カリテミオトップページ > 目的別ローン > 個人ローンとは?

個人ローンとは?

更新日:

公開日:2017.11.2

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

個人ローンの種類と特徴

法人や個人事業主など、ビジネスの目的以外でも個人的な理由でお金を借りたい時ってありますよね。
そんな時に利用できるのが、個人ローンです。
個人ローンを利用すれば一括では購入できないような大きな買い物ができたり、急な出費をカバーできたりなど、手元に現金がなくても問題を解決することができますよ。
今回は個人ローンとは何なのか、また個人ローンの種類や特徴などについて詳しく説明していきます。

個人ローンって何?

個人ローンとは事業資金などのビジネス以外の個人的な目的で利用されるローンのことです。
そのため、法人や個人事業主としては利用することができません。
また無担保や保証人なしのものが多く、個人が気軽に借り入れができるというメリットもあります。

利用目的別によっても分けられる個人ローン

個人ローンには以下のようなものがあり、利用目的によっても分けられています。

  • 住宅ローン
  • 自動車ローン
  • 教育ローン
  • ブライダルローン

利用目的が限定されていない個人ローン

住宅ローンや自動車ローンのように利用目的別にローン商品が別れているものもありますが、個人で利用するのであれば利用目的は自由という個人ローンも存在します。

そんな目的自由の個人ローンの代表が「カードローン」です。

ここでは個人ローンの代表でもあるカードローンに焦点を当てて個人ローンについて見ていきましょう。

どんな種類があるの?

個人ローンの代表であるカードローンは、現在さまざまな金融機関が商品を取り扱っており、それぞれに特徴をもっています。
カードローンを取り扱っている主な金融機関や業者には、以下のようなところがあります。

消費者金融カードローン

アコムやアイフルなどの消費者金融業者が取り扱うカードローンです。
即日融資対応のところも多く、申し込みから融資までが非常にスピーディーな点が特徴です。

消費者金融は「総量規制」という利用者への貸しすぎを防止する規制の対象なので、年収の3分の1以上の借り入れをすることはできません。

金利は上限金利が18%程度のところが多く、銀行カードローンに比べると金利は高めの設定になっています。
ただし、大手消費者金融では無利息期間サービスを設けているところもあるため、短期借り入れの場合には利息0円で利用できる可能性があります。

信販会社のカードローン

セゾンやオリコなどのクレジットカードを発行している会社が取り扱うカードローンです。
金利は大手消費者並みのところが多く、即日融資には対応していないところが多くなっています。
しかし、利用でクレジットカード同様にポイントが溜まったりするサービスがあるので、既に利用しているクレジットカードがある方の場合にはお得にカードローンを利用できる可能性があります。

銀行カードローン

都市銀行や地方銀行などが取り扱っているカードローンです。
消費者金融と比較して金利の低さが一番の特徴になっており、長期利用をしたい方であれば低金利でお得に利用できることが多くなっています。

消費者金融などのノンバンク系カードローンとは違い総量規制の対象外となっているため、以前は年収の3分の1以上の高額借り入れが可能でした。
しかし2017年からの金融庁による規制強化の煽りを受けて、銀行カードローンは自主規制の動きを取り始め、現在では融資額も控えめに設定される動きになっています。

信用金庫カードローン

地域の信用金庫が取り扱っているカードローンです。
銀行カードローン同様に金利の低さが特徴で、長期利用したい方であればお得に利用できるカードローンです。

信用金庫のカードローンも銀行同様に総量規制の対象外となっていますが、銀行のように監視強化の波の影響を現在は受けていない状態です。
(ただし、今後の傾向としては銀行と同程度の限度額設定になるのではないかと予測されます。)

即日融資には非対応のところがほとんどで、融資までには時間がかかることが多くなっています。

個人向けローンの特徴

それでは最後に個人向けローンの代表である、カードローンの主な特徴について説明していきます。

利用範囲内で何度でも借り入れ可能

一般的なローンの場合には、審査に通過したら借り入れ希望額を一回で全額借りてしまうものが多くなっています。
そして一回で借り入れた金額を毎月返済していきます。

しかしカードローンの場合、利用者それぞれに設定された利用限度額までなら何回でも借り入れができます。
そのため必要な時に必要な分だけを借り入れることができます。

保証人が不要

住宅ローンなどの高額融資になると、場合によっては保証人が必要になることもありますが、カードローンは保証人も担保も不要です。
その分保証人ありや有担保ローンよりも金利が高くなっていたり、融資額が制限されていたりしますが、最短即日など融資スピードが早いというメリットがあります。

最短即日などのスピード融資対応

基本的にローンの申し込みをしてから審査が可決されて実際の融資を受けられるまでにかかる時間は、ローン商品によってさまざまです。
どのローン商品でも数週間から、長いと数カ月程度かかってしまうこともあります。

しかし、カードローンの場合には、申し込みから最短即日融資を受けられるものも多くなっています。
そのため、急にお金が必要になった時にもすぐに対応してくれるローン商品になっています。

※記載されている内容は2019年4月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.