ホーム > 用語集 > 信用情報 > CIC、JICC、JBA(KSC)の違い・役割

CIC、JICC、JBA(KSC)の違い・役割

公開日:

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter

「信用情報機関という名前はよく耳にするけれど、どんな組織なんだろう?」

クレジットカードやカードローンなど、お金を借りる必要がある商品を契約する際、信用情報機関を通じた個人情報が活用されています。
この信用情報機関とは、CICやJICC、JBAといった略称で呼ばれる3つの組織のこと。

個人の返済能力や借り入れ履歴、過去の金融事故の有無などの情報を管理・共有しており、円滑な審査と信用判断の手段として活用されています。
同様の役割を担う組織が3つある理由は、それぞれの信用機関で銀行や消費者金融など情報を提供する顧客が異なるためです。

この記事では、CIC、JICC、JBAという3つの信用情報機関の違いや特徴、役割について詳しく解説し、これらの組織に対する皆さんの素朴な疑問を一つずつ解決していきます。

この記事はこんな人にオススメ!

  • 信用情報機関について知りたい人
  • 自分の信用情報を確認したい人

担保不要でお金借りる!最短60分

  • 20~35の方におすすめ
  • 36~60の方におすすめ

CIC・JICC・JBAの違いと特徴

これからカードローンやクレジットカードの申し込みをしようと思っている人にとって、審査落ちはできるだけ避けておきたい不安の一つ。落ちる危険性があるこの審査では、「信用情報」と呼ばれる個人情報が用いられています。
そしてこの信用情報は、その秘匿性の高さなどから、以下の3つの「信用情報機関」と呼ばれる会社によって厳重に管理・共有されています。

CIC 指定信用情報機関
JICC 日本信用情報機構
JBA(KSC) 全国銀行協会(全国銀行個人信用情報センター)

信用情報には、一定の基準に基づいた評価がされており、この評価が良くない人ほど「要注意人物」として情報が共有されているといわれています。
これらの情報は、カードローンやクレジットカードの利用申し込みを受けた全ての会社が必ず閲覧しています。これが理由となり、「なかなか審査に通ることができない」という現象が発生するのです。

基準については各社から明確に発表されているわけではありません。ただし以下のような点に該当している人は、要注意人物と判断されていると推測できます。

  • ローンやクレジットカードで審査落ちした
  • ここ数ヶ月以内に、遅延や滞納などの行為を繰り返した

遅延や滞納といった行為は「金融事故」と呼ばれるもので、信販会社や金融機関が最も嫌がる顧客の特徴の一つ。過去に一度でも遅延や滞納を行っていたら確実にその情報は共有されており、必然的に審査には通りにくくなります。

ローンやクレジットカードに申し込んだにもかかわらず審査に落ちてしまったという事実も、各信用情報機関に全て保管されています。
したがって、審査に落ちたからといってすぐに別のローンやクレジットカードに申し込むと、さらに審査落ちを繰り返してしまうことにもなりかねません。

これらに該当する人は、ただやみくもに申し込むのではなく少し時間を置いてから再度申し込むなど、適切に対策した上で冷静な対応を心掛けてください。

次の項では信用情報機関3社が取り扱う情報の特徴や違い、そして各社の役割について詳しく解説していきます。

信用情報機関とは?

信用情報機関とは、日本国内で現在運営しているCIC・JICC・JBAという3つの会社を総称したもの。信用情報機関といえば、これら3つの会社のいずれかを指すと思ってください。

これらの各信用情報機関では、加盟しているクレジットカードやカードローンなどを取り扱う審判会社や金融機関など顧客が異なっており、取り扱う情報も違います。

カードローンの利用希望者を審査する際に必要な情報と、クレジットカードの利用希望者を審査する際に必要な情報が異なるように、信用情報を必要とする会社ごとで求める情報にも違いがあります。
このため、膨大な数に上る個人情報に対する管理の効率化や正確性を維持する目的から、全国各地に信用情報機関窓口が設置されているのです。

信用情報機関で管理されている情報は、加盟している会社のみが閲覧できるわけではなく、自分自身の情報に限って個人でも閲覧可能です。各信用情報機関で定められた手続きをすることで、情報の開示が受けられます。

CIC/指定信用情報機関

信用情報機関の中でも最大手であり、最も多くの信用情報を管理しているのが「CIC/指定信用情報機関」です。
CICは、主に消費者金融や信販系クレジットカード会社など加盟する会員会社で登録・提供された信用情報を取り扱っています。
CICで管理されている信用情報について開示を要求するのであれば、直接CICへ情報の開示請求をするのが一般的な方法です。

信用情報の種類 情報保有期間
延滞・滞納 契約期間中および契約終了後5年以内
債務整理等(自己破産・強制解約など) 契約期間中および契約終了後5年以内
申し込み 照会日より6ヶ月間
契約・借り入れ・返済 契約期間中および契約終了後5年以内

CICで管理されている信用情報の種類と保有期間は、上記表の通りです。
これら以外のCICに関するより詳しい情報や情報開示の具体的な方法については、別記事「信用情報を扱うCICとは?審査が不安なら自分の情報を開示してみよう!」でまとめています。ぜひご覧ください。

JICC/日本信用情報機構

3社の中で、CICに次いで加盟する会社数が多いのが「JICC/日本信用情報機構」です。

JICCの主な顧客は、ネット専業銀行や地方銀行を中心とする銀行をはじめ、大手から中小までの消費者金融など幅広い種類の金融機関が加盟しています。
管理されている信用情報も、これら会員会社から提供された情報が中心です。

信用情報の種類 情報保有期間
延滞・滞納 契約継続中および契約終了後5年以内
債務整理等(自己破産・強制解約など) 契約継続中および契約終了後5年以内
申し込み 照会日から6ヶ月以内
契約・借り入れ・返済 契約継続中および契約終了後5年以内

信用情報の保有期間なども、CICとほぼ同様の内容です。
JICCに関するより詳しい情報や情報開示の具体的な方法については、別記事「要確認!JICC(日本信用情報機構)でのおすすめ開示法&開示書の見方」を参考にしてください。
特に、信用情報が記載された「開示書」の正しい見方もあわせて紹介しているので、これから情報開示を検討している人は必見です。

JBA(KSC)/全国銀行協会

メガバンクをはじめ、都市銀行や第一・第二地方銀行、ネット専業銀行や信託銀行など銀行が主に加盟する信用情報機関が、「JBA(KSC)/全国銀行協会」です。

「全銀協」という略称でもなじみが深い組織で、銀行だけでなく全国の信用金庫やろうきんといった金融機関も同じく加盟しています。
JBAとは「全国銀行協会」の略称であり、KSCとは全国銀行協会が運営している「全国銀行個人信用情報センター」の略称のことです。

原則として、銀行や信用金庫などの金融機関が顧客の信用情報機関であり、JBA(KSC)には消費者金融や信販会社は加盟していない点が、他の2社と明確に異なっています。

信用情報の種類 情報保有期間
延滞・滞納 契約期間中および契約終了日(完済されていない場合は完済日)から5年を超えない期間
自己破産 当該決定日から10年を超えない期間
申込 当該利用日から、本人開示の対象は1年を超えない期間
会員への提供は6ヶ月を超えない期間
契約・借入・返済 契約期間中および契約終了日(完済されていない場合は完済日)から5年を超えない期間

他の2社と異なり、JBA(KSC)はその管理する信用情報の種類や保有期間にも若干の違いがあります。
JBA(KSC)に関するさらに詳しい情報は、別記事「全国銀行個人信用情報センター(JBA・KSC)とは?どんな役割をしているの?」で解説しています。特に、この団体のやや特殊な役割についても詳細に解説しているので、気になる人はぜひご覧ください。

JBA(KSC)の信用情報には要注意

銀行が販売している金融商品の中には、保証に関する全ての対応を保証会社(信販会社や消費者金融など)に委任しているものがあります。このとき保証会社は、CICやJICCを通じて信用情報を活用しています。

銀行は、あらかじめJBA(KSC)に対して信用情報の照会をします。その後、保証会社によって改めてCICやJICCを通じた審査が行われます。
結果、3社全ての信用情報機関で照会されることとなり、1社のみで審査した場合と比べ必然的に審査難易度がより厳しくなるのです。

とはいえ、銀行の審査のみが厳しいわけではありません。

消費者金融や信販会社の審査では、CICやJICCによる照会とともに「CRIN」と呼ばれる信用情報交流ネットワークでの新たな照会制度を導入しています。

「CRIN」は、CICとJICC、そしてJBA(KSC)という3つの信用情報機関が、

  • 延滞に関する情報
  • 本人が申告した本人確認書類の紛失・盗難に関する情報

を共有するシステムのこと。

この2つの情報を信用情報機関に加盟する会員に提供することで、多重債務者の発生と過剰な貸し付けを防いでいます。
したがって、自分自身の信用情報が心配な人ほど大きな不安要素になります。

もし「自分の信用情報を確認してからローンやクレジットなど金融商品の審査を受けたい」のであれば、まず信用情報機関に対して情報開示を依頼し、確認するところからスタートしましょう。

自分自身の信用情報の開示請求には、所定の手続きを行った上で1回の請求ごとに手数料が必要です。
各信用情報機関の申請方法と手数料について、表にまとめたのでご覧ください。

信用情報機関 申請方法 手数料(税込)
CIC インターネット・郵送・窓口 ・窓口以外:1,000円
・窓口:500円
JICC 専用アプリ・郵送・窓口 ・窓口以外:1,000円
・窓口:500円
JBA(KSC) 郵送 ・郵送;1,000円

手数料は最大で1,000円かかります。手数料の支払い方法は、窓口での直接納付のほか、クレジットカード決済や定額小為替を使った郵送も可能です。
JBA(KSC)のみ申請方法が郵送に限定されているので、手続きにはやや手間と時間がかかる点に注意してください。

過去に一度でも銀行系の金融商品を通じて滞納や延滞をした経験がある人は、事前に自分の信用情報を確認しておきましょう。

まとめ|不安なら3社から情報開示を

今回は日本国内で運営されている3つの信用情報機関について、その特徴や違い、各機関の役割を詳しく解説しました。

カードローンの契約時は必ず審査が行われます。審査では、現在までの支払い状況や金融事故履歴などの信用情報が、CIC、JICC、JBAの各社から加盟する会員に向け提供・活用されています。

中には「CRIN」を使って3社全てから情報を取り寄せ審査に使っている商品もあるので注意しましょう。
申し込み前にご自身の信用情報について確実に把握しておきたい場合は、1社だけではなく、3社全ての信用情報機関に対して情報の開示請求を行うと確実です。

開示請求が今後の借り入れに悪影響を与えることは一切ないので、何も心配は必要ありません。制度を有効に活用してください。

※記載されている内容は2020年4月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter

カードローン検索

借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

  • プロミス
  • アイフル
  • アコム
  • レイクALSA
  • SMBCモビット
  • どのカードローンにするかお悩みの方はこちら

    人気カードローンランキング

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

参照外部サイト

全国銀行協会
CIC
JICC
金融庁
日本賃金業協会
top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.