カリテミオトップページ > 目的別ローン > 個人ローン、金利と限度額の比較

個人ローン、金利と限度額の比較

更新日:

公開日:2017.11.3

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

いろいろな個人ローンのメリット、デメリットについて

個人ローンを利用しようと考えている方で、他のローンと比較した時のメリットやデメリットが知りたいと考えている方もいますよね。
便利に利用できるイメージのある個人ローンですが、他のローンに比べてどんな特徴があるのでしょうか?
また、個人ローンの中でも取り扱っている企業や銀行によってどのような違いがあるのかも気になりますよね。

そこで今回は、個人ローンの金利と利用限度額の比較についてまとめてみました。

目的別と多目的ローンの違いは?

個人ローンには、大きく分けて以下の2つのタイプのローンが存在します。

  • 目的別ローン
  • 多目的ローン

目的別ローンとは

目的別ローンとは「自動車ローン」「ブライダルローン」「教育ローン」など、融資の利用用途が限定的であるローンのことを指します。
自動車ローンであれば車の購入など、ブライダルローンは結婚式の費用などに利用できるもので関連している目的以外では融資を受けることはできません。

基本的に借り入れ希望額を契約後に一気に借り入れて毎月少しずつ返済を行います。
目的が限定されており、お金の利用の流れがわかるように明細書などの提出も必要になるため、多目的ローンに比べて金利が低いものが多くなっています。
ただし、多目的ローンよりも申し込み時の提出書類が多くなったり審査に時間がかかったりなどのデメリットがあります。

目的別ローンのメリット

  • 利用目的が限定されているので多目的ローンよりも適用金利が低めに設定されている
  • 必要な場合には、高額融資も可能

目的別ローンのデメリット

  • 利用明細など多目的ローンにはない必要提出書類が多め
  • 審査に時間がかかることが多く、即日融資対応していないものが多い

多目的ローンとは

多目的ローンとは、基本的に目的を限定せずに利用できるローンのことを指します。
「フリーローン」や「カードローン」などがこの多目的ローンにあたります。
無担保で保証人不要のものがほとんどで、ビジネスの事業資金以外の個人的な利用用途であれば融資を受けることが可能です。

フリーローンの場合には、目的別ローン同様に一度に全額融資を受けるシステムになっていますが、カードローンは設定された利用限度額までなら何回でも借り入れが可能です。
ただし目的が定まっていない分、目的別ローンに比べて融資金額が低く設定されがちで高額融資は期待できないというデメリットがあります。
しかしその分、必要提出書類が少ない、即日融資対応など審査スピードが早いという特徴があります。

多目的ローンのメリット

  • 事業資金以外の個人利用であれば使用目的はなんでもOK
  • 申し込みの必要書類が目的別ローンに比べて少ない
  • 最短即日融資可能など、手続きがスピーディー

多目的ローンのデメリット

  • 目的別ローンに比べて融資額が低めに設定される傾向がある
  • 目的別ローンに比べて金利が高めに設定される傾向がある

銀行・信用金庫・消費者金融の金利や限度額を比較

個人ローンと一言で言っても、目的別ローンや多目的ローンなどさまざまなタイプのローンが存在します。
さらに1つのタイプのローン商品の中でも、取り扱っている金融機関や業者によってもそれぞれに特徴があります。

ここではカードローンを例に挙げて、銀行・信用金庫・消費者金融それぞれのカードローンの金利や限度額を比較してみましょう。

銀行カードローン

カードローン名 金利 利用極度額
三井住友銀行カードローン 4.0%〜14.5% 800万円
三菱UFJ銀行 バンクイック 1.8%〜14.6% 500万円
みずほ銀行カードローン 2.0%〜14.0% 800万円

信用金庫

カードローン名 金利 利用極度額
足立成和信用金庫カードローン 13.5% 50万円
さわやか信用金庫カードローン 2.8%〜14.5% 900万円
銚子信用金庫の信金カードローン 11.65% 100万円

大手消費者金融

カードローン名 金利 利用極度額
アイフル 4.5%〜18.0% 500万円
アコム 3.0%〜18.0% 800万円
プロミス 4.5%〜17.8% 500万円

大手消費者金融は銀行・信用金庫に比べて金利が高め

カードローンの新規契約者は、基本的に上限金利が適用になることがほとんどです。
そのため銀行や信用金庫の場合には、新規契約者でもおよそ11%〜14%台の金利が最初から適用されることになります。

一方、大手消費者金融の上限金利を見てみると17.8%〜18%台となっており、銀行や信用金庫のカードローンよりも3%以上も高い金利が設定されています。
しかし大手消費者金融の多くが新規契約者を対象に無利息期間サービスを行なっているので、契約(または借り入れ)から一定期間は利息が全くかからない場合もあります。

利用限度額はカードローンによってさまざま

利用限度額に関しては、50万円〜800万円までさまざまな金額が設定されています。
一見信用金庫の利用限度額が比較的低めに思えますが、カードローンは契約者全員に利用極度額を貸付可能にしているわけではありません。
利用者それぞれの限度額は、審査によって決定されます。

消費者金融は貸金業法という法律に基づいて貸し付けを行なっており、総量規制という規制の対象になっています。
この総量規制の対象である業者は、利用者の年収の3分の1までしかお金を貸し付けることができません。

また銀行カードローンも金融庁からの規制強化の煽りを受け、貸付金額などの自主規制の動きが強まっています。
現在の銀行カードローンでは、大手消費者金融同様に年収の3分の1程度の金額に融資額を設定するようになってきています。
そのため、実際に設定される利用限度額はどのカードローンで契約した場合でもそれほど差はなくなっているのが現状です。

このように、カードローンの利用状況は時代の流れとともに変化している部分もあります。
まずは自分がどのような借り入れや返済のスタイルを希望しているのかをしっかり知り、それから個人ローンを選ぶようにしましょう。

※記載されている内容は2019年9月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.