カリテミオトップページ > 費用が払えない・滞納 > 就活費用を捻出したい時に使えるカードローンとは

就活費用を捻出したい時に使えるカードローンとは

更新日:

公開日:2018.2.1

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

就活費用のためにカードローンでお金を借りたい!

学生さんの方は卒業が近付けば「就職活動」、いわゆる「就活」に精を出す必要があります。

そして、考えている以上に就活の準備・実行には費用がかさむものです。
「学生」という立場では貯金やバイトの給料だけでは、足りなくなってしまうことも少なくありません。

そこで今回は、就活の準備や実際に行う際にかかる主な費用の総額をまず算出します。
そして、その費用が不足した時に利用できるカードローンについて、紹介と解説をしていきたいと思います。

就活にかかる費用は案外高い!

就活費用を概算・合計すると…

学生が就職活動をする上でまず必要となるのが、いわゆるリクルートスーツです。
リクルートスーツの相場は3~10万円までと、幅広い値段となっています。
しかし、学生が就活をする上であまりに高価なスーツでは、企業側にあまりいい印象を与えないこともあります。
リクルートスーツは、5万円程度の価格帯をおすすめします。

それに合わせて革靴やパンプス、書類等を治めるビジネスバックなども、新しいものを購入しておく必要があります。

さらに、就活では身なりの清潔感も大切になってくるのでワイシャツやブラウス、そして靴下・ネクタイなどの細かい衣服も新調したほうがいいかもしれません。

このような服飾関連だけで、ざっと計算しても7~8万円程度は必要になってくるでしょう。

さらに、面接をしてもらう希望先企業の所在地によっても変わってきますが、回数に応じて交通費もかさんできます。
「就職説明会」などを通して知り合った就活仲間との情報交換を目的とした、交流にかかる費用も計算に入れておくべきです。

結論として当サイトでは、合計で15~20万円程度のお金をあらかじめ余裕をもって準備した方がいいと考えています。

アルバイト・パートに集中できないのが痛い

前項で提示した金額であれば、親からの援助や貯金で賄えるという方も当然いるでしょう。
また、いつもよりアルバイトやパートに精を出して費用を稼ごうと考える方もいるでしょうが、そう上手くいかないものです。

就活においては、

  • 企業が開催する説明会や見学会への参加
  • ネットや情報誌による就職希望先の調査と選定
  • 詳細な履歴書・エントリーシートの作成
  • 実際の面接・選考への参加

といったものに長い時間と労力が必要です。
よって、アルバイトやパートの時間を減らしたり、場合によってはやめざるを得ないケースもあります。

基本にどのキャッシング・カードローンでもOK

銀行系カードローンは金利が安いけれど…

就活に必要な費用を親からの援助や貯金で賄えず、アルバイトで穴埋めすることは現実的にかなり困難です。

そういった時に役立つのが、学生でも利用可能なカードローンです。
基本的なことを言えば金利が安めである銀行系の商品であっても、就活費用の補てんに活用することができます。

しかし、銀行系カードローンはその審査において職業履歴や就業年数を重視する傾向にあります。 よって、就活学生という立場では審査に通過しにくくなってしまいます。

就活をしている学生の立場で「金利が安いから」と複数の銀行系カードローンに申込み、審査不合格を繰り返してしまうと、

申込みブラック…1ヶ月間に3社以上の申込をすると、信用情報にその事実が半年記載され、多くの場合その間の他社審査が通過しない状況になること。

になってその後の審査に悪影響が出かねません。
よって、就活のための費用を捻出する際は、銀行系カードローンの利用を最初からあきらめていた方がいいかもしれません。

やはり大手消費者金融系がおすすめ

一方、満20歳を超えてさえいれば、アルバイトなどで毎月一定の収入があることを条件

  • アコム
  • プロミス
  • SMBCモビット
  • アイフル
  • J.Score

などといった大手消費者金融のカードローンなら、就活中の学生であっても融資を受けられる可能性が十分あります。
特に就活においては、上記で述べた通り20万円あれば対応できます。
よって希望限度額を抑えることにより、さらに融資が受けやすくなってきます。

審査基準と利用に際してに注意する事

審査基準は同じ

消費者系のカードローンは、用途が原則自由です。
就活だからと言って審査基準に何も変化はありません。

また、併せて在籍している学校がどこであっても、就職希望先がどこであっても一切結果に違いは出てこないので安心してください。

申込む時期が重要です!

カードローンの審査基準については一切気にしなくて大丈夫です。
しかし、就活費用を準備するためにカードローンに申込みをする場合は申込みをする時期が重要になってきます。

いざ就活に突入するとアルバイトに裂ける時間が減ることになるでしょう。
よって、否応なく収入が少なくなって審査のハードルが上がってしまいます。
就活開始後の申込みはやめたほうが無難でしょう。

前もってカードを作っても、利用さえしなければ金利がかかってくるわけでも返済が始まるわけでもありません。
よって、できれば就活の準備にかかる数週間前には申込みをし、あらかじめカードを作っておくことが、当サイトとしておすすめとなってきます。

※記載されている内容は2019年4月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.