カリテミオトップページ > 用語集 > 信用情報 > カードローン審査が不安?自分の信用情報を開示請求する方法

カードローン審査が不安?自分の信用情報を開示請求する方法

更新日:

公開日:2017.6.12

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

信用情報の開示が審査通過のポイント

カードローンを申し込むと、必ず審査が行われます。
そして、カードローンで借入れするためにはこの審査に通過しなければお金を借りることはできません。

しかし、誰でも審査に通過することができるわけではありません。
中には審査落ちとなってしまうケースもあります。

「どうして審査落ちになったのだろう?」
カードローンで審査落ちになった場合、その理由は決して教えてもらうことはできません。

また審査落ちとなったからといって、すぐに違うカードローンを申し込んだとしても審査に通過する保証は全くなく、場合によっては申し込めば申し込む程借入れから遠くなってしまう可能性も十分あり得るのです。

審査落ちになったという事実は信用情報に記録されているため、新たにカードローンを申し込んだとしても審査の段階で「審査落ち」という情報を確認されるため、審査での評価も悪くなってしまいます。
この状態を一般的に「申し込みブラック」と言われています。

このような状態を避けるために重要となってくるのが、「信用情報の開示」です。

日本信用情報機構の信用情報の開示とは?

信用情報には、過去のカードローンやクレジット等の申し込み情報や、返済情報などが登録されています。

カードローンの申し込みの際にはこの信用情報を確認したうえで、申し込み者の信用が評価され審査通過かどうかが決定されます。
審査落ちとなっている原因がこの信用情報に隠れている可能性もあるということです。

そのため、この信用情報を開示することで審査落ちの原因も分かり、対策を考えることが可能となる場合もあるということになります。

現在、国内には3つの信用情報機関が存在しています。

  • 日本信用情報機構(JICC)
  • シーアイシー(CIC)
  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)

この3つの信用情報機関は別々の機関となるため、信用情報を開示するためにはそれぞれの情報機関で申し込み手続きを行わなければいけません。そして、信用情報の開示には手数料が発生します。

次に、それぞれの信用情報の開示申請方法と手数料について解説します。

日本信用情報機構の信用情報の開示請求方法

日本信用情報機構には主に、信販会社や消費者金融会社などが加盟しています。

カードローンやキャッシングなど、クレジットカードの申し込みの際に信用情報の開示が行われます。

日本信用情報機構は3つの方法があります。

スマホによる開示申し込み

  1. 公式サイトから専用アプリをダウンロード
  2. 利用規約を確認
  3. 信用情報開示申し込みフォーム入力
  4. カメラ機能を利用して必要書類の提出
  5. 手続き完了
  6. 信用情報の送付

専用のアプリをダウンロードすることによって、運転免許証やパスポートといった必要提出書類もスマホのカメラ機能を利用して簡単に提出することが可能です。

インターネットなので受付け時間なども気にすることなく、24時間いつでも申し込みすることができます。

郵送による開示申し込み

  1. 信用情報開示申込書を記入
  2. 「申込書+手数料+本人確認書類」を郵送
  3. 手続き完了
  4. 信用情報の送付

公式サイトから申込書を入手して、必要項目を記入後、運転免許証やパスポートといった本人確認書類と、クレジット支払でなければ手数料(定額小為替証書)を同封して郵送します。

郵送のため3つの申し込み方法の中でも信用情報の開示ができるまで1番時間が掛かってしまいます。

窓口による開示申し込み

  1. 来社
  2. 窓口に設置されているタッチパネルで手続き
  3. 手数料・本人確認書類の提出
  4. 手続き完了
  5. 信用情報の受取り

シーアイシーは全国に下記のように7か所に窓口があります。

  • 首都圏開示相談室(東京都)
  • 北海道開示相談室(札幌市)
  • 東北開示相談室(仙台市)
  • 中部開示相談室(名古屋市)
  • 近畿開示相談室(大阪市)
  • 中四国開示相談室(岡山市)
  • 九州開示相談室(福岡市)

平日の10時~12時、13時~16時の間で受付けています。
窓口での手続きなら申込後即日で確認することができるためお急ぎの場合でも安心です。

日本信用情報機構の信用情報開示の手数料

信用情報の開示請求にかかる手数料は下記のようになります。

信用情報の開示請求方法 手数料
パソコンやスマホによる開示申し込み 1,000円
郵送による開示申し込み 1,000円
窓口による開示申し込み 500円

全国銀行個人信用情報センターの信用情報の開示請求方法

全国銀行個人信用情報センターには主に、銀行や信用金庫などが加盟しています。

カードローンやマイカーローン、住宅ローンなどといった色々なローンの審査で信用情報の開示が行われます。

全国銀行個人信用情報センターの信用情報の開示申し込みは郵送のみになります。

郵送による開示申し込み

  1. 公式サイトから専用アプリをダウンロード
  2. 利用規約を確認
  3. 信用情報開示申し込みフォーム入力
  4. カメラ機能を利用して必要書類の提出
  5. 手続き完了
  6. 信用情報の送付

公式サイトから申込書を入手して、ゆうちょ銀行が発行する定額小為替証書1,000円分と本人確認書類を同封して郵送することで手続きは完了となります。

お急ぎの場合は「速達希望」と申込書に記入して、速達での郵送代280円分の切手を同封すれば速達での対応も可能です。

信用情報開示の手数料

信用情報の開示請求にかかる手数料は下記のようになります。

信用情報の開示請求方法 手数料
郵送による開示申し込み 1,000円

※記載されている内容は2019年4月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.