カリテミオトップページ > 用語集 > 信用情報 > 信用情報にはどんな事が書かれているの?延滞や完済など信用情報の見方

信用情報にはどんな事が書かれているの?延滞や完済など信用情報の見方

更新日:

公開日:2017.6.12

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

信用情報ってどんなことが書かれてるの?

カードローンやキャッシングの際には必ず審査が行われます。

審査の材料となる情報は、申し込み時の入力情報と信用情報です。
この信用情報には主に下記のような内容が記載されています。

主な信用情報の内容 ・過去に利用した金融サービスの履歴
・金融事故の履歴
・返済履歴など

このように申込者の信用に関する情報が登録されています。

信用情報の書かれている内容とは?

もしカードローンの審査に落ちてしまった場合、審査落ちの事実もこの信用情報に登録されます。

審査落ちになった理由はどのカードローン会社も教えてくれないため、もし審査落ちとなる理由が過去の金融事故や信用情報に登録されている内容なのであれば、新たにカードローンを申し込んだとしても審査に通過することが難しくなってしまいます。
また審査落ちを繰り返してしまうと「申込ブラック」という状態になってしまい、審査に通過することができなくなってしまいます。

このような状態を避けるためにもこの信用情報の確認がとても重要になってきます。
信用情報機関は下記のように3つの信用情報機関があります。

  • シーアイシー(CIC)
  • 日本信用情報機構(JICC)
  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)

今回は消費者金融やクレジット会社が多く加盟している「シーアイシー(CIC)」を例にあげて信用情報の見方についてご紹介します。

CICの申し込みの流れについて

CICでの信用情報の開示申請方法は「インターネット」「郵便」「窓口」と3つの方法があります。

信用情報の開示申請方法の中でも一番手軽に申請することができるインターネットでの申込に方法について簡単に説明すると、下記のような流れになります。

  1. 受付番号の取得
  2. 申込書入力
  3. 開示報告書の表示

次に、CICの信用情報開示報告書について解説していきます。

CICの信用情報開示報告書について

クレジット
情報
過去に契約したことがある、又は現在契約しているカードローンやクレジットなどの契約内容
申込情報 いつカードローンやクレジットの申し込みを行ったのかのという内容
記載内容 過去に延滞などの金融事故を起こしていないかなどといった信用情報の内容

クレジット情報の内容について

記入されている内容についてそれぞれ見てみましょう。

①属性

氏名や生年月日、住所などといった申込者の個人情報が登録されています。

②契約内容

契約年月日や限度額などが記載されています。
クレジットなどで購入した際にはこちらに詳細等も登録されています。

③お支払の状況

金融機関への支払い状況が登録されています。
こちらに「異動」と記入されている場合は、金融事故があるとして登録されている状況になります。
一般的に「ブラックリスト」といった状況です。

④割賦販売法の登録内容

クレジットを利用している場合はこちらにローンの残高が登録されています。
支払いの延滞などがある場合もこちらに記載されます。

⑤貸金業法の登録内容

カードローンやキャッシングをしている場合は、限度額や現在の利用残高が登録されています。

⑥入金状況

ここには過去2年間の支払い状況が記号で記録されています。

各記号の主な意味は下記のようになります。

記号 意味
入金有り
A 未入金
C 未入金(連絡なし)

何も滞りなく返済を行っていれば「$」の記号が並ぶことになります。
一方「A」や「C」の記号がある場合は、返済が行われていないことを表しているため審査の段階で不利になってしまいます。

申込情報の内容について

カードローンやクレジットを申し込む際には、信用情報機関への情報登録が必然となります。

カードローンやクレジットを申し込んだ場合はこの申込情報に内容が登録されます。
そのため一度に複数の金融機関に申し込みを行った場合、申し込み情報は全てこちらに登録されてしまいます。
そのため審査の段階で多重申し込みであると判断されてしまい審査通過が難しくなってしまいます。
こちらの記録は6ヶ月間消去されることはないため、審査に落ちたからといって直ぐに他社へ申し込むことはかなりリスクが高くなってしまいます。

利用記録の内容について

こちらにはカードローンやクレジットの利用記録や、信用情報を開示した記録が登録されています。

カードローンやクレジットを申し込んだ際には審査の段階で信用情報を確認されますが、一度確認したら終わりというわけではありません。
定期的に信用情報を確認して、申込者の借入状況や返済状況を確認しています。

そのため、総量規制に反するような「年収の3分の1を超える借入れ」や、法律に反するような情報が発覚した場合は限度額の減少や利用停止などという状況になる可能性も有り得ます。

信用情報は各信用情報機関の公式サイトから簡単に開示申請を行うことが可能なため、自身でも定期的に確認すると安心です。

※記載されている内容は2019年4月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.