カリテミオトップページ > お金を借りるための基礎知識 > カードローンの審査について > カードローンの審査基準は?借りれる・借りれないは何で決まる?

カードローンの審査基準は?借りれる・借りれないは何で決まる?

更新日:

公開日:2017.6.12

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

カードローン審査基準は何?

カードローンでは申し込みの際に必ず審査が行われます。
審査が行われると「審査通過」「審査落ち」このどちらかの結果が必ず決定されます。出来ることなら誰でも審査落ちにはなりたくないですよね。

この審査の基準となるものは一体何なのでしょうか?

カードローンの審査基準は各金融機関によって定められています。
しかも、公平な審査を行うため審査基準を公表している金融機関はありません。

ただし、どこの金融機関でも共通している条件は「申込者に安定した収入があること」です。

専業主婦の場合は、銀行カードローンなら申込者ではなく配偶者の収入が審査の対象となるため申込者本人の収入は関係ありませんが、 定期的かつ安定した収入がある成人の方が申し込みの絶対条件となっています。

それでは、一体どういった情報を基に審査が行われているのでしょうか?

カードローンは、申し込み入力情報と信用情報を照らし合わせて審査が行われています。
信用情報には、申込者が過去にカードローンやクレジットなどを利用した際の登録情報や、返済履歴などが記録されています。
過去に長期延滞など金融事故があった場合などはこの信用情報に記録されているため、審査の評価に悪影響を及ぼしてしまいます。

審査の際に何を見ている?

カードローンではどういった情報が審査に影響されるのでしょうか?

カードローンの審査では多くの金融機関がスコアリングシステムを採用しています。

スコアリングシステムとは、申込者の入力情報をコンピューターで自動的にデータ化し、審査に必要な各項目に対して点数を定めたスコアリングテーブルを利用して審査を行います。そして、その合計点数によって与信の判断を行うといったシステムです。

このシステムを採用することで、審査にかかる時間を短縮することが可能となっております。

スコアリングテーブルには、主に下記のような項目について点数が定められています。

  • 年収
  • 勤続年数
  • 会社規模
  • 従業員規模
  • 居住形態
  • 居住年数

「年収が多ければ多いほど点数も高い」「会社規模が大きければ大きいほど点数も高い」といったように、申込者の条件が良いほど各項目の点数が高く設定されています。

そしてこの合計点数で審査の与信が判断され、各金融機関で定められた審査通過ラインをクリアすることで審査通過となります。

審査のときにNGなのは?

カードローンの審査では、申込書の「信用情報」が大きなポイントとなってきます。

現在日本には、 下記のように3つの信用情報機関が存在しています。

  • シーアイシー(CIC)
  • 日本信用情報機構(JICC)
  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)

カードローンの審査では各信用情報機関に加盟している金融機関が、信用情報機関に申込者の信用情報の照会を依頼して審査が行われます。

信用情報にはクレジット情報や申し込み情報・利用記録などが登録されていて、次のような内容が記録されています。

クレジット情報

過去や現在契約しているカードローンやキャッシング、クレジットなどの契約内容が記録されています。
過去にクレジットなどの申し込み経験がない方は何も記録されていません。

申し込み情報

カードローンやクレジットなどを申し込んだ日時など、詳細について記録されています。複数のカードローン会社に同時申し込みを行っている場合は、その情報も記録されています。

利用記録

過去に長期延滞やなどといった返済事故や、自己破産や任意整理などといった債務整理を行った経験がある場合はその事実が記録されています。

このように信用情報にはカードローンの利用による情報だけではなく、クレジットや各種ローンの登録内容や利用状況が記録されています。

各信用情報機関は独立している機関のため、基本的にはそれぞれの機関が情報を管理していますが、過去に金融事故があった場合など「ブラック」といった情報に関しては3機関で情報を共有しています。

そのため、消費者金融金融ではブラックが理由で審査落ちになったけど、銀行カードローンではブラックが確認できず審査に通過できるといったことはありません。

しかし、このように事故情報が信用情報に登録された場合、信用情報に一生記録されるわけでありません。
最低5年間が経過することで、ブラック情報がリセットされ新たに借り入れが可能となります。

スマホの分割払いで延滞はキケン

最近ではスマホ料金も低価格になってきましたが、まだまだ高額な商品のため中々一括で支払うのは厳しい方がほとんどだと思います。

そのため、スマホやケータイを契約する時に多くの方が端末を分割で購入されているのではないでしょうか。

端末を分割で購入した場合は、割賦契約となるためクレジットを利用している状態と同じになります。

そのため、携帯料金の支払いを遅延してしまうと端末料金も支払っていないことになるため延滞という情報が信用情報に登録されてしまいます。

この延滞の期間が長くなれば長期延滞とされ、事故情報として最低5年間は信用情報に登録されてしまいます。

このような情報が信用情報に登録されてしまうと審査に悪影響を及ぼすため、携帯料金の支払いには十分注意が必要です。

※記載されている内容は2019年4月現在のものです。

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Google+

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
複数選択可能
職業で選ぶ
返済方法
複数選択可能
利用可能な
コンビニATM
複数選択可能

今すぐお金を借りたい人は、こちらがおすすめ!

おすすめカードローン

おすすめの特集

1万~5万くらい借りたい!
スピード融資
審査が不安
無利息期間

カテゴリー一覧

top

■当サイトは随時最新情報を提供するよう努めておりますが、内容を保証するものではありません。

■各商品提供会社の公式サイトにて内容を確認しご自身の判断、責任にてお申込みください。

copyright(c)2016 今からお金カリテミオ All Right Reserved.