1. ホーム >
  2. 費用が払えない・滞納
  3. >
  4. 後払い即日現金化|審査なし・電子マネー化できる業者について

後払い即日現金化|審査なし・電子マネー化できる業者について

公開日:

  • hatena

「後払い現金化なら審査なしで即日お金が手に入るって本当?電子マネー化できる業者も知りたい!」

後払い即日現金化を使う前に気になるのが、審査なしで利用できるのか?という点でしょう。審査なしで申し込める業者もあります。ただし後払い即日現金化業者は闇金・悪徳業者の可能性が非常に高いので避けるべきです。

金融庁からも警告が出ているので、十分に気をつけてください。

この記事では後払い即日現金化の基本から現金化までの流れと利用時の注意点、審査について詳しく解説します。電子マネー化についても解説するので、キャッシュレスを活用している人もぜひ最後までチェックしてみてください。

担保不要でお金借りる!最短60分

  • 20~35の方におすすめ
  • 36~60の方におすすめ

後払い即日現金化とは?

後払い即日現金化を簡単に表現すると、後払い決済で商品を購入し、その商品を即日売却してお金を得る取引のことです。

以前までは購入した商品の売却は自分の手で行う必要がありました。しかし最近では、全ての作業を代行する専門業者が数多く登場しており、手軽さから人気を集めています。
こういった業者を利用して行うのが、最近の後払い即現金化の主流です。支払いは後払いで後日請求なので、とにかく今すぐ現金が必要な時に便利な方法といえるでしょう。

この方法ならではのメリットの一つに「金融ブラックの人でも利用しやすい」点があります。上記の点も含め、まずは後払い即日現金化の基本から確認していきましょう。

審査なしで利用OK

後払い即日現金化は、後払い決済を提供している専門業者を介して行います。
後払い決済といえども専門業者を利用する方法は、第三者に商品を売却して現金を得るスタイルを採用した通常の売買取引です。そのため、厳密には借金契約ではないことから、基本的に審査手続きがありません。

例えば、同じくお金が手に入るクレジットカードのキャッシングやカードローンを利用する際には、必ず事前に審査を受けなくてはいけません。
これはキャッシングやカードローンが、一時的にお金を会社から建て替えてもらう借金の一種であるためで、返済可否を判断する目的から審査が義務化されています。
この審査によって条件に満たない人はふるいにかけられるので、利用したくても利用できない人も多くいました。

後払い即日現金化は現在の法律では「貸付」ではないため、審査なしの業者もあります。つまりクレジットカードやカードローンの利用が絶望的だった人でも、利用できる可能性があるわけです
ただし詳しい内容は後述しますが、審査なしの業者はありの業者と比べると、悪徳な業者の可能性が非常に高いのが問題点です。そのため、より慎重な業者選びがポイントになるでしょう。

審査ありの業者でも難易度は甘い

後払い即日現金化をうたっている業者の中には、リスク軽減を理由に一定の審査を実施しているところもあります。「大手」と呼ばれるメジャーな業者や安全性を売りにする業者の方が審査を設けていて、利用時には必ず審査通過が必要です。

「審査がある」といわれると、つい身構えてしまう人も多いでしょう。しかしご心配なく。この審査の難易度はそこまで高いものではありません。
実際に確認されるのは本人確認や大まかな年収額のみで、一部の業者を除き職場への在籍確認なども一切行われていないのが実情です。

申込者が実在し、一定の収入があるかを確認するための簡単なヒアリング作業と考え、気持ちを楽にして申し込みましょう。

借金ではないため利息はゼロ

後払い即日現金化を借金の一種と思っている人も多いですが、これは間違いです。借金となると利息が発生しますが、後払い即日現金化はお金を借りる行為ではありません。そのため、厳密には利息はゼロのままで利用できます。

ただし注意しておきたいのが、後払い即日現金化の利用時には手数料がかかる点です。
たいていは購入した商品の売却価格から一定額を差し引く形で徴収されます。ある意味ではこの手数料が利息に相当するとも考えられます。そのため全く自己負担ゼロで現金が手に入ると誤解しないよう、くれぐれも注意してください。

詳しい内容は後述しますがあくまでも借金ではないので、借金した場合と比べるとメリットがある点も無視できません。

後払い即日現金化の利用がおすすめの人

後払い即日現金化はその特徴から、貸金業者からお金を借りる借り入れとよく比較されます。どちらも最終的には現金を手に入れ、後日返済する意味では同じ特徴の商品といえるでしょう。

ただしここまでに解説したとおり、後払い即日現金化と借り入れは異なる商品です。後払い即日現金化ならではの特長があります。

では後払い即日現金化は、どういったタイプの人に適した商品なのか?ここでは4つのタイプを紹介するので、確認していきましょう。

金融ブラック状態の人

後払い即日現金化はお金を直接借りる借り入れではありません。
後払い決済に対応する会社側も、審査を行っていないか簡単な内容で済ませています。そのため過去に同一の会社で問題を起こしていない限り、利用を断られる可能性はほぼゼロです。

これらを総合すると、俗にいう金融ブラック状態の人におすすめのサービスといえるでしょう。金融ブラックであることを理由に審査で拒否されることもなく、借金ではないので、通常の取引と同じように利用できます

他で借りられない際の対策として、審査落ちの心配がなく利用できる点から、金融ブラックの人には特におすすめです。

すでに借入枠の上限まで借りてしまっている人

金融ブラックのような厳しい状況ではなくても、お金が借りられない場面は多々あります。例えば、すでに借入枠の上限いっぱいまで借りてしまっている人も、その一例です。

特にクレジットカードのキャッシング機能や消費者金融といった貸金業者など、借りやすい方法を多用している人は要注意。これらはいずれも総量規制の対象で、年収額の3分の1までしか借りられません

総量規制の対象外となるのは、割賦や銀行・信用金庫などの金融機関のみ。しかし、金融機関といえばどこも審査が厳しいことで定評がある会社ばかりです。
結局新たな借入先が見つからず、お金が手に入らないで困ってしまう苦しい状況にもなりかねません。

そこで後払い即日現金化を検討する人もいるでしょう。
繰り返し紹介しているように、これは借金ではなく、第三者を含めた通常の売買取引です。そのため総量規制にひっかかることもなく、すでに借入枠の上限まで借りてしまっている人でも問題なく利用できます

ただし一般的な借り入れと比べると、後払い即日現金化で獲得できる金額は5~10万円程度と決して多くありません。生活費の支払いやひと月分の借入返済など、少額の支払いに対応する人が多いようです。

家族・勤務先に借金を知られたくない人

両親と同居していたり、家庭を持ち家族と一緒に住んでいたりする人にとって恐ろしいのが、借金しているのがバレることでしょう。もしくは、勤務先に借金がバレるとヤバいと考える人もいるかもしれません。

会社の中には借り先や利用目的によって借金を問題視するところもあり、人事評価やその後の待遇に悪影響を及ぼす恐れさえあります。
借金するにしてもできるだけバレないようにしたいですし、できれば借金せずにお金を手に入れたい、と考えている人も多いはず。

そんな時に後払い即日現金化を利用する人がいます。あくまでも借金ではないので、大半の業者では自宅や勤務先への利用前の在籍確認は行われません

その後のやり取りも全て電話やインターネット上で完結でき、書面の送付や返送などの手続きも不要。入金や支払いも希望する口座内で行えます。以上の要素から、他人にバレる心配はほとんどないと考えてよいでしょう。

利用後の返済を延滞するなど間違った使い方をすれば、督促によってバレる可能性があります。

急な出費で今すぐ現金が必要な、まとまった収入源がある人

突然の訃報が届き葬儀へ出席するための香典など、急な出費が必要になる可能性は誰にでもあるものです。
貯蓄は普段しないけれど、代わりに毎月の給与などまとまった収入源がある人にも一定の人気があります。

全てスマホ上で取り引きでき、即日で口座に現金が振り込まれるので、わざわざATMまで出向く必要もありません。
キャッシングなどを利用してお金を借りると、その行動は全て信用情報に記録されます。今は大丈夫でも今後この情報があだとなり、カードローンなどを組めなくなる可能性もゼロではありません。

少しでも身辺情報をきれいな状態にしておくなら、後払い即日現金化でピンチをしのぐことも可能です。まとまった収入源があれば、延滞などの心配もなく利用できるでしょう。

後払い即日現金化のメリット・デメリット

では後払い即日現金化を使うとどういったメリットが得られるのでしょうか?
考えられる具体的なメリットを紹介するとともに、利用によって被るデメリットも詳しく確認していきます。
制度の善し悪しを両方把握しておくことで、より確実で安全な選択ができるでしょう。

メリット

後払い即日現金化のメリットはさまざまです。
ここまでにも繰り返し紹介したように、借金ではない点は多くの利用者にとってメリットのある要素の一つ。それ以外にもいくつかメリットがあるので、まずはそこから紹介します。

安定収入さえあればアルバイトでも利用OK

後払い即日現金化は利用前の審査はなしか、あってもごく簡単なものだけ。
クレジットカードやカードローンの申込時に行われる審査では、収入額だけでなく職業や勤続年数、雇用状態なども細かくチェックされるでしょう。これと比べれば後払い即日現金化の審査は、本人確認や収入額のみという、とてもシンプルなものです

そのためカードローンなどで断られやすい職業でも、後払い即日現金化なら普通に申し込んで利用OKと見なされるケースが大半でしょう。
これはアルバイトやパートなど俗にいう非正規雇用や、個人事業主として働いている人も例外ではありません。

後払い即日現金化の審査で重視されるのは、後日請求される商品代金を返せるだけの収入があるかどうかです。したがってアルバイトなどの職種でも安定収入さえあれば、全く問題視されません。

職業を理由にカードローンなどをこれまで使えなかった人にとって、後払い即日現金化は、手軽にお金を用立てられる面でメリットのある方法といえるでしょう。

借り入れデータが残らない

後払い即日現金化は、一度購入した商品を第三者に買い取ってもらうことで現金を得る取引です。相手と貸借契約を交わしてお金を借りる借金ではなく、売買取引に終始しています。

借金ではないので、借り入れデータとして記録が残る心配がありません。借り入れデータが残るものといえば、信用情報機関が取り扱う信用情報が代表的です。

他社からの借り入れ状況によっては、たとえ少額でも借金が増えることを嫌う人も少なからずいるでしょう。特に住宅ローンや自動車ローンなど、高額なローンを組む予定の人は、直近の借り入れが審査落ちのリスクにつながる恐れがあります。

そういった状況にある人にとって、借り入れデータを残さずにお金を用立てられる後払い即日現金化は、リスクよりもメリットの方が多い選択肢です。

金融ブラックでも利用しやすい

後払い即日現金化の専門業者では、審査自体を行っていないかごく簡単なチェックに留まっていることは、ここまでに解説した通りです。

審査があるとなると、特に金融ブラックの人ほど不安を感じずにはいられないでしょう。
しかし後払い即日現金化に限ってみれば、金融ブラックであろうと心配する必要はありません。なぜなら、ここで行われている審査にブラックであるかは全く影響しないため

断言できる理由はいくつかありますが、最も分かりやすいのが「運営元が利用者の信用情報を取り扱えるか」の部分にあります。
信用情報は全て信用情報機関に保管されていて、ブラック扱いはこの信用情報を元に設定されるペナルティーの一種です。

ところが信用情報は全ての会社が自由に閲覧できるわけではありません。プライバシー・個人情報保護の観点から、各信用情報機関に加盟している会員と信用情報の本人のみが閲覧可能です。

これは信用情報機関が自ら公表している事実であり、その一つCICは公式サイト上で以下のように掲載しています。

「CICの情報を利用できるのは、次の企業などです。加盟会員は、CICの信用情報を参考資料として、自社の審査基準と照らし合わせて総合的に与信判断をしています」
・加盟資格を充たし、加盟審査を経て入会したCICの加盟会員
・FINE※によって交流する指定信用情報機関の会員
・CRIN※によって交流する信用情報機関の会員

※信用情報機関各社間の情報共有ネットワークのこと

引用元:CICの情報を利用できる企業等|CIC

後払い即日現金化の専門業者はどこも、これらの信用情報機関には加盟していません。つまり加盟会員ではないので、信用情報自体を閲覧できないわけです。必然的にブラックかどうかも把握できません。

ここから「金融ブラックかどうかは申し込みに影響しない」と判断していいでしょう。金融ブラックの人は審査ありの業者でも後払いを利用しやすい、と考えてください。

最短即日で現金が得られる

後払い即日現金化の名の通り、取引を始めてからすぐに現金が手に入る点もメリットの一つといえます。
インターネットで後払い現金化を請け負っている業者を検索してみると、たくさんの結果を得られるでしょう。ところが中には即日をうたっていなかったり、書かれていても実際には時間がかかったりする業者もあります。
これがいわゆる悪質な業者の一部です。

したがって、まずは業者選びの段階から慎重な行動が欠かせません。そういった失敗がないようおすすめの業者を後ほどいくつか紹介するので、業者選びが不安な人はあわせて参考にしてください。

無事に即日現金化を実施している業者を利用できれば、最短で1時間以内には現金を指定口座に振り込んでもらえるでしょう。最短は無理でもその日の振込期限までには振り込みが完了するので、当日中にお金が必要な際でも安心です。

業者を選ぶ際には、どのくらいの時間を入金までに要するのか具体的な数値で説明しているところを選んでください。そうすることで、振り込み遅れなどのリスクを最小限に抑えられます。

面倒な来店手続きが不要

後払い即日現金化のサービスは、原則として全てオンライン上で完結するもの。
そのためオンラインでの取引を円滑に行えるよう、スマホやインターネット回線が必要です。
メジャーな業者を中心に電話で直接依頼できるところもありますが、大半の業者はネット専用なので、まずはその点に注意してください。

電話やインターネット上で全ての取引や手続きが完結できるので、それ以上の煩わしい行動は一切不要。例えばローンやカードの申込時によくある実店舗への来店など面倒な手続きも必要なく、その場ですぐに実行できます。

住んでいる地域によっては、最寄りに業者がないケースも珍しくありません。来店せずに利用できる点は、そういった環境にある人に魅力です。
その上、借金ではないといってもお金が絡む取引なので、対面交渉が苦手な人にもこの手軽さが向いているでしょう

デメリット

ついメリットにばかり目が向きがちです。しかしデメリットも確認しておくことで、本当に利用すべきサービスなのかが見えてきます。これから紹介する欠点も確認した上で、実際に利用するかをご自身で判断してください。

手数料を必ず取られる

後払い即日現金化を利用する上で必ず事前に知っておきたいのが手数料の存在です。この方法は借金ではないため、利息の名目で業者側からお金は請求されません。代わりに買取手数料や取引手数料の名目で、一定額の手数料を必ず取られます。

具体的な手数料の額は業者ごとで違っているのが実情です。おおよその相場は10~50%までと比較的幅広く設定されているので、手数料を目安に業者を選ぶのも一つの手でしょう。

即日をうたう業者の方が、そして商品の購入金額が少ないほど手数料は高くなりやすいので、それらの点にも注意して確認してみてください。

手数料は仲介業者を利用する限り必ず発生する費用です。それでも「高い!」と感じるなら、まずは代行せず自分で全ての作業を行った場合の労力と比較してみるといいかもしれません。

収入を証明できる口座情報の提出が必須

申込時に審査を受ける必要がある業者を利用する場合、収入を証明するために口座情報の提出が求められます。これは、後払いで購入した商品の代金を後日請求する際に支払えるかどうか、支払い能力を確認するための手続きの一つです。

ただし曲がりなりにも個人情報なので、やむを得ないとはいっても業者側に口座履歴を知られるのは、デメリットと考えるべき。提出方法は業者ごとで違いますが、多いのは通帳内の記載事項が見えるよう画像として記録し提出する方法が一般的です。

しかし逆に考えれば、申込時に返済能力を確認する業者の方が健全な業者といえます。そのため、最後まで安全に取り引きしたければ致し方ないでしょう。
むしろ、返済能力もろくに確認せず利用OKとする方が悪質業者の危険性がある、と考えるべきです。

口コミ投稿を利用条件にしている業者が多い

後払い即日現金化のサービスを提供している業者で多く見られるのが、口コミ(レビュー)投稿を利用条件にしていることです。
これには口コミを利用者自身に投稿させることで、利用を検討中のユーザーを勧誘する宣伝目的があります。まだ登場して間もないサービスなので、口コミ投稿が大きな宣伝材料となるわけです。

利用者からすれば、手数料を負担しているのにさらに口コミ投稿まで求められるのは、正直納得できない人も多いでしょう。ただしどれだけ面倒であろうと、以下のような要因から口コミ投稿はほぼ必須作業といわざるを得ないのが実情です。

  • 口コミ投稿を利用者の必須条件として設定している
  • 口コミ投稿することで受取額をアップさせている(投稿に応じないと受取額を減額)

口コミ投稿を求める業者は基本的に手数料が高めのところが大半です。代わりに口コミすることで、口コミが必要ない業者と同等か少し上回る金額を受け取れるよう設定されています。
業者を選ぶ際には、どういった取引方式を採用しているか必ず確認する癖を付けておきましょう。

審査なし or 審査が甘い後払い即日現金化OK?な業者5選

ここからは、さまざまな業者がひしめく後払い即日現金化業者の中から業者を5つ選んでご紹介し、解説していきます。

ここで1つだけ注意しておきたいのが、どの業者も将来的には未知数である点です。後払い即日現金化は、まだ登場してほんのわずかな比較的新しいサービスであり、適切な法律は全く整えられていません。悪徳業者も多数存在しているような状況です。

掲示板などでは「後払い現金化は実質借り入れと同じ」「後払い業者は全て闇金」「闇金認定された給与ファクタリングと同じ」などどいった声も上がっています

ここで紹介するメルペイといった優良業者は基本的に、利用規約や約款などに現金化を禁止する内容を盛り込んでいます。そういった内容があるかどうかを公式サイトで確認しておくのも、悪徳業者を避けるコツの一つです。

実際に利用する際には、こういった点にも十分注意してください。

バンドルペイ

20~50%の手数料を設定する業者が多い中、10%からの割安な手数料で利用できる点が魅力なのが、土日も対応のバンドルペイ。後払い即日現金化業者の中でも特に知名度が高い業者の一つです。

審査ありですが、審査時には綿密に利用者の状況をチェックします。1万円からの少額利用もOKなので、特に初めて利用する人には利用しやすい業者と言えるでしょう。

ただし注意点として、バンドルペイは勤務先まで在籍確認を行う場合があります

「バンドルペイは闇金なのでは?」といったサイトや掲示板が出ているので、しっかりとリサーチしてから利用を検討しましょう。

【バンドルペイの概要】
審査の有無 あり(在籍確認あり)
商品の購入金額 1~5万円
手数料 10~30%
入金までのスピード 最短30分以内(即日保証)
営業時間・定休日 10~18時:年中無休
(メール相談は24時間対応)
申込時の必要書類 ・顔写真付きの身分証明書
・健康保険証
・直近2ヶ月分の給与明細
・直近2ヶ月分の口座履歴
・申込者の自撮り写真(身分証明証も写ったもの)
特長 ・土日祝日も営業
・金融ブラックも利用OK
・電話によるサービス利用OK

SKペイ

購入した商品をすぐに売却して現金が支払われる一般的な方式を採用したSKペイは、専業主婦の人でも利用可能です。「JCBプレモカード」という金券を商品として取り扱っているため、売却完了までのスピードが早く即日現金化しやすくなっています。

SKペイでは原則として在籍確認が行われており、特に定職がない人ならほぼ必須。ただし審査自体はそれほど厳しい内容ではないので、金融ブラックの人でも利用できます。

タイミングによっては最短30分で現金化できるので、とにかく急ぎで現金を手に入れたい人に向いているでしょう。しかし、他サイトでは「実態はほぼ闇金」といわれており、高額な手数料を徴収されます。

【SKペイの概要】
審査の有無 あり(在籍確認あり)
商品の購入金額 1~4万円(初回利用時)
手数料 30~45%
入金までのスピード 最短30分以内(即日保証)
営業時間・定休日 10~18時:年中無休
申込時の必要書類 ・顔写真付きの身分証明書
・健康保険証
・直近2ヶ月分の給与明細
・直近2ヶ月分の口座履歴
・申込者の自撮り写真(身分証明証も写ったもの)
特長 ・在籍確認の連絡なし
・定期的にキャンペーンを実施
・利用実績に応じて購入金額がアップ
・非正規雇用、専業主婦も利用OK
・金融ブラックも利用OK

apollo(アポロ)

apollo(アポロ)は、高機能型FXソフトを使った、宣伝報酬方式の後払い即日現金化業者の一つです。
比較的新しい資産運用先として人気のFXを、自動的に取引するソフトを扱っているため、その即金性が魅力。最短15分以内で即金化できるスピードは業界トップクラスともいえるでしょう。

基本的に審査なしの業者であり、基本的な確認は必要書類のみで完了します。後払い料金の支払期限が最長1ヶ月以内です。

大半の後払い即日現金化業者では支払期限を「次回の給料日」としており、実質1ヶ月もありません。apolloは、例えば給料日直後に利用すれば丸々1ヶ月の余裕が得られるので、ゆとりのある支払いが可能です。

宣伝報酬も他と比べて比較的高く設定されており、少額利用でも安定したキャッシュバックが期待できます

こちらもその他の後払い現金化業者と同様に、「実態はほぼ闇金」と言われています。

【apolloの概要】
審査の有無 なし
商品の購入金額 3~5万円
宣伝報酬の金額 2万1,000~3万5,000円
手数料 20~50%
入金までのスピード 最短15分以内(即日保証)
営業時間・定休日 24時間営業:年中無休
申込時の必要書類 ・顔写真付きの身分証明書
・健康保険証
・直近1ヶ月分の給与明細
・直近1ヶ月分の口座履歴
・申込者の自撮り写真(身分証明証も写ったもの)
特長 ・24時間年中無休で利用OK
・支払いは最長1ヶ月先までOK
・宣伝報酬の金額が安定

バンドルカード

上述のバンドルペイと名前が似ていますが、サービス・会社ともに全く違うので注意してください。こちらは後払い即日現金化の代行業者ではなく、後払い決済サービスの提供業者です。

VISAブランドのプリペイドカードが手に入るバンドルカードですが、使い方によっては後払いによる即日現金化が可能です。
基本的に商品の売買は自ら行う必要があるため、購入する商品によっては売れ行きが芳しくなく、即日NGの可能性もあります。そのため、特に人気の高く売れ筋のギフト券などを選ぶのがポイントです。

バンドルカードで後払いを利用するためには、事前チャージシステム「ポチッとチャージ」を利用します。最大5万円まで後払いによるチャージができ、後は商品を購入・売却すれば現金化が可能です。

わざわざ手間を増やしてまで代行サイトではないバンドルカードを利用するメリットは、身元のしっかりした会社という部分にあります。
利用には都度審査を受けなければいけませんが、個人情報を渡す先として信頼性が高く安心な会社です。

審査は収入額・職業や与信情報などはチェックされず、サービスの利用状況や規約を順守しているかなど簡単なもの。したがって金融ブラックでも十分に通過が狙えます。

よく分からない代行サイトに個人情報を渡して多少の利便性を採るより、とにかく安全性を重視したいのであれば、覚えておきたい業者の一つです

しかし、バンドルカードの利用規約第20条の「(ア)」を見てみると、利用が不正に行われていると判断された時には利用の一時停止または中止される可能性がある、ということが分かります。

規約には現金化までは言及されていませんが、近い将来新たな規約が盛り込まれる可能性も十分なので、随時チェックしておくと安心でしょう。

【バンドルカードの概要】
審査の有無 あり
(信用情報の閲覧・在籍確認なし)
利用可能な金額 3,000~5万円(利用者ごとに異なる)
手数料 510~1,830円(チャージにかかる費用)
入金までのスピード 最短即日(売れ筋商品を選んだ場合)
営業時間・定休日 24時間:年中無休
申込時の必要書類 なし
特長 ・有名サービスならではの安全性の高さ
・審査難易度が易しい
・手数料が安い
・書類を提出する必要がない(一部サービスを除く)

メルペイ(スマート払い)

フリマサイトを運営するメルカリが提供している決済サービス「メルペイ」を使うことで即日現金化もできますが、おすすめはできません。後述しますが、それは利用規約に触れてしまうからです。

メルペイスマート払いなら、翌月末にまとめて後払いした上で商品を購入できます。
ただし購入した商品の買い取りはバンドルカードと同様、自ら行わなくてはいけません。
そのため購入する商品は、できるだけ買い取りのニーズが高いものを優先して選ぶ必要があります(例:ギフト券、新作ゲームソフトなど)。
買い取りに手間がかかるメルペイをあえて利用するメリットが、電子マネー化OKな点です。メルペイスマート払いは電子マネーの一つ、iDに登録して利用できます。
iDはおサイフケータイ対応のスマホがあれば、電子マネーが使える実店舗で利用可能。これにより幅広い用途で使えるので、より現金化しやすいメリットもあります。

メルペイを使って現金化するなら、そのまま商品をメルカリで売却するのも一つの手です。
この場合、売上はそのままメルペイ残高になるので、必要分を現金化しつつ残りは翌月の返済に回せます。ただし、現金化には事前の振り込み登録や手数料が別途必要なので注意してください。

メルペイを使った現金化を利用する際には、以下の点を必ず把握しておきましょう。
メルペイシステムを使った即日現金化は、運営元のメルカリから正式に規約違反行為と発表されています。これはメルペイの与信枠を現金化する行為が、クレジットカード現金化と同じ意味合いでグレー行為と見なされているためです。

したがって日頃からメルカリなどを多用している人は、規約違反による利用停止などのペナルティーでリスクを被る危険性があります。
メルペイを使った即日現金化はとても便利で魅力的な手法ですが、そのリスクをしっかりと把握し、自己責任で利用するか判断してください。

【メルペイ(スマート払い)の概要】
審査の有無 あり
(信用情報の閲覧なし、在籍確認なし)
利用可能な金額 1~20万円(利用者ごとで個別の上限設定)
手数料 なし
入金までのスピード 最短即日
営業時間・定休日 24時間:年中無休
申込時の必要書類 ・写真付きの身分証明証
・現住所が確認できる書類(身分証記載の住所が最新でない場合のみ)
特長 ・手数料無料
・大手ならではの安全性の高さ
・電子マネー化して利用できる
・必要書類が少ない
・金融ブラックも利用OK

大手キャリア契約者ならキャリア払いを使う方法もアリ

NTTドコモやau、ソフトバンクなど俗にいう大手キャリアの回線を契約してスマホを使っている人なら、キャリア払いを使う方法もあります。

上記の各キャリアでは、契約者限定で以下表のようなプリペイドカードのサービスを実施・提供しています。

キャリア名 プリペイドカード名 国際ブランド 主な特長
NTTドコモ dカードプリペイド Mastercard ・iDに登録して電子マネー化OK
・Apple Payに登録して使える
・利用額に応じてdポイントがたまる
au auPAYプリペイド
カード
Mastercard ・Google Pay、Apple Payに登録して使える
・利用額に応じてPontaポイントがたまる
ソフトバンク
Y!mobile
ソフトバンクカード VISA ・iDに登録して電子マネー化OK
・Apple Payに登録してつ開ける
・利用額に応じてTポイントがたまる(リアルカードのみ)

プリペイドカードなので、前もってお金をチャージしておく必要はあります。
しかし携帯キャリアが直接発行しているため、チャージしたお金は毎月の携帯電話(スマホ)料金との合算で支払いOK。つまりチャージした瞬間には請求されず後日請求され、強制的に一括後払い決済になります。

カードはリアルカードとして提供される※ので、基本的にカード記載の国際ブランドに対応した全ての店舗での利用が可能です(ただしプリペイドカードの利用を受け付けていない店舗・サービスは除く)。
※ソフトバンクカードは別途申し込みが必要

携帯料金との合算でチャージ可能な額はカードごとで異なり、契約者の年齢やキャリアとの契約期間に応じて増減します(例:dカードプリペイドの場合1・3・10万円/月の各上限)。利用状況を元に各自で確認してみてください。

専門業者を使う場合と比べると、購入から買い取りまでの全ての作業を自分で行う必要があります。しかし「現金化しやすい商品を購入しすぐ売却する」スタイルを心がければ、即日現金化も決して夢ではありません。

即日現金化しやすいおすすめの商品は次の通り。

  • 大手ネットショップのギフト券
  • スマホ決済用のカード
  • 最新のゲーム機、新作ゲームソフト

大手ネットショップのギフト券は即日買い取りをうたう専門業者が数多く値崩れもしにくいなど、最も現金化しやすい売れ筋商品です。また、スマホ決済用のカードも根強い人気と買取市場があります。

ただしネット上の金券買取業者は悪質な業者も多いので、詐欺などに遭わないよう利用にはくれぐれも注意してください。
最新のゲーム機や発売直後の新作ゲームソフトも、値崩れが少なく買取店が多いなど即現金化しやすい商品としておすすめです

「得体の知れない後払い即日現金化の業者を利用するのはやっぱり不安」という人は、少し面倒でもこちらの方法を検討してみてください。

後払い即日現金化による現金獲得までの流れ

後払い即日現金化を実行する業者選びが終わったら、早速現金を獲得するべき利用をスタートさせていきます。しかし初めて利用する人にすれば、何も知らないまま申し込むのは不安でしかないでしょう。

そこでここでは、後払い即日現金化による現金獲得までの流れをご紹介しておきます。
代行業者を利用した場合、基本的には業者を問わずどこでも現金獲得までの手続きは同じような流れです。したがって一度その流れさえ覚えておけば、後はどの業者を選んでもそれほど不安になる必要はありません。

1. 後払い即日現金化の代行サイトに公式サイトから申し込む

代行を依頼する業者選びが完了したら、早速その業者の公式サイトから申し込みます。ほぼ全ての代行サイトは公式サイト上に、申込手続き専用の入力フォームを用意しています。
または最初に相談を挟んだ上で申し込みを受け付ける業者もあるので、その場合はサイト上の指示に従って手続きしてください。

2. 必要書類を提出・審査

公式サイト上からの申し込みが完了すると、次に審査手続きに移行します(審査がない業者の場合は以下3の項目へ)。
業者に提出する書類の種類は基本的にどこも同じ内容です(業者によって異なる場合あり)。あらかじめ準備しておくと、手続きをよりスムーズに行えるでしょう。

主な必要書類は以下の通りです。

  • 顔写真付きの身分証明証
  • 健康保険証
  • 給料明細(直近の1~2ヶ月分)
  • 口座履歴(直近の1~2ヶ月分)
  • 申込者本人の自撮り写真(顔写真付き身分証明証と一緒に写ったもの)※セルフィーと表記されている場合あり

クレジットカードやカードローンの手続きとは違い、後払い即日現金化は、全ての作業がオンライン完結型です。そのため必要書類の提出もオンラインとなり、原則郵送はできません。

書類を画像化したものを業者側に送信することで提出となります。
大抵の業者では、申込者自身がスマホのカメラ機能を使って書類を撮影し、画像データを作成する手順です。その後、それを指示された宛て先へ画像添付して送信するか、専用フォームからアップロードして提出します。

書類が全て提出された段階で審査作業に移り、結果が判明するのは最短で数分後程度。もし不合格だった場合も連絡は入るので、焦らず返信を待ちましょう。

もしその業者が闇金だった場合には、個人情報を悪用されてしまう可能性があるので十分に注意してください。

3. 後払いによる商品購入手続きを実行

審査が完了すると、実際に購入する商品の購入額とともに、その商品の売却予定額が表示された画面を案内されます。内容に納得できれば了承することで、後払い決済による現金化手続きは全て完了です。

画面に表示される金額は、それぞれ以下のような扱いになります。

  • 商品の購入額:後日業者側に支払う代金
  • 売却予定額:実際に振り込まれる金額(手数料は差し引かれた状態)

4. 売却額が入金され現金化完了

即日現金化をうたう業者を利用しているのであれば、手続き完了から1時間以内には、事前に指定しておいた金融機関の口座に現金が振り込まれます。
申し込んだタイミングによっては1時間以上かかるケースもありますが、基本的に即日振り込みが原則です。

万が一即日振り込みが行われていなかった場合は手続きミスや闇金である可能性があるので、直ちに業者へ確認の連絡を行ってください。

5. 後日、後払い分の商品代金を支払う

後日、後払いで購入した商品代金分の請求が届きます。
支払い方法は業者によって違いますが、指定された振込先への振り込みによる支払い方法が一般的です。振り込みにかかる手数料は利用者負担となるため、間違えないようにしましょう。

無事に代金を払い終えれば、これで全ての手続きは完了です。

後払い即日現金化を利用する場合の注意点

後払い即日現金化を利用する場合に必ず注意しておきたいポイントを3つ紹介しておきます。
どの注意点も、知らずに利用してしまうと後で手痛いしっぺ返しを食らう可能性がある、大切なものばかりです。取り返しがつかない状態に陥ってから後悔しないよう、あらかじめ確実に把握しておきましょう。

購入金額の全額が支払われるわけではない

特に初めて後払い即日現金化を利用する人が誤解しやすいのが、購入金額の全額が支払われるわけではない部分です。キャッシングやローンと同じような感覚で利用すると犯しやすい勘違い、ともいえるでしょう。

申込時に提示される商品の購入金額がそのまま受け取れる金額と思いしがちですが、あくまでもこれは利用者側が後日支払う金額です。実際に受け取れる金額は以下のような形で算出できます。

商品の購入金額-買い取り手数料=買取金額(実際に振り込まれる金額)

手数料は業者ごとで異なるので少し複雑な存在です。しかし具体的な数値は公式サイトなどで公表されているので、事前に確認しておきましょう。

闇金など悪質な業者が多数存在している

後払い即日現金化の方法は、登場してからまだ1、2年程度しか経過していない新しいサービスです。
そのため悪質な業者の営業を取り締まる法律の整備がまだ追いついていません。残念ながら野放し状態なのが現在の状態で、後払い即日現金化業者=闇金ともいわれています。

ここで紹介した即日現金化業者も実質的には貸金業と判断される可能性があり、法外な手数料を利子とするならばあまりにも暴利です。給与ファクタリング業者のように闇金認定される可能性は十分にあります。

会社のルールを設定した上で現状の法律に違反しない営業活動を行っている業者もあります。そういった業者を選べば、支払いを延滞したり虚偽の申し込みをしたりしない限り、普通に取引可能です。

ところがご存じのように、悪質業者の場合はそうはいきません。利用者側がきちんとルールにのっとって利用しても、何かしら難癖をつけてトラブルに持ち込もうとするのが、彼らの常とう手段です。

後払い即日現金化での悪質業者の主な手口には、以下のようなものが考えられます。

【後払い即日現金化:悪徳業者の手口】

  • 商品を購入したのに、いつまでたっても代金が振り込まれない
  • 問題が発生したので連絡しようとしても、連絡がつかない or 連絡先が見つからない
  • 事前に提示されていた内容と全く違う、高額な手数料を請求される
  • クレームを入れたところ、高額なキャンセル料を請求される
  • 表に提示していない裏メニューとして10万円以上の高額商品の購入を勧誘してくる
  • 個人情報を他の業者と共有する

明らかに詐欺に該当する犯罪行為から犯罪まがいのグレーな行為まで、その手口は実にさまざまです。ただしどの手口も、普通の利用者からすれば遭遇したくないものばかりです。
悪質な業者を利用するとこういったトラブルに遭遇する危険性が非常に高いので、絶対に利用してはいけません。

悪質な業者の見分け方

悪質な業者かどうかを見分けるのは、本音をいえばとても難しいといわざるを得ません。なぜなら悪質な業者側も、常に最新情報に目を配らせながらあの手この手で柔軟に対応してくるため。お金に困っている人がつい利用したくなる誘い文句を使ったり、健全な会社と誤解するような見栄えの良い広告で釣ったりなどがその一例です。

特に後払い即日現金化は、インターネットサイトを使って営業するのがメジャーなスタイルです。そのため実店舗での営業とは違い、会社の実態を確認しにくい問題があります。
実店舗なら、店内やスタッフの雰囲気・接客などでなんとなく悪質かどうかは分かりますが、インターネットではそれさえも至難の業。
逆に見栄えのよいサイトデザインや健全な会社と誤解するような知的なイメージを前面に出されると、大抵の人は警戒心を解きがちです。

悪質な業者を見分けるには、以下のような点を重点的にチェックしてください。

【後払い即日現金化:闇金の見分け方】

  • 他社と比べ最終的な還元率が異様に高く設定されている
  • 広告や公式サイトの情報量が少ない
  • 会社情報を明示していない(所在地、連絡先、代表者名など)
  • 会社情報に虚偽の内容が盛り込まれている
  • 掲示板・SNSに被害状況が書かれている

悪質かどうかは、業者の公式サイトを細かくチェックすればある程度は判別できます。例えば多くの悪質業者が犯しがちなのが、会社情報を明示していなかったり、虚偽の内容を記載していたりする点でしょう。

健全な業者なら、自社が「健全である」とアピールするのは基本的な行動です。そのため健全な業者の公式サイトなら必ず、ページ内のどこか(ページ最下部など)に会社概要を記載していたり、専用ページを設けていたりします。

また、資金決済や売買契約を交わす業種のため「資金決済法に基づく表示」などを掲載している業者もあるので、必ず確認しましょう。

悪質な業者は、自社が犯罪行為を行っていることを自覚しているので、正しい情報を明示したくてもできません。そのため会社情報自体を明示していないか、していても内容を偽っているかのどちらかです。
虚偽の内容を記入する行為自体がだます以外の何者でもないので、ここから悪質であると断定できます。

連絡先や所在地が虚偽かは同じくインターネットで簡単に調べられるので、前もって調べる癖をつけておきましょう。特に電話番号が記載されていたら、必ず一度検索にかけてみましょう。

業者によっては前身の会社で使っていた番号を解約せず、そのまま利用しているところがあります。その検索結果から、以前に振り込め詐欺や架空請求詐欺に使っていた番号だったと判明するケースもあります。

そのほかにも、公式サイトや広告の内容が明らかに薄っぺらな内容だったりするのも、典型的な悪質業者の特徴の一つ。また、つい利用したくなるような好条件を提示している業者も非常に怪しいので、すぐに飛びつくのは禁物です。

急いでいるタイミングでわざわざ調べるのは面倒ですが、悪質な業者にひっかかって泣きを見ないよう、ここは慎重に行動してください。

現状での後払い即日現金化はグレー扱い

後払い即日現金化の手数料は、1回の取引当たり10~50%程度です。
後払い即日現金化を借り入れと仮定し手数料を会社への利息と考えると、単純計算で年利120~600%にもなります。この数値は、法律による上限をはるかに超える法外な利率です。

こういった考え方から「後払い即日現金化の専門業者は全て悪徳業者」と糾弾する声もあります。ただし貸金業者ではなく取引も借金とは見なされないため、現状ではグレー扱いであり、違法行為とは断言できません。

将来的には違法行為となる危険性も

繰り返し解説したように、後払い即日現金化はまだ誕生してから間もないサービスです。
サービスが誕生して間もないということは、それを縛るルールもまだ完全に整えられていないことを意味します。
特に商品の売買を行い、そこからお金をやり取りする後払い即日現金化は、将来的には法律によって違法行為と認定される危険性さえあるでしょう。

その兆候はすでに現れ始めています。それが金融商品や運営会社を管理・監督している金融庁からこのほど公表された、後払い現金化に対する注意勧告の存在です。

この注意勧告では後払い(つけ払い)現金化に対する危険性を示すとともに、以下のようにも記載しています。

「形式的に商品の売買などであっても、その経済的な実態が貸付けであり、業として行う場合には、貸金業に該当するおそれがあります。貸金業登録を受けずに貸金業を営む者は、違法なヤミ金融業者(罰則の対象)です」

引用元:「今すぐ現金」「手軽に現金」にご注意|金融庁

後払い即日現金化は「借金ではない」と業者側もうたっており、現状では商品の売買による現金取引と見なされます。したがって厳密には貸金業者とはならず貸金業法に抵触しないと考えられていますが、それはあくまでも現状での話です。

金融庁の上記警告を見れば今後、法律改正によって後払い即日現金化が明確な違法行為に認定される可能性は十分に考えられます。もしそうなると、後払い現金化業者は全て違法な闇金業者となるわけです。

そういった危険性にも気を配った上で、利用するのであれば正しく活用していきましょう。

※記載されている内容は2021年9月現在のものです。

  • hatena
  • LINE

カードローン検索

借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能
借入限度額
最短審査時間
最短融資速度

お金を借りたい人

どのカードローンにするかお悩みの方はこちら

人気カードローンランキング
ページトップ