カリテミオトップページ > お金を借りるための基礎知識 > カードローン審査、どんな時に収入証明書が必要になる?

カードローン審査、どんな時に収入証明書が必要になる?

更新日:

公開日:2017.6.12

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter

カードローンって収入証明書が必要なの?

「カードローンの申し込みで収入証明書という言葉よく聞くけど、そもそも収入証明書って何?どうして必要なの?」

収入証明書はカードローンの申し込みの際に、カードローン会社が申し込み者の返済能力を確かめるために必要な書類のことを言います。

カードローンには消費者金融と銀行の2種類のカードローンがありますが、どちらのカードローンでもこの収入証明書を不要で申し込むことが可能です。
しかし、それぞれ収入証明書不要となる条件が異なっています。

今回は、消費者金融と銀行カードローンの収入証明書についてご紹介します。

そもそも何で収入証明書が必要?

銀行や消費者金融が収入証明書の提出を求めるのは、カードローンを申し込んだ本人に返済能力があるのかどうかを知るために必要となるからです。

カードローンは住宅ローンなどといった担保ローンとは違い、保証人や担保がない無担保ローンになります。

担保ローンの場合は債務者がローンの返済ができなくなった場合、保証人や担保で弁済することが可能ですが、カードローンの場合は無担保のため債務者が返済できなくなった場合は何処にも弁済を求めることができません。

そのリスクを避けるためにも、銀行や消費者金融では一定の金額以上の借り入れの場合は、収入証明書の提出を求めることになっています。

収入証明書とされる主な書類は下記になり、いずれか1つの提出が求められます。

  • 給与明細
  • 源泉徴収票
  • 所得証明書

但し、銀行と消費者金融では収入証明書が必要となる条件が異なってきます。

どういった場合に提出が必要となるのかご紹介します。

サービス種類 条件
消費者金融 ・借入れ希望額が50万円を超える場合。
・複数の貸金業者からの借入合計が100万円を超える場合。
銀行 ・制限がないため各銀行によって決められている。

消費者金融では、貸金業法の総量規制といった法律により「個人の借入総額は年収の1/3まで」と厳しく制限されています。

収入証明書の提出を求められ提出しなかった、またはできなかった場合には限度額を減額されたり、申し込みを断られる場合もあります。

もし、この総量規制を超える借り入れをしてしまった場合、申し込み者が罰せられるといったことはありませんが、利用が強制的にストップされる場合もありますので注意が必要です。

一方、銀行の場合は消費者金融とは異なり、法律により収入証明書の提出を求める金額は決まっていません。

しかし、銀行ならいくら借り入れしても収入証明書の提出は必要ないというわけではありません。
銀行も高額な融資になればなるほど負うリスクも高くなるため、各銀行によって収入証明書を提出する金額を定めています。

但し、銀行の場合は保証業務を消費者金融などの保証会社に委託しているため債務者が返済を滞った場合でも、その債務は保証会社が負うことになります。

銀行が実際にどのような保証会社に委託しているのか、人気の銀行カードローンでご紹介します。

サービス名 委託保証会社名
みずほ銀行 オリエントコーポレーション
三菱UFJ銀行「バンクイック」 アコム
三井住友銀行 SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)
楽天銀行 楽天カード・セディナ

銀行カードローンを申し込む時には、銀行の保証会社で過去にトラブルなどを起こした経験がある方は「自社ブラック」として記録が残っている場合があるので、避けるようにした方が良いでしょう。

また、専業主婦の場合は収入証明書の提出を求められることはありません。
なぜなら専業主婦は収入がないため、収入証明書がないからです。

専業主婦の場合は申し込条件として「配偶者に安定した収入」があることを求められますが、基本的には申し込み者の申告のみで配偶者の収入証明書の提出をしなくても借り入れすることが可能です。
次に、収入証明書が必要となる条件についてご紹介します。

収入証明書が必要ありの条件まとめ(消費者金融・銀行カードローン)

消費者金融は法律により

  • 借入れ希望額が50万円を超える場合
  • 複数の貸金業者からの借入合計が100万円を超える場合

上記の2つの場合が収入証明書の提出が必要となります。

一方、銀行カードローンの場合は各銀行で収入証明書を提出する条件が異なっています。
人気銀行カードローンの収入証明書の提出が不要とされる金額についてご紹介します。

サービス名 収入証明書不要
みずほ銀行 50万円まで
三菱UFJ銀行「バンクイック」 200万円まで
三井住友銀行 300万円まで
楽天銀行 300万円まで

このように銀行カードローンでは収入証明書が必要となる金額がそれぞれ異なっています。

収入証明書の提出と聞くと面倒に感じるかもしれません。
しかし、最近では専用のアプリやスマホのカメラ機能を使って画像を送信するだけで提出完了となるカードローンも多いです。
それほど手間な作業ではないのです。

どうしても収入証明書の提出を避けたい方は、借り入れ希望限度額と収入証明書の提出が求められる金額を照らし合わせて、カードローンを選択するようにしましょう。

カードローンの収入証明書の提出についてのまとめ

カードローンの申し込みによる収入証明書の提出は、消費者金融と銀行で異なってきます。

消費者金融は法律によって提出が必要となる金額が決まっているのに対して、銀行は規制などがないため各銀行によって提出不要となる金額を設定しています。

借り入れ時の希望額が50万円以下で、他の貸金業からの借り入れ総額が100万円以下の場合は消費者金融でも収入証明書が不要で借り入れが可能です。

また銀行であれば、希望額が約100万円~300万円の間なら収入証明書不要で申し込むことが可能です。

借り入れ希望額と自身の借り入れ状況を考えて、どちらで申し込むかを選択することで収入証明書不要で借り入れすることが可能となります。

収入証明書の提出でお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

※記載されている内容は2019年9月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.