カリテミオトップページ > お金を借りるための基礎知識 > カードローンの審査について > 65-70歳まで?何歳までカードローンでお金を借りられる?

65-70歳まで?何歳までカードローンでお金を借りられる?

更新日:

公開日:2018.1.31

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter

カードローンでお金を借りられるのは何歳まで?

超高齢化が進む現在、65歳を超えても元気に働いているケースも多く存在します。
たとえ仕事を引退されても、趣味にレジャーなど精力的に活動をしている方もたくさんいるでしょう。

そして、若い世代同様の活発な消費に伴って年配ユーザーでも急な出費が発生し、カードローンを利用したいと考えるケースもあります。

そこで今回は年代を65~70歳のユーザーに絞り込んで、果たして何歳までカードローンは利用できるのか。
それを徹底検証をしてみたいと思います。

何歳まで?カードローン各社の年齢制限

各カードローン会社の申込要綱を見ると、「○○歳まで」と低年齢ユーザーへの年齢制限を設けています。
それに加えて、年配ユーザーに対しても「○○歳まで」と年齢制限を設けているところがほとんどです。

そこで、大手消費者金融会社や銀行各社がカードローンの年齢制限をどのように設定しているのか、まとめてみたいと思います。

まず、消費者金融大手4社を確認すると、アコム・プロミス・SMBCモビット・アイフルすべてが、満20歳から69歳以下に統一されています。

次に、銀行系カードローンの主だったところをまとめると、

  • 満20歳から60歳未満…楽天銀行、りそな銀行など。
  • 満20歳から65歳未満…三菱UFJ銀行、イオン銀行、東京スター銀行など。
  • 満20歳から69歳未満…三井住友銀行、オリックス銀行など
  • 満20歳から70歳未満…じぶん銀行、ジャパンネット銀行など

となっていて、消費者金融系よりも上限が低いところがほとんどです。
また、69歳以下と70歳未満は同じ上限年齢「69歳」を指しているため、満70歳を迎えた時点でその利用ができません。

なお、借り入れ可能条件「年金以外の安定した収入があること」と書かれていることも多いです。
仮に明記されていなくても法律上年金は「収入」と認められていないため、年収の3分の1である総量規制に引っかかってしまいます。

よって、年齢制限をクリアしていても年金のみで生計を立てている方は必然的に、一切のカードローン利用が不可能です。

なぜ年齢制限でカードローンでお金が借りれない?

満20歳からという年齢制限については、まだ経済的にも精神的にも成熟していない未成年の保護という観点からみれば納得もいきます。
しかし冒頭でも述べた通り、今の65~70歳の世代の方々は非常に元気。

若い世代に負けないほど働いて高い収入を得ているケースもある中、なぜカードローン各社は年齢について上限を定めているのでしょうか。

病気やケガで収入がなくなるリスクが高い!

いくら最近のシルバー層が元気だと言っても、病気やケガをしやすくなってくるのは否めません。
それに伴って、カードローンの審査において最も重要な定期収入が絶たれてしまう可能性を考えておかねばなりません。
また、病気やケガが重症化してしまう傾向もあり、それに伴う医療費の増加も考えられます。
増えていく医療費が家計を圧迫してカードローンの返済が滞ったり、返済不能となってしまうリスクもあります。

結果的に各金融基幹は否応なく、年齢層の高いユーザーほどカードローンの利用を制限せざるを得なくなってしまうのです。

カードローン会社も商売!

貸し手である金融機関の立場になると、貸付けをした時点では利益が生まれません。
毎月の返済時に発生する金利が入金されることによって、はじめて利益が計上されます。

そして、返済期間が短すぎると人件費や店舗管理などといった膨大な経費を払えないため、できることなら長期間をかけてゆっくり返済してもらいたいのが本音です。

20代・30代の若手ユーザーと65~70歳であるユーザー。
どちらが、長期にわたってカードローンを利用して利益を望める、優良な顧客になる可能性が高いでしょうか。

当然ながら、前者を優先するのが商売の基本です。

利用中に年齢制限が来た際の注意事項

関連する事柄として年齢制限ギリギリのユーザーへの注意事項を、1つ紹介しておきます。

例えば、「65歳未満」が利用制限であるカードローンをすでに使っているユーザーが現時点で64歳だったとしましょう。
そして、1年を経過して満65歳になった場合に果たして利用中のカードローンはどういった扱いになってくるのでしょうか。

まず返済について。
年齢制限を超えたとしても延滞などをしない限り、一括での返済を求められることはありません。
これまで通り、分割返済が可能です。

ただし、先程述べた「貸し倒れのリスク」の高さという問題もあります。
若い世代の延滞より年齢制限を超えたユーザーの延滞に対して、一括請求などといった厳しい対応を早めにしてくる傾向があるため注意が必要です。

また、追加融資や利用限度額の引き上げについて。
例え融資可能枠の範囲内であったとしても、制限年齢を超えた瞬間から追加融資を受けられないことがあります。
枠内での追加融資の場合は、金融機関とのこれまでの付き合い方によって少々融通が利くケースもあるようです。
しかし、審査が必要な限度額をアップすることはまず不可能だと考えておきましょう。

よって、60歳を超えたら自分の使っているカードローンの年齢制限をチェックしましょう。
そして長期的な目線で返済や利用可能枠などについて、しっかりと計画を立てておくことをおすすめします。

満70歳でも借りられる所はある?

上記で述べた理由から、満70歳以上の方が利用できるカードローンは非常に少なくなっています。

ただ、全くないという訳でもありません。
ここでは主だったところを紹介したいと思います。

スルガ銀行カードローン「リザーブドプラン」 限度額800万円 金利3.9~14.9%

スルガ銀行は、静岡県にある地方銀行です。
他の地方銀行と異なり利用可能エリアに定めがないため、全国どこに住んでいても公式HPからの申込み、提携ATMでの利用・返済が可能です。
申込みができる年齢は70歳以下ですが、一度カードを作っておけば75歳まで新規の借り入れ申込みができます。
ここはが他のカードローンと大きく異なる点です。

 

セゾンフォンデックス「かんたん安心カードローン」 限度額50万円 金利14.8%

こちらの限度額は、上記の2社よりも少なめです。
70歳以上の方が利用できるというより「60~80歳の方限定」という極めて珍しいスタイルのカードローンです。

年金以外の定期収入があり電話連絡さえ取れる方なら、インターネットやフリーダイヤルによって全国どこからでも申込み・利用することができます。

また、カード発行後は全国14万台以上の提携ATMで利用・返済ができます。
平日9:00~14:30分の範囲内であれば、指定口座への即日振込融資も可能です。

地方限定のカードローンやフリーローンを利用するのもあり!

前項で紹介した3つのカードローンは、全国どこでも自宅で申込みができるものに絞りました。

地方銀行の中には、営業エリアに住んでいる方限定で利用できるカードローンが存在します。
また、カード発行を伴わないフリーローンに範囲を広げると、さらに商品ラインナップは増えてきます。

選択の幅が増えれば、自分に合うものを見つけることも可能になります。
ぜひ機会を見て、自分の住んでいる地域の地方銀行に問い合わせをしてみてください。

※記載されている内容は2019年10月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.