおいてもアイフルは即日融資が可能です。
ただし、即日融資が可能なのは個人向けのみ。必要書類をファクスで送る、契約を店頭でする必要があるため、即日融資が必要であれば午前中には申し込むようにしましょう。

事業サポートプランの個人向けでは即日融資が可能ですが、不動産担保ローンでは即日融資ができません。無担保ローンに比べて不動産担保ローンは確認する書類が多いため、審査にはどうしても数日かかってしまいます。

まとめ|アイフルビジネスローン個人プランなら利便性が高い

今回はアイフルビジネスローンについて解説してきました。

金利は低いわけではなく、消費者金融のカードローンなどと同程度の水準です。しかし総量規制の対象外ということもあって、他のローンを利用している場合にも申し込むことが可能です。

無担保ローンの事業サポートプランであれば即日融資も可能なので、資金調達を急いでいる人にはうれしいポイント。
ただし、必要書類の提出や契約はWeb上ではできないので、申し込みは午前中に済ませておきましょう。

その他にもカードローンと同じような使い方もできるなど、メリットも多いローンです。事業者ローン選びに迷っているのであれば候補に入れてもいいのではないでしょうか。

※記載されている内容は2019年11月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.