1. ホーム >
  2. お金を借りるための基礎知識
  3. >
  4. 他人に「自分名義で勝手に借金されてしまった」ときの対処法

他人に「自分名義で勝手に借金されてしまった」ときの対処法

公開日:

  • hatena

「他人が自分名義で勝手に借金を作ってしまった!こんなとき、どうすればいいの?」

ある日、突然身に覚えのない借金の返済を求められた!そんなうそのような出来事が、自身にも起こり得ることはご存じですか?
他人が名義人の許可なく借金をする行為は、個人情報の管理の甘さなどが原因で頻出している不法行為です。

もしこういった不法行為の被害に遭ったのなら、速やかに借金の請求元や無断盗用されたカードの発行元などに連絡を入れることが肝心です。原因究明は、その後に改めて行いましょう。

ここでは、他人が勝手に自分名義の借金をしてしまった場合に、必ず取るべき対処法と予防策を詳しく解説していきます。万が一のときに備えて、ぜひ最後までご覧ください。

担保不要でお金借りる!最短60分

  • 20~35の方におすすめ
  • 36~60の方におすすめ

自分名義で知らぬ間に借金が!他人から勝手に借金を負わされるケースとは

利用する度に窓口まで出向いたり、電話で申し込んだりといった面倒な手続きが必要だった昔と比べ、現在はカードローンやキャッシングといった借り入れも気軽に申し込み、利用できるようになりました。
しかし利便性が向上した反面、他人に勝手に名義を使われたり登用されたりして、身に覚えのない借金を負わされるケースが頻発しています。

にわかに信じがたい行為ですが、どのような場面で自分名義を他人が利用し、借金をするのでしょうか?それぞれのケースを見ていきましょう。

家族による「保険証や運転免許証の持ち込み」

住まいを同じくしている家族であれば、保険証や運転免許証といった本人確認書類の保管場所がある程度推測でき、持ち出すことが十分に可能です。
こうした本人確認書類と必要最小限の情報さえあれば、インターネットから簡単にカードローンの申し込みができ、本人に黙って借金契約できてしまう点に注意しましょう。

知人に保険証を貸してしまい借金を負わされる

ご自身の身分証明書を知人に預けたり渡したりすることは、あまり多くないかもしれません。ただし、短時間であったとしても知人に身分証明書を預けると、勝手に借金をされてしまう可能性があります

断りづらい理由でお願いされ、危険性を認識しつつも知人だからとつい貸してしまう人もいるのではないでしょうか。

保険証のみを貸した場合、通常のカードローンでは顔写真がないことを理由に契約を断られてしまうことが多く、直ちに悪用の危険性があるとはいえません。
しかし、持ち込む先がヤミ金だったとしたら……。悪質業者の多くが保険証だけでも契約できてしまうので、保険証の貸し借りは避けるべきです。

既にあるローンカードやクレジットカードを勝手に使われてしまう

すでに契約しているローンカードを、他人に悪用されてATMなどでお金を引き出されてしまう、というケースが多く見られます。
クレジットカードでも、キャッシング機能を用いた同様の被害が起こり得るため注意しなければいけません。

お持ちのローンカードやクレジットカードをなくしたり、入れておいた財布ごと落としてしまったりしたのなら、すぐに発行元、もしくは管理している会社に連絡を入れてください。利用停止の手続きも必ず行ってもらいましょう。

勝手に連帯保証人にされてしまうこともある

実印や印鑑証明、身分証明書のコピーなどが他人に渡ってしまったら、これを使って借金の連帯保証人にされてしまうことがあります。
必要事項の多さから悪用するハードルが高い連帯保証人制度ですが、もし悪用されてしまうと通常の保証人と違い、借りた人と同様の返済義務が課せられます。

勝手に名義借りされたときの対処法|身に覚えのない借金を解消しよう

他人が勝手に自分名義で借金を契約する方法の一つに「名義借り」というものがあります。
名義借りは、れっきとした犯罪(詐欺罪)です。似通った行為に「名義貸し」というものがありますが、同様に詐欺罪に該当する犯罪となります。
それぞれの違いは、以下の通りです。

  • 名義借り・・・・・・他人の名義を借りて、何かの契約をすること
  • 名義貸し・・・・・・自分の名義(商号など)を貸して、何かの契約をさせること

名義借りで勝手に借金を契約させられた場合、適切に対応すれば特に問題ありません。適切な対応をせず放置すると借金の返済義務が発生してしまうので、くれぐれもご注意ください。

もし名義借りで勝手に借金を契約させられてしまったら、どういった行動を取ればよいのでしょうか?

まずは借入先の金融機関に連絡をする

たとえ身に覚えのない借金であったとしても放っておくと、自分の借金であると認めることになってしまいますので、放置してはいけません。
自分が借り入れたのではないと証明できれば、返済義務を負う必要はなくなります。そのためには、事実確認を含めて速やかに該当の金融機関まで連絡を入れましょう。

借金に関連したクレジットカードやローンカードなどをお持ちで、手元になく紛失の疑いがあるようなら、念のために利用停止手続きをあわせて行っておくことをおすすめします。

家族が勝手に借金していた場合

ご家族が無断で自分名義を使って借金していた場合であっても、返済義務はありません。
ただし、返済義務を認めてもらうためには訴訟を含めた手続きが必要となるため、家族を相手取って訴えを起こすことに抵抗感を抱く人もいるでしょう。

万が一、家族が借金を無断で行ったと判明したのなら、まずはご家族でしっかりと話し合うところから始めるべきです。その上で、しかるべき対応を行ってください。

借入先の金融機関が認めない場合には弁護士に相談する

無断で行われた借金であったとしても、金融機関側が認めてくれない場合があります。金融機関側も認めてくれることで初めて、返済義務がないことを証明できるのです。したがって、この場合は専門家である弁護士に相談した上で、弁護士を通じて対応してください。

このとき、連絡や交渉を行ったことを示す方法として「内容証明郵便」を送付する必要がありますが、後ほど詳しく解説します。

信用情報記録の削除依頼をする

他人が勝手に自分名義で借金をした場合でも、カードローンやキャッシングを使った記録が信用情報として記録されてしまいます。
今後、住宅や車を買う目的で住宅ローンや自動車ローンを使う予定のある人にとって、この記録が足かせとなってしまうことはほぼ間違いありません。場合によっては、審査に通らない可能性もあります。

通常、他人が勝手に行った借金については、信用情報からその記録を削除してもらえます。ただし、100パーセント記録が削除されるわけではなく、ごくまれに記録がそのまま残ってしまうことも。
そのため、必ずご自分の手で信用情報機関へ削除依頼を行ってください。

知らない借金に対してやってはいけないこと・やるべきこと

「ある日、突然身に覚えのない借金の返済を迫られてしまった……」こんなとき、やってはいけない行動や必ずやるべきことがあります。

ここでは、「やってはいけないこと」と「やるべきこと」の2つについて詳しく見ていきましょう。

1円も返済してはダメ!

身に覚えのない請求が金融業者から届いたからといって、全く確認もせず安易に支払いに応じてはいけません。身に覚えのない請求であったとしても、返済に応じたこと自体がその借金を認めたと見なされ、これを「追認」といいます。
たとえ請求が1円という少額であったとしても、返済してはいけないことを肝に銘じておいてください。

カードローン会社と相談して内容証明郵便を送る

身に覚えのないカードローンの請求が届いたら、不正に借りられたものであることをカードローン会社へすぐに連絡してください。多くのカードローン会社が、こういった連絡が届いた段階で直ちに利用を停止するなど、一定の対処を行ってくれます。
しかし、すぐに対応してくれないカードローン会社もあります。
そのような場合は、会社に対して「内容証明郵便」で弁明を行ってください。

内容証明郵便とは、その郵便物における

  • 差出日付
  • 差出人
  • 宛先
  • 文書の内容

といった全ての項目を、配達を担当する日本郵便株式会社が謄本として保管した上で、郵送しそれを証明してくれる郵便制度のことです。
これを使って送付することで、通常郵便で送付した場合と比べ確実に宛先人の元まで郵便物を送付でき、「受け取っていない」といった宛先人の虚偽を防げます。

内容証明郵便を使ってカードローン会社まで連絡を入れることで、「その借金は自分が借りたものではないことを証明し、返済する意思がないこともあわせて伝えた」という事実を公的に証明できます。
要するに、第三者である日本郵便を通じて書面送付の事実を公にすることによって、カードローン会社に適切な対応を促すことができるというわけです。

債務不存在確認訴訟を起こす

内容証明郵便を送付した後もまだ返済の要求が続くようであれば、最終手段として「債務不存在確認訴訟」を起こす必要があります。
債務不存在確認訴訟とは、その借金を借りたのが自分ではないということを証明するための裁判のことです。この裁判を通じて借りたのが自分ではないと証明されれば、その後の返済義務は一切なくなります。

返済義務が無効にならないケースとは

全てのケースで、返済義務が無効になるわけではありません。場合によっては、連絡や手続きを行っても無効と認められないケースがある点にご注意ください。

例えば、自分名義のカードを自分の意思で知人や他人に貸したとしたら、その後にカードがどのような使われ方をされても、返済義務はカードを渡した自分に課せられます。
ただし、たとえ名義人が認めたとしても、ローンカードやクレジットカードを他人が使うという行為自体が規約違反に該当します。

前もって約束していた額よりも多く貸し出されてしまった場合や、立て替えを頼まれて踏み倒されてしまった場合も、責任は自分にあり返済義務は無効となりません。

友人の代わりに借りた場合

ブラックリストに載っている友人から、「どうしてもお金を貸してほしい」と相談されたとします。そんなときに限って手持ちの現金もなく、仕方なく「自分がカードローンを使ってお金を借りた上で友人に貸した」という場合も注意してください。

このとき、事前に友人との間でその借金に関する契約書を交わしていれば、問題ありません。ところが、契約書を交わさないままお金を貸し返済してくれなかったとしても、カードローン会社からの請求分は自分の借金となり、自らが返済しなくてはいけません。

その友人とのお金の貸し借りはカードローン会社には一切関係はなく、返済請求は淡々と行われてしまうのです。

自分名義を使われないための注意点

他人によって勝手に名義を使われて借金されるというのは、非常に怖い行為です。
では、自分の名義を使われないようにするには、どうすればよいのでしょうか?
注意すべきポイントを一つずつ見ていきましょう。

ローンカードやクレジットカード・本人確認書類を厳重に管理する

借金の無断使用を防ぐためには、家族にさえもわからないような場所に以下のような書類を保管しておきましょう。

  • ローンカードやクレジットカード
  • 運転免許証や保険証、パスポートやマイナンバーカードなどの書類
  • 収入証明書
  • 公共料金の領収書

持ち出された本人確認書類やカードを使って勝手に契約されると、カードローン会社から見れば「これは、詐欺行為なのでは?」と判断される危険性があります。したがって、詐欺罪で訴えられる可能性もあるということです。

クレジットカードやローンカードは貸さない

クレジットカードやローンカードは、あくまでも発行する会社から貸し出されたものであり、名義人以外が使うことは規約違反です。
親しい友人や家族から「どうしても貸してほしい」と懇願されたとしても、貸してはいけません。

根負けして貸してしまい、そのカードを使って勝手に借金されたとします。この場合、カードを渡した行為自体が規約違反となるので、カード会社による保証が受けられず、なおかつ返済義務をも負わなくてはいけなくなるのです。

書類やカードを紛失した場合はすぐに警察に届け出る

書類やカードを紛失した場合は、カード会社だけでなく警察にもすぐに届け出てください。
届け出ることによって、それ以後に使われてしまった分に関しては、自分が使ったものではないと証明できます。これは、後々保証を受ける際などにも大きく影響しますので、少々面倒でも届けておいて決して損はありません。

このとき、余裕があればカードの利用停止を運営会社に対して行っておくことをおすすめします。その後新たなカードの発行を申請すれば、以後も問題なくカードを使えます。

まとめ|まずは連絡!しっかり管理する!

利便性の向上を悪用した、さまざまな不法行為や犯罪行為が増えてきています。今回ご紹介した、名義人に断りなく勝手に借金をするという行為もこれに該当します。

万が一にもご自身が被害者になってしまったら、まずは慌てず発行元や運営元に対して連絡を入れてください。適切に対応し手続きを経ることで、返済義務を負わずに済むでしょう。
ただし、名義借りや自分の不注意によって引き起こされた借金については、返済義務をその後も負う必要があることに十分に注意してください。

こうしたリスクを回避するためにも、日頃から本人確認書類やカードの管理の徹底を図るとともに、被害を受けたらすぐさま連絡を入れるということを、肝に銘じておけば安心です。

※記載されている内容は2020年4月現在のものです。

  • hatena
  • LINE

カードローン検索

借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能
借入限度額
最短審査時間
最短融資速度

お金を借りたい人

どのカードローンにするかお悩みの方はこちら

人気カードローンランキング
ページトップ