カリテミオトップページ > 目的別ローン > 教育ローン > 国から借りられる「教育ローン」にはどんなものがある?

国から借りられる「教育ローン」にはどんなものがある?

更新日:

公開日:2017.11.27

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

「教育ローン」ってどんな種類があるの?

「大学に入学するための資金を借りたい」
「資格取得のために学校に通いたい」

教育のために利用できるローン商品である「教育ローン」は銀行なども取り扱いがありますが、国から借りられる教育ローンもしっかりチェックしておきたいところですよね。

そこで今回は、国から借りられる教育ローンにはどんなものがあるのかについて詳しく説明していきます。

借りられる条件・審査は?

国から借りられる教育ローンは、日本政策金融公庫が取り扱っている教育一般貸し付けの制度です。
もともとは国民金融公庫と環境衛生金融公庫が統合して国民生活金融公庫になり、2008年より特殊社会化され日本政策金融公庫になりました。

借り入れができる申し込み条件

日本政策金融公庫の借り入れができる条件は、年収や内容などで細かく分かれています。

世帯年収の条件

申し込みができる世帯年収は扶養している子供の人数によって、以下のように分かれています。

子供の人数 世帯年収(所得)の上限額
1人 790万円
(590万円)
2人 890万円
(680万円)
3人 990万円
(770万円)
4人 1090万円
(870万円)
5人 1190万円
(970万円)

このように、世帯年収(所得)が上記の枠内に収まっていることが、借り入れの条件になります。

ただし、子供が2人以内の場合には世帯年収(所得)上限額の上限が緩和される場合があります。

子供2人以内で世帯年収の上限が緩和される条件

子供が2人以内という条件以外に以下の条件を1つでも満たしていれば世帯年収(所得)990万円(770万円)まで申し込み条件が緩和されます。

  • 勤続(営業)年数が3年未満で居住年数が1年未満

  • 自宅外通学(予定)や単身赴任に該当する人

  • 融資の目的が海外留学資金

  • 借入申込人の年収(所得)に占める借入金返済の負担率が30%を超えている。
    または、親族などに「要介護(要支援)認定」を受けている人がおり、その介護に関する費用を負担している場合

  • 大規模な災害により被災されている人

どんな用途に使える?対象は?

教育ローンを利用しようとしても、どのような学校への進学目的なら利用可能なのかなど、同じ学費といってもさまざまな利用用途がありますよね。
国の教育ローンの利用は、どのような目的なら融資が受けられるのかや対象になる目的を見ていきましょう。

融資の対象となる学校

国の教育ローンの融資対象になる学校は、以下の通りです。

  • 大学、大学院、短期大学
  • 専修学校、各種学校、予備校、デザイン学校
  • 高等学校・高等専門学校・特別支援学校の高等部
  • 外国の高等学校・高等専門学校・短期大学・大学・大学院(原則6ヶ月以上の留学)
  • その他職業能力開発校などの教育施設

融資可能な使い道

  • 学校納付金(入学費用、授業料など)
  • 受験にかかった費用(受験料や受験のための交通費・宿泊費など)
  • 在学のため必要になる居住費用
  • 教科書代、教材費、パソコン購入費用、通学費用、修学旅行費用など

申し込みの流れや金利などまとめ

申し込み条件や申し込み可能な利用目的がわかったところで、国の教育ローンの基本スペックを一覧表で見ていきましょう。

最高借入額 350万円
金利 年1.76%
(固定金利・保証料別)
申し込みから融資までにかかる時間 およそ20日程度
返済期間 15年以内
保証人の有無 教育資金融資保証基金への加入で、連帯保証人不要。
(加入しない場合には連帯保証人が必要)

選べる3つの申し込み方法

教育ローンの申し込みは以下の3つの方法から選択可能です。

  • 公式サイトからのインターネット申し込み
  • 電話での申し込み
  • 全国の店頭窓口にて申し込み

国の教育ローンQ&A

それでは最後に、国の教育ローンに関するQ&Aを見ていきましょう。

教育ローンを借りられるのは?学生本人はOK?

条件次第では学生本人もOKです。

教育ローンに申し込みをするのは、基本的には親権者である本人の両親などが多いです。

しかし、教育ローンを利用したい方がすでに成人して安定した収入がある方であれば、本人の申し込みが可能です。

留学費用には使えるの?

使えます。

高等学校・高等専門学校・短期大学・大学・大学院などへの留学であれば基本的に申し込みが可能です。

ただし、原則6ヶ月以上の留学が対象になります。

審査に落ちる、組めないことはある?

あります。

国の教育ローンに申し込みをするためには、公式サイトに記載してある申し込み条件を満たす必要がありますが、申し込みが完了すると審査が行われます。

そして審査基準を満たしていない場合には、審査落ちしてしまう可能性があります。

いくらまで借りられる?

子供1人に対して最大350万円までです。

基本的に子供1人に対して最大350万円までが融資可能となっていますが、海外留学の場合には450万円まで認められることがあります。

ただし、今後1年間に必要な費用が対象になっているので、2年目以降の費用に関しては再申し込みが必要になります。

※記載されている内容は2019年4月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.