カリテミオトップページ > 消費者金融 > 消費者金融の事業者ローンまとめ(アイフル・アコム・プロミス)

消費者金融の事業者ローンまとめ(アイフル・アコム・プロミス)

更新日:

公開日:2017.10.12

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter

事業者ローンを利用したいと考えている方の中には、アイフル・アコム・プロミスなどの大手消費者金融の事業者ローンを利用したいと考えている方もいるのではないでしょうか。
大手消費者金融の事業者ローンは、他の事業者ローンに比べて気軽に借り入れしやすいところが特徴です。

今回は、消費者金融大手のアイフルアコムプロミスの3社の事業者ローンに注目し、そのスペックなどを紹介していきます。

さらに、個人向けカードローンとどのような点が異なるのかなどを比較してみたいと思います。

銀行の事業者ローンとの違いは?

消費者金融の事業者ローンがよく比較対象となるものの中に、銀行の取り扱っている事業者ローンがあります。
銀行の事業者ローンと消費者金融の事業者ローンにはそれぞれどのような特徴があるのか見ていきましょう。

大手消費者金融の事業者ローンの特徴

一方、消費者金融大手3社の事業者ローンは、融資までの速さだけで言えば個人向けカードローンと遜色ありません。

大手消費者金融の事業者ローンの特徴として、基本的に融資の対象者が個人事業主であるという点があります。
(ただし、アイフルでは法人を対象とした事業者ローンもあります。)

適用金利の上限金利が通常の消費者金融カードローンと同程度になっており、最高利用極度額はやや低めに設定されています。
そのため、必要な分だけ少額融資を受けるという取り引きに向いています。

また、融資額が低額な分審査スピードが早く、最短では即日融資を受けることも可能です。
申し込み時に必要となる書類に関しても本人確認書類と確定申告書などの収入証明書類のみで、簡単な書類で申し込み手続きを行うことができます。

さらに、個人向けのカードローンの審査基準と事業者向けのカードローンの審査基準では明確な違いは存在しません。
銀行系の場合のように「事業者ローンだから審査が厳しめ」なんていうことはまずありません。

銀行の事業者ローンの特徴

銀行の事業者ローンは、融資額が高額で金利も低めの設定になっているのが特徴です。
例えば、利用極度額が数千万円のものもあり、また金利も2%~などとなっています。

法人がおもな利用対象となっているため、高額の借り入れをしたい方におすすめの事業者ローンです。(中には個人事業者向けのローンを取り扱っている銀行もあります。)

ただし、高額融資が可能で金利が低い分、必要書類が多くなり審査基準も消費者金融の事業者ローンより高くなる傾向があります。

たとえば必要書類として代表者の本人確認書類の他に2期分や3期分ほどの決算書の提出を求められることもあります。
また申し込みや本契約の時には、銀行への来店が必要になるものが多く、ほとんどがweb完結申し込みなどには対応していません。

希望の借り入れスタイルによって銀行と消費者金融の事業者ローンを使い分ける

同じ事業者ローンという貸し付け方法ですが、銀行と消費者金融で融資額や金利、申し込みや審査の基準などにかなりの違いがあります。
大まかに違いを分けるとすると、個人事業主の方で少額を何度も借り入れしたいという方は消費者金融を、法人の方で高額融資を希望する方であれば銀行の事業者ローンを利用するのがおすすめです。

各事業者ローンとカードローンの比較

それでは次に、各事業者ローンとカードローンにはどのような違いがあるのか、一覧表で確認していきましょう。

消費者金融の事業者ローン比較一覧

審査基準に明確な違いはありませんが、商品概要や準備する書類等は若干の違いがあります。
ここでは大手消費者金融3社が準備している事業者ローンのスペック表を紹介したいと思います。

  プロミス アイフル アコム
商品名 自営者カードローン 事業サポートプラン ビジネスサポートカードローン
適用金利 6.3%~17.8% 6.0%~18.0% 12.0%~18.0%
利用限度額 300万円 500万円 300万円
申し込み~融資までにかかる時間 最短即日中 最短即日中 最短即日中
必要書類 ・本人確認書類
・収入証明書類
・本人確認書類
・収入証明書類
・事業内容確認書(アイフル指定のもの)
・本人確認書類
・直近1期分の確定申告書
申し込み条件 20歳以上65歳以下の自営者の方 法人または個人事業主が対象 業歴1年以上の個人事業主の方でアコムの基準を満たす方

限度額の高さと最低金利で言えばアイフルが有利ですが、基本的に金利は同じ借入額であれば横ばいになると考えていいでしょう。

また、事業者ローンという名前が付けられていますが、いずれの消費者金融も使用用途は自由になっています。なので、生活費等として利用しても構いません。

アイフルとアコムは公式HPの商品概要において年齢制限の記載がありませんでしたが、おそらくプロミスと同程度に設定されていると思いますので、申込み時には年齢を確認されると考えられます。

さらに、各社それぞれ個人向けカードローンのスペックを事業者ローンと比較すると、

  • アイフル:限度額は共通だが、最低金利が4.5%と個人向けカードローンの方が低い。
  • アコム:限度額が800万円と多く、併せて最低金利も3%と個人向けの方が高スペック。
  • プロミス:限度額が500万円と多く、併せて最低金利も4.5%に引き下げられているため個人向けカードローンが有利。

といった具合に、各社とも個人向けカードローンの方が好条件でした。

書類に一部違いがあるものの、基本的には個人向けカードローンと事業者ローンの審査の根幹は申込者の年収と信用情報であるため共通です。

ただし事業者ローンの場合、

  • 総量規制の対象外であること
  • 貸し倒れの危険性が個人向けより高いこと

などが理由で、限度額や金利面で少々低スペックになってしまっているのだと推測されます。

銀行の事業者ローンの比較一覧

  三井住友銀行 埼玉りそな銀行 横浜銀行
商品名 ビジネスセレクトローン 埼玉倶楽部 スーパービジネスローン
適用金利 2.125%~ 所定の金利 2.85%~
利用限度額 5000万円 5000万円 5000万円
申し込み~融資までにかかる時間 2週間~2ヶ月程度 2週間~ 申し込み内容により数日~
必要書類 ・最新の税務申告書
(3期分)
・最新決算期の納税証明書
・商業登記簿謄本
申し込みの上銀行より指示 ・直近2期分の決算書
・資金使途確認資料
(見積書など)
申し込み条件 三井住友銀行 ・業歴2年以上の法人
・三井住友銀行の取り引き窓口で取り引き可能な地域に所在すること
・最新決算期において債務超過でないこと
・申し込み時点で納税の未納がないこと
埼玉りそな銀行 ・業歴2年以上の法人
・最新決済において債務超過していないこと
・埼玉りそな銀行との借り入れ取り引きが6ヶ月以上の法人
横浜銀行 ・売上高10億円以下の中小企業
・業歴2年以上かつ直近2期以上の確定申告を継続している
・利用している金融機関からの借り入れ延滞および税金の滞納がない
・金融保険業、不動産業、パチンコホールのいずれでもないこと
・会社法上の会社であること

一般的な消費者金融のカードローンと事業者ローンをプロミスで比較

  プロミス プロミス
商品名 フリーキャッシング 自営者カードローン
適用金利 4.5%~17.8% 6.3%~17.8%
利用限度額 500万円 300万円
申し込み~融資までにかかる時間 最短即日中 最短即日中
必要書類 ・本人確認書類
・借り入れ金額によっては収入証明書類も必要
・本人確認書類
・収入証明書類
申し込み条件 20歳以上69歳以下の本人に安定した収入のある方 20歳以上65歳以下の自営者の方

このように、それぞれのローン商品によって、利用限度額や金利、また必要書類なども大きく異なります。
まずは自分の借り入れ方法にあうローン商品をいくつか候補にあげて、実際に借り入れを行うローン商品を見つけていきましょう。

※記載されている内容は2019年4月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.