ホーム > 消費者金融 > オリックス・クレジット「VIPローンカード」の審査に落ちたときの対処法

オリックス・クレジット「VIPローンカード」の審査に落ちたときの対処法

更新日:

公開日:2017.11.16

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter

「オリックス・クレジットのVIPローンカードの審査に落ちてしまった。どうすれば通る?」

オリックス・クレジットが提供する「VIPローンカード」では、VIPという名にふさわしく非常に厳しい審査が導入されているようです。
このカードローンの審査がなぜ厳しいのか、その理由と審査に通るためにしておくべき対処法をご紹介していきます。
系列のオリックス銀行が提供しているカードローンとの違いについても詳しく解説します。

この記事はこんな人にオススメ!

  • オリックス・クレジットのカードローンについて知りたい人
  • 「VIPローンカード」の審査に落ちた理由が知りたい人

「VIPローンカード」の審査に落ちたときの対処法

「VIPローンカード」の審査にもし落ちてしまったとしても、自暴自棄になって手当たり次第に他社に連続して申し込むような行為は絶対にやめましょう。
短期間で集中して複数の会社に申し込みし過ぎると、「申し込みブラック」と呼ばれる状況に陥りかねません。これでは、ただでさえ危うい信用情報がさらに悪化してしまいます。
申し込みブラックと見なされないよう、最低でも1ヶ月程度は期間を空けた上で1社のみに絞って申し込むようにしてください。

「VIPローンカード」の審査は厳しい!

「VIPローンカード」の審査は、消費者金融のものとしては比較的厳しいのが実状です。
しかし、問答無用で厳しい審査をしているわけではなく、比較的柔軟な基準で行われているようです。

オリックス・クレジットの加盟信用情報機関は「JICC:株式会社日本信用情報機構」と「CIC:株式会社シー・アイ・シー」の2社で、さらに提携先機関として「KSC:全国銀行個人信用情報センター」も備え、万全の体制を整えています。

VIPローンカードの申込時に特に注意しておきたいのが、以下の3つのいずれかに該当するかどうかです。

  • 他社借入が2社以上ある人
  • 過去5年以内に滞納をしたことがある人
  • 過去10年以内に債務整理をしたことがある人

これらは過去の出来事であったとしても、信用情報内に履歴として全て記載されているものです。審査時にこれらに該当していることを黙ったまま申請しても、必ず相手側にバレます。

また、オリックス・クレジットは、消費者金融であることから総量規制の対象です。
金融業者として、過去に金融事故やトラブルを起こしたことがある人や他社借入による総量規制に引っかかりやすい人に対しては特に審査が厳しくなります。

これらに該当する人は、審査に落ちる前提で申し込むか他の大手消費者金融の利用を検討するなど、十分に注意してください。

オリックス銀行とオリックス・クレジットの違い

レンタル事業やプロ野球チームでもおなじみのオリックスは、金融業界にも複数のグループ会社を所有しています。今回ご紹介するオリックス・クレジットは、オリックスの完全子会社となる消費者金融です。
主に、個人向けの融資サービスを中心に提供している金融サービス業者で、1979年創業と比較的長い歴史を有しています。

同じくオリックスグループの一角を占めるオリックス銀行とは、その業務の類似性からしばしば混同されがちです。しかし両社は、クレジット部門と銀行部門という全く違う業務をそれぞれ担う別会社です。
カードローンを商品として提供している両社ですが、貸金業法と銀行法がそれぞれ適用されるため利用条件なども異なります。

オリックス・クレジットの会社情報

商号 オリックス・クレジット株式会社
本社所在地 東京都立川市曙町2丁目22番20号 立川センタービル
フリーダイヤル 0120-20-8480
設立 1979年6月
登録番号 関東財務局長(12)第00170号
日本貸金業協会会員 第003540号
加盟信用情報機関 ・JICC:株式会社日本信用情報機構
・CIC :株式会社シー・アイ・シー
営業時間 9:00~19:00(平日)

オリックス・クレジットでは、今回ご紹介する「VIPローンカード」だけでなく、以下の金融商品も幅広く取り扱っています。

  • VIPローンカード
  • VIPローンカードBUSINESS
  • カードレスVIP
  • VIPフリーローン
  • オリックスローンカード Pontaコース
  • VIP Y’s CARD
  • VIP Lyra CARD
  • ゴルフ会員権購入ローン
  • 教育ローン
  • ブライダルローン
  • メモリアルローン
  • トラベルローン

オリックス・クレジット「VIPローンカード」とは

利用用途 自由(事業性資金は除く)
借入限度枠 30~800万円
実質年率 1.7~14.5%
遅延利率 19.9%
返済方式 リボルビング払い
返済期間 最終借入日から最長20年
返済回数 1~240回(20年)
申込資格 ・日本国内に居住している人
・申込時年齢が満20~69歳以下の人
・仕事を持ち、毎月定期収入がある人
担保・保証人 原則不要(審査結果により新生フィナンシャル株式会社の保証が必要な場合あり)

「VIPローンカード」最大の特徴といえるのが、最長20年という長期間の借り入れが可能である点です。一般的なカードローンの多くが返済期間を10年以下としていることを考えると、長期借入を求めている人や月々の返済負担を極力抑えたい人に最適な選択肢といえます。
下限金利1.7%という数値は、金利の安さで定評がある銀行並みに魅力的な特長です。金利の安さを重視する人なら利用して損はありません。

オリックス銀行よりも低い上限金利

オリックス・クレジットの「VIPローンカード」の上限金利は、14.5%です。
これは、同じくカードローンを提供しているオリックス銀行の17.8%という上限金利よりも低く、消費者金融でありながら銀行を上回る低利性を誇っています。
それ以外の融資条件はほぼ同様の内容ですが、新規利用者を含め多くの利用者に適用される上限金利の低さは、得がたい魅力といえます。

オリックス銀行カードローンとオリックス・クレジット「VIPローンカード」、それぞれの違いを表にまとめました。

オリックス銀行
「カードローン」
オリックス・クレジット
「VIPローンカード」
借入枠 10~800万円 30~800万円
金利(年利) 1.7~17.8% 1.7~14.5%
遅延損害率 借入利率+2.1% 19.9%
総量規制 対象外 対象

オリックス・クレジットの「VIPローンカード」融資までの流れ

ここでは、オリックス・クレジットで即日融資を受けるための申し込みの流れについてご紹介します。

  1. 申し込みフォームに必要事項を入力して申し込む
  2. 必要書類を提出する
  3. 審査
  4. 審査結果の通知
  5. 勤務先への在籍確認
  6. 「VIPローンカード」の郵送
  7. 契約の手続き
  8. 融資の申し込み
  9. 振り込み融資

必要書類について

オリックス・クレジットでは、申し込みの段階で必要書類の提出が求められます。
必要書類は、「本人確認書類」と「年収を確認できる書類」の2種類で、これらは必ず提出する必要があります。

提出自体はインターネット経由で可能となっており、郵送は不要です。あらかじめスキャナーなどで画像をデータとして読み取るか、カメラで必要事項が確認できるよう写真にしてから提出しましょう。

本人確認書類

オリックス・クレジットの「VIPローンカード」では、本人確認書類の提出が必須です。
運転免許証を持っている人であれば問題ありませんが、持っていない人は健康保険証やパスポートなど、指定の身分証明証のコピーが必要です。

オリックス・クレジットでは申込時に入力された住所、氏名、生年月日などの情報が、提出された本人確認書類の情報と一致しているかを確認します。
このとき、情報に相違があると手続きの中断や拒否される恐れがあります。素早い融資を受けるためにも、必ず情報が一致しているか確認した上で申し込みしてください。

年収を確認できる書類

オリックス・クレジットでは、借入希望額が50万円を超える場合、もしくは借入希望額と他社借入額の合計が100万円を超える場合に限り、年収を確認するための書類の提出を義務づけています。

オリックス・クレジットが年収を確認できる書類として認められるものは、以下の通りです。

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 課税証明書

収入証明書の提出を求められたら、最新の情報が記載された上記書類を提出してください。

「VIPローンカード」の契約が家族にバレてしまうタイミングとは

「VIPローンカード」は、専用のローンカードを使って融資を受けるタイプの商品です。
このため、審査に無事通過し契約が完了した段階で、申込時に申告した現住所宛てにローンカードが郵送されます。本人の居住確認を兼ねた手続きであることから、勤務先を送付先として選ぶことはできません。

ここで気をつけておきたいのが、現住所にローンカードが送付されることによる「家族バレ」の問題です。

ローンカードは、「オリックス・クレジット」という社名が入った封筒で送られてきます。そのため、たとえ中身を見なくても金融業者からの郵便物であることが分かってしまいます。
家族バレを極力避けたいのであれば、できるだけご自分が受け取れるよう工夫しましょう。

まとめ

銀行カードローンの匹敵する金利の低さが際立つオリックス・クレジットの「VIPローンカード」は、借入期間の長さや上限額の高さなどさまざまな特長を併せ持った魅力的なローンです。
ただし、低金利ゆえに審査は厳しく、中には利用したくとも審査に通ることさえできない人もいるでしょう。

そんなときは、今回ご紹介した対処法をぜひ検討してください。
「VIPローンカード」ほどではないとはいえ、審査に通りやすいものや低金利や無利息でお得に利用できるカードローンは、大手消費者金融を中心にまだまだたくさんあります。

アコムやプロミスといった大手消費者金融は、少なくともオリックス・クレジットより審査難易度は低めです。
特に審査通過率が高いことで知られるプロミスについて、「プロミスの審査から融資までの流れを徹底解説!」でさらに詳しく紹介しています。ぜひ参考にしてください。

※記載されている内容は2020年4月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter

カードローン検索

借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

  • アイフル
  • プロミス
  • アコム
  • レイクALSA
  • SMBCモビット
  • どのカードローンにするかお悩みの方はこちら

    人気カードローンランキング

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間
カードローンマッチング

カテゴリー一覧

参照外部サイト

全国銀行協会
CIC
JICC
金融庁
日本賃金業協会
top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.