カリテミオトップページ > お金を借りるための基礎知識 > カードローン限度額の増額は審査や在籍確認があるの?

カードローン限度額の増額は審査や在籍確認があるの?

更新日:

公開日:2017.6.13

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

金額を増加したいけど審査や在籍確認はある?

カードローンは初回申し込みの場合、限度額が30万円~50万円といったようにあまり高額な設定ではないことがほとんどです。

限度額は一気に増額できるものではありません。
増額していくためには、滞りのない返済を継続し、信頼を確立してコツコツと信用を積み重ねていかなければいけません。

カードローンは限度額が多くなれば金利は低くなっていくシステムになっています。
そのため複数のカードローンで借り入れを行うよりも、一つのカードローンで高額の借入れを行うことで金利を低くすることが可能です。

しかし誰でも増額審査を通過できるわけではありません。
カードローンは担保や保証人を持たない無担保ローンのため、契約者の信用が特に重要視されます。

今回は、カードローン増額で行われる審査や在籍確認についてご紹介します。

増額審査の審査で重要なのは「返済状況」

カードローンは増額審査の場合でも必ず審査は行われます。
そして、審査の中で一番重要視されるのは今までの返済状況です。

契約時から現在まで「毎月の定例返済を一度でも延滞したことがない」ということが大前提となります。
もし一度でも支払い忘れなどで返済を延滞してしまった場合は審査に通過しない可能性が高いと言えます。

返済の延滞による情報は一度でも延滞した場合、更には「一日」返済が遅れた場合でもその事実が信用情報に登録されています。

そのため、延滞の経験があるにも関わらず増額申し込みの申告時に「延滞はしていない」と報告していても、審査の中で信用情報を確認されるためすぐに偽りがバレてしまいます。

さらに、増額申請をしている金融機関以外でも借り入れをしている場合は他社での返済で延滞などがある場合でも、信用情報にはその事実が登録されています。

増額審査で他社の借入額や返済状況など確認することができるため、延滞のような「金融事故」があった場合は、増額審査に不利になってしまいます。
他社で延滞がある場合は、増額審査の前に延滞分の支払いを終えておくようにしましょう。

契約期間が短いと審査に通らない

次にポイントとなるのが「契約期間」です。
増額審査を申し込む契約期間の目安は1年となります。

この契約期間が短いと 審査材料となる返済履歴の期間も短くなってしまいます。
そのため、増額審査でのデータ量が不十分となり、適切な審査が行えません。

増額審査が通過しやすくするためには、最低でも契約してから1年以上が経過していてその間は返済の延滞など金融事故がないように滞りのない返済を継続することが大切です。

増額審査で必要となる書類

増額審査の手続きでは、申し込み時に本人確認を完了しているため、基本的には提出書類は必要ありません。

ただし消費者金融の場合は、「50万円を超える借入の場合」または「貸金業者からの借入総額が100万円を超える場合」には下記のような収入証明書の提出が必要となります。

<主な収入証明書>

  • 給与明細書
  • 源泉徴収票
  • 所得証明書

銀行カードローンの場合でも、増額することで各銀行が定めている収入証明書の提出を求める金額を超える場合は、収入証明書の提出を求められます。

金融機関によっては増額審査の場合でも、「申込書」や「本人確認書」、「収入証明書」の提出が必須となる場合もあるため、事前に確認が必要です。

増額審査でも在籍確認はある

増額審査の場合であっても、審査の一環として基本的に勤務先への在籍確認は行われます。

申し込み者の契約時の情報と現在の情報が変化している可能性もあるため、増額審査の場合であっても在籍確認は行われます。

  1. 「転職をして勤務先が変わった」
  2. 「転職をして収入が減ってしまった」
  3. 「収入が減って生活ができないため、増額を申し込んだ」

このような理由で増額を申し込む場合は、複数の金融会社から借入れを行っている可能性があります。
そういった方に限度額を増額して追加融資を行うというのはカードローン会社にとって大きなリスクとなってしまいます。

カードローンは無担保ローンのため利用者が返済不能になった場合「貸し倒れ」となってしまう可能性もあります。

そういったリスクを避けるためにも増額時の在籍確認は、新規申し込みと同じように基本的には勤務先へ電話での確認が行われます。

在籍確認がない場合はあるの?

カードローンは原則として増額審査の場合でも在籍確認は行われますが、実際のところは在籍確認なしで審査通過となっている場合もあります。

  • 過去の返済に全く問題が無い方
  • 「クレヒス」と言って信用情報に記載されている過去2年分の借入れに対しての返済実績に何も問題がない方

このような方は返済に対して真面目であると評価され、増額審査の際に勤務先への在籍確認を行われない場合もあります。

ただし、在席確認の有無は申込者が選択できることではなく、審査の中で在籍確認が不要と判断された場合にのみ在籍確認不要となる場合があるといったものです。

新規申し込みであっても増額審査であっても、在席確認は必ず行われると思っておいた方が良いでしょう。

※記載されている内容は2019年4月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.