カリテミオトップページ > 目的別ローン > ブライダルローン > 銀行のブライダルローンとカードローンの比較

銀行のブライダルローンとカードローンの比較

更新日:

公開日:2017.11.24

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

銀行のブライダルローンとカードローンってどう違うの?

「結婚式や披露宴をやりたいけど、まとまったお金がない…」

そんな時に利用できるのがブライダルローンです。
現在は結婚資金がないという方でも、ブライダルローンを利用して結婚式をあげているカップルも多くなっています。

しかし、ローン商品は不明瞭なことも多く、「本当に便利にお得に利用できるのか心配…」と思う方も多いでしょう。

そこで今回は、ブライダルローンとは何なのか、銀行のブライダルローントカードローンの違いなどについて詳しく説明していきます。

そもそもブライダルローンって何?

ブライダルローンとは、名前の通り結婚資金への利用を目的として融資が受けられるローン商品です。
住宅ローンや自動車ローンなどと同様に、利用目的が限定された目的別ローンに分類されています。

ブライダルローンを使ってできること

ブライダルローンは、以下のようなものに利用することができます。

  • 結婚式
  • 披露宴
  • 婚礼衣装代
  • 結婚指輪代
  • 新婚旅行費用
  • 家具や家電などの購入
  • 結婚による住宅の入居費用

結婚の初期費用としてかかるものであれば、基本的に利用可能となっています。

銀行のブライダルローンの特徴

ブライダルローンを取り扱っているところは銀行や信用金庫です。
まれに信販会社なども取り扱いをしています。
ここでは、ブライダルローンの取り扱いが一番多い銀行のブライダルローンの特徴をみていきましょう。

一桁台の低金利で借り入れができる

ブライダルローンの金利は、銀行によっても設定されている金利にばらつきがありますが、基本的にはどこも金利一桁台の設定になっています。
たとえば楽天銀行のブライダルローンは金利7%となっており、融資可能額は最高300万円までとなっています。

結婚資金は高額な利用用途が多いので、金利の低さはとても魅力的ですね。

基本的に見積書の提出が必要

ブライダルローンは目的が限定された目的別ローンです。
そのためブライダルローンに申し込みをする時には、利用目的の見積書の提出が必要になります。
その他にも結婚式場の予約票など、融資されたお金をしっかり結婚費用に利用するという照明の提出を求められるでしょう。

また、見積もり以外にも本人確認書類や収入証明書類、さらには住民票などの提出が必要になることもあります。

ブライダルローンとカードローンは何が違う?

結婚資金として利用できるローン商品には、結婚費用専用のブライダルローンの他にカードローンの利用も可能です。
ブライダルローンとカードローンには、どんな違いがあるのかをみていきましょう。

利用目的の違い

ブライダルローンは、利用目的が結婚の費用に限定されています。
これに対してカードローンは、基本的に利用用途は自由です。
たとえば結婚費用に利用しても良いし、車の修理費用に使っても飲み会の費用に使っても問題ありません。

これはブライダルローンが目的別ローンという種類に属すのに対し、カードローンは多目的ローンとういう部類に入るためです。
目的が限定されているブライダルローンとは違い、カードローンは個人の利用であれば基本的に何に使っても問題ありません。

借り入れ可能回数の違い

ブライダルローンで借り入れができるのは、基本的に審査通過後の1回のみです。
しかしカードローンなら、設定された利用限度額までなら何度でも借り入れ可能です。

「ローンの利用は結婚式の費用のみ」と限定されている方は、ブライダルローンがおすすめです。
一方のカードローンは、「少しずつ必要な時に何度も利用したい」という方におすすめです。

申し込みから融資までのスピードの違い

ブライダルローンでは申し込みから融資までのスピードにも違いがあります。
利用するブライダルローンによってもスピードに若干の違いがありますが、基本的に申し込みから実際の融資までに2~3週間ほどかかってしまいます。

一方のカードローンは、基本的にどこのカードローンでも数日~1週間もかからずに融資が受けられます。
また、大手消費者金融などの場合には、最短申し込み当日に融資が受けられるというスピード融資ができるカードローンもあります。
アコム・アイフル・プロミスなどでは、最短即日融資に対応しています。

適用金利の違い

先ほども説明した通り、ブライダルローンは一桁台の金利が適用されていることが多くなっています。
これに比べてカードローンは新規契約者が適用されやすい上限金利が10%以上に設定されています。

たとえば三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行などのメガバンクカードローンの上限金利はいずれも14%台です。
さらに消費者金融になるとアコム・SMBCモビット・アイフルでは上限金利は18%となっています。

ブライダルローンの金利よりも10%以上高くなってしまうこともあるので、利息を節約したい方はブライダルローンを利用する方がよいでしょう。

銀行のブライダルローンとカードローン、メリット・デメリットの比較

それでは最後にブライダルローンとカードローンのメリット・デメリットを一覧表で比較していきましょう。

ローン名 メリット デメリット
ブライダル
ローン
・見積書があれば比較的高額融資も可能
・一桁台の低金利で借り入れができるので利息が安い
・申し込みから融資までに2週間以上かかる
・融資を受けられるのは基本的に1回の契約で1回のみ
カード
ローン
・申し込みから最短即日融資ができる
・少額を何度でも借入できる
・比較的高額融資が難しい
・適用される金利が10%台がほとんどで利息が高い

利息を節約するならブライダルローン、お急ぎならカードローン

このように結婚資金として借り入れできるブライダルローンとカードローンですが、それぞれに特徴やメリット・デメリットに違いがあります。

大きく分けてしまえば利息減らして総返済額を少しでも減らしたいのであればブライダルローンの利用がおすすめです。
またすぐに融資を受けたいなど、融資スピード重視で選ぶならカードローンがおすすめです。

まずは自分の利用方法を検討し、自分に合ったローンを選ぶようにしましょう。

※記載されている内容は2019年4月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.