カリテミオトップページ > 目的別ローン > ブライダルローン > ブライダルローンの審査基準Q&A

ブライダルローンの審査基準Q&A

更新日:

公開日:2017.11.16

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

ブライダルローンの審査基準ってどうなってるの?

これからブライダルローンを利用しようと考えている方の中には、審査に通過できるかどうかが不安な方もいるのではないでしょうか。
銀行や信販会社など、さまざまな金融機関が取り扱うブライダルローンは、審査基準もそれぞれ違いがあります。
しかし、ブライダルローンという大きな枠で見たときには、ある程度の総合的な特徴があることも確かです。

今回は、ブライダルローンの審査基準の特徴や審査に通過できない理由などについて詳しく調べて見ました。

ブライダルローンの審査基準は?

ブライダルローンの審査基準は、ローン商品を取り扱っている銀行や貸付業者によってもさまざまです。
また、ブライダルローンの審査基準は基本的に非公開となっているので、問い合わせをしても教えてくれることはありません。

ただし、一般的なローン審査の基準や申し込み条件などから考えてある程度の審査基準を推測することはできます。

安定した収入が得られる雇用形態や年収であること

ブライダルローンを利用するということは、必ず返済の義務が発生するということです。
そのため、ブライダルローンの審査に通過するためには安定した収入が得られていることが絶対条件になります。

また、ブライダルローンに関しては雇用形態を指定していることもあり、アルバイトやパートだと申し込み不可というところも多くなっています。
さらに、勤務年数も指定してある場合があり、少なくとも1年以上の勤務年数を求めているところが多くなっています。

個人信用情報にキズがないこと

ブライダルローンの審査項目の1つに、個人信用情報の確認というものがあります。

個人信用情報とは、金融機関が共通で記録している個人とのお金の貸し借りを記録したデータです。
さまざまなローンとの取引履歴やクレジットカードのキャッシングの履歴などが記録されています。
返済日を守って取引していれば、借入額が高額ではない限りそれほど問題になることはありません。

しかし、信用事故と呼ばれるような滞納や債務整理などの記録があると審査に通過することができなくなります。
しっかりとした遅れのない取引実績を持っている方であれば、審査通過の可能性は高くなります。

利用目的を証明できること

ブライダルローンは結婚式や披露宴、新婚旅行などに利用できるローン商品です。
逆にいえば結婚費用以外の目的で利用することはできません。

そのため、ブライダルローンを利用するには、利用目的を証明できることも条件になっています。
見積書や領収書など利用したことがわかるものを控えとして準備しておくことも大切です。

ブライダルローン落ちた!通らない理由は?

ブライダルローンに落ちる理由としては、以下のようなものがあげられます。

  • 年収が低い
  • 勤務年数が短すぎる
  • 他社からの借り入れが多すぎる(返済不安がある)
  • 過去に他社のローンなどで延滞の記録があった
  • 過去に他社のローンなどで信用事故の記録があった

など。

解決策は問題点を改善するか、カードローンなどを利用するか

ブライダルローンに審査落ちしてしまうのには何かしらの理由があり、すぐに解決できる理由と解決できない理由があります。
すぐに解決理由であれば、問題を解決してから再申し込みにチャレンジするという手があります。

しかし、ブライダルローンの場合には利用する日付がすでに決まってしまっている場合も多く、再申し込みまでに時間をかけられないという方も多いでしょう。
例えばアルバイトやパートなどの雇用形態が問題となって審査落ちしてしまった場合には、アルバイトやパートOKのカードローンの利用もおすすめです。

このように別のローン商品を利用することで問題が解決できる場合もありますよ。

ブライダルローン審査Q&A

審査に奨学金は関係ある

返済を滞納すると審査に影響することがあります。

奨学金は借り入れ先によっては、ブライダルローンの審査時に確認される場合があります。

これは、ブライダルローンの審査で確認している個人信用情報に奨学金の情報が記録されていることがあるためです。

日本学生支援機構(JASSO)の奨学金を利用している場合には、個人信用情報に記録がのこります。

ただし、借り入れの記録がブライダルローン審査に影響することはほとんどなく、返済が滞っていた記録のみが厳しくチェックされます。

他に借金があると通らない?

借金の種類によっては通らない可能性があります。

ブライダルローンの審査では、借金の種類によって審査に悪影響を与えるものがあります。

例えば住宅ローンや個人間の貸し借り、クレジットカードのショッピング枠などはそれほど影響を与えることはありません。

しかしカードローンやフリーローン、クレジットカードのキャッシング枠を利用している場合には、審査に影響がでる可能性があります。

もしも現在カードローンなどで借り入れをしている人は、ブライダルローンに申し込みをする前に、できるだけ返済しておくことをおすすめします。

審査は甘い?厳しい?

申込者のスペック次第ですが、カードローンよりも審査は厳しいと考えてください。

ブライダルローンだけではありませんが、全てのローン審査は申込者のスペックによって審査が甘いと感じることも厳しいと感じることもあります。

そのため、一概にブライダルローンの審査が甘いとも厳しいともいえません。

しかしブライダルローンの審査では、申し込み基準に年収の条件があったり見積書などの提出が必要になることからも、本人確認書類だけで申し込み可能なカードローンよりは審査基準が厳しめであることが推測できます。

また、カードローンでは申し込みOKとされているパートやアルバイトの申し込みがブライダルローンではNGなところが多くなるので注意してください。

※記載されている内容は2019年4月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.